詳細検索はこちら

鈴木 健史 スズキ タケシ

所属部署名教養教育研究部門 生物学
職名准教授ホームページURLhttp://web.sapmed.ac.jp/biol/index.html
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    免疫シナプス, 超分子複合体, ライブセルイメージング, シグナル伝達, 分子動態, 細胞膜, 細胞極性, 膜タンパク質, 糖輸送体

研究分野

  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)

学歴

  • -
    1994年
    東京大学 理学系研究科 生物科学専攻(日本)

所属学協会

  • 日本組織細胞化学会
  • 日本解剖学会
  • 日本顕微鏡学会
  • 日本細胞生物学会
  • The American Society for Cell Biology
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本組織細胞化学会
  • 日本解剖学会
  • 日本顕微鏡学会
  • 日本細胞生物学会
  • The American Society for Cell Biology

委員歴

  • 日本組織細胞化学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
  • 日本組織細胞化学会 評議員

教育活動

担当経験のある科目

  • 免疫学1
  • 解剖学
  • 実験生物学(面接授業)
  • 生体防御学(免疫学)
  • 解剖生理学
  • 脳実習
  • 神経解剖学
  • 組織実習
  • 組織学
  • 基礎生物学
担当経験のある科目を全て表示する
担当経験のある科目閉じる
  • 免疫学1(札幌医科大学)
  • 解剖学(館林高等看護学院,太田医療技術専門学校)
  • 実験生物学(面接授業)(放送大学前橋校)
  • 生体防御学(免疫学)(前橋看護学院)
  • 解剖生理学(前橋看護学院)
  • 脳実習(群馬大学)
  • 神経解剖学(群馬大学)
  • 組織実習(群馬大学)
  • 組織学(群馬大学)
  • 基礎生物学(札幌医科大学)
  • 生物学実験(自然科学実験)(札幌医科大学)
  • 生物学(札幌医科大学)

