詳細検索はこちら

高橋 素子 タカハシ モトコ

所属部署名医化学講座
職名教授ホームページURL
更新日 :2017/09/20

プロフィール

研究キーワード

    糖鎖生物学 酸化還元酵素 タンパク質糖化反応

研究分野

  • 基礎医学 / 医化学一般
  • 基礎医学 / 病態医化学

経歴

  • 2007年01月
    -
    現在
    札幌医科大学医学部 医化学講座(准教授)
  • 2017年09月
    -
    現在
    札幌医科大学医学部 医化学講座(教授)
  • 2005年01月
    -
    2006年12月
    佐賀大学医学部  分子生命科学講座(助教授)
  • 1998年03月
    -
    2004年12月
    大阪大学医学部  生化学講座(助手)

学位

  • 医学博士(大阪大学)

学歴

  • 1991年04月
    -
    1995年03月
    大阪大学大学院 医学系研究科(日本)
  • 1985年04月
    -
    1991年03月
    北海道大学 医学部(日本)

所属学協会

  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本生化学会
  • 日本癌学会
  • 日本糖質学会
  • 日本メイラード学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本生化学会
  • 日本癌学会
  • 日本糖質学会
  • 日本メイラード学会

委員歴

  • 日本メイラード学会 世話人
  • 日本糖質学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
  • 日本メイラード学会 世話人
  • 日本糖質学会 評議員

