詳細検索はこちら

村瀬 和幸 ムラセ カズユキ

所属部署名腫瘍内科学講座
職名助教ホームページURL
更新日 :2017/11/18

プロフィール

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本臨床血液学会
  • 肝臓
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本臨床血液学会
  • 肝臓

研究活動

論文

  • Increased mitochondrial apoptotic priming of human regulatory T cells after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.
    Murase K, Kim HT, Bascug OR, Kawano Y, Ryan J, Matsuoka K, Davids MS, Koreth J, Ho VT, Cutler C, Armand P, Alyea EP, Blazar BR, Antin JH, Soiffer RJ, Letai A, Ritz J
    Haematologica 99 1499-1508 2014年09月 [査読有り]
  • [Effective treatment of metastatic rhabdomyosarcoma with pazopanib].
    Hashimoto A, Takada K, Takimoto R, Horiguchi H, Sato T, Iyama S, Murase K, Ono K, Tatekoshi A, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Kobune M, Hirayama Y, Kitamura H, Nakanishi K, Masumori N, Hasegawa T, Kato J
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 41 1041-1044 2014年08月 [査読有り]
  • Activated hepatic stellate cells are dependent on self-collagen, cleaved by membrane type 1 matrix metalloproteinase for their growth.
    Birukawa NK, Murase K, Sato Y, Kosaka A, Yoneda A, Nishita H, Fujita R, Nishimura M, Ninomiya T, Kajiwara K, Miyazaki M, Nakashima Y, Ota S, Murakami Y, Tanaka Y, Minomi K, Tamura Y, Niitsu Y
    The Journal of biological chemistry 289 20209-20221 2014年07月 [査読有り]
  • Combination Chemotherapy of Azacitidine and Cetuximab for Therapy-Related Acute Myeloid Leukemia following Oxaliplatin for Metastatic Colorectal Cancer.
    Hashimoto A, Takada K, Horiguchi H, Sato T, Iyama S, Murase K, Kamihara Y, Ono K, Tatekoshi A, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Furuhata T, Kobune M, Takimoto R, Hirata K, Kato J
    Case reports in oncology 7 316-322 2014年05月 [査読有り]
  • Narrowband ultraviolet B phototherapy ameliorates acute graft-versus-host disease by a mechanism involving in vivo expansion of CD4+CD25+Foxp3+ regulatory T cells.
    Iyama S, Murase K, Sato T, Hashimoto A, Tatekoshi A, Horiguchi H, Kamihara Y, Ono K, Kikuchi S, Takada K, Kawano Y, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Mori S, Kato J, Yamashita T, Kato J
    International journal of hematology 99 471-476 2014年04月 [査読有り]
  • [Follicular lymphoma complicated with myelofibrosis and macroglobulinemia at initial presentation].
    Kuroda H, Abe T, Jomen W, Yoshida M, Matsuno T, Sato M, Yamada M, Sakurai T, Fujii S, Maeda M, Fujita M, Nagashima K, Murase K, Kato J
    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 54 2068-2073 2013年11月 [査読有り]
  • Treatment of pancreatic fibrosis with siRNA against a collagen-specific chaperone in vitamin A-coupled liposomes.
    Ishiwatari H, Sato Y, Murase K, Yoneda A, Fujita R, Nishita H, Birukawa NK, Hayashi T, Sato T, Miyanishi K, Takimoto R, Kobune M, Ota S, Kimura Y, Hirata K, Kato J, Niitsu Y
    Gut 62 1328-1339 2013年09月 [査読有り]
  • Low-dose interleukin-2 therapy restores regulatory T cell homeostasis in patients with chronic graft-versus-host disease.
    Matsuoka K, Koreth J, Kim HT, Bascug G, McDonough S, Kawano Y, Murase K, Cutler C, Ho VT, Alyea EP, Armand P, Blazar BR, Antin JH, Soiffer RJ, Ritz J
    Science translational medicine 5 179ra43 2013年04月 [査読有り]
  • Intermittent administration of recombinant human soluble thrombomodulin successfully controlled chronic disseminated intravascular coagulation in a patient with dissecting aortic aneurysm on an outpatient basis.
    Iyama S, Sato T, Murase K, Kamihara Y, Ono K, Kikuchi S, Takada K, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Kato J
    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis 23 548-550 2012年09月 [査読有り]