研究活動

MISC

  • The elongation of primary cilia via the acetylation of α-tubulin by the treatment with lithium chloride in human fibroblast KD cells.
    Nakakura T, Asano-Hoshino A, Suzuki T, Arisawa K, Tanaka H, Sekino Y, Kiuchi Y, Kawai K, Hagiwara H
    Medical molecular morphology 48 44-53 2014年04月 [査読有り]
  • 遺伝子組み換え実験計画時に有用なMicrosoft Word用マクロプログラム
    鈴木健史、田中憲一
    札幌医科大学医療人育成センター紀要 5 5-10 2014年 [査読有り]
  • 哺乳動物細胞におけるチューブリンアセチル化酵素の細胞内局在動態の可視化
    鈴木健史、中倉敬、萩原治夫
    札幌医科大学医療人育成センター紀要 4 11-15 2013年 [査読有り]
  • Function of the membrane water channel aquaporin-5 in the salivary gland.
    Matsuzaki T, Susa T, Shimizu K, Sawai N, Suzuki T, Aoki T, Yokoo S, Takata K
    Acta Histochem Cytochem 45 251-259 2012年 [査読有り]
  • Close association of aquaporin-2 internalization with caveolin-1.
    Aoki T, Suzuki T, Hagiwara H, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K, Matsuzaki T
    Acta Histochem Cytochem 45 139-146 2012年 [査読有り]
  • Nonlinear phase imaging using two-beam interferometry in SPE microscopy.
    Masatomo Yamagiwa, Yasuyuki Ozeki, Gen Omura, Takeshi Suzuki, Shin’ichiro Kajiyama, Kiichi Fukui, and Kazuyoshi Itoh.
    Jpn J Appl Phys 48 062501 2009年 [査読有り]
  • The primary cilia of secretory cells in the human oviduct mucosa.
    Haruo Hagiwara, Nobuo Ohwada, Takeo Aoki, Takeshi Suzuki, and Kuniaki Takata.
    Med Mol Molph 41(4) 193-198 2008年 [査読有り]
  • Immunolocalization of water channel aquaporins in the vomeronasal organ of the rat: Expression of AQP4 in neuronal sensory cells.
    Abduxukur Ablimit, Takeo Aoki, Toshiyuki Matsuzaki, Takeshi Suzuki, Haruo Hagiwara, Shigeru Takami, and Kuniaki Takata.
    Chem Senses 33(5) 481?488-488 2008年 [査読有り]
  • Immunohistochemical and electron microscopic observations of stromal cells in the human oviduct mucosa.
    Haruo Hagiwara, Nobuo Ohwada, Takeo Aoki, Takeshi Suzuki, and Kuniaki Takata.
    Med Mol Molph 41(4) 221-226 2008年 [査読有り]
  • Differential localization of aquaporin-2 and glucose transporter 4 in polarized MDCK cells
    Takahiro Hasegawa, Toshiyuki Matsuzaki, Yuki Tajika, Abduxukur Ablimit, Takeshi Suzuki, Takeo Aoki, Haruo Hagiwara, Kuniaki Takata
    Histochemistry and Cell Biology 127 233-241 2007年 [査読有り]
MISCを全て表示する
  • The elongation of primary cilia via the acetylation of α-tubulin by the treatment with lithium chloride in human fibroblast KD cells.
    Nakakura T, Asano-Hoshino A, Suzuki T, Arisawa K, Tanaka H, Sekino Y, Kiuchi Y, Kawai K, Hagiwara H
    Medical molecular morphology 48 44-53 2014年04月 [査読有り]
  • 遺伝子組み換え実験計画時に有用なMicrosoft Word用マクロプログラム
    鈴木健史、田中憲一
    札幌医科大学医療人育成センター紀要 5 5-10 2014年 [査読有り]
  • 哺乳動物細胞におけるチューブリンアセチル化酵素の細胞内局在動態の可視化
    鈴木健史、中倉敬、萩原治夫
    札幌医科大学医療人育成センター紀要 4 11-15 2013年 [査読有り]
  • Function of the membrane water channel aquaporin-5 in the salivary gland.
    Matsuzaki T, Susa T, Shimizu K, Sawai N, Suzuki T, Aoki T, Yokoo S, Takata K
    Acta Histochem Cytochem 45 251-259 2012年 [査読有り]
  • Close association of aquaporin-2 internalization with caveolin-1.
    Aoki T, Suzuki T, Hagiwara H, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K, Matsuzaki T
    Acta Histochem Cytochem 45 139-146 2012年 [査読有り]
  • Nonlinear phase imaging using two-beam interferometry in SPE microscopy.
    Masatomo Yamagiwa, Yasuyuki Ozeki, Gen Omura, Takeshi Suzuki, Shin’ichiro Kajiyama, Kiichi Fukui, and Kazuyoshi Itoh.
    Jpn J Appl Phys 48 062501 2009年 [査読有り]
  • The primary cilia of secretory cells in the human oviduct mucosa.
    Haruo Hagiwara, Nobuo Ohwada, Takeo Aoki, Takeshi Suzuki, and Kuniaki Takata.
    Med Mol Molph 41(4) 193-198 2008年 [査読有り]
  • Immunolocalization of water channel aquaporins in the vomeronasal organ of the rat: Expression of AQP4 in neuronal sensory cells.
    Abduxukur Ablimit, Takeo Aoki, Toshiyuki Matsuzaki, Takeshi Suzuki, Haruo Hagiwara, Shigeru Takami, and Kuniaki Takata.
    Chem Senses 33(5) 481?488-488 2008年 [査読有り]
  • Immunohistochemical and electron microscopic observations of stromal cells in the human oviduct mucosa.
    Haruo Hagiwara, Nobuo Ohwada, Takeo Aoki, Takeshi Suzuki, and Kuniaki Takata.
    Med Mol Molph 41(4) 221-226 2008年 [査読有り]
  • Differential localization of aquaporin-2 and glucose transporter 4 in polarized MDCK cells
    Takahiro Hasegawa, Toshiyuki Matsuzaki, Yuki Tajika, Abduxukur Ablimit, Takeshi Suzuki, Takeo Aoki, Haruo Hagiwara, Kuniaki Takata
    Histochemistry and Cell Biology 127 233-241 2007年 [査読有り]
  • Recent advances in fluorescent labeling techniques for fluorescence microscopy.
    Takeshi Suzuki, Toshiyuki Matsuzaki, Haruo Hagiwara, Takeo Aoki, and Kuniaki Takata.
    Acta Histochem Cytochem 40(5) 131-137 2007年 [査読有り]
  • Localization of Golgi 58K protein (formiminotransferase cyclodeaminase) to the centrosome.
    HAGIWARA HARUO / TAJIKA YUKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 126 251-259 2006年 [査読有り]
  • Changes of aquaporin 5-distribution during release and reaccumulation of secretory granules in isoproterenol-treated mouse parotid gland
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / ABDUXUKUR ABLIMIT / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / TAKATA KUNIAKI