研究活動

論文

  • Disruption of the structural and functional features of surfactant protein A by acrolein in cigarette smoke.
    Takamiya R, Uchida K, Shibata T, Maeno T, Kato M, Yamaguchi Y, Ariki S, Hasegawa Y, Saito A, Miwa S, Takahashi H, Akaike T, Kuroki Y, Takahashi M
    Scientific reports 7(1) 8304 2017年08月 [査読有り]
  • Surfactant protein D inhibits activation of non-small cell lung cancer-associated mutant EGFR and affects clinical outcomes of patients.
    Umeda Y, Hasegawa Y, Otsuka M, Ariki S, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Saijo H, Kuronuma K, Chiba H, Ohnishi H, Sakuma Y, Takahashi H, Kuroki Y, Takahashi M
    Oncogene 2017年07月 [査読有り]
  • Surfactant Protein A Inhibits Growth and Adherence of Uropathogenic Escherichia coli To Protect the Bladder from Infection.
    Hashimoto J, Takahashi M, Saito A, Murata M, Kurimura Y, Nishitani C, Takamiya R, Uehara Y, Hasegawa Y, Hiyama Y, Sawada N, Takahashi S, Masumori N, Kuroki Y, Ariki S
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 198(7) 2898-2905 2017年04月 [査読有り]
  • Surfactant protein A (SP-A) and SP-A-derived peptide attenuate chemotaxis of mast cells induced by human β-defensin 3.
    Uehara Y, Takahashi M, Murata M, Saito A, Takamiya R, Hasegawa Y, Kuronuma K, Chiba H, Hashimoto J, Sawada N, Takahashi H, Kuroki Y, Ariki S
    Biochemical and biophysical research communications 485(1) 107-112 2017年03月 [査読有り]
  • N-glycans of growth factor receptors: their role in receptor function and disease implications.
    Takahashi M, Hasegawa Y, Gao C, Kuroki Y, Taniguchi N
    Clinical science (London, England : 1979) 130(20) 1781-1792 2016年10月 [査読有り]
  • Glycation vs. glycosylation: a tale of two different chemistries and biology in Alzheimer's disease.
    Taniguchi N, Takahashi M, Kizuka Y, Kitazume S, Shuvaev VV, Ookawara T, Furuta A
    Glycoconjugate journal 33(4) 487-497 2016年06月 [査読有り]
  • Disease-associated glycans on cell surface proteins.
    Takahashi M, Kizuka Y, Ohtsubo K, Gu J, Taniguchi N
    Molecular aspects of medicine 51 56-70 2016年04月 [査読有り]
  • Proteomic and glycomic analyses of a lung-specific protein surfactant protein-D.
    Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
    Data in brief 5 707-711 2015年12月 [査読有り]
  • Fucosylated surfactant protein-D is a biomarker candidate for the development of chronic obstructive pulmonary disease.
    Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
    Journal of proteomics 127(Pt B) 386-394 2015年09月 [査読有り]
  • Surfactant protein D suppresses lung cancer progression by downregulation of epidermal growth factor signaling.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Asakawa D, Tajiri M, Wada Y, Yamaguchi Y, Nishitani C, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi H, Kuroki Y
    Oncogene 34 838-845 2015年02月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Disruption of the structural and functional features of surfactant protein A by acrolein in cigarette smoke.
    Takamiya R, Uchida K, Shibata T, Maeno T, Kato M, Yamaguchi Y, Ariki S, Hasegawa Y, Saito A, Miwa S, Takahashi H, Akaike T, Kuroki Y, Takahashi M
    Scientific reports 7(1) 8304 2017年08月 [査読有り]
  • Surfactant protein D inhibits activation of non-small cell lung cancer-associated mutant EGFR and affects clinical outcomes of patients.
    Umeda Y, Hasegawa Y, Otsuka M, Ariki S, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Saijo H, Kuronuma K, Chiba H, Ohnishi H, Sakuma Y, Takahashi H, Kuroki Y, Takahashi M
    Oncogene 2017年07月 [査読有り]
  • Surfactant Protein A Inhibits Growth and Adherence of Uropathogenic Escherichia coli To Protect the Bladder from Infection.
    Hashimoto J, Takahashi M, Saito A, Murata M, Kurimura Y, Nishitani C, Takamiya R, Uehara Y, Hasegawa Y, Hiyama Y, Sawada N, Takahashi S, Masumori N, Kuroki Y, Ariki S
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 198(7) 2898-2905 2017年04月 [査読有り]
  • Surfactant protein A (SP-A) and SP-A-derived peptide attenuate chemotaxis of mast cells induced by human β-defensin 3.
    Uehara Y, Takahashi M, Murata M, Saito A, Takamiya R, Hasegawa Y, Kuronuma K, Chiba H, Hashimoto J, Sawada N, Takahashi H, Kuroki Y, Ariki S
    Biochemical and biophysical research communications 485(1) 107-112 2017年03月 [査読有り]
  • N-glycans of growth factor receptors: their role in receptor function and disease implications.
    Takahashi M, Hasegawa Y, Gao C, Kuroki Y, Taniguchi N
    Clinical science (London, England : 1979) 130(20) 1781-1792 2016年10月 [査読有り]
  • Glycation vs. glycosylation: a tale of two different chemistries and biology in Alzheimer's disease.
    Taniguchi N, Takahashi M, Kizuka Y, Kitazume S, Shuvaev VV, Ookawara T, Furuta A
    Glycoconjugate journal 33(4) 487-497 2016年06月 [査読有り]
  • Disease-associated glycans on cell surface proteins.
    Takahashi M, Kizuka Y, Ohtsubo K, Gu J, Taniguchi N
    Molecular aspects of medicine 51 56-70 2016年04月 [査読有り]
  • Proteomic and glycomic analyses of a lung-specific protein surfactant protein-D.
    Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
    Data in brief 5 707-711 2015年12月 [査読有り]
  • Fucosylated surfactant protein-D is a biomarker candidate for the development of chronic obstructive pulmonary disease.
    Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
    Journal of proteomics 127(Pt B) 386-394 2015年09月 [査読有り]
  • Surfactant protein D suppresses lung cancer progression by downregulation of epidermal growth factor signaling.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Asakawa D, Tajiri M, Wada Y, Yamaguchi Y, Nishitani C, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi H, Kuroki Y
    Oncogene 34 838-845 2015年02月 [査読有り]
  • The single N-glycan deletion mutant of soluble ErbB3 protein attenuates heregulin β1-induced tumor progression by blocking of the HIF-1 and Nrf2 pathway.
    Takamiya R, Takahashi M, Uehara Y, Ariki S, Hashimoto J, Hasegawa Y, Kuroki Y
    Biochemical and biophysical research communications 454(3) 364-368 2014年10月 [査読有り]
  • Reductive detoxification of acrolein as a potential role for aldehyde reductase (AKR1A) in mammals.
    Kurahashi T, Kwon M, Homma T, Saito Y, Lee J, Takahashi M, Yamada K, Miyata S, Fujii J
    Biochemical and biophysical research communications 452(1) 136-141 2014年09月 [査読有り]
  • A circadian clock gene, Rev-erbα, modulates the inflammatory function of macrophages through the negative regulation of Ccl2 expression.
    Sato S, Sakurai T, Ogasawara J, Takahashi M, Izawa T, Imaizumi K, Taniguchi N, Ohno H, Kizaki T
    Journal of immunology 192(1) 407-417 2014年01月 [査読有り]
  • Ascorbic acid reverses the prolonged anesthetic action of pentobarbital in Akr1a-knockout mice.
    Ito J, Otsuki N, Zhang X, Konno T, Kurahashi T, Takahashi M, Yamato M, Matsuoka Y, Yamada K, Miyata S, Fujii J
    Life sciences 95(1) 1-8 2014年01月 [査読有り]
  • Suppression of heregulin β signaling by the single N-glycan deletion mutant of soluble ErbB3 protein.
    Takahashi M, Hasegawa Y, Ikeda Y, Wada Y, Tajiri M, Ariki S, Takamiya R, Nishitani C, Araki M, Yamaguchi Y, Taniguchi N, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 288(46) 32910-32921 2013年11月 [査読有り]
  • Detection of N-glycolyated gangliosides in non-small-cell lung cancer using GMR8 monoclonal antibody.
    Hayashi N, Chiba H, Kuronuma K, Go S, Hasegawa Y, Takahashi M, Gasa S, Watanabe A, Hasegawa T, Kuroki Y, Inokuchi J, Takahashi H
    Cancer science 104(1) 43-47 2013年01月 [査読有り]
  • The effects of exercise training on obesity-induced dysregulated expression of adipokines in white adipose tissue.
    Sakurai T, Ogasawara J, Kizaki T, Sato S, Ishibashi Y, Takahashi M, Kobayashi O, Oh-Ishi S, Nagasawa J, Takahashi K, Ishida H, Izawa T, Ohno H
    International journal of endocrinology 2013 801743 2013年 [査読有り]
  • In vivo role of aldehyde reductase.
    Takahashi M, Miyata S, Fujii J, Inai Y, Ueyama S, Araki M, Soga T, Fujinawa R, Nishitani C, Ariki S, Shimizu T, Abe T, Ihara Y, Nishikimi M, Kozutsumi Y, Taniguchi N, Kuroki Y
    Biochimica et biophysica acta 1820(11) 1787-1796 2012年11月 [査読有り]
  • Surfactant protein D inhibits adherence of uropathogenic Escherichia coli to the bladder epithelial cells and the bacterium-induced cytotoxicity: a possible function in urinary tract.
    Kurimura Y, Nishitani C, Ariki S, Saito A, Hasegawa Y, Takahashi M, Hashimoto J, Takahashi S, Tsukamoto T, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 287(47) 39578-39588 2012年11月 [査読有り]
