詳細検索はこちら

市川 量一 イチカワ リョウイチ

所属部署名解剖学第一講座
職名准教授ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10223091
更新日 :2017/09/13

プロフィール

研究キーワード

    小脳, グルタミン酸受容体, プルキンエ細胞, 登上線維, 樹状突起, シナプス, 細胞内色素注入法, 三叉神経, 抑制性線維, 逆行性標識法, ノックアウトマウス, 神経回路形成, 三叉神経主知覚核視床路神経細胞, バレル構造, 触覚, 吸啜反射, 延髄, 平行線維, 抑制線維, スパイン, 中枢神経, チトクロ-ム染色, リ-ラ-マウス, knockout mouse, GABA, dendrite, 皮質交連ニュ-ロン, 神経奇形マウス, 順行性標識性, シナプス可塑性

研究分野

  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学

経歴

  • 2002年09月
    -
    2016年05月
    札幌医科大学 医学部(講師)
  • 2001年05月
    -
    2002年08月
    札幌医科大学 医学部(助手)
  • 1990年09月
    -
    2001年04月
    北海道大学 医学部(助手)

研究活動

論文

  • GluD2 Endows Parallel Fiber-Purkinje Cell Synapses with a High Regenerative Capacity.
    Ichikawa R, Sakimura K, Watanabe M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(17) 4846-4858 2016年04月 [査読有り]
  • Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
    Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月 [査読有り]
  • 【知的環境を支えるセンサネットワーク-アンビエントセンサネットワーク-】 知的環境を支える「情報」とリアルセンサネットワーク 新しい概念としての「情報」と「情報薬」
    辰巳 治之, 溝口 照悟, 新見 隆彦, 太田 秀造, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真
    電子情報通信学会誌 97(8) 695-701 2014年08月
  • Developmental switching of perisomatic innervation from climbing fibers to basket cell fibers in cerebellar Purkinje cells.
    Ichikawa R, Yamasaki M, Miyazaki T, Konno K, Hashimoto K, Tatsumi H, Inoue Y, Kano M, Watanabe M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(47) 16916-16927 2011年11月 [査読有り]
  • 【健康増進サービス技術】 健康増進への新しい展開 医学と情報科学の融合 戦略的防衛医療構想 「情報薬」による超予防医療
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 太田 秀造, 溝口 照悟, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 中村 正弘
    バイオメカニズム学会誌 35(2) 113-119 2011年05月
  • Translocation of a "winner" climbing fiber to the Purkinje cell dendrite and subsequent elimination of "losers" from the soma in developing cerebellum.
    Hashimoto K, Ichikawa R, Kitamura K, Watanabe M, Kano M
    Neuron 63(1) 106-118 2009年07月 [査読有り]
  • シナプス構築の形成機構 小脳プルキンエ細胞を中心に
    市川 量一, 岩村 広太, 菊池 真, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    札幌医学雑誌 77(1-6) 1-6 2008年12月
  • 小脳プルキンエ細胞とシナプス構築
    市川 量一, 二宮 孝文, 辰巳 治之, 渡辺 雅彦
    顕微鏡 43(4) 296-299 2008年12月
  • 培養下における後根神経節細胞の形態分化と発生段階の相関
    二宮孝文, 市川量一, 辰巳治之
    Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究 22(3) 109-116 2003年12月
  • Transient neonatal expression of NR2B/2D subunit mRNAs of the N-methyl-D-aspartate receptor in the parasympathetic preganglionic neurons in the rat spinal cord.
    Shibata T, Watanabe M, Ichikawa R, Ameda K, Koyanagi T
    Brain research. Developmental brain research 140(2) 263-268 2003年02月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • GluD2 Endows Parallel Fiber-Purkinje Cell Synapses with a High Regenerative Capacity.
    Ichikawa R, Sakimura K, Watanabe M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(17) 4846-4858 2016年04月 [査読有り]
  • Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
    Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月 [査読有り]
  • 【知的環境を支えるセンサネットワーク-アンビエントセンサネットワーク-】 知的環境を支える「情報」とリアルセンサネットワーク 新しい概念としての「情報」と「情報薬」
    辰巳 治之, 溝口 照悟, 新見 隆彦, 太田 秀造, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真
    電子情報通信学会誌 97(8) 695-701 2014年08月
  • Developmental switching of perisomatic innervation from climbing fibers to basket cell fibers in cerebellar Purkinje cells.
    Ichikawa R, Yamasaki M, Miyazaki T, Konno K, Hashimoto K, Tatsumi H, Inoue Y, Kano M, Watanabe M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(47) 16916-16927 2011年11月 [査読有り]
  • 【健康増進サービス技術】 健康増進への新しい展開 医学と情報科学の融合 戦略的防衛医療構想 「情報薬」による超予防医療
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 太田 秀造, 溝口 照悟, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 中村 正弘
    バイオメカニズム学会誌 35(2) 113-119 2011年05月
  • Translocation of a "winner" climbing fiber to the Purkinje cell dendrite and subsequent elimination of "losers" from the soma in developing cerebellum.
    Hashimoto K, Ichikawa R, Kitamura K, Watanabe M, Kano M
    Neuron 63(1) 106-118 2009年07月 [査読有り]
  • シナプス構築の形成機構 小脳プルキンエ細胞を中心に
    市川 量一, 岩村 広太, 菊池 真, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    札幌医学雑誌 77(1-6) 1-6 2008年12月
  • 小脳プルキンエ細胞とシナプス構築
    市川 量一, 二宮 孝文, 辰巳 治之, 渡辺 雅彦
    顕微鏡 43(4) 296-299 2008年12月
  • 培養下における後根神経節細胞の形態分化と発生段階の相関
    二宮孝文, 市川量一, 辰巳治之
    Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究 22(3) 109-116 2003年12月