    Journal of Electron Microscopy 55(3) 183-189 2006年
  • デコンボリューション顕微鏡法.
    鈴木 健史 / 高田 邦昭
    顕微鏡 41(2) 120-123 2006年 [査読有り]
  • Expression and immunolocalization of water channel aquaporins in the rat and mouse mammary gland.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / Natsuko Machida / TAJIKA YUKI / ABDUXUKUR ABLIMIT / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 123 501-512 2005年 [査読有り]
  • Water channel aquaporin 1 (AQP1) is present in the perineurium and perichondrium.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / ABDUXUKUR ABLIMIT / TAJIKA YUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 38(1) 37-42 2005年 [査読有り]
  • Aquaporin water channel in the kidney.
    TAKATA KUNIAKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAJIKA YUKI / ABDUXUKUR ABLIMIT / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO
    Acta Histochem Cytochem 38 199-207 2005年 [査読有り]
  • Differential regulation of AQP2 trafficking in endosomes by microtubules and actin filaments.
    TAJIKA YUKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / ABDUXUKUR ABLIMIT / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / Michio Kuwahara / Sei Sasaki / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 124,pp 1-12 2005年
  • 共焦点顕微鏡活用法.
    鈴木 健史 / 松崎 利行 / 高田 邦昭
    Surgery Frontier 12(4),pp 82-85 2005年
  • Molecular mechanisms and drug development in aquaporin water channel diseases: Water channel aquaporin 2 (AQP2) of kidney collecting duct cells.
    TAKATA KUNIAKI / TAJIKA YUKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / AOKI TAKEO / SUZUKI TAKESHI / ABDUXUKUR ABLIMIT / HAGIWARA HARUO
    J Pharmacol Sci 96(3) 255-259 2004年
  • Aquaporin-2 is retrieved to the apical storage compartment via early endosomes and phosphatidylinositol 3-kinase-dependent pathway.
    TAJIKA YUKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / Michio Kuwahara / Sei Sasaki / TAKATA KUNIAKI
    Endocrinology 145,pp 4375-4383 2004年
  • Immunolocalization of water channel, aquaporin-5 (AQP5) in the rat digestive system.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAJIKA YUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / TAKATA KUNIAKI
    Arch Histol Cytol 66(4) 307-315 2003年
  • A simple electroporation method for the introduction of plasmids into cells cultured on coverslips for histochemical examination.
    TAKATA KUNIAKI / TAJIKA TAKAHASHI YUKIKO / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAJIKA YUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO
    Acta Histochem Cytochem 36(4) 317-323 2003年
  • Introduction and Expression of Glucose Transporters in Pancreatic Acinar Cells by In Vivo Electroporation
    Shinoda Yasuo / MATSUZAKI TOSHIYUKI / YOKOO MINAKO / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / KUWANO HIROYUKI / TAKATA KUNIAKI
    ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA 36(1) 77-82 2003年
  • 多細胞化へのみち,細胞接着の細胞生物学
    鈴木 健史 / 高田 邦昭
    黒岩常祥,中野明彦,財団法人遺伝学普及会偏,細胞のミクロコスモス-進化とゲノムからその素顔にせまる-,裳華房,東京 pp 157-165 2002年
  • Activation of organelle DNA synthesis during the initial phase of proliferation of BY-2 cultured tobacco cells after medium renewal.
    Saori Okamura / SUZUKI TAKESHI / Yutaka Miyazawa / Tsuneyoshi Kuroiwa / Atsushi Sakai
    Plant Morphology 14,pp 16-28 2002年
  • Immunohistochemical characterization of the intracellular pool of water channel aquaporin-2 in the rat kidney.
    TAJIKA YUKI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / Shigeyasu Tanaka / Eiki Kominami / TAKATA KUNIAKI
    Anat Sci Int 77(3) 189 2002年
  • Aquaporins: a water channel family.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAJIKA YUKI / Nomingerel Tserentsoodol / SUZUKI TAKESHI / AOKI TAKEO / HAGIWARA HARUO / TAKATA KUNIAKI
    Anat Sci Int 77(2) 85-93 2002年
  • The apical localization of SGLT1 glucose transporter is determined by the short amino acid sequence in its Nterminal domain.
    SUZUKI TAKESHI / Keiko Fujikura / Haruko Koyama / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAJIKA TAKAHASHI YUKIKO / TAKATA KUNIAKI
    Eur J Cell Biol 80,pp 765-774 2001年
  • Hypertonicity-induced expression of aquaporin 3 in MDCK cells.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI
    Am J Physiol 281,pp C55-C63 2001年
  • Expression of sugar transporters by in vitro electroporation and particle gun methods in the rat liver: localization to specific membrane domains.
    Yasuo Shinoda / SUZUKI TAKESHI / YOKOO MINAKO / Shinya Nagamatsu / KUWANO HIROYUKI / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 34(1) 15-24 2001年
  • Glucose transporters - Localization to specific membrane domains.
    TAKATA KUNIAKI / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / Nomingerel Tserentsoodol / TAJIKA YUKI / Yasuo Shinoda / HAGIWARA HARUO / AOKI TAKEO
    電子顕微鏡 36 supplement 2,pp 23-25 2001年
  • 上皮細胞におけるナトリウムイオン依存型糖輸送体SGLT1の頂部細胞膜局在機構.
    鈴木 健史
    北関東医学 50,pp 399-401 2000年
  • An anti-peptide antibody that recognized unexpected protein - a case report.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Shigeyasu Tanaka / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 33(5) 361-365 2000年