  • Measurement of peroxiredoxin-4 serum levels in rat tissue and its use as a potential marker for hepatic disease.
    Ito R, Takahashi M, Ihara H, Tsukamoto H, Fujii J, Ikeda Y
    Molecular medicine reports 6(2) 379-384 2012年08月 [査読有り]
  • Pulmonary surfactant protein A protects lung epithelium from cytotoxicity of human β-defensin 3.
    Saito A, Ariki S, Sohma H, Nishitani C, Inoue K, Ebata N, Takahashi M, Hasegawa Y, Kuronuma K, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 287(18) 15034-15043 2012年04月 [査読有り]
  • Pulmonary collectins play distinct roles in host defense against Mycobacterium avium.
    Ariki S, Kojima T, Gasa S, Saito A, Nishitani C, Takahashi M, Shimizu T, Kurimura Y, Sawada N, Fujii N, Kuroki Y
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 187(5) 2586-2594 2011年09月 [査読有り]
  • Spontaneous skin damage and delayed wound healing in SOD1-deficient mice.
    Iuchi Y, Roy D, Okada F, Kibe N, Tsunoda S, Suzuki S, Takahashi M, Yokoyama H, Yoshitake J, Kondo S, Fujii J
    Molecular and cellular biochemistry 341(1-2) 181-194 2010年08月 [査読有り]
  • Pulmonary collectins protect macrophages against pore-forming activity of Legionella pneumophila and suppress its intracellular growth.
    Sawada K, Ariki S, Kojima T, Saito A, Yamazoe M, Nishitani C, Shimizu T, Takahashi M, Mitsuzawa H, Yokota S, Sawada N, Fujii N, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 285(11) 8434-8443 2010年03月 [査読有り]
  • Mannose binding lectin and lung collectins interact with Toll-like receptor 4 and MD-2 by different mechanisms.
    Shimizu T, Nishitani C, Mitsuzawa H, Ariki S, Takahashi M, Ohtani K, Wakamiya N, Kuroki Y
    Biochimica et biophysica acta 1790(12) 1705-1710 2009年12月 [査読有り]
  • Core fucose and bisecting GlcNAc, the direct modifiers of the N-glycan core: their functions and target proteins.
    Takahashi M, Kuroki Y, Ohtsubo K, Taniguchi N
    Carbohydrate research 344(12) 1387-1390 2009年08月 [査読有り]
  • Mutational analysis of Cys(88) of Toll-like receptor 4 highlights the critical role of MD-2 in cell surface receptor expression.
    Nishitani C, Takahashi M, Mitsuzawa H, Shimizu T, Ariki S, Matsushima N, Kuroki Y
    International immunology 21(8) 925-934 2009年08月 [査読有り]
  • Core fucosylation of E-cadherin enhances cell-cell adhesion in human colon carcinoma WiDr cells.
    Osumi D, Takahashi M, Miyoshi E, Yokoe S, Lee SH, Noda K, Nakamori S, Gu J, Ikeda Y, Kuroki Y, Sengoku K, Ishikawa M, Taniguchi N
    Cancer science 100(5) 888-895 2009年05月 [査読有り]
  • Pulmonary surfactant protein D inhibits lipopolysaccharide (LPS)-induced inflammatory cell responses by altering LPS binding to its receptors.
    Yamazoe M, Nishitani C, Takahashi M, Katoh T, Ariki S, Shimizu T, Mitsuzawa H, Sawada K, Voelker DR, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 283(51) 35878-35888 2008年12月 [査読有り]
  • Pulmonary surfactant protein D binds MD-2 through the carbohydrate recognition domain.
    Nie X, Nishitani C, Yamazoe M, Ariki S, Takahashi M, Shimizu T, Mitsuzawa H, Sawada K, Smith K, Crouch E, Nagae H, Takahashi H, Kuroki Y
    Biochemistry 47(48) 12878-12885 2008年12月 [査読有り]
  • [Importance of core fucose in receptor function].
    Takahashi M, Miyoshi E, Gu J, Taniguchi N
    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 53(12 Suppl) 1502-1507 2008年09月 [査読有り]
  • Functional roles of N-glycans in cell signaling and cell adhesion in cancer.
    Zhao YY, Takahashi M, Gu JG, Miyoshi E, Matsumoto A, Kitazume S, Taniguchi N
    Cancer science 99(7) 1304-1310 2008年07月 [査読有り]
  • N-glycan of ErbB family plays a crucial role in dimer formation and tumor promotion.
    Takahashi M, Yokoe S, Asahi M, Lee SH, Li W, Osumi D, Miyoshi E, Taniguchi N
    Biochimica et biophysica acta 1780(3) 520-524 2008年03月 [査読有り]
  • Gliclazide inhibits proliferation but stimulates differentiation of white and brown adipocytes.
    Nakano N, Miyazawa N, Sakurai T, Kizaki T, Kimoto K, Takahashi K, Ishida H, Takahashi M, Suzuki K, Ohno H
    Journal of biochemistry 142(5) 639-645 2007年11月 [査読有り]
  • Pulmonary collectins in innate immunity of the lung.
    Kuroki Y, Takahashi M, Nishitani C
    Cellular microbiology 9(8) 1871-1879 2007年08月 [査読有り]
  • Introduction of bisecting GlcNAc in N-glycans of adenylyl cyclase III enhances its activity.
    Li W, Takahashi M, Shibukawa Y, Yokoe S, Gu J, Miyoshi E, Honke K, Ikeda Y, Taniguchi N
    Glycobiology 17(6) 655-662 2007年06月 [査読有り]
  • Acrolein induces cyclooxygenase-2 and prostaglandin production in human umbilical vein endothelial cells: roles of p38 MAP kinase.
    Park YS, Kim J, Misonou Y, Takamiya R, Takahashi M, Freeman MR, Taniguchi N
    Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology 27(6) 1319-1325 2007年06月 [査読有り]
  • The Asn418-linked N-glycan of ErbB3 plays a crucial role in preventing spontaneous heterodimerization and tumor promotion.
    Yokoe S, Takahashi M, Asahi M, Lee SH, Li W, Osumi D, Miyoshi E, Taniguchi N
    Cancer research 67(5) 1935-1942 2007年03月 [査読有り]
  • A secreted type of beta1,6 N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V), a novel angiogenesis inducer, is regulated by gamma-secretase.
    Nakahara S, Saito T, Kondo N, Moriwaki K, Noda K, Ihara S, Takahashi M, Ide Y, Gu J, Inohara H, Katayama T, Tohyama M, Kubo T, Taniguchi N, Miyoshi E
    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 20(14) 2451-2459 2006年12月 [査読有り]
  • Loss of core fucosylation of low-density lipoprotein receptor-related protein-1 impairs its function, leading to the upregulation of serum levels of insulin-like growth factor-binding protein 3 in Fut8-/- mice.
    Lee SH, Takahashi M, Honke K, Miyoshi E, Osumi D, Sakiyama H, Ekuni A, Wang X, Inoue S, Gu J, Kadomatsu K, Taniguchi N
    Journal of biochemistry 139(3) 391-398 2006年03月 [査読有り]
  • The internalization and metabolism of 3-deoxyglucosone in human umbilical vein endothelial cells.
    Sakiyama H, Takahashi M, Yamamoto T, Teshima T, Lee SH, Miyamoto Y, Misonou Y, Taniguchi N
    Journal of biochemistry 139(2) 245-253 2006年02月 [査読有り]
  • Dysregulation of TGF-beta1 receptor activation leads to abnormal lung development and emphysema-like phenotype in core fucose-deficient mice.
    Wang X, Inoue S, Gu J, Miyoshi E, Noda K, Li W, Mizuno-Horikawa Y, Nakano M, Asahi M, Takahashi M, Uozumi N, Ihara S, Lee SH, Ikeda Y, Yamaguchi Y, Aze Y, Tomiyama Y, Fujii J, Suzuki K, Kondo A, Shapiro SD, Lopez-Otin C, Kuwaki T, Okabe M, Honke K, Taniguchi N
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102(44) 15791-15796 2005年11月 [査読有り]
  • A common pathway for intracellular reactive oxygen species production by glycoxidative and nitroxidative stress in vascular endothelial cells and smooth muscle cells.
    Taniguchi N, Takahashi M, Sakiyama H, Park YS, Asahi M, Misonou Y, Miyamoto Y
    Annals of the New York Academy of Sciences 1043 521-528 2005年06月 [査読有り]
  • Acrolein induces Hsp72 via both PKCdelta/JNK and calcium signaling pathways in human umbilical vein endothelial cells.
    Misonou Y, Takahashi M, Park YS, Asahi M, Miyamoto Y, Sakiyama H, Cheng X, Taniguchi N
    Free radical research 39(5) 507-512 2005年05月 [査読有り]
  • Overexpression of mutated Cu,Zn-SOD in neuroblastoma cells results in cytoskeletal change.
    Takamiya R, Takahashi M, Park YS, Tawara Y, Fujiwara N, Miyamoto Y, Gu J, Suzuki K, Taniguchi N
    American journal of physiology. Cell physiology 288(2) C253-9 2005年02月 [査読有り]
  • Different immunoreactivity against monoclonal antibodies between wild-type and mutant copper/zinc superoxide dismutase linked to amyotrophic lateral sclerosis.
    Fujiwara N, Miyamoto Y, Ogasahara K, Takahashi M, Ikegami T, Takamiya R, Suzuki K, Taniguchi N
    The Journal of biological chemistry 280(6) 5061-5070 2005年02月 [査読有り]
  • Induction of thioredoxin reductase as an adaptive response to acrolein in human umbilical vein endothelial cells.
    Park YS, Misonou Y, Fujiwara N, Takahashi M, Miyamoto Y, Koh YH, Suzuki K, Taniguchi N
    Biochemical and biophysical research communications 327(4) 1058-1065 2005年02月 [査読有り]
  • Introduction of bisecting GlcNAc into integrin alpha5beta1 reduces ligand binding and down-regulates cell adhesion and cell migration.
    Isaji T, Gu J, Nishiuchi R, Zhao Y, Takahashi M, Miyoshi E, Honke K, Sekiguchi K, Taniguchi N
    The Journal of biological chemistry 279(19) 19747-19754 2004年05月 [査読有り]
  • Beta1,4-N-Acetylglucosaminyltransferase III down-regulates neurite outgrowth induced by costimulation of epidermal growth factor and integrins through the Ras/ERK signaling pathway in PC12 cells.