  • Improvement of iron-mediated oxidative DNA damage in patients with transfusion-dependent myelodysplastic syndrome by treatment with deferasirox.
    Kikuchi S, Kobune M, Iyama S, Sato T, Murase K, Kawano Y, Takada K, Ono K, Kaneko Y, Miyanishi K, Sato Y, Hayashi T, Takimoto R, Kato J
    Free radical biology & medicine 53 643-648 2012年08月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Increased mitochondrial apoptotic priming of human regulatory T cells after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.
    Murase K, Kim HT, Bascug OR, Kawano Y, Ryan J, Matsuoka K, Davids MS, Koreth J, Ho VT, Cutler C, Armand P, Alyea EP, Blazar BR, Antin JH, Soiffer RJ, Letai A, Ritz J
    Haematologica 99 1499-1508 2014年09月 [査読有り]
  • [Effective treatment of metastatic rhabdomyosarcoma with pazopanib].
    Hashimoto A, Takada K, Takimoto R, Horiguchi H, Sato T, Iyama S, Murase K, Ono K, Tatekoshi A, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Kobune M, Hirayama Y, Kitamura H, Nakanishi K, Masumori N, Hasegawa T, Kato J
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 41 1041-1044 2014年08月 [査読有り]
  • Activated hepatic stellate cells are dependent on self-collagen, cleaved by membrane type 1 matrix metalloproteinase for their growth.
    Birukawa NK, Murase K, Sato Y, Kosaka A, Yoneda A, Nishita H, Fujita R, Nishimura M, Ninomiya T, Kajiwara K, Miyazaki M, Nakashima Y, Ota S, Murakami Y, Tanaka Y, Minomi K, Tamura Y, Niitsu Y
    The Journal of biological chemistry 289 20209-20221 2014年07月 [査読有り]
  • Combination Chemotherapy of Azacitidine and Cetuximab for Therapy-Related Acute Myeloid Leukemia following Oxaliplatin for Metastatic Colorectal Cancer.
    Hashimoto A, Takada K, Horiguchi H, Sato T, Iyama S, Murase K, Kamihara Y, Ono K, Tatekoshi A, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Furuhata T, Kobune M, Takimoto R, Hirata K, Kato J
    Case reports in oncology 7 316-322 2014年05月 [査読有り]
  • Narrowband ultraviolet B phototherapy ameliorates acute graft-versus-host disease by a mechanism involving in vivo expansion of CD4+CD25+Foxp3+ regulatory T cells.
    Iyama S, Murase K, Sato T, Hashimoto A, Tatekoshi A, Horiguchi H, Kamihara Y, Ono K, Kikuchi S, Takada K, Kawano Y, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Mori S, Kato J, Yamashita T, Kato J
    International journal of hematology 99 471-476 2014年04月 [査読有り]
  • [Follicular lymphoma complicated with myelofibrosis and macroglobulinemia at initial presentation].
    Kuroda H, Abe T, Jomen W, Yoshida M, Matsuno T, Sato M, Yamada M, Sakurai T, Fujii S, Maeda M, Fujita M, Nagashima K, Murase K, Kato J
    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 54 2068-2073 2013年11月 [査読有り]
  • Treatment of pancreatic fibrosis with siRNA against a collagen-specific chaperone in vitamin A-coupled liposomes.
    Ishiwatari H, Sato Y, Murase K, Yoneda A, Fujita R, Nishita H, Birukawa NK, Hayashi T, Sato T, Miyanishi K, Takimoto R, Kobune M, Ota S, Kimura Y, Hirata K, Kato J, Niitsu Y
    Gut 62 1328-1339 2013年09月 [査読有り]
  • Low-dose interleukin-2 therapy restores regulatory T cell homeostasis in patients with chronic graft-versus-host disease.
    Matsuoka K, Koreth J, Kim HT, Bascug G, McDonough S, Kawano Y, Murase K, Cutler C, Ho VT, Alyea EP, Armand P, Blazar BR, Antin JH, Soiffer RJ, Ritz J
    Science translational medicine 5 179ra43 2013年04月 [査読有り]
  • Intermittent administration of recombinant human soluble thrombomodulin successfully controlled chronic disseminated intravascular coagulation in a patient with dissecting aortic aneurysm on an outpatient basis.