  • Transient neonatal expression of NR2B/2D subunit mRNAs of the N-methyl-D-aspartate receptor in the parasympathetic preganglionic neurons in the rat spinal cord.
    Shibata T, Watanabe M, Ichikawa R, Ameda K, Koyanagi T
    Brain research. Developmental brain research 140(2) 263-268 2003年02月 [査読有り]
  • Ovariectomy attenuates hyperpolarization and relaxation mediated by endothelium-derived hyperpolarizing factor in female rat mesenteric artery: a concomitant decrease in connexin-43 expression.
    Liu MY, Hattori Y, Sato A, Ichikawa R, Zhang XH, Sakuma I
    Journal of cardiovascular pharmacology 40(6) 938-948 2002年12月 [査読有り]
  • Distal extension of climbing fiber territory and multiple innervation caused by aberrant wiring to adjacent spiny branchlets in cerebellar Purkinje cells lacking glutamate receptor delta 2.
    Ichikawa R, Miyazaki T, Kano M, Hashikawa T, Tatsumi H, Sakimura K, Mishina M, Inoue Y, Watanabe M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 22(19) 8487-8503 2002年10月 [査読有り]
  • Roles of glutamate receptor delta 2 subunit (GluRdelta 2) and metabotropic glutamate receptor subtype 1 (mGluR1) in climbing fiber synapse elimination during postnatal cerebellar development.
    Hashimoto K, Ichikawa R, Takechi H, Inoue Y, Aiba A, Sakimura K, Mishina M, Hashikawa T, Konnerth A, Watanabe M, Kano M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 21(24) 9701-9712 2001年12月 [査読有り]
  • Enhancement of hippocampal LTP, reference memory and sensorimotor gating in mutant mice lacking a telencephalon-specific cell adhesion molecule.
    Nakamura K, Manabe T, Watanabe M, Mamiya T, Ichikawa R, Kiyama Y, Sanbo M, Yagi T, Inoue Y, Nabeshima T, Mori H, Mishina M
    The European journal of neuroscience 13(1) 179-189 2001年01月 [査読有り]
  • Preferential impairment of nitric oxide-mediated endothelium-dependent relaxation in human cervical arteries after irradiation.
    Sugihara T, Hattori Y, Yamamoto Y, Qi F, Ichikawa R, Sato A, Liu MY, Abe K, Kanno M
    Circulation 100(6) 635-641 1999年08月 [査読有り]
  • Different expressions of alpha-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole propionic acid and N-methyl-D-aspartate receptor subunit mRNAs between visceromotor and somatomotor neurons of the rat lumbosacral spinal cord.
    Shibata T, Watanabe M, Ichikawa R, Inoue Y, Koyanagi T
    The Journal of comparative neurology 404(2) 172-182 1999年02月 [査読有り]
  • Early establishment of lesion-insensitive mature barrelettes corresponding to upper lip vibrissae in developing mice.
    Toki S, Watanabe M, Ichikawa R, Shirakawa T, Oguchi H, Inoue Y
    Neuroscience research 33(1) 9-15 1999年01月 [査読有り]
  • [Morphometrical analysis of projection neurons in reeler mutant mice].
    Ichikawa R
    [Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science 73(1) 73-87 1998年01月 [査読有り]
  • Extra-junctional localization of glutamate transporter EAAT4 at excitatory Purkinje cell synapses.
    Tanaka J, Ichikawa R, Watanabe M, Tanaka K, Inoue Y
    Neuroreport 8(11) 2461-2464 1997年07月 [査読有り]
  • Sex differences in the shapes of several parts of the young Japanese face.
    Inoue K, Ichikawa R, Nagashima M, Kodama G
    Applied human science : journal of physiological anthropology 14(4) 191-194 1995年07月 [査読有り]
  • Cerebellum of the adult reeler mutant mouse contains two Purkinje cell populations with respect to gene expression for the N-methyl-D-aspartate receptor channel.
    Watanabe M, Nakagawa S, Takayama C, Nagashima M, Inoue K, Ichikawa R, Mishina M, Inoue Y
    Neuroscience research 22(3) 335-345 1995年06月 [査読有り]
  • Developmental studies on the interparietal part of the human occipital squama.
    Matsumura G, Uchiumi T, Kida K, Ichikawa R, Kodama G
    Journal of anatomy 182 ( Pt 2) 197-204 1993年04月 [査読有り]
  • Distribution of guanine nucleotide-binding protein in the brain of the reeler mutant mouse.
    Terashima T, Katada T, Ichikawa R, Ui M, Inoue Y
    Brain research 601(1-2) 136-142 1993年01月 [査読有り]
  • Abnormal synaptic architecture in the cerebellar cortex of a new dystonic mutant mouse, Wriggle Mouse Sagami.
    Inoue Y, Matsumura Y, Inoue K, Ichikawa R, Takayama C
    Neuroscience research 16(1) 39-48 1993年01月 [査読有り]
  • Dendritic arbolization of large pyramidal neurons in the motor cortex of normal and reeler mutant mouse.
    Terashima T, Takayama C, Ichikawa R, Inoue Y
    Okajimas folia anatomica Japonica 68(6) 351-363 1992年03月 [査読有り]
  • 日本人頭蓋における翼上骨ならびにプテリオン とくに形成と形態変異を中心として
    松村 譲治, 木田 勝己, 市川 量一
    解剖学雑誌 66(5) 462-471 1991年10月