  • Water channel protein, aquaporin 3, in epithelial cells
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI
    Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York pp167-172 2000年
  • An anti-peptide antibody that recognized unexpected protein---A case report
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI / Tanaka S
    Acta Histochem Cytochem 33(5) 361-365 2000年
  • An anti-peptide antibody that recognized unexpected protein---A case report
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Tanaka S / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 33(5) 361-365 2000年
  • Sugar transporters in polarized epithelial cells.
    TAKATA KUNIAKI / Akiko Iizuka / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / YOKOO MINAKO / Bo-Chul Shin / Tserentsoodol Nomingerel / Yasuo Shinoda
    Acta Histochem Cytochem 32(1) 53-58 1999年
  • Water channel protein AQP3 is present in the epithelia exposed to the environment of possible water loss
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Koyama H / Tanaka S / TAKATA KUNIAKI
    J Histochem Cytochem 47(10) 1275-1286 1999年
  • Presence of fructose transporter GLUT5 in the S3 proximal tubules in the rat
    YOKOO MINAKO / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / Naruse T / TAKATA KUNIAKI
    Kidney Int 56,pp1022-1028 1999年
  • Sugar transporters in polarized epithelial cells
    TAKATA KUNIAKI / Iizuka A / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / Sugawara M / Shin B-C / Tserentsoodol N / Shinoda Y
    cta Histochem Cytochem 32(1) 53-58 1999年
  • Immunolocalization and effect of secretory stimulation
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI / Koyama H / Tanaka S
    Cell Tissue Res 295,pp513-521 1999年
  • Peptide transporter (PepT1) in the rat small intestine: ultrastructural localization and effect of starvation and administration of amino acids
    TAKATA KUNIAKI / SUZUKI TAKESHI / Ogihara T / Nagamachi Y / Inui K
    Histochem J 31,pp169-174 1999年
  • Presence of fructose transporter GLUT5 in the S3 proximal tubules in the rat
    YOKOO MINAKO / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI / Naruse T
    Kidney Int 56,pp1022-1028 1999年
  • Water channel protein AQP3 is present in the epithelia exposed to the environment of possible water loss
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI / Koyama H / Tanaka S
    J Histochem Cytochem 47(10) 1275-1286 1999年
  • Immunolocalization of tight junction proteins, occludin and ZO-1, and glucose transporter GLUT1 in the cells of the blood-nerve barrier
    TAKATA KUNIAKI / SUZUKI TAKESHI / Tserentsoodol N / Shin B-C / Koyama H
    Arch Histol Cytol 62(5) 459-469 1999年
  • Water channel protein AQP3 is present in epithelia exposed to the environment of possible water loss
    松崎 利行 / 鈴木 健史 / 高田 邦昭 / 小山晴子 / 田中滋康
    Journal of Histochemistry & Cytochemistry 47/1275-1286 1999年
  • Peptide transporter (PepT1) in the rat small intestine : ultrastructural localization and effect of starvation and administration of amino acids.
    Ogihara T / SUZUKI TAKESHI / Nagamachi Y / Inui K / TAKATA KUNIAKI
    Histochem J 31,pp169-174 1999年
  • Aquaporin-5 (AQP5), a water channel protein, in the rat salivary and lacrimal gland : Immunolocalization and effect of secretory stimulation.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Koyama H / Tanaka S / TAKATA KUNIAKI
    Cell Tissue Res 295,pp513-521 1999年
  • Aquaporin-5(AQP5), a water channel protein, in the rat salivary and lacrimal glands : immunolocalization and effect of secretory stimulation
    松崎 利行 / 鈴木 健史 / 高田 邦昭 / 小山晴子 / 田中滋康
    Cell & Tissue Research 295/,513-521 1999年
  • 乳腺の糖輸送体.
    高田 邦昭 / 藤倉 恵子 / 鈴木 雅一 / 鈴木 健史
    Mebio 15(No.5),pp 91-93 1998年
  • ラット胎盤の糖輸送機構.
    高田 邦昭 / Bo-Chul Shin / 藤倉 恵子 / 鈴木 雅一 / 鈴木 健史
    Mebio 15(No.7),pp 95-97 1998年
  • 上皮細胞における細胞膜糖輸送体の局在機構.
    高田 邦昭 / 鈴木 健史 / 飯塚 昌子 / 藤倉 恵子 / 松崎 利行 / 小山 晴子 / 犬飼 浩一 / 浅野 知一郎
    電子顕微鏡 33 supplement 2,pp 157-160 1998年
  • Direct gene transfer into rat liver cells by in vivo electroporation.
    SUZUKI TAKESHI / Bo-Chul Shin / Keiko Fujikura / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI
    FEBS Letters 425(3) 436 1998年
  • luorescence counter-staining of cell nuclear DNA for multi-color laser confocal microscopy.
    SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 31(4) 297-301 1998年
  • 上皮細胞における細胞膜糖輸送体の局在機構
    高田 邦昭 / 鈴木 健史 / 飯塚 晶子 / 藤倉 恵子 / 松崎 利行 / 小山 晴子 / 犬飼 浩一 / 浅野 知一郎
    電子顕微鏡 33 (suppleemnt 2),pp157-160 1998年
  • ラット胎盤の糖輸送機構
    高田 邦昭 / Shin B-C / 藤倉 恵子 / 鈴木 健史 / 松崎 利行
    Mebio 15(7),pp95-97 1998年
  • Fluorescence counter-staining of cell nuclear DNA for multi-color laser confocal microscopy
    SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 31(4) 297-301 1998年
  • Fluorescence counter-staining of cell nuclear DNA for multi-color laser confocal microscopy
    SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 31(4) 297-301 1998年
  • Multiple isoforms of the regulatory subunit for phosphatidylinositol 3-kinase (PI3-kinase) are expressed in neurons in the rat brain.
    Shin B-C / SUZUKI TAKESHI / Inukai K / Anai M / Asano T / TAKATA KUNIAKI
    Biochem Biophys Res Commun 246(2) 313-319 1998年
