詳細検索はこちら

齋藤 充史 サイトウ アツシ

所属部署名医化学講座
職名助教ホームページURL
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    肺胞微石症, SP-D, SP-A, Legionella, Defensin, 特発性肺線維症, マイクロバイオーム

研究分野

  • 基礎医学 / 医化学一般
  • 内科系臨床医学 / 呼吸器内科学

経歴

  • 2015年08月
    -
    現在
    札幌医科大学 医化学講座 兼 呼吸器アレルギー内科学講座(助教)
  • 2013年04月
    -
    2015年07月
    シンシナティ大学 呼吸器内科(ポスドク)

所属学協会

  • 米国胸部学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本内科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 米国胸部学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本内科学会

研究活動

論文

  • Serum surfactant protein D predicts the outcome of patients with idiopathic pulmonary fibrosis treated with pirfenidone.
    Ikeda K, Shiratori M, Chiba H, Nishikiori H, Yokoo K, Saito A, Hasegawa Y, Kuronuma K, Otsuka M, Yamada G, Takahashi H
    Respiratory medicine 131 184-191 2017年10月 [査読有り]
  • Surfactant protein A downregulates epidermal growth factor receptor by mechanisms different from those of surfactant protein D.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Saito A, Uehara Y, Takamiya R, Kuronuma K, Chiba H, Sakuma Y, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 2017年09月 [査読有り]
  • Mitogenic stimulation accelerates influenza-induced mortality by increasing susceptibility of alveolar type II cells to infection.
    Nikolaidis NM, Noel JG, Pitstick LB, Gardner JC, Uehara Y, Wu H, Saito A, Lewnard KE, Liu H, White MR, Hartshorn KL, McCormack FX
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(32) E6613-E6622 2017年08月 [査読有り]
  • Disruption of the structural and functional features of surfactant protein A by acrolein in cigarette smoke.
    Takamiya R, Uchida K, Shibata T, Maeno T, Kato M, Yamaguchi Y, Ariki S, Hasegawa Y, Saito A, Miwa S, Takahashi H, Akaike T, Kuroki Y, Takahashi M
    Scientific reports 7(1) 8304 2017年08月 [査読有り]
  • Surfactant Protein A Inhibits Growth and Adherence of Uropathogenic Escherichia coli To Protect the Bladder from Infection.
    Hashimoto J, Takahashi M, Saito A, Murata M, Kurimura Y, Nishitani C, Takamiya R, Uehara Y, Hasegawa Y, Hiyama Y, Sawada N, Takahashi S, Masumori N, Kuroki Y, Ariki S
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 198(7) 2898-2905 2017年04月 [査読有り]
  • Surfactant protein A (SP-A) and SP-A-derived peptide attenuate chemotaxis of mast cells induced by human β-defensin 3.
    Uehara Y, Takahashi M, Murata M, Saito A, Takamiya R, Hasegawa Y, Kuronuma K, Chiba H, Hashimoto J, Sawada N, Takahashi H, Kuroki Y, Ariki S
    Biochemical and biophysical research communications 485(1) 107-112 2017年03月 [査読有り]
  • Pulmonary Alveolar Microlithiasis.
    Saito A, McCormack FX
    Clinics in chest medicine 37(3) 441-448 2016年09月 [査読有り]
  • Keratinocyte growth factor supports pulmonary innate immune defense through maintenance of alveolar antimicrobial protein levels and macrophage function.
    Gardner JC, Wu H, Noel JG, Ramser BJ, Pitstick L, Saito A, Nikolaidis NM, McCormack FX
    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 310(9) ajplung.00363.2015-79 2016年02月 [査読有り]
  • Modeling pulmonary alveolar microlithiasis by epithelial deletion of the Npt2b sodium phosphate cotransporter reveals putative biomarkers and strategies for treatment.
    Saito A, Nikolaidis NM, Amlal H, Uehara Y, Gardner JC, LaSance K, Pitstick LB, Bridges JP, Wikenheiser-Brokamp KA, McGraw DW, Woods JC, Sabbagh Y, Schiavi SC, Altinişik G, Jakopović M, Inoue Y, McCormack FX
    Science translational medicine 7(313) 313ra181 2015年11月 [査読有り]
  • Surfactant protein D suppresses lung cancer progression by downregulation of epidermal growth factor signaling.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Asakawa D, Tajiri M, Wada Y, Yamaguchi Y, Nishitani C, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi H, Kuroki Y
    Oncogene 34(7) 838-845 2015年02月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Serum surfactant protein D predicts the outcome of patients with idiopathic pulmonary fibrosis treated with pirfenidone.
    Ikeda K, Shiratori M, Chiba H, Nishikiori H, Yokoo K, Saito A, Hasegawa Y, Kuronuma K, Otsuka M, Yamada G, Takahashi H
    Respiratory medicine 131 184-191 2017年10月 [査読有り]