    Gu J, Zhao Y, Isaji T, Shibukawa Y, Ihara H, Takahashi M, Ikeda Y, Miyoshi E, Honke K, Taniguchi N
    Glycobiology 14(2) 177-186 2004年02月 [査読有り]
  • Functional glycomics and evidence for gain- and loss-of-functions of target proteins for glycosyltransferases involved in N-glycan biosynthesis: their pivotal roles in growth and development, cancer metastasis and antibody therapy against cancer.
    Taniguchi N., Gu J., Takahashi M. Miyoshi E.
    Proceedings of the Japan Academy Ser. B(80) 82-91 2004年 [査読有り]
  • Role of N-glycans in growth factor signaling.
    Takahashi M, Tsuda T, Ikeda Y, Honke K, Taniguchi N
    Glycoconjugate journal 20(3) 207-212 2004年 [査読有り]
  • Glycation proceeds faster in mutated Cu, Zn-superoxide dismutases related to familial amyotrophic lateral sclerosis.
    Takamiya R, Takahashi M, Myint T, Park YS, Miyazawa N, Endo T, Fujiwara N, Sakiyama H, Misonou Y, Miyamoto Y, Fujii J, Taniguchi N
    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 17 938-940 2003年05月 [査読有り]
  • Colocalization of polyol-metabolizing enzymes and immunological detection of fructated proteins in the female reproductive system of the rat.
    Kaneko T, Iuchi Y, Takahashi M, Fujii J
    Histochemistry and cell biology 119(4) 309-315 2003年04月 [査読有り]
  • Identification of the binding site of methylglyoxal on glutathione peroxidase: methylglyoxal inhibits glutathione peroxidase activity via binding to glutathione binding sites Arg 184 and 185.
    Park YS, Koh YH, Takahashi M, Miyamoto Y, Suzuki K, Dohmae N, Takio K, Honke K, Taniguchi N
    Free radical research 37(2) 205-211 2003年02月 [査読有り]
  • Down-regulation of hydrogen peroxide-induced PKC delta activation in N-acetylglucosaminyltransferase III-transfected HeLaS3 cells.
    Shibukawa Y, Takahashi M, Laffont I, Honke K, Taniguchi N
    The Journal of biological chemistry 278 3197-3203 2003年01月 [査読有り]
  • Localization and physiological implication of aldose reductase and sorbitol dehydrogenase in reproductive tracts and spermatozoa of male rats.
    Kobayashi T, Kaneko T, Iuchi Y, Matsuki S, Takahashi M, Sasagawa I, Nakada T, Fujii J
    Journal of andrology 23(5) 674-683 2002年09月 [査読有り]
  • Apolipoprotein E activates Akt pathway in neuro-2a in an isoform-specific manner.
    Laffont I, Takahashi M, Shibukawa Y, Honke K, Shuvaev VV, Siest G, Visvikis S, Taniguchi N
    Biochemical and biophysical research communications 292(1) 83-87 2002年03月 [査読有り]
  • Osmotic stress induces HB-EGF gene expression via Ca(2+)/Pyk2/JNK signal cascades in rat aortic smooth muscle cells.
    Koh YH, Che W, Higashiyama S, Takahashi M, Miyamoto Y, Suzuki K, Taniguchi N
    Journal of biochemistry 130 351-358 2001年09月 [査読有り]
  • Overexpression of N-acetylglucosaminyltransferase III enhances the epidermal growth factor-induced phosphorylation of ERK in HeLaS3 cells by up-regulation of the internalization rate of the receptors.
    Sato Y, Takahashi M, Shibukawa Y, Jain SK, Hamaoka R, Miyagawa Ji, Yaginuma Y, Honke K, Ishikawa M, Taniguchi N
    The Journal of biological chemistry 276 11956-11962 2001年04月 [査読有り]
  • A glycomic approach to the identification and characterization of glycoprotein function in cells transfected with glycosyltransferase genes.
    Taniguchi N, Ekuni A, Ko JH, Miyoshi E, Ikeda Y, Ihara Y, Nishikawa A, Honke K, Takahashi M
    Proteomics 1 239-247 2001年02月 [査読有り]
  • Aldehyde reductase gene expression by lipid peroxidation end products, MDA and HNE.
    Koh YH, Park YS, Takahashi M, Suzuki K, Taniguchi N
    Free radical research 33 739-746 2000年12月 [査読有り]
  • Cloning of amadoriase I isoenzyme from Aspergillus sp.: evidence of FAD covalently linked to Cys342.
    Wu X, Takahashi M, Chen SG, Monnier VM
    Biochemistry 39 1515-1521 2000年02月 [査読有り]
  • Glycosyltransferase Genes: Applications to Medical Science.
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 28(3) 217-232 2000年02月 [査読有り]
  • Overexpression of the aldose reductase gene induces apoptosis in pancreatic beta-cells by causing a redox imbalance.
    Hamaoka R, Fujii J, Miyagawa J, Takahashi M, Kishimoto M, Moriwaki M, Yamamoto K, Kajimoto Y, Yamasaki Y, Hanafusa T, Matsuzawa Y, Taniguchi N
    Journal of biochemistry 126 41-47 1999年07月 [査読有り]
  • Glycosyltransferase: cell surface remodeling and regulation of receptor tyrosine kinases-induced signaling
    Taniguchi N., Jain SK., Takahashi M., Ko JH., Sasai K., Miyoshi E., Ikeda Y.
    Pure and Applied Chemistry 71 719-728 1999年 [査読有り]
  • Physiological relevance of aldehyde reductase and aldose reductase gene expression.
    Fujii J, Takahashi M, Hamaoka R, Kawasaki Y, Miyazawa N, Taniguchi N
    Advances in experimental medicine and biology 463 419-426 1999年 [査読有り]
  • A defect in the mitochondrial import of mutant Mn-superoxide dismutase produced in Sf21 cells.
    Fujii J, Ikeda Y, Watanabe T, Kawasaki Y, Suzuki K, Fujii C, Takahashi M, Taniguchi N
    Journal of biochemistry 124 340-346 1998年08月 [査読有り]
  • Selective induction of heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor by methylglyoxal and 3-deoxyglucosone in rat aortic smooth muscle cells. The involvement of reactive oxygen species formation and a possible implication for atherogenesis in
    Che W, Asahi M, Takahashi M, Kaneto H, Okado A, Higashiyama S, Taniguchi N
    The Journal of biological chemistry 272 18453-18459 1997年07月 [査読有り]
  • Molecular cloning and expression of amadoriase isoenzyme (fructosyl amine:oxygen oxidoreductase, EC 1.5.3) from Aspergillus fumigatus.
    Takahashi M, Pischetsrieder M, Monnier VM
    The Journal of biological chemistry 272 12505-12507 1997年05月 [査読有り]
  • Isolation, purification, and characterization of amadoriase isoenzymes (fructosyl amine-oxygen oxidoreductase EC 1.5.3) from Aspergillus sp.
    Takahashi M, Pischetsrieder M, Monnier VM
    The Journal of biological chemistry 272 3437-3443 1997年02月 [査読有り]
  • Glycation and inactivation of sorbitol dehydrogenase in normal and diabetic rats.
    Hoshi A, Takahashi M, Fujii J, Myint T, Kaneto H, Suzuki K, Yamasaki Y, Kamada T, Taniguchi N
    The Biochemical journal 318 ( Pt 1) 119-123 1996年08月 [査読有り]
  • Induction of apoptotic cell death by methylglyoxal and 3-deoxyglucosone in macrophage-derived cell lines.
    Okado A, Kawasaki Y, Hasuike Y, Takahashi M, Teshima T, Fujii J, Taniguchi N
    Biochemical and biophysical research communications 225 219-224 1996年08月 [査読有り]
  • Involvement of glycation and oxidative stress in diabetic macroangiopathy.
    Taniguchi N, Kaneto H, Asahi M, Takahashi M, Wenyi C, Higashiyama S, Fujii J, Suzuki K, Kayanoki Y
    Diabetes 45 Suppl 3 S81-3 1996年07月 [査読有り]
  • Induction of aldose reductase gene expression in LEC rats during the development of the hereditary hepatitis and hepatoma.
    Takahashi M, Hoshi A, Fujii J, Miyoshi E, Kasahara T, Suzuki K, Aozasa K, Taniguchi N
    Japanese journal of cancer research : Gann 87 337-341 1996年04月 [査読有り]
  • Fragmentation of ceruloplasmin following non-enzymatic glycation reaction.
    Islam KN, Takahashi M, Higashiyama S, Myint T, Uozumi N
    Journal of biochemistry 118 1054-1060 1995年11月 [査読有り]
  • Elevation of aldose reductase gene expression in rat primary hepatoma and hepatoma cell lines: implication in detoxification of cytotoxic aldehydes.
    Takahashi M, Fujii J, Miyoshi E, Hoshi A, Taniguchi N
    International journal of cancer. Journal international du cancer 62 749-754 1995年09月 [査読有り]
  • In vivo glycation of aldehyde reductase, a major 3-deoxyglucosone reducing enzyme: identification of glycation sites.
    Takahashi M, Lu YB, Myint T, Fujii J, Wada Y, Taniguchi N
    Biochemistry 34 1433-1438 1995年01月 [査読有り]
  • Glycation of human beta 2-microglobulin in patients with hemodialysis-associated amyloidosis: identification of the glycated sites.
    Miyata T, Inagi R, Wada Y, Ueda Y, Iida Y, Takahashi M, Taniguchi N, Maeda K
    Biochemistry 33 12215-12221 1994年10月 [査読有り]
  • Selective suppression of IgG2a subclass in LEC rats during development.
    Ikeda Y, Sugiyama T, Takahashi M, Taniguchi N
    Biochimica et biophysica acta 1200 277-280 1994年08月 [査読有り]
  • Identity of a major 3-deoxyglucosone-reducing enzyme with aldehyde reductase in rat liver established by amino acid sequencing and cDNA expression.
    Takahashi M, Fujii J, Teshima T, Suzuki K, Shiba T, Taniguchi N
    Gene 127(2) 249-253 1993年05月 [査読有り]