    Iyama S, Sato T, Murase K, Kamihara Y, Ono K, Kikuchi S, Takada K, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Kato J
    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis 23 548-550 2012年09月 [査読有り]
  • Improvement of iron-mediated oxidative DNA damage in patients with transfusion-dependent myelodysplastic syndrome by treatment with deferasirox.
    Kikuchi S, Kobune M, Iyama S, Sato T, Murase K, Kawano Y, Takada K, Ono K, Kaneko Y, Miyanishi K, Sato Y, Hayashi T, Takimoto R, Kato J
    Free radical biology & medicine 53 643-648 2012年08月 [査読有り]
  • Prognostic significance of serum ferritin level at diagnosis in myelodysplastic syndrome.
    Kikuchi S, Kobune M, Iyama S, Sato T, Murase K, Kawano Y, Takada K, Ono K, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kato J
    International journal of hematology 95 527-534 2012年05月 [査読有り]
  • Targeting anticancer drug delivery to pancreatic cancer cells using a fucose-bound nanoparticle approach.
    Yoshida M, Takimoto R, Murase K, Sato Y, Hirakawa M, Tamura F, Sato T, Iyama S, Osuga T, Miyanishi K, Takada K, Hayashi T, Kobune M, Kato J
    PloS one 7 e39545 2012年 [査読有り]
  • Successful treatment by fibrin glue sealant for pneumothorax with chronic GVHD resistant to autologous blood patch pleurodesis.
    Iyama S, Sato T, Murase K, Kikuchi S, Kamihara Y, Ono K, Takada K, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Obama T, Miyajima M, Watanabe A, Higami T, Hirayama Y, Kato J
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 2011-2014 2012年 [査読有り]
  • A case of ulcerative colitis accompanied with myelodysplastic syndrome successfully treated by cyclosporine.
    Takahashi S, Sato Y, Sagawa T, Tanaka S, Murase K, Takada K, Iyama S, Sato T, Takimoto R, Kobune M, Kuroiwa G, Hirayama M, Okamoto T, Kato J
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 108 1405-1412 2011年08月 [査読有り]
  • Novel missense mutation in the TMPRSS6 gene in a Japanese female with iron-refractory iron deficiency anemia.
    Sato T, Iyama S, Murase K, Kamihara Y, Ono K, Kikuchi S, Takada K, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Kato J
    International journal of hematology 94 101-103 2011年07月 [査読有り]
  • Iron chelator deferasirox rescued mice from Fas-induced fulminant hepatitis.
    Sato T, Kobune M, Murase K, Kado Y, Okamoto T, Tanaka S, Kikuchi S, Nagashima H, Kawano Y, Takada K, Iyama S, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kato J
    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 41 660-667 2011年07月 [査読有り]
  • Establishment of a simple test for iron absorption from the gastrointestinal tract.
    Kobune M, Miyanishi K, Takada K, Kawano Y, Nagashima H, Kikuchi S, Murase K, Iyama S, Sato T, Sato Y, Takimoto R, Kato J
    International journal of hematology 93 715-719 2011年06月 [査読有り]
  • [Tuberculous pleuritis with onset of refractory pleural effusion after chemoradiotherapy for esophageal cancer].
    Hirakawa M, Sato Y, Ohnuma H, Sagawa T, Ishiwatari H, Murase K, Iyama S, Hayashi T, Sato T, Miyanishi K, Kobune M, Takimoto R, Kato J
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 108 231-237 2011年02月 [査読有り]
  • [Therapeutic results in patients with biphenotypic acute leukemia at Sapporo Medical University Hospital].
    Murase K, Iyama S, Sato T, Takimoto R, Kobune M, Kato J
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 37 2011-2013 2010年10月 [査読有り]
  • Endoscopic findings of enteropathy-type T-cell lymphoma by double-balloon enteroscopy and capsule endoscopy.
    Sato Y, Ono M, Sagawa T, Takimoto R, Hirakawa M, Ohnuma H, Sato T, Iyama S, Murase K, Miyanishi K, Kobune M, Kato J
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 22 243-245 2010年07月 [査読有り]