  • Surfactant protein A downregulates epidermal growth factor receptor by mechanisms different from those of surfactant protein D.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Saito A, Uehara Y, Takamiya R, Kuronuma K, Chiba H, Sakuma Y, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 2017年09月 [査読有り]
  • Mitogenic stimulation accelerates influenza-induced mortality by increasing susceptibility of alveolar type II cells to infection.
    Nikolaidis NM, Noel JG, Pitstick LB, Gardner JC, Uehara Y, Wu H, Saito A, Lewnard KE, Liu H, White MR, Hartshorn KL, McCormack FX
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(32) E6613-E6622 2017年08月 [査読有り]
  • Disruption of the structural and functional features of surfactant protein A by acrolein in cigarette smoke.
    Takamiya R, Uchida K, Shibata T, Maeno T, Kato M, Yamaguchi Y, Ariki S, Hasegawa Y, Saito A, Miwa S, Takahashi H, Akaike T, Kuroki Y, Takahashi M
    Scientific reports 7(1) 8304 2017年08月 [査読有り]
  • Surfactant Protein A Inhibits Growth and Adherence of Uropathogenic Escherichia coli To Protect the Bladder from Infection.
    Hashimoto J, Takahashi M, Saito A, Murata M, Kurimura Y, Nishitani C, Takamiya R, Uehara Y, Hasegawa Y, Hiyama Y, Sawada N, Takahashi S, Masumori N, Kuroki Y, Ariki S
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 198(7) 2898-2905 2017年04月 [査読有り]
  • Surfactant protein A (SP-A) and SP-A-derived peptide attenuate chemotaxis of mast cells induced by human β-defensin 3.
    Uehara Y, Takahashi M, Murata M, Saito A, Takamiya R, Hasegawa Y, Kuronuma K, Chiba H, Hashimoto J, Sawada N, Takahashi H, Kuroki Y, Ariki S
    Biochemical and biophysical research communications 485(1) 107-112 2017年03月 [査読有り]
  • Pulmonary Alveolar Microlithiasis.
    Saito A, McCormack FX
    Clinics in chest medicine 37(3) 441-448 2016年09月 [査読有り]
  • Keratinocyte growth factor supports pulmonary innate immune defense through maintenance of alveolar antimicrobial protein levels and macrophage function.
    Gardner JC, Wu H, Noel JG, Ramser BJ, Pitstick L, Saito A, Nikolaidis NM, McCormack FX
    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 310(9) ajplung.00363.2015-79 2016年02月 [査読有り]
  • Modeling pulmonary alveolar microlithiasis by epithelial deletion of the Npt2b sodium phosphate cotransporter reveals putative biomarkers and strategies for treatment.
    Saito A, Nikolaidis NM, Amlal H, Uehara Y, Gardner JC, LaSance K, Pitstick LB, Bridges JP, Wikenheiser-Brokamp KA, McGraw DW, Woods JC, Sabbagh Y, Schiavi SC, Altinişik G, Jakopović M, Inoue Y, McCormack FX
    Science translational medicine 7(313) 313ra181 2015年11月 [査読有り]
  • Surfactant protein D suppresses lung cancer progression by downregulation of epidermal growth factor signaling.
    Hasegawa Y, Takahashi M, Ariki S, Asakawa D, Tajiri M, Wada Y, Yamaguchi Y, Nishitani C, Takamiya R, Saito A, Uehara Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi H, Kuroki Y
    Oncogene 34(7) 838-845 2015年02月 [査読有り]
  • Surfactant protein D inhibits adherence of uropathogenic Escherichia coli to the bladder epithelial cells and the bacterium-induced cytotoxicity: a possible function in urinary tract.
    Kurimura Y, Nishitani C, Ariki S, Saito A, Hasegawa Y, Takahashi M, Hashimoto J, Takahashi S, Tsukamoto T, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 287(47) 39578-39588 2012年11月 [査読有り]
  • Pulmonary surfactant protein A protects lung epithelium from cytotoxicity of human β-defensin 3.
    Saito A, Ariki S, Sohma H, Nishitani C, Inoue K, Ebata N, Takahashi M, Hasegawa Y, Kuronuma K, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 287(18) 15034-15043 2012年04月 [査読有り]
  • Pulmonary collectins play distinct roles in host defense against Mycobacterium avium.
    Ariki S, Kojima T, Gasa S, Saito A, Nishitani C, Takahashi M, Shimizu T, Kurimura Y, Sawada N, Fujii N, Kuroki Y
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 187(5) 2586-2594 2011年09月 [査読有り]
  • Pulmonary collectins protect macrophages against pore-forming activity of Legionella pneumophila and suppress its intracellular growth.
    Sawada K, Ariki S, Kojima T, Saito A, Yamazoe M, Nishitani C, Shimizu T, Takahashi M, Mitsuzawa H, Yokota S, Sawada N, Fujii N, Takahashi H, Kuroki Y
    The Journal of biological chemistry 285(11) 8434-8443 2010年03月 [査読有り]