MISC

  • SP-AおよびSP-A由来ペプチドはヒトβ-デフェンシン3による肥満細胞の遊走を抑制する
    有木 茂, 上原 康昭, 村田 雅樹, 高宮 里奈, 長谷川 喜弘, 斎藤 充史, 千葉 弘文, 黒沼 幸治, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 20(1) 120-123 2016年03月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 高橋 聡, 舛森 直哉, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 黒木 由夫, 上原 康昭, 長谷川 善弘
    泌尿器外科 28(5) 1001-1002 2015年05月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 上原 康昭, 長谷川 善弘, 高橋 聡, 黒木 由夫, 舛森 直哉
    日本泌尿器科学会総会 103回 742-742 2015年04月
  • 肺サーファクタント蛋白質のEGFシグナル制御を介した抗腫瘍作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 19(1) 107-111 2015年03月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 高橋 聡, 上原 康昭, 長谷川 喜弘, 舛森 直哉, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 黒木 由雄
    日本化学療法学会雑誌 63(2) 252-252 2015年03月
  • SP-AとSP-DによるEGFシグナル制御を介した抗腫瘍作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本呼吸器学会誌 4(増刊) 173-173 2015年03月
  • 【肺癌Up-To-Date】 基礎医学とのダイアローグ 肺サーファクタントタンパク質SP-Dによる肺癌の進展の抑制
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 黒木 由夫
    THE LUNG-perspectives 23(1) 65-69 2015年02月
  • タンパク質の物性を制御する糖鎖 N型糖鎖によるErbB受容体の機能制御メカニズム
    高橋 素子, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [3S05p-2] 2014年10月
  • 肺サーファクタント蛋白質AとDによるEGFシグナルの抑制作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 浅川 大樹, 田尻 道子, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [2T15a-14] 2014年10月
  • 肺コレクチンの単球機能への影響
    高宮 里奈, 村田 雅樹, 上原 康昭, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 橋本 次朗, 高橋 素子, 澤田 典均, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [2T16a-01] 2014年10月
MISCを全て表示する
  • SP-AおよびSP-A由来ペプチドはヒトβ-デフェンシン3による肥満細胞の遊走を抑制する
    有木 茂, 上原 康昭, 村田 雅樹, 高宮 里奈, 長谷川 喜弘, 斎藤 充史, 千葉 弘文, 黒沼 幸治, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 20(1) 120-123 2016年03月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 高橋 聡, 舛森 直哉, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 黒木 由夫, 上原 康昭, 長谷川 善弘
    泌尿器外科 28(5) 1001-1002 2015年05月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 上原 康昭, 長谷川 善弘, 高橋 聡, 黒木 由夫, 舛森 直哉
    日本泌尿器科学会総会 103回 742-742 2015年04月
  • 肺サーファクタント蛋白質のEGFシグナル制御を介した抗腫瘍作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 19(1) 107-111 2015年03月
  • 膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構
    橋本 次朗, 高橋 聡, 上原 康昭, 長谷川 喜弘, 舛森 直哉, 有木 茂, 高宮 里奈, 高橋 素子, 黒木 由雄
    日本化学療法学会雑誌 63(2) 252-252 2015年03月
  • SP-AとSP-DによるEGFシグナル制御を介した抗腫瘍作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本呼吸器学会誌 4(増刊) 173-173 2015年03月
  • 【肺癌Up-To-Date】 基礎医学とのダイアローグ 肺サーファクタントタンパク質SP-Dによる肺癌の進展の抑制
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 黒木 由夫
    THE LUNG-perspectives 23(1) 65-69 2015年02月
  • タンパク質の物性を制御する糖鎖 N型糖鎖によるErbB受容体の機能制御メカニズム
    高橋 素子, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [3S05p-2] 2014年10月
  • 肺サーファクタント蛋白質AとDによるEGFシグナルの抑制作用
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次朗, 浅川 大樹, 田尻 道子, 和田 芳直, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [2T15a-14] 2014年10月
  • 肺コレクチンの単球機能への影響
    高宮 里奈, 村田 雅樹, 上原 康昭, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 橋本 次朗, 高橋 素子, 澤田 典均, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [2T16a-01] 2014年10月
  • 【呼吸器感染症研究における新しい展開】 肺サーファクタントの感染・炎症防御における役割
    高橋 素子, 有木 茂, 黒木 由夫
    呼吸器内科 26(1) 33-41 2014年07月
  • サーファクタント蛋白質による尿路病原性大腸菌感染防御
    栗村 雄一郎, 上原 央久, 橋本 次朗, 高橋 聡, 舛森 直哉, 有木 茂, 西谷 千明, 高橋 素子, 黒木 由夫, 塚本 泰司
    泌尿器外科 26(12) 1858-1858 2013年12月
  • コレクチンによる自然免疫機構
    黒木 由夫, 有木 茂, 西谷 千明, 高橋 素子
    緑膿菌感染症研究会講演記録 47回 1-6 2013年12月
  • 【生体防御能の異常・免疫障害で見られる感染症の特徴とメカニズム】 肺コレクチンの欠損による易感染性と肺胞構造の異常
    高橋 素子, 黒木 由夫
    化学療法の領域 29(12) 2435-2443 2013年11月
  • がん関連糖鎖シアリルTn糖鎖抗原発現によるインテグリンを介したがん微小環境制御機構
    高宮 里奈, 大坪 和明, 高松 真二, 安形 高志, 高橋 素子, 黒木 由夫, 谷口 直之
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 1T10p-02 2013年09月
  • 肺コレクチンによるEGFシグナルの制御機構
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 有木 茂, 高宮 里奈, 上原 康昭, 橋本 次郎, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 1T10p-04 2013年09月
  • 肺サーファクタント蛋白質A由来ペプチドはヒトβディフェンシン3の細胞傷害を抑制する
    上原 康昭, 有木 茂, 高橋 素子, 高宮 里奈, 長谷川 喜弘, 橋本 次郎, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 1T18p-05 2013年09月
  • 可溶型ErbB3糖鎖欠損変異体とラパチニブのヘレグリンシグナル抑制作用における相乗効果
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 有木 茂, 高宮 里奈, 和田 芳直, 田尻 道子, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 2P-004 2013年09月
  • 肺サーファクタント蛋白質A由来ペプチドはヒトβディフェンシン3の細胞傷害を抑制する
    上原 康昭, 有木 茂, 高橋 素子, 高宮 里奈, 長谷川 喜弘, 橋本 次郎, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 2P-469 2013年09月
  • AKR1AならびにxCT遺伝子改変マウスを用いた低分子量レドックス分子のクロストークに関する研究
    李 在勇, 倉橋 敏裕, 権 明秀, 高橋 素子, 大槻 倫之, 伊藤 純一, 松岡 悠太, 山田 健一, 宮田 哲, 佐藤 英世, 藤井 順逸
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3P-176 2013年09月
  • 遺伝子改変マウスおよびマウス胎仔線維芽細胞を用いたアルデヒド還元酵素AKR1Aの機能解析
    権 明秀, 大槻 倫之, 金野 祐, 角田 智志, 倉橋 敏裕, 伊藤 純一, 高橋 素子, 宮田 哲, 藤井 順逸
    山形医学 31(2) 55-55 2013年08月
  • コレクチンによる自然免疫機構
    黒木 由夫, 有木 茂, 高橋 素子
    Therapeutic Research 34(6) 766-768 2013年06月
  • Aldehyde reductase欠損によるアスコルビン酸合成障害のPentobarbita代謝に与える影響
    伊藤 純一, 大槻 倫之, 高橋 素子, 権 明秀, 金野 祐, 角田 智志, 倉橋 敏裕, 張 旭紅, 宮田 哲, 藤井 順逸
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回 2P-334 2012年12月
  • 肺コレクチンによるEGFシグナルの制御機構
    長谷川 喜弘, 高橋 素子, 上原 康昭, 有木 茂, 西谷 千明, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回 2P-783 2012年12月
  • 可溶型ErbB受容体によるヘレグリンシグナル抑制機構
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 西谷 千明, 有木 茂, 和田 芳直, 田尻 道子, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回 3T25-01 2012年12月
  • Aldehyde reductase(AKR1A)欠損によるアスコルビン酸合成障害の血液系に与える影響
    金野 祐, 大槻 倫之, 権 明秀, 角田 智志, 伊藤 純一, 倉橋 敏裕, 松岡 悠太, 山崎 俊栄, 山田 健一, 宮田 智, 高橋 素子, 藤井 順逸
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回 3P-343 2012年12月
  • サーファクタント蛋白質D(SP-D)は、膀胱上皮への尿路病原性大腸菌感染を防御する 膀胱に発現するSP-Dの生理的役割の解明(Surfactant protein D protects the bladder urothelium against uropathogenic Escherichia coli infection: A possible function of SP-D expressed in the bladder)