  • Multiple isoforms of the regulatory subunit for phosphatidylinositol 3-kinase(PI3-kinase)are expressed in neurons in the rat brain.
    Shin B-C / SUZUKI TAKESHI / Inukai K / Anai M / Asano T / TAKATA KUNIAKI
    Biochem Biophys Res Commun 246(2) 313-319 1998年
  • Direct gene transfer into rat liver cells by in vivo electroporation.
    SUZUKI TAKESHI / Shin B-C / Fujikura K / MATSUZAKI TOSHIYUKI / TAKATA KUNIAKI
    FEBS Lett 425(3) 436 1998年
  • DNA staining for fluorescence and laser confocal microscopy.
    SUZUKI TAKESHI / Keiko Fujikura / Tetsuya Higashiyama / TAKATA KUNIAKI
    J Histochem Cytochem 45,pp 49-53 1997年
  • Structural basis of sugar transport across the placental barrier
    TAKATA KUNIAKI / Shin B-C / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Tanaka S / Fujikura K
    J Reprod Develop 43(Supplement) 53-54 1997年
  • Structural basis of sugar transport across the placental barrier
    TAKATA KUNIAKI / Shin B-C / MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / Tanaka S / Fujikura K
    J Reprod Develop 43(Supplement) 53-54 1997年
  • GLUT1 glucose transporter in the lactating mammary gland in the rat.
    TAKATA KUNIAKI / Fujikura K / Suzuki M / SUZUKI TAKESHI / Hirano H
    Acta Histochem Cytochem 30(5/6) 623-628 1997年
  • Kir6.1 : a possible subunit of ATP-sensitive K+ channels in mitochondria.
    Suzuki M / Kotake K / Fujikura K / Inagaki N / SUZUKI TAKESHI / Gonoi T / Seino S / TAKATA KUNIAKI
    Biochem Biophys Res Commun 241(3) 693-697 1997年
  • Subcellular distributiion of GLUT4 in Chinese hamster ovary cells overexpressing mutant dynamin : Evidence that dynamin in a regulatory GTPase in GLUT4 endocytosis.
    Omata W / Shibata H / Suzuki Y / Tanaka S / SUZUKI TAKESHI / TAKATA KUNIAKI / KOJIMA ITARU
    Biochem Biophys Res Commun 241(2) 401-406 1997年
  • Nuclear staining for laser confocal microscopy.
    MATSUZAKI TOSHIYUKI / SUZUKI TAKESHI / FUjikura K / TAKATA KUNIAKI
    Acta Histochem Cytochem 30(3) 309-314 1997年
  • Glucose transporter Glut3 in the rat placental barrier : A possible machinery for the transplacental transfer of glucose.
    Shin B-C / Fujikura K / SUZUKI TAKESHI / Tanaka S / TAKATA KUNIAKI
    Endocrinology 138,pp3997-4004 1997年
  • DNA staining for fluorescence and laser confocal microscopy.
    SUZUKI TAKESHI / Fujikura K / Higashiyama T / TAKATA KUNIAKI
    J Histochem Cytochem 45,pp49-53 1997年
  • 胎盤と物質輸送.
    高田 邦昭 / Bo-Chul Shin / 藤倉 恵子 / 田中 滋康 / 松崎 利行 / 鈴木 健史
    産科と婦人科 63,pp 1347-1352 1996年
  • Organelle DNA synthesis before cell nuclear replication is essential for subsequent cell propagation.
    SUZUKI TAKESHI / Atsushi Sakai / Shigeyuki Kawano / Tsuneyoshi Kuroiwa
    Cytologia 61(2) 235-245 1996年
  • Variability of mitochondrial subgenomic molecules in the meristematic cells of higher plants.
    SUZUKI TAKESHI / Shigeyuki Kawano / Atsushi Sakai, / Atsushi Hirai / Tsuneyoshi Kuroiwa
    Gen Genet Sys 71(5) 329-333 1996年
  • Na+-dependent glucose transporter SGLT1 is localized in the apical plasma membrane upon completion of tight junction formation in MDCK cells.
    SUZUKI TAKESHI / Keiko Fujikura / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 106,pp 529-533 1996年
  • 胎盤と物質輸送
    高田 邦昭 / Bo-Chul Shin / 藤倉 恵子 / 田中 滋康 / 松崎 利行 / 鈴木 健史
    産科と婦人科 63,pp1347-1352 1996年
  • Na+-dependent glucose transporter SGLT1 is localized in the apical plasma membrane upon completion of tight junction formation in MDCK cells.
    SUZUKI TAKESHI / Fujikura K / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 106,pp529-533 1996年
  • Connexin 43 and the glucose transporter,GLUT1,in the ciliary body of the rat.
    Shin B-C / SUZUKI TAKESHI / Tanaka S / Kuraoka A / Shibata Y / TAKATA KUNIAKI
    Histochem Cell Biol 106,pp209-214 1996年
  • Immunolocalization of GLUT1 and connexin 26 in the rat placenta.
    Shin B-C / SUZUKI TAKESHI / MATSUZAKI TOSHIYUKI / Tanaka S / Kuraoka A / Shibata Y / TAKATA KUNIAKI
    Cell Tissue Res 285,pp83-89 1996年
  • ギャップ結合と糖輸送.
    鈴木 健史 / 高田 邦昭 / 松崎 利行 / Bo-Chul Shin
    Mebio 12(No.11),pp 149-151 1995年
  • Localization of organelle DNA synthesis within the root apical meristem of rice.
    SUZUKI TAKESHI / Narie Sasaki / Atsushi Sakai / Shigeyuki Kawano / Tsuneyoshi Kuroiwa
    J Exp Botany 46,pp 19-25 1995年
  • 組織細胞内におけるオルガネラDNA合成部位の検出法 -テクノビット-BrdU抗体蛍光抗体染色法-.
    鈴木 健史
    植物細胞工学 4,pp 416-417 1992年
  • オルガネラゲノムからみた細胞の増殖 -細胞周期はあるか-.
    鈴木 健史 / 黒岩 常祥
    植物細胞工学 4,pp 405-415 1992年
  • Preferential mitochondrial and plasmid DNA synthesis before multiple cell division in Nicotiana tabacum.
    SUZUKI TAKESHI / Shigeyuki Kawano / Atsushi Sakai / Makoto Fujie / Haruko Kuroiwa / Hiromu Nakamura / Tsuneyoshi Kuroiwa
    J Cell Sci 103,pp.831-837 1992年
  • The rice mitochondrial nad3 gene has an extended reading frame at its 5' end: Nucleotide sequence analysis of rice trnS, nad3, and rps12 genes.
    SUZUKI TAKESHI / Shigeru Kazama / Atsushi Hirai / Tomoya Akihama / Koh-ichi Kadowaki
    Curr Genet 20(4) 331-337 1991年
  • Nucleotide sequence of the cytochrome oxidase subunit I gene from rice mitochondria.
    Nucleic Acids Res 17 1759 1989年 [査読有り]