MISC

  • 【呼吸器病学TOPICS 2016-17】 形態・機能 肺胞微石症モデルマウス
    齋藤 充史
    分子呼吸器病 21(1) 16-18 2017年03月
  • SP-Dによる変異型EGFR肺がんの制御機構
    長谷川 喜弘, 梅田 泰淳, 大塚 満雄, 有木 茂, 高宮 里奈, 齋藤 充史, 黒沼 幸治, 千葉 弘文, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, 高橋 素子
    分子呼吸器病 21(1) 80-83 2017年03月
  • 肺サーファクタントタンパク質Aによるヒトβ-デフェンシン3の機能調節
    有木 茂, 齋藤 充史
    医療人育成センター紀要 8 25-27 2017年03月
  • 化学療法により病勢を制御しえた肺多形癌の2例
    高橋 晴香, 池田 貴美之, 萬谷 峻史, 吉川 匠, 高橋 洋平, 多屋 哲也, 森 勇樹, 齋藤 充史, 宮島 さつき, 高橋 守, 高橋 弘毅
    肺癌 57(1) 47-48 2017年02月
  • 多発縦隔リンパ節腫脹を認め、EUS-FNAにより診断したMycobacterium avium症の1例
    黒沼 幸治, 小林 智史, 齋藤 充史, 錦織 博貴, 高橋 弘毅
    感染症学雑誌 91(1) 98-98 2017年01月
  • ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    齋藤 充史, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, McCormack Francis X.
    日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 47 43-43 2016年10月
  • 糖鎖改変・可溶型EGFRによるEGFシグナル抑制作用のメカニズム
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 加藤 公児, 姚 閔, 和田 芳直, 有木 茂, 高宮 里奈, 齋藤 充史, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [1T08-01(1P 2016年09月
  • タバコ煙中のアクロレインが肺サーファクタントタンパク質Aに及ぼす影響
    高宮 里奈, 内田 浩二, 柴田 貴広, 高橋 素子, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 齋藤 充史, 前野 敏孝, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [3T07-02(3P 2016年09月
  • 急速な胸水貯留を伴った胸壁原発血管腫の1例
    池田 貴美之, 多屋 哲也, 齋藤 充史, 高橋 守, 黒沼 幸治, 大塚 満雄, 千葉 弘文, 白鳥 正典, 山田 玄, 高橋 弘毅
    気管支学 38(Suppl.) S278-S278 2016年05月
  • びまん性肺疾患の基礎 ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    齋藤 充史, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, McCormack Fransis X.
    日本呼吸器学会誌 5(増刊) 151-151 2016年03月
MISCを全て表示する
  • 【呼吸器病学TOPICS 2016-17】 形態・機能 肺胞微石症モデルマウス
    齋藤 充史
    分子呼吸器病 21(1) 16-18 2017年03月
  • SP-Dによる変異型EGFR肺がんの制御機構
    長谷川 喜弘, 梅田 泰淳, 大塚 満雄, 有木 茂, 高宮 里奈, 齋藤 充史, 黒沼 幸治, 千葉 弘文, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, 高橋 素子
    分子呼吸器病 21(1) 80-83 2017年03月
  • 肺サーファクタントタンパク質Aによるヒトβ-デフェンシン3の機能調節
    有木 茂, 齋藤 充史
    医療人育成センター紀要 8 25-27 2017年03月
  • 化学療法により病勢を制御しえた肺多形癌の2例
    高橋 晴香, 池田 貴美之, 萬谷 峻史, 吉川 匠, 高橋 洋平, 多屋 哲也, 森 勇樹, 齋藤 充史, 宮島 さつき, 高橋 守, 高橋 弘毅
    肺癌 57(1) 47-48 2017年02月
  • 多発縦隔リンパ節腫脹を認め、EUS-FNAにより診断したMycobacterium avium症の1例
    黒沼 幸治, 小林 智史, 齋藤 充史, 錦織 博貴, 高橋 弘毅
    感染症学雑誌 91(1) 98-98 2017年01月
  • ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    齋藤 充史, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, McCormack Francis X.