    西谷 千明, 栗村 雄一郎, 有木 茂, 齋藤 充史, 長谷川 喜弘, 高橋 素子, 橋本 次朗, 高橋 聡, 塚本 泰司, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回 3P-843 2012年12月
  • 肝臓の解毒反応におけるアルデヒド還元酵素の役割の遺伝子改変マウスを用いた解明
    伊藤 純一, 大槻 倫之, 高橋 素子, 権 明秀, 金野 祐, 角田 智, 倉橋 敏裕, 張 旭紅, 宮田 哲, 藤井 順逸
    肝臓 53(Suppl.2) A699-A699 2012年09月
  • マウス卵初期発生過程におけるアスコルビン酸(VC)含量とVC合成系・取込み系遺伝子の発現
    星野 由貴, 樋口 謙太, 梅田 彩, 高橋 素子, 宮田 哲, 吉田 康一, 藤井 順逸, 木村 直子
    The Journal of Reproduction and Development 58(Suppl.) j186-j186 2012年08月
  • アスコルビン酸合成異常を示すAldehyde reductase(AKR1A1)欠損マウスの表現型解析
    大槻 倫之, 伊藤 純一, 張 旭紅, 高橋 素子, 西田 隼人, 倉橋 敏裕, 権 明秀, 角田 智志, 金野 祐, 宮田 哲, 藤井 順逸
    山形医学 30(2) 81-81 2012年08月
  • 肺コレクチンによる自然免疫機構
    黒木 由夫, 有木 茂, 西谷 千明, 高橋 素子
    臨床化学 41(2) 159-165 2012年04月
  • 非結核性抗酸菌に対するSP-A・SP-Dの感染防御機構
    有木 茂, 齋藤 充史, 西谷 千明, 高橋 素子, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 16(1) 121-124 2012年03月
  • 酸化肺サーファクタントリン脂質によるLPS惹起炎症応答抑制機構
    西谷 千明, 有木 茂, 高橋 素子, 栗村 雄一郎, 斎藤 充史, 長谷川 喜弘, 清水 健之, 黒木 由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 43-45 2011年11月
  • レジオネラ菌に対する肺コレクチンの生体防御機構
    齋藤 充史, 有木 茂, 西谷 千明, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 79-82 2011年11月
  • 非結核性抗酸菌感染に対する肺コレクチンの生体防御機構
    有木 茂, 齋藤 充史, 西谷 千明, 高橋 素子, 黒木 由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 83-85 2011年11月
  • 肺コレクチンはレジオネラ感染により誘導されるオートファジーを抑制する
    齋藤 充史, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 栗村 雄一郎, 西谷 千明, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 = Journal of Japanese Medical Society for Lung Surfactant and Biological Interface 42 32-32 2011年10月
  • 糖鎖改変・可溶型ErbB3によるヘレギュリンシグナル抑制効果(Inhibition of heregulin signaling by N-glycan deleted soluble ErbB3)
    高橋 素子, 和田 芳直, 田尻 道子, 山口 芳樹, 西谷 千明, 有木 茂, 谷口 直之, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 84回 2T8a-4 2011年09月
  • サーファクタント蛋白質Aは肺上皮細胞をヒトβ-defensin 3の細胞毒性から保護する(Surfactant protein A protects lung epithelial cells from cytotoxic activity of human beta-defensin 3)
    齋藤 充史, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 西谷 千明, 高橋 素子, 相馬 仁, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 84回 4T8a-10 2011年09月
  • 尿路病原性大腸菌感染に対するサーファクタント蛋白質の防御的役割
    西谷 千明, 栗村 雄一郎, 有木 茂, 高橋 素子, 齋藤 充史, 長谷川 喜弘, 橋本 次朗, 高橋 聡, 相馬 仁, 塚本 泰司, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 84回 4T16a-5 2011年09月
  • アルデヒド還元酵素(ALR)遺伝子改変マウスを用いたペントバルビタール解毒障害機序の解明
    大槻 倫之, 伊藤 純一, 高橋 素子, 西田 隼人, 金野 祐, 角田 智志, 倉橋 敏裕, 張 旭紅, 宮田 哲, 藤井 順逸
    山形医学 29(2) 79-79 2011年08月
  • マウス卵発生過程におけるアスコルビン酸(VC)合成系遺伝子の発現とその役割
    樋口 謙太, 酒出 はるな, 高橋 素子, 宮田 哲, 藤井 順逸, 木村 直子
    The Journal of Reproduction and Development 57(Suppl.) j149-j149 2011年08月
  • APP-078 尿路におけるサーファクタント蛋白質(SP-A、SP-D)の感染防御 : 尿路病原性大腸菌の尿路上皮への接着阻害(総会賞応募ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
    栗村 雄一郎, 西谷 千明, 橋本 次朗, 高橋 聡, 有木 茂, 高橋 素子, 黒木 由夫, 塚本 泰司
    日本泌尿器科學會雜誌 102(2) 2011年03月
  • 尿路におけるサーファクタント蛋白質(SP-A、SP-D)の感染防御 尿路病原性大腸菌の尿路上皮への接着阻害
    栗村 雄一郎, 西谷 千明, 橋本 次朗, 高橋 聡, 有木 茂, 高橋 素子, 黒木 由夫, 塚本 泰司
    日本泌尿器科学会雑誌 102(2) 331-331 2011年03月
  • 肺コレクチンはM. aviumに結合して凝集させ、その増殖を抑制する(Pulmonary collectins bind and agglutinate M. avium and attenuate its growth)
    有木 茂, 賀佐 伸省, 小島 隆, 斎藤 充史, 西谷 千明, 高橋 素子, 清水 健之, 栗村 雄一郎, 澤田 典均, 藤井 暢弘, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 4T6-4 2010年12月
  • 肺コレクチンはLegionella pneumophila感染により誘導されるオートファジーを阻害する(Pulmonary collectins inhibit the autophagy induced by Legionella pneumophila infection)
    齋藤 充史, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 栗村 雄一郎, 西谷 千明, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 4P-0008 2010年12月
  • コレクチンの免疫グロブリンに対する結合性の解析(Analysis of interactions between collectins and immunoglobulins)
    清水 健之, 高橋 素子, 西谷 千明, 有木 茂, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 4P-0009 2010年12月
  • 酸化肺サーファクタントリン脂質によるLPS惹起炎症性細胞応答抑制機構の解明(Oxidized surfactant lipids and oxidized PAPC inhibit LPS-induced inflammatory responses by different mechanisms)
    西谷 千明, 有木 茂, 高橋 素子, 清水 健之, 栗村 雄一郎, 齋藤 充史, 長谷川 喜弘, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 3P-0128 2010年12月
  • マウスのアスコルビン酸生合成におけるアルデヒドレダクターゼの関与(The involvement of aldehyde reductase in biosynthesis of ascorbic acid in mice)
    高橋 素子, 藤井 順逸, 荒木 素子, 井内 陽子, 曽我 朋義, 宮田 哲, 谷口 直之, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 4P-0341 2010年12月
  • 肺における細胞内輸送機能と病態生理 SP-DはLPSとその受容体に対する結合を変化させることによりLPS惹起炎症反応を抑制する
    山添 雅己, 西谷 千明, 高橋 素子, 加藤 剛志, 有木 茂, 清水 健之, 光澤 博昭, 澤田 格, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 14(1) 101-105 2010年01月
  • マウスアスコルビン酸合成におけるアルデヒドレダクターゼの役割(The role of aldehyde reductase in biosynthesis of ascorbic acid in mice)
    高橋 素子, 井内 陽子, 宮田 哲, 錦見 盛光, 有木 茂, 谷口 直之, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 82回 2T6p-15 2009年09月
  • 非定型抗酸菌に対する肺コレクチンの生体防御機構
    有木 茂, 澤田 格, 藤井 暢弘, 賀佐 伸省, 西谷 千明, 清水 健之, 山添 雅己, 高橋 素子, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 82回 4T20p-11 2009年09月
  • 肺サーファクタントリン脂質の酸化によるLPS惹起炎症性細胞応答の抑制
    西谷 千明, 有木 茂, 清水 健之, 高橋 素子, 光澤 博昭, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 82回 4T5p-7 2009年09月
  • 肺胞上皮細胞に対する内的、外的諸分子の役割と病態生理 肺コレクチンによるレジオネラ菌の増殖抑制
    澤田 格, 有木 茂, 山添 雅己, 西谷 千明, 清水 健之, 高橋 素子, 横田 伸一, 藤井 暢弘, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    分子呼吸器病 13(1) 117-119 2009年01月
  • 肺コレクチンはレジオネラ菌に対して抗菌作用を有する(Pulmonary collectins exhibit anti-microbial activity against Legionella pneumophila)
    澤田 格, 有木 茂, 山添 雅己, 西谷 千明, 清水 健之, 高橋 素子, 横田 伸一, 藤井 暢弘, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 81回・31回 4T8-4 2008年11月
  • 【糖鎖情報の独自性と普遍性】 細胞膜における糖鎖複合体の構造と機能 受容体としての糖鎖、受容体との相互作用 受容体機能におけるコアフコースの重要性
    高橋 素子, 三善 英知, 顧 建国, 谷口 直之
    蛋白質・核酸・酵素 53(12) 1502-1507 2008年09月
  • 受容体機能におけるコアフコースの重要性 (糖鎖情報の独自性と普遍性) -- (細胞膜における糖鎖複合体の構造と機能--受容体としての糖鎖,受容体との相互作用)
    高橋 素子, 三善 英知, 顧 建国
    蛋白質核酸酵素 53(12) 1502-1507 2008年09月
  • レジオネラ菌に対する肺コレクチンの増殖抑制作用
    澤田 格, 有木 茂, 山添 雅己, 西谷 千明, 清水 健之, 高橋 素子, 横田 伸一, 藤井 暢弘, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    補体シンポジウム講演集 45 108-108 2008年07月
  • TLR4の細胞表面発現におけるMD-2の重要性