MISC

  • P-0322 多発性骨髄腫に対するレナリドミド療法の有害事象の解析と薬剤管理指導(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(その他),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
    中村 勝之, 野田 師正, 安井 寛, 池田 博, 林 敏昭, 石田 禎夫, 篠村 恭久, 村瀬 和幸, 井山 諭, 佐藤 勉, 瀧本 理修, 小船 雅義, 加藤 淳二, 中田 浩雅, 宮本 篤
    日本医療薬学会年会講演要旨集 21 2011年09月
  • 症例 壊疽性膿皮症を合併した骨髄異形成症候群の2例
    村瀬 和幸, 佐藤 勉, 瀧本 理修
    内科 108(3) 558-560 2011年09月
  • 潰瘍性大腸炎の治療経過中に骨髄異形成症候群を発症しシクロスポリンが奏功した1例
    高橋 祥, 佐藤 康史, 佐川 保, 田中 信悟, 村瀬 和幸, 高田 弘一, 井山 諭, 佐藤 勉, 瀧本 理修, 小船 雅義, 黒岩 巌志, 平山 眞章, 岡本 哲郎, 加藤 淳二
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(8) 1405-1412 2011年08月
  • 食道癌に対する化学放射線療法後に難治性胸水として発症した結核性胸膜炎の1例
    平川 昌宏, 佐藤 康史, 大沼 啓之, 佐川 保, 石渡 裕俊, 村瀬 和幸, 井山 諭, 林 毅, 佐藤 勉, 宮西 浩嗣, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(2) 231-237 2011年02月
  • 抗体薬 ゲムツズマブ オゾガマイシン (分子標的治療薬--最新の選び方・使い方) -- (がん分子標的治療薬の使い方)
    佐藤 勉, 村瀬 和幸, 加藤 淳二
    がん治療レクチャー 2(2) 272-274 2011年
  • ビタミンA-リポソームsiRNA HSP47を用いた肝硬変の治療
    佐藤 康史, 村瀬 和幸, 新津 洋司郎
    最新医学 65(12) 2593-2598 2010年12月
  • 当科におけるリポソーマルアムホテリシンBの使用評価
    井出 諭, 村瀬 和幸, 佐藤 勉, 菊地 尚平, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二
    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 84(2) 182-186 2010年03月
  • 経過中に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した進行大腸癌の1剖検例
    佐藤 康史, 高山 哲治, 二階堂 ともみ, 和田 優子, 佐川 保, 阿部 清一郎, 佐藤 勉, 井山 諭, 村瀬 和幸, 荒木 啓伸, 佐藤 康裕, 加藤 淳二, 新津 洋司郎, 千葉 英樹
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(9) 1365-1370 2007年09月
  • Gly400Valの遺伝子異常を認めた先天性第XI因子欠乏症
    佐藤 勉, 井山 諭, 荒木 直子, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 松永 卓也, 加藤 淳二, 黒田 裕行, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 48(2) 148-150 2007年02月
  • 胃に再発した stage I 涙腺原発 : mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma
    佐藤 勉, 瀧本 理修, 井山 諭, 小野 薫, 田中 信悟, 荒木 直子, 西家 極仙, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 松永 卓也, 加藤 淳二, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 48(1) 56-60 2007年01月
MISCを全て表示する
  • P-0322 多発性骨髄腫に対するレナリドミド療法の有害事象の解析と薬剤管理指導(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(その他),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
