詳細検索はこちら

宮本 篤 ミヤモト アツシ

所属部署名医療薬学
職名教授ホームページURL
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    医療薬学 薬理学

学位

  • 薬学博士
  • 薬学修士

学歴

  • -
    1980年
    東北薬科大学(日本)
  • -
    1978年
    東北薬科大学(日本)

所属学協会

  • 日本薬理学会(評議員)
  • 日本神経化学会(評議員)
  • 日本医学教育学会
  • 国際神経化学会
  • アジア太平洋神経化学会
  • ニューヨーク科学アカデミー
  • 米国老年病学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本薬学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本薬理学会(評議員)
  • 日本神経化学会(評議員)
  • 日本医学教育学会
  • 国際神経化学会
  • アジア太平洋神経化学会
  • ニューヨーク科学アカデミー
  • 米国老年病学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本薬学会

研究活動

MISC

  • シグナル伝達系(GTP結合蛋白質[3量体型]、アドレナージック受容体、cAMP、Ca2+動員)
    長寿科学事典 2003年
  • 培養心筋細胞の薬理学研究への応用
    組織培養研究 17 68-71 1998年
  • 老化による学習・記憶障害とシグナル伝達異常
    神経行動薬理学研究の最前線 -抗痴呆薬研究の最近の進歩- 1997年
MISCを全て表示する
  • シグナル伝達系(GTP結合蛋白質[3量体型]、アドレナージック受容体、cAMP、Ca2+動員)
    長寿科学事典 2003年
  • 培養心筋細胞の薬理学研究への応用
    組織培養研究 17 68-71 1998年
  • 老化による学習・記憶障害とシグナル伝達異常
    神経行動薬理学研究の最前線 -抗痴呆薬研究の最近の進歩- 1997年

競争的資金等の研究課題

  • ・重篤な循環器系副作用のリスク因子に関する研究
  • ・老化及び老化に伴って生じる疾病での情報伝達変異に関する研究
  • ・心血管系細胞の情報伝達制御に関する分子薬理学的研究
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • ・重篤な循環器系副作用のリスク因子に関する研究
  • ・老化及び老化に伴って生じる疾病での情報伝達変異に関する研究
  • ・心血管系細胞の情報伝達制御に関する分子薬理学的研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.