書籍等出版物

  • バイオイメージングで知っておきたい顕微鏡の基礎
    日本組織細胞化学会編、組織細胞化学2012 2012年
  • 共焦点レーザー顕微鏡および蛍光顕微鏡を使いこなすための基礎知識
    日本組織細胞化学会編、組織細胞化学2011 2011年08月 担当:分担執筆
  • Double-label immunoelectron microscopy for studying the colocalization of proteins in culture cells.
    New York: Human Press 2010年 担当:共著
  • Pre-embedding immunoelectron microscopy of chemically fixed mammalian tissue culture cells.
    New York: Human Press 2010年 担当:共著
  • Double-label immunoelectron microscopy for studying the colocalization of proteins in cultured cells.
    Immunoelectron microscopy, Methods in Molecular Biology 657, Schwartzbach and Osafune (eds), Springer Science+Business Media, New York 2010年
  • 蛍光タンパク質の基礎と実際
    中西印刷 2008年
  • ボケを除く処理:デコンボリューション顕微鏡法。
    染色・バイオイメージング実験ハンドブック。細胞や組織の形態・遺伝子・タンパク質を観るための染色法と顕微鏡観察のすべて 羊土社 2006年
  • バイオイメージングがわかる(細胞内分子を観察する多様な技術とその原理)画像処理の原理と効果
    羊土社 2005年
  • デコンボリューション顕微鏡法
    初めてでもできる共焦点顕微鏡活用プロトコール 実験医学別冊、羊土社、東京 2003年
  • 免疫組織化学:どの方法を選ぶか。
    組織細胞化学2003(日本組織細胞化学会編),学際企画,東京 2003年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • バイオイメージングで知っておきたい顕微鏡の基礎
    日本組織細胞化学会編、組織細胞化学2012 2012年
  • 共焦点レーザー顕微鏡および蛍光顕微鏡を使いこなすための基礎知識
    日本組織細胞化学会編、組織細胞化学2011 2011年 08月 担当:分担執筆
  • Double-label immunoelectron microscopy for studying the colocalization of proteins in culture cells.
    New York: Human Press 2010年 担当:共著
  • Pre-embedding immunoelectron microscopy of chemically fixed mammalian tissue culture cells.
    New York: Human Press 2010年 担当:共著
  • Double-label immunoelectron microscopy for studying the colocalization of proteins in cultured cells.
    Immunoelectron microscopy, Methods in Molecular Biology 657, Schwartzbach and Osafune (eds), Springer Science+Business Media, New York 2010年
  • 蛍光タンパク質の基礎と実際
    中西印刷 2008年
  • ボケを除く処理:デコンボリューション顕微鏡法。
    染色・バイオイメージング実験ハンドブック。細胞や組織の形態・遺伝子・タンパク質を観るための染色法と顕微鏡観察のすべて 羊土社 2006年
  • バイオイメージングがわかる(細胞内分子を観察する多様な技術とその原理)画像処理の原理と効果
    羊土社 2005年
  • デコンボリューション顕微鏡法
    初めてでもできる共焦点顕微鏡活用プロトコール 実験医学別冊、羊土社、東京 2003年
  • 免疫組織化学:どの方法を選ぶか。
    組織細胞化学2003(日本組織細胞化学会編),学際企画,東京 2003年
  • 免疫電顕法の実際-どんな時にどの方法を使うか-.
    組織細胞化学2002 2002年
  • 蛍光抗体法-基礎から多重染色まで。
    組織細胞化学2002、学際企画 2002年
  • 免疫組織化学の基礎的手順--抗体入手から検鏡まで.組織細胞化学
    2001(日本組織細胞化学会編),学際企画,東京 2001年
  • 未知の抗体を使っての染色の進め方
    組織細胞化学2000(日本組織細胞化学会編),学際企画,東京 2000年
  • ボケを除く処理 - デコンボリューション顕微鏡法.
    高田邦昭、川上速人、斎藤尚亮編,染色・バイオイメージング実験ハンドブック,羊土社,東京 2000年
  • Polarized distribution of Na+-dependent glucose cotransporter SGLT1 in epithelial cells
    Acta Histochem Cytochem 2000年
  • Polarized distribution of Na+-dependent glucose cotransporter SGLT1 in epithelial cells
    Acta Histochem Cytochem 2000年
  • 未知の抗体を使っての染色の進め方.
    日本組織細胞化学会編,組織細胞化学 2000,学際企画,東京 2000年
  • Water channel protein, aquaporin 3, in epithelial cells.
    Hohmann, Neilsen eds., Molecular Biology and Physiology of Water and Solute Transport, Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York 2000年
  • Water channel protein, aquaporin 3, in epithelial cells. In: Molecular Biology and Physiology of Water and Solute Transport
    Hohmann & Neilsen (eds), Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York 2000年
  • 共焦点顕微鏡を使ったNa+依存型糖輸送体SGLT1局在機構の解析
    電子顕微鏡 1999年
  • 共焦点顕微鏡を使ったNa+依存型糖輸送体SGLT1局在機構の解析
    電子顕微鏡 1999年
  • 細胞への遺伝子導入と組織化学.
    日本組織細胞化学会編,組織細胞化学 1999,学際企画,東京 1999年
  • レーザー共焦点顕微鏡法における蛍光抗体染色と核酸対比染色
    日本比較内分泌学会ニュース 1997年
  • レーザー共焦点顕微鏡法における蛍光抗体染色と核酸対比染色
    日本比較内分泌学会ニュース 1997年
  • 蛍光抗体法.
    日本組織細胞化学会編,組織細胞化学 1996,学際企画,東京 1996年
  • ギャップ結合と糖輸送
    Mebio 1995年