MISC

  • 【生活習慣病対策における新しいアプローチ】 戦略的防衛医療構想の実現を目指して
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 中村 正弘, 太田 秀造, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 明石 浩史, 石田 朗
    臨床スポーツ医学 25(2) 109-118 2008年02月
  • 「情報薬」の開発 妊産婦の健康管理
    辰巳 治之, 明石 浩史, 戸倉 一, 中村 正弘, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 馬場 剛, 林 卓宏, 遠藤 俊明, 斉藤 豪, 大西 浩文, 伊藤 洋輔, 買手 順一, 浦 信行, 島本 和明
    医療情報学連合大会論文集 26回 890-892 2006年10月
MISCを全て表示する
  • 【生活習慣病対策における新しいアプローチ】 戦略的防衛医療構想の実現を目指して
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 中村 正弘, 太田 秀造, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 明石 浩史, 石田 朗
    臨床スポーツ医学 25(2) 109-118 2008年02月
  • 「情報薬」の開発 妊産婦の健康管理
    辰巳 治之, 明石 浩史, 戸倉 一, 中村 正弘, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 馬場 剛, 林 卓宏, 遠藤 俊明, 斉藤 豪, 大西 浩文, 伊藤 洋輔, 買手 順一, 浦 信行, 島本 和明
    医療情報学連合大会論文集 26回 890-892 2006年10月