    中村 勝之, 野田 師正, 安井 寛, 池田 博, 林 敏昭, 石田 禎夫, 篠村 恭久, 村瀬 和幸, 井山 諭, 佐藤 勉, 瀧本 理修, 小船 雅義, 加藤 淳二, 中田 浩雅, 宮本 篤
    日本医療薬学会年会講演要旨集 21 2011年09月
  • 症例 壊疽性膿皮症を合併した骨髄異形成症候群の2例
    村瀬 和幸, 佐藤 勉, 瀧本 理修
    内科 108(3) 558-560 2011年09月
  • 潰瘍性大腸炎の治療経過中に骨髄異形成症候群を発症しシクロスポリンが奏功した1例
    高橋 祥, 佐藤 康史, 佐川 保, 田中 信悟, 村瀬 和幸, 高田 弘一, 井山 諭, 佐藤 勉, 瀧本 理修, 小船 雅義, 黒岩 巌志, 平山 眞章, 岡本 哲郎, 加藤 淳二
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(8) 1405-1412 2011年08月
  • 食道癌に対する化学放射線療法後に難治性胸水として発症した結核性胸膜炎の1例
    平川 昌宏, 佐藤 康史, 大沼 啓之, 佐川 保, 石渡 裕俊, 村瀬 和幸, 井山 諭, 林 毅, 佐藤 勉, 宮西 浩嗣, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(2) 231-237 2011年02月
  • 抗体薬 ゲムツズマブ オゾガマイシン (分子標的治療薬--最新の選び方・使い方) -- (がん分子標的治療薬の使い方)
    佐藤 勉, 村瀬 和幸, 加藤 淳二
    がん治療レクチャー 2(2) 272-274 2011年
  • ビタミンA-リポソームsiRNA HSP47を用いた肝硬変の治療
    佐藤 康史, 村瀬 和幸, 新津 洋司郎
    最新医学 65(12) 2593-2598 2010年12月
  • 当科におけるリポソーマルアムホテリシンBの使用評価
    井出 諭, 村瀬 和幸, 佐藤 勉, 菊地 尚平, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二
    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 84(2) 182-186 2010年03月
  • 経過中に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した進行大腸癌の1剖検例
    佐藤 康史, 高山 哲治, 二階堂 ともみ, 和田 優子, 佐川 保, 阿部 清一郎, 佐藤 勉, 井山 諭, 村瀬 和幸, 荒木 啓伸, 佐藤 康裕, 加藤 淳二, 新津 洋司郎, 千葉 英樹
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(9) 1365-1370 2007年09月
  • Gly400Valの遺伝子異常を認めた先天性第XI因子欠乏症
    佐藤 勉, 井山 諭, 荒木 直子, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 松永 卓也, 加藤 淳二, 黒田 裕行, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 48(2) 148-150 2007年02月
  • 胃に再発した stage I 涙腺原発 : mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma
    佐藤 勉, 瀧本 理修, 井山 諭, 小野 薫, 田中 信悟, 荒木 直子, 西家 極仙, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 松永 卓也, 加藤 淳二, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 48(1) 56-60 2007年01月
  • リンパ腫細胞由来のインターロイキン-5が好酸球増多を来したと考えられる末梢性T細胞性リンパ腫
    松永 卓也, 佐藤 勉, 井山 諭, 田中 信悟, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二, 黒田 裕行, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 47(11) 1457-1462 2006年11月