講演・口頭発表

  • バイオイメージングで知っておきたい顕微鏡の基礎
    鈴木 健史
    第35回組織細胞化学講習会,シンポジウム「見る! 顕微鏡の基礎から最新のイメージング技術」 2012年08月
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子動態
    鈴木 健史
    第52回組織細胞化学会・学術集会 2011年09月
  • 共焦点レーザー顕微鏡および蛍光顕微鏡を使いこなすための基礎知識
    鈴木 健史
    第35回組織細胞化学講習会 2011年08月
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子動態
    日本顕微鏡学会 2009年
  • 蛍光タンパク質の基礎と実際
    組織細胞化学講習会 2008年
  • 共焦点顕微鏡の基礎と応用;デコンボリューション顕微鏡法による細胞機能解析
    分析電子顕微鏡討論会 2008年
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子分布動態の3次元ライブセルイメージング解析
    日本顕微鏡学会 2007年
  • 免疫シナプス超分子クラスターの分子機能動態
    日本組織細胞化学会 2007年
  • Live-cell-imaging of signal molecules during the formation of immunological synapses.
    Dairen University 2007年
  • Three-dimensional time-lapse-imaging for signal molecules during T-cell activation. (Prize-winning lecture for the JSHC Young Investigator of the Year)
    7th Joint Meeting of The Histochemical Society & The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry 2006年
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • バイオイメージングで知っておきたい顕微鏡の基礎
    鈴木 健史
    第35回組織細胞化学講習会,シンポジウム「見る! 顕微鏡の基礎から最新のイメージング技術」 2012年08月
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子動態
    鈴木 健史
    第52回組織細胞化学会・学術集会 2011年09月
  • 共焦点レーザー顕微鏡および蛍光顕微鏡を使いこなすための基礎知識
    鈴木 健史
    第35回組織細胞化学講習会 2011年08月
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子動態
    日本顕微鏡学会 2009年
  • 蛍光タンパク質の基礎と実際
    組織細胞化学講習会 2008年
  • 共焦点顕微鏡の基礎と応用;デコンボリューション顕微鏡法による細胞機能解析
    分析電子顕微鏡討論会 2008年
  • 免疫シナプスにおけるシグナル分子分布動態の3次元ライブセルイメージング解析
    日本顕微鏡学会 2007年
  • 免疫シナプス超分子クラスターの分子機能動態
    日本組織細胞化学会 2007年
  • Live-cell-imaging of signal molecules during the formation of immunological synapses.
    Dairen University 2007年
  • Three-dimensional time-lapse-imaging for signal molecules during T-cell activation. (Prize-winning lecture for the JSHC Young Investigator of the Year)
    7th Joint Meeting of The Histochemical Society & The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry 2006年
  • Three-dimensional time-lapse-imaging for signal molecules during T-cell activation
    7th Joint Meeting of The Histochemical Society & The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry 2006年
  • Immunohistochemical study of Golgi proteins to the centrosome
    16th International Microscopy Congress 2006年
  • アクアポリン2水チャネルの細胞内貯蔵部位と細胞内動態
    第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 2006年
  • 3次元ライブセルイメージングによる免疫シナプスのシグナル分子動態の解析
    第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 2006年
  • アクアポリン2水チャネルのトラフィッキング機構と膜微小ドメイン
    第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 2006年
  • Aquaporins in the rat nasal mucosa.
    第46回日本組織細胞化学会総会・学術集会 2005年
  • Targeting of PKC-theta at cSMAC during T-cell activation is regulate by its v3 domain other than C1-DAG binding machinery.
    The 58th Annual Meeting of Japan Society for Cell Biology 2005年
  • デコンボリューション顕微鏡法。
    日本顕微鏡学会第61回学術講演会 2005年
  • 内在化されたカベオラは初期エンドソームで選別されている
    第110回日本解剖学会・全国学術集会 2005年
  • ゴルジ装置構成たんぱく質の中心体への局在について
    第110回日本解剖学会総会・全国学術集会 2005年
  • Role of early endosomes in caevolar internalization in endothelial cells
    16th International Congress of the IFAA 2004年
  • Role of the action microtubule cytoskelton in the intracellular distribution of AQP2.
    16th International Congress of the IFAA 2004年
  • ラット乳腺における水チャネルAQP1およびAQP3の局在
    第45回日本組織細胞化学会総会・学術集会 2004年
  • Mapping of aquaporins in the body
    16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA) 2004年
  • 授乳期ラット乳腺におけるアクアポリン水チャネルの分布局在
    日本解剖学会関東支部 第92回学術集会 2004年
  • Immunocytochemical analysis of intracellular pool of water channel aquaporin-2 (AQP2) in renal epithelial cells
    World Congress on Neurohypophysial Hormones 2003年
  • 免疫組織化学:どの方法を選ぶか
    日本組織細胞化学会第28回組織細胞化学講習会 2003年
  • カベオラの内在化と膜動態
    第108回日本解剖学会総会・全国学術集会 2003年
  • ナトリウムイオン依存性糖輸送体SGLT1の頂部細胞膜局在に対するコレステロール除去の影響
    日本解剖学会総会・全国学術集会 2002年
  • カベオラは内在化されたあとエンドソームに運ばれるか?
    日本解剖学会第89回関東支部学術集会 2001年
  • 初期エンドソーム蛋白質EEA1と内在化カベオラとの関連性
    日本組織細胞化学会第42回総会・学術集会 2001年
  • 消化管での糖吸収機構の形態学
    日本解剖学会総会・学術集会 2001年
  • MDCK細胞における水チャネルタンパク質、アクアポリン3の高浸透圧刺激による発現変化
    第106回日本解剖学会総会・全国学術集会 2001年
  • ラット唾液腺の水チャネル、アクアポリン5.(シンポジウム)
    第105回日本解剖学会総会・全国学術集会,パシフィコ横浜 2000年
  • Water channel protein, aquaporin 3, in epithelial cells.
    3rd international conference on molecular biology and physiology of water and solute transport, Göteborg 2000年
  • Water channel protein aquaporin 3 (AQP3): immunolocalization in epithelial cells and effect of hypertonicity.
    Fifteenth international symposium on morphological sciences 2000年
  • 水チャネル、アクアポリン3のラット上皮組織における局在.(ミニシンポジウム)
    第104回日本解剖学会総会・全国学術集会,杏林大学三鷹キャンパス 1999年
  • AQP5水チャネルのラット唾液腺における局在.
    日本解剖学会第86回関東地方会,東京女子医科大学医学部 1999年
  • ラット上皮組織における水チャネル、アクアポリン3.
    第52回日本細胞生物学会大会,東京大学本郷キャンパス 1999年
  • ラット上皮組織およびMDCK細胞における水チャネルタンパク質,アクアポリン3.
    日本解剖学会第87回関東地方会,群馬大学医学部 1999年
  • ラット泌尿器系における水チャネル、アクアポリン3の局在.
    日本組織細胞化学会第40回記念総会・学術集会,国立京都国際会館 1999年
  • Immunolocalization of the water channel AQP5 in rat salivary glands.
    Fifth Joint Meeting of the Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and Histochemical Society, University of California, San Diego, La Jolla 1998年
  • 共焦点レーザー顕微鏡のための核染色色素の検討.
    第38回日本組織細胞化学会総会・学術集会,三鷹市芸術文化センター 1997年
  • 細胞核染色蛍光色素 — 共焦点レーザー顕微鏡における検討.
    日本解剖学会第85回関東地方会,北里大学医学部 1997年
  • ミオ−イノシトール輸送体SMITの局在.
    日本解剖学会第83回関東地方会,杏林大学医学部 1995年