講演・口頭発表

  • 発達期小脳プルキンエ細胞でみられる細胞体シナプスの入力線維のスイッチング 登上線維から籠細胞線維へ
    市川 量一, 山崎 美和子, 宮崎 太輔, 今野 幸太郎, 橋本 浩一, 辰巳 治之, 井上 芳郎, 狩野 正伸, 渡辺 雅彦
    北海道医学雑誌 2012年04月
  • 臨床医学の教育研究における死体解剖のガイドライン(案)の背景と今後
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 安宅 弘司, 永石 歓和, 松村 博文, 内山 英一, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2012年03月
  • 献体による医学教育及び医療技術研修について
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2011年03月
  • 次代を担う小脳回路研究 小脳プルキンエ細胞上のシナプス構築の形成過程
    市川 量一
    解剖学雑誌 2010年03月
  • 解剖学用語の動的スクリーニングによる語彙連鎖構造解析の試み
    新見 隆彦, 赤石 美奈, 明石 浩史, 辰巳 治之, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2010年03月
  • 安全な最先端医療のための解剖教育と医療技術研修
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 青木 光広, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 佐藤 利夫, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2009年06月
  • 胎生期ラット鼻中隔上皮線毛細胞におけるASIC2の発現
    菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 脊髄神経根におけるMyelin Protein Zero(MPZ)の発現と神経線維の形態的特徴
    二宮 孝文, 菊池 真, 新見 隆彦, 市川 量一, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 献体を用いた解剖学教育と医療技術研修における形而上学的諸問題の解決を目指して
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 青木 光広, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 佐藤 利夫, 菊池 真, 新見 隆彦, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 解剖学文献・用語に於ける語彙の因果律解析
    新見 隆彦, 赤石 美奈, 辰巳 治之, 中村 正弘, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2009年03月
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • 発達期小脳プルキンエ細胞でみられる細胞体シナプスの入力線維のスイッチング 登上線維から籠細胞線維へ
    市川 量一, 山崎 美和子, 宮崎 太輔, 今野 幸太郎, 橋本 浩一, 辰巳 治之, 井上 芳郎, 狩野 正伸, 渡辺 雅彦
    北海道医学雑誌 2012年04月
  • 臨床医学の教育研究における死体解剖のガイドライン(案)の背景と今後
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 安宅 弘司, 永石 歓和, 松村 博文, 内山 英一, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2012年03月
  • 献体による医学教育及び医療技術研修について
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2011年03月
  • 次代を担う小脳回路研究 小脳プルキンエ細胞上のシナプス構築の形成過程
    市川 量一
    解剖学雑誌 2010年03月
  • 解剖学用語の動的スクリーニングによる語彙連鎖構造解析の試み
    新見 隆彦, 赤石 美奈, 明石 浩史, 辰巳 治之, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2010年03月
  • 安全な最先端医療のための解剖教育と医療技術研修
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 青木 光広, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 佐藤 利夫, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 新見 隆彦
    解剖学雑誌 2009年06月
  • 胎生期ラット鼻中隔上皮線毛細胞におけるASIC2の発現
    菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 脊髄神経根におけるMyelin Protein Zero(MPZ)の発現と神経線維の形態的特徴
    二宮 孝文, 菊池 真, 新見 隆彦, 市川 量一, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 献体を用いた解剖学教育と医療技術研修における形而上学的諸問題の解決を目指して
    辰巳 治之, 藤宮 峯子, 鈴木 大輔, 青木 光広, 内山 英一, 中村 宅雄, 松村 博文, 佐藤 利夫, 菊池 真, 新見 隆彦, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 解剖学文献・用語に於ける語彙の因果律解析
    新見 隆彦, 赤石 美奈, 辰巳 治之, 中村 正弘, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2009年03月
  • 登上線維を除去した場合における小脳プルキンエ細胞の樹状突起のシナプス構築の発生過程
    市川 量一, 菊池 真, 新見 孝彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之, 渡辺 雅彦
    解剖学雑誌 2009年03月
  • ラット培養大脳皮質神経細胞におけるAprataxin蛋白の発現
    菊池 真, 二宮 孝文, 舘 延忠, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2008年03月
  • Acid Sensing Ion Channel 2(ASIC2)のラット組織における発現と局在
    二宮 孝文, 菊池 真, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2008年03月
  • 解剖学関連諸文献・文書情報の形態学的解析及び動的データモデリングとデータウェアハウスへの実装の試み
    新見 隆彦, 明石 浩史, 辰巳 治之, 菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一, 中村 正弘
    解剖学雑誌 2008年03月
  • 登上線維および平行線維に加えられた障害により起きたプルキンエ細胞のシナプス構築の変化