  • CD8およびCD56が共陽性を示した腸管症型T細胞リンパ腫
    佐藤 勉, 松永 卓也, 井山 諭, 酒井 俊郎, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 47(7) 645-649 2006年07月
  • CD8およびCD56が共陽性を示した腸管症型T細胞リンパ腫
    佐藤 勉, 松永 卓也, 井山 諭, 酒井 俊郎, 村瀬 和幸, 佐藤 康史, 小船 雅義, 瀧本 理修, 加藤 淳二, 新津 洋司郎
    臨床血液 47(7) 645-649 2006年
  • 経口リバビリンが奏効した造血幹細胞移植後アデノウイルス関連血球貪食症候群
    井山 諭, 松永 卓也, 藤見 章仁, 村瀬 和幸, 栗林 景晶, 佐藤 勉, 平山 泰生, 坂牧 純夫, 幸田 久平, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 46(5) 363-367 2005年05月
  • 11. 臍帯血移植後にドナー細胞由来の急性骨髄性白血病(AML)を発症した成人T細胞性白血病リンパ腫(ATLL)(日本アフェレシス学会第24回北海道地方会抄録)(<特集>アフェレシスにおけるセイフティーマネジメント)
    村瀬 和幸, 松永 卓也, 栗林 景晶, 井山 諭, 菊池 尚平, 藤見 章仁, 新津 洋司郎, 古川 勝久
    日本アフェレシス学会雑誌 24(1) 2005年02月
  • 休薬によりABL遺伝子変異クローンが消失し, 2度目の血液学的効果が得られた imatinib 耐性CML
    村瀬 和幸, 松永 卓也, 竹内 直子, 藤見 章仁, 瀧本 理修, 照井 健, 平山 泰夫, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 45(9) 1028-1032 2004年09月
  • 当科で経験した非血縁者間ミニ移植を施行した4症例(一般演題)(日本アフェレシス学会第23回北海道地方会抄録)
    藤見 章仁, 松永 卓也, 村瀬 和幸, 竹内 直子, 高平 尚季, 二階堂 ともみ, 瀧本 理修, 新津 洋司郎
    日本アフェレシス学会雑誌 23(2) 2004年05月
  • 血小板減少症に対して副腎皮質ステロイドが奏効した骨髄異形成症候群(不応性貧血)の妊婦例
    村瀬 和幸, 松永 卓也, 瀧本 理修, 高平 尚季, 藤見 章仁, 竹内 直子, 照井 健, 新津 洋司郎
    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 45(5) 383-386 2004年05月
  • 休薬によりABL遺伝子変異クローンが消失し,2度目の血液学的効果が得られたimatinib耐性CML
    村瀬 和幸, 松永 卓也, 竹内 直子, 藤見 章仁, 瀧本 理修, 照井 健, 平山 泰生, 新津 洋司郎
    臨床血液 45(9) 1028-1032 2004年
  • メソトレキセートにより軽快し, 肝病変の経過を観察しえたHBVキャリアに合併した結節性多発動脈炎の1例
    高梨 訓博, 本間 久登, 女澤 慎一, 土居 忠, 秋山 剛英, 村上 研, 高田 弘一, 茎津 武大, 村瀬 和幸, 井山 諭, 宮西 浩嗣, 新津 洋司郎
    肝臓 44(12) 649-655 2003年12月
  • リザーバー肝動注用カテーテルの十二指腸球部逸脱の1例
    高梨 訓博, 高柳 典弘, 西堀 佳樹, 藤井 重之, 堀本 正禎, 小野寺 義光, 村瀬 和幸, 古川 孝広, 長岡 康裕, 新津 洋司郎
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 100(5) 578-582 2003年05月
  • メシル酸ナファモスタット持続動注が有効であった膵仮性嚢胞破裂による膵性腹水の1例
    土居 忠, 本間 久登, 女澤 慎一, 木田 雅也, 茎津 武大, 宮西 浩嗣, 村瀬 和幸, 高田 弘一, 井山 諭, 新津 洋司郎
    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 98(11) 1304-1308 2001年11月

競争的資金等の研究課題

  • 線維化治療
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 線維化治療


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.