    西谷 千明, 高橋 素子, 光澤 博昭, 清水 健之, 有木 茂, 松嶋 範男, 黒木 由夫
    補体シンポジウム講演集 45 195-195 2008年07月
  • 肺サーファクタント蛋白質Dによるリポ多糖惹起炎症反応の抑制
    山添 雅己, 有木 茂, 澤田 格, 西谷 千明, 清水 健之, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    補体シンポジウム講演集 45 196-197 2008年07月
  • 肺コレクチンは非定型抗酸菌に結合し菌体凝集を惹起する
    有木 茂, 澤田 格, 賀佐 伸省, 藤井 暢弘, 山添 雅己, 清水 健之, 西谷 千明, 高橋 素子, 黒木 由夫
    補体シンポジウム講演集 45 198-198 2008年07月
  • 肺サーファクタントプロテインDは肺胞マクロファージにおいてlipopolysaccharide刺激に対する炎症反応を抑制する(Pulmonary surfactant protein D suppresses inflammatory cellular responses stimulated with lipopolysaccharide in alveolar macrophages)
    山添 雅己, 西谷 千明, 澤田 格, 光澤 博昭, 清水 健之, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 80回・30回 3T22-10 2007年11月
  • ヒト肺サーファクタントタンパク質Dは糖鎖認識領域を介してMD-2に直接結合する(Human Pulmonary Surfactant Protein D Directly Binds to MD-2 through the Carbohydrate Recognition Domain)
    ニエ・ショウモウ, 西谷 千明, 清水 健之, 光澤 博昭, 山添 雅己, 澤田 格, 高橋 素子, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 80回・30回 3T22-11 2007年11月
  • Toll様受容体4N末端側領域Glu24-Lys47は、MD-2結合部位である(Toll-like receptor 4 region Glu24-Lys47 is a site for MD-2 binding)
    西谷 千明, 高橋 素子, 光澤 博昭, 清水 健之, 佐野 仁美, 松嶋 範男, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 80回・30回 3T22-12 2007年11月
  • 肺コレクチンとマンノース結合レクチンは異なる機構でToll様受容体に結合する(Lung collectins and mannose binding lectin interact with Toll-like receptors by different mechanisms)
    清水 健之, 西谷 千明, 光澤 博昭, 高橋 素子, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 80回・30回 3T22-13 2007年11月
  • 肺コレクチンはLegionella pneumophilaに結合する(Pulmonary collectins bind Legionella pneumophila)
    澤田 格, 西谷 千明, 山添 雅己, 光澤 博昭, 清水 健之, 高橋 素子, 村上 聖司, 高橋 弘毅, 黒木 由夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 80回・30回 4T23-7 2007年11月
  • N型糖鎖によるシグナル伝達の制御機構
    高橋 素子, 横江 俊一, 池田 義孝, 谷口 直之, 黒木 由夫
    生化学 79(9) 903-903 2007年09月
  • 【肺の老化を考える】 基礎医学とのダイアローグ 老化とグライケーション
    高橋 素子, 谷口 直之
    THE LUNG-perspectives 15(2) 203-207 2007年04月
  • ErbB3の二量体形成におけるN型糖鎖の役割
    横江 俊一, 高橋 素子, 朝日 通雄, 顧 建国, 三善 英知, 谷口 直之
    生化学 78(7) 700-700 2006年07月
  • 【糖鎖と病気】 基礎編 糖鎖シグナル 増殖因子受容体のN型糖鎖の機能
    高橋 素子, 横江 俊一, 谷口 直之
    遺伝子医学MOOK(3) 164-169 2005年09月
  • 分子生物学 basic technique In vitro翻訳系
    高橋 素子
    THE LUNG-perspectives 12(2) 207-209 2004年04月
  • 増殖因子レセプターのN型糖鎖の機能 (特集 糖鎖の新たな機能と疾患へのかかわり) -- (REVIEW1:糖鎖による制御機構)
    高橋 素子, 本家 孝一, 谷口 直之
    モレキュラ-メディシン 40(9) 1034-1039 2003年09月
  • 【糖鎖の新たな機能と疾患へのかかわり】 増殖因子レセプターのN型糖鎖の機能
    高橋 素子, 本家 孝一, 谷口 直之
    Molecular Medicine 40(9) 1034-1039 2003年08月
  • 可溶型GnT-Vの役割とその分泌機構
    中原 晋, 三善 英知, 斉藤 貴志, 高橋 素子, 野田 勝久, 伊原 伸治, 本家 孝一, 猪原 秀典, 久保 武, 谷口 直之
    日本癌学会総会記事 62回 105-105 2003年08月
  • 糖鎖と増殖因子受容体(2)
    高橋 素子
    薬の知識 54(6) 169-169 2003年06月
  • 糖鎖と増殖因子受容体
    高橋 素子
    薬の知識 54(5) 144-144 2003年05月
  • N型糖鎖修飾酵素の導入によるアデニル酸シクラーゼ活性の修飾
    渋川 幸直, 高橋 素子, 市川 英俊, 本家 孝一, 谷口 直之
    生化学 74(8) 919-919 2002年08月
  • 家族性筋萎縮性側索硬化症における変異Cu,Zn-SOD高発現神経細胞における細胞骨格変化
    高宮 里奈, 高橋 素子, 宮本 泰豪, 藤原 範子, 谷口 直之
    生化学 74(8) 797-797 2002年08月
  • 病理学の挑戦 悪性化ならびに転移の病態の把握に向けて 糖転移酵素によるがん転移の制御とその機構
    谷口 直之, 三善 英知, 北田 学利, 高橋 素子, 池田 義孝, 本家 孝一
    日本癌学会総会記事 60回 34-34 2001年09月
  • 糖転移酵素GnT-III過剰発現HeLaS3細胞におけるEGFレセプターの動態
    佐藤 祐一, 高橋 素子, 渋川 幸直, 石川 睦男, 谷口 直之
    生化学 73(8) 755-755 2001年08月
  • 雄ラット生殖器系におけるポリオール代謝酵素の発現と生理的役割
    井内 良仁, 小林 孝至, 金子 智子, 松木 真吾, 高橋 素子, 笹川 五十次, 中田 瑛浩, 藤井 順逸
    生化学 73(8) 888-888 2001年08月
  • N-アセチルグルコサミン転移酵素III(GnT-III)発現細胞における過酸化水素によるアポトーシスの抑制機構
    渋川 幸直, 高橋 素子, 本家 孝一, 谷口 直之
    生化学 73(8) 977-977 2001年08月
  • 家族性筋萎縮性側索硬化症に関連したCu,Zn-SOD変異体のフルクトースによる糖化の亢進
    高宮 里奈, 高橋 素子, 宮澤 伸子, 藤原 範子, 宮本 泰豪, 谷口 直之
    生化学 73(8) 1070-1070 2001年08月
  • N-アセチルグルコサミン転移酵素(GnT-III)導入HeLaS3細胞におけるEGFシグナリング
    佐藤 祐一, 高橋 素子, 柳沼 裕二, 石川 睦男, 谷口 直之
    日本癌学会総会記事 59回 486-487 2000年09月
  • N-アセチルグルコサミン転移酵素III(GnT III)発現細胞のアポトーシス抑制機構
    渋川 幸直, 高橋 素子, 佐藤 祐一, 本家 孝一, 谷口 直之
    生化学 72(8) 929-929 2000年08月
  • 糖転移酵素GnT-III過剰発現細胞におけるEGFシグナリング
    高橋 素子, 佐藤 祐一, 渋川 幸直, 本家 孝一, 谷口 直之
    生化学 72(8) 983-983 2000年08月
  • Osmotic stressによるヘパリン結合成EGF様増殖因子(HB-EGF)の発現誘導と作用機序
    高 永鎬, 車 文一, 鈴木 敬一郎, 朴 用軾, 高橋 素子, 東山 繁樹, 谷口 直之
    生化学 72(8) 907-907 2000年08月
  • 家族性筋萎縮性側索硬化症における変異Cu,Zn-SODの糖化反応の亢進
    高宮 里奈, 宮本 泰豪, 高橋 素子, Theingi Myint, 宮澤 伸子, 谷口 直之
    生化学 72(8) 1064-1064 2000年08月
  • 医学研究 In vitro kinaseアッセイ
    高橋 素子
    THE LUNG-perspectives 7(4) 429-431 1999年10月
  • 糖転移酵素GnT-III導入CHO細胞におけるEGF受容体の構造変化
    高橋 素子, 渋川 幸直, 井原 祥一, 浜岡 理恵子, 池田 義孝, 谷口 直之
    生化学 71(8) 853-853 1999年08月
  • 糖転移酵素GnT-III導入HeLaS3細胞におけるEGF刺激による細胞内情報伝達
    佐藤 祐一, 高橋 素子, Jain Suresh K., 浜岡 理恵子, 池田 義孝, 石川 睦男, 谷口 直之
    生化学 71(8) 854-854 1999年08月
  • EGFレセプターに対する糖鎖付加の機能,構造への影響
    津田 岳夫, 池田 義孝, 山口 幸洋, 盛 音, 井原 秀之, 高橋 素子, 谷口 直之
    生化学 71(8) 1054-1054 1999年08月
  • Mn-superoxide dismutase(Mn-SOD)のミトコンドリア移行の変異体を用いた解析
    藤井 順逸, 池田 義隆, 渡辺 俊哉, 川崎 佳巳, 高橋 素子, 鈴木 敬一郎, 谷口 直之
    生化学 70(8) 988-988 1998年08月
  • ラット大動脈平滑筋細胞におけるメチルグリオキサールによるヘパリン結合性EGF様増殖因子(HB-EGF)の発現誘導とその機序
    車 文一, 朝日 通雄, 高橋 素子, 金藤 秀明, 東山 繁樹, 谷口 直之
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19 1996年08月
  • 糖尿病ラットにおけるSorbitol dehydrogenaseのグリケーションと不活性化の亢進
    星 歩, 高橋 素子, 藤井 順逸, MYINT Theingi, 谷口 直之
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19 1996年08月
  • 糖尿病の合併症-glycation 抗ヘキシトールリジン抗体の作製方法とウェスタンブロット法
    高橋 素子, Myint Theingi
    細胞工学 別冊(糖尿病研究ストラテジー) 140-142 1995年06月
  • 糖尿病の合併症-glycation glycationの中間体代謝酵素
    高橋 素子
    細胞工学 別冊(糖尿病研究ストラテジー) 149-150 1995年06月
  • アルデヒド還元酵素の糖化と不活性化について
    高橋 素子
    生化学 66(12) 1570-1570 1994年12月
  • 肝細胞癌におけるアルド・ケト還元酵素の動態
    高橋 素子
    日本癌学会総会記事 53回 290-290 1994年10月
  • アルデヒド還元酵素のグライケーションによる不活性化
    高橋 素子
    生化学 65(8) 902-902 1993年08月
  • 糖尿病 グリケーションとフリーラジカル 蛋白質変性 特にCu,Zn-SODの断片化と活性酸素生成
    高橋 素子, 谷口 直之
    活性酸素・フリーラジカル 4(2) 134-141 1993年03月
  • 糖尿病の集学的管理 フリーラジカルと糖尿病
    谷口 直之, 大河原 知水, 高橋 素子
    綜合臨床 41(9) 2532-2535 1992年09月
  • 3-デオキシグルコソン還元酵素はアルデヒドレダクターゼと同一である
    高橋 素子
    生化学 64(9) 1171-1171 1992年09月
  • 3-デオキシグルコソン還元酵素とアルデヒドレダクターゼの異同についての分子生物学的考察
    高橋 素子
    生化学 64(8) 713-713 1992年08月