競争的資金等の研究課題

  • 線毛発生における基底小体からの線毛伸長のon/off制御機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 萩原 治夫
  • 水チャネル・アクアポリン2をモデルとしたエンドソーム・ポストエンドソーム系の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2009年 代表者 : 高田 邦昭
  • ライブセルイメージングによる上皮細胞の細胞極性形成機構の解析
    研究期間 :2004年 - 2006年
  • ライブセルイメージングによる上皮細胞の細胞極性形成機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間 :2004年 - 2006年 代表者 : 鈴木 健史
  • グルコーストランスポーターのトランスロケーションにおけるカベオラの役割
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 青木 武生
  • 生体内コンパートメント間での水移送における水チャネルの役割の細胞構造的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
    研究期間 :2001年 - 2004年 代表者 : 高田 邦昭
  • 輸送体膜タンパク質の細胞内局在移送の全行程を生きている細胞でみる
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2002年 - 2002年 代表者 : 鈴木 健史
  • 上皮細胞における輸送体膜タンパク質の極性局在機構の分子形態学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 :2001年 - 2002年 代表者 : 鈴木 健史
  • 腎臓における糖輸送体アイソフォームの分布と調節機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1999年 - 2002年 代表者 : 藤倉 恵子
  • 水チャンネル蛋白アクアポリンの個体維持における役割の検索
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 :1999年 - 2001年 代表者 : 高田 邦昭
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 線毛発生における基底小体からの線毛伸長のon/off制御機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 萩原 治夫
  • 水チャネル・アクアポリン2をモデルとしたエンドソーム・ポストエンドソーム系の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2009年 代表者 : 高田 邦昭
  • ライブセルイメージングによる上皮細胞の細胞極性形成機構の解析
    研究期間 :2004年 - 2006年
  • ライブセルイメージングによる上皮細胞の細胞極性形成機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間 :2004年 - 2006年 代表者 : 鈴木 健史
  • グルコーストランスポーターのトランスロケーションにおけるカベオラの役割
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 青木 武生
  • 生体内コンパートメント間での水移送における水チャネルの役割の細胞構造的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
    研究期間 :2001年 - 2004年 代表者 : 高田 邦昭
  • 輸送体膜タンパク質の細胞内局在移送の全行程を生きている細胞でみる
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2002年 - 2002年 代表者 : 鈴木 健史
  • 上皮細胞における輸送体膜タンパク質の極性局在機構の分子形態学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 :2001年 - 2002年 代表者 : 鈴木 健史
  • 腎臓における糖輸送体アイソフォームの分布と調節機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1999年 - 2002年 代表者 : 藤倉 恵子
  • 水チャンネル蛋白アクアポリンの個体維持における役割の検索
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 :1999年 - 2001年 代表者 : 高田 邦昭
  • 臓器細胞への遺伝子直接導入法による細胞極性形成機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :1998年 - 2001年 代表者 : 高田 邦昭
  • ナトリウムイオン依存型糖輸送体SGLT1の頂部細胞膜局在機構の分子形態学の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1999年 - 2000年 代表者 : 鈴木 健史
  • 共焦点顕微鏡法とミクロインジェクションを組合せた組織細胞解析法の展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :1997年 - 2000年 代表者 : 高田 邦昭
  • 細胞膜ミクロドメインの探索
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 :1997年 - 1998年 代表者 : 高田 邦昭
  • 上皮細胞極性形成過程における糖輸送体の選択的細胞膜局在機構の分子形態学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1997年 - 1998年 代表者 : 鈴木 健史
  • 糖の吸収供給機能を制御する糖輸送体の細胞膜ドメイン局在分布機構の分子形態学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1995年 - 1995年 代表者 : 鈴木 健史

受賞

  • 2013年03月 札幌医科大学 ベストティーチャー賞
  • 2011年05月 群馬大学 ベストティーチャー優秀賞
  • 2010年12月 群馬大学医学部 ベストティーチャー石井賞
  • 2006年 JSHC Young Investigator Award
  • 2006年 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2003年 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2000年 Young Histochemist Award
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2013年03月 札幌医科大学 ベストティーチャー賞
  • 2011年05月 群馬大学 ベストティーチャー優秀賞
  • 2010年12月 群馬大学医学部 ベストティーチャー石井賞
  • 2006年 JSHC Young Investigator Award
  • 2006年 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2003年 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2000年 Young Histochemist Award

特許

  • 温水循環式顕微培養チャンバー
    鈴木 健史
  • 顕微鏡装置及びそれを用いた蛍光観察方法
    五十嵐康伸,出口雄規,鈴木健史,橋本浩一


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.