    市川 量一, 二宮 孝文, 菊池 真, 新見 隆彦, 辰巳 治之, 渡辺 雅彦
    解剖学雑誌 2008年03月
  • 有毛細胞と線毛細胞におけるAcid Sensing Ion Channel 2(ASIC2)の発現
    菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2007年03月
  • 上衣細胞と脈絡叢上皮細胞におけるAcid Sensing Ion Channel 2(ASIC2)の発現
    二宮 孝文, 菊池 真, 新見 隆彦, 市川 量一, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2007年03月
  • 成体マウス小脳における登上線維消失後のプルキンエ細胞上のシナプス構築の変化
    市川 量一, 渡辺 雅彦, 菊池 真, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2007年03月
  • バーチャル解剖学の可能性についての検討
    辰巳 治之, 高沖 英二, 新見 隆彦, 中村 正弘, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文
    解剖学雑誌 2007年03月
  • 解剖学関連諸文献・用語に関する語法論・構造論的解析及び動的インデックス生成に基づくデータベースの構築に関する調査・研究
    新見 隆彦, 辰巳 治之, 中村 正弘, 菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一
    解剖学雑誌 2007年03月
  • 培養後根神経節細胞に対するVitamin E alpha-tocopherolの効果
    二宮 孝文, 菊池 真, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2006年03月
  • 気管線毛細胞におけるAcid Sensing ion channel 2(ASIC2)の発現
    菊池 真, 二宮 孝文, 市川 量一, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2006年03月
  • SSS-PCの形態学研究への応用(その2)
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 中村 正弘, 市川 量一, 二宮 孝文, 菊池 真, 松本 尚
    解剖学雑誌 2006年03月
  • 解剖学に於ける各種文献、Nominaの形態学的解析及び関連画像データの多次元データベース実装に関する調査・研究
    新見 隆彦, 辰巳 治之, 二宮 孝文, 市川 量一, 菊池 真, 中村 正弘
    解剖学雑誌 2006年03月
  • 成体マウス小脳における平行線維に障害を与えた際のプルキンエ細胞上のシナプス構築の変化
    市川 量一, 渡辺 雅彦, 二宮 孝文, 菊池 真, 新見 隆彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2006年03月
  • Acid Sensing Ion Channel 2(ASIC2)のラット中枢神経系における役割 発達段階でのASIC2陽性細胞の出現とその分布
    二宮 孝文, 市川 量一, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2005年03月
  • プルキンエ細胞細胞体におけるシナプス構築の登上線維の単一支配化に伴う変化
    市川 量一, 渡辺 雅彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2005年03月
  • SSS-PCの形態学研究への応用
    辰巳 治之, 中村 正弘, 市川 量一, 二宮 孝文, 松本 尚
    解剖学雑誌 2005年03月
  • 小脳プルキンエ細胞上の興奮性シナプス構築の形成過程の解析
    市川 量一, 渡辺 雅彦, 辰巳 治之, 井上 芳郎
    解剖学雑誌 2003年04月
  • 解剖学教育における教材のデータベース化 解剖学における高度情報化をめざして 現在,過去,未来
    辰巳 治之, 二宮 孝文, 市川 量一, 中村 正弘
    解剖学雑誌 2003年04月
  • 小脳内の神経回路網の発生過程を探る
    市川 量一
    臨床神経学 2003年04月
  • Network Multi-Parallel ComputingとGigaBit Networkの解剖学への応用 道内三医育大学を結ぶメトロポリタンネットワークを利用して
    辰巳 治之, 中村 正弘, 市川 量一, 宮司 正道, 明石 浩史, 青木 文夫, 井上 芳郎
    解剖学雑誌 2002年03月
  • 米国医学図書館によるAnatLineと,Visible Human Project Viewerの発展
    辰巳 治之, 中村 正弘, 市川 量一
    解剖学雑誌 2002年03月
  • 登上線維の生後発達について
    市川 量一, 井上 芳郎, 渡辺 雅彦, 辰巳 治之
    解剖学雑誌 2002年03月
  • グルタミン酸受容体δ2サブユニット欠損マウスのプルキンエ細胞における登上線維シナプスの様式
    市川 量一, 辰巳 治之, 三品 昌美, 井上 芳郎, 渡辺 雅彦
    神経化学 2001年09月

競争的資金等の研究課題

  • プルキンエ細胞樹状突起シナプス構築形成過程における入力線維交替現象
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 市川 量一
  • 小脳プルキンエ細胞上でみられるシナプス競合の作用機序の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2005年 - 2006年 代表者 : 市川 量一
  • 小脳プルキンエ細胞上の登上線維シナプス安定化分子の探索
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2003年 - 2003年 代表者 : 市川 量一
  • 三叉神経主知覚核視床路投射神経細胞の発生に伴う形態変化
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1997年 - 1998年 代表者 : 市川 量一
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • プルキンエ細胞樹状突起シナプス構築形成過程における入力線維交替現象
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 市川 量一
  • 小脳プルキンエ細胞上でみられるシナプス競合の作用機序の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2005年 - 2006年 代表者 : 市川 量一
  • 小脳プルキンエ細胞上の登上線維シナプス安定化分子の探索
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2003年 - 2003年 代表者 : 市川 量一
  • 三叉神経主知覚核視床路投射神経細胞の発生に伴う形態変化
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1997年 - 1998年 代表者 : 市川 量一


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.