競争的資金等の研究課題

  • 糖鎖によるErbB受容体の制御機構とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 高橋 素子
  • 増殖因子受容体ErbBの構造と機能を制御するN型糖鎖
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 高橋 素子
  • N型糖鎖によるErbBファミリーの機能制御
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 高橋 素子
  • ErbBファミリーの二量体形成におけるN型糖鎖の機能
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 高橋 素子
  • 糖鎖構造リモデリングによるEGFレセプターのエンドサイトーシスの制御
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 :2001年 - 2002年 代表者 : 高橋 素子
  • 受容体チロシンキナーゼEGFレセプターの糖鎖構造のリモデリングによる増殖制御
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1999年 - 2000年 代表者 : 高橋 素子
  • 糖鎖構造のシグナル伝達に与える影響
  • 糖尿病とグリケーション
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 糖鎖によるErbB受容体の制御機構とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 高橋 素子
  • 増殖因子受容体ErbBの構造と機能を制御するN型糖鎖
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 高橋 素子
  • N型糖鎖によるErbBファミリーの機能制御
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 高橋 素子
  • ErbBファミリーの二量体形成におけるN型糖鎖の機能
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 高橋 素子
  • 糖鎖構造リモデリングによるEGFレセプターのエンドサイトーシスの制御
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 :2001年 - 2002年 代表者 : 高橋 素子
  • 受容体チロシンキナーゼEGFレセプターの糖鎖構造のリモデリングによる増殖制御
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1999年 - 2000年 代表者 : 高橋 素子
  • 糖鎖構造のシグナル伝達に与える影響
  • 糖尿病とグリケーション


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.