    日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 47 43-43 2016年10月
  • 糖鎖改変・可溶型EGFRによるEGFシグナル抑制作用のメカニズム
    高橋 素子, 長谷川 喜弘, 加藤 公児, 姚 閔, 和田 芳直, 有木 茂, 高宮 里奈, 齋藤 充史, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [1T08-01(1P 2016年09月
  • タバコ煙中のアクロレインが肺サーファクタントタンパク質Aに及ぼす影響
    高宮 里奈, 内田 浩二, 柴田 貴広, 高橋 素子, 有木 茂, 長谷川 喜弘, 齋藤 充史, 前野 敏孝, 黒木 由夫
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [3T07-02(3P 2016年09月
  • 急速な胸水貯留を伴った胸壁原発血管腫の1例
    池田 貴美之, 多屋 哲也, 齋藤 充史, 高橋 守, 黒沼 幸治, 大塚 満雄, 千葉 弘文, 白鳥 正典, 山田 玄, 高橋 弘毅
    気管支学 38(Suppl.) S278-S278 2016年05月
  • びまん性肺疾患の基礎 ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    齋藤 充史, 高橋 弘毅, 黒木 由夫, McCormack Fransis X.
    日本呼吸器学会誌 5(増刊) 151-151 2016年03月
  • 肺胞上皮特異的なSlc34a2の欠損による肺胞微石症の前臨床モデルマウスの作製(Epithelial specific delection of Slc34a2 results in a preclinical mouse model of pulmonary alveolar microlithiasis)
    Saito Atsushi, Nikolaidis Nikolaos M., Pistick Lori B., Amalal Hassane, Bridges James P., Mcgraw Dennis, McCormack Francis X.
    日本呼吸器学会誌 4(増刊) 345-345 2015年03月
  • ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    齋藤充史, 齋藤充史, 齋藤充史, 高橋弘毅, 黒木由夫, MCCORMACK Francis X.
    日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会プログラム・抄録集 51st 42 2015年
  • 非結核性抗酸菌に対するSP‐A・SP‐Dの感染防御機構
    有木茂, 齋藤充史, 西谷千明, 高橋素子, 黒木由夫
    分子呼吸器病 16(1) 121-124 2012年03月
  • 酸化肺サーファクタントリン脂質によるLPS惹起炎症応答抑制機構
    西谷千明, 有木茂, 高橋素子, 栗村雄一郎, 斎藤充史, 長谷川喜弘, 清水健之, 黒木由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 43-45 2011年11月
  • レジオネラ菌に対する肺コレクチンの生体防御機構
    齋藤充史, 有木茂, 西谷千明, 高橋素子, 高橋弘毅, 黒木由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 79-82 2011年11月
  • 非結核性抗酸菌感染に対する肺コレクチンの生体防御機構
    有木茂, 齋藤充史, 西谷千明, 高橋素子, 黒木由夫
    エンドトキシン・自然免疫研究 14 83-85 2011年11月
  • 尿路病原性大腸菌感染に対するサーファクタント蛋白質の防御的役割
    西谷千明, 栗村雄一郎, 有木茂, 高橋素子, 齋藤充史, 長谷川喜弘, 橋本次朗, 高橋聡, 相馬仁, 塚本泰司, 黒木由夫
    生化学 ROMBUNNO.4T16A-5 2011年
  • サーファクタント蛋白質Aは肺上皮細胞をヒトβデフェンシン3の細胞毒性活性から保護する
    齋藤充史, 有木茂, 長谷川喜弘, 西谷千明, 高橋素子, 相馬仁, 高橋弘毅, 黒木由夫
    生化学 ROMBUNNO.4T8A-10 2011年
  • 肺コレクチンはレジオネラ感染により誘導されるオートファジーを抑制する
    齋藤充史, 有木茂, 長谷川喜弘, 栗村雄一郎, 西谷千明, 高橋素子, 高橋弘毅, 黒木由夫
    日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会プログラム・抄録集 46th 28 2010年
  • 18‐Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomographyで集積の亢進を認め,転移性肺腫瘍と鑑別を要した肺hyalinizing granulomaの1例
    金田聡門, 斎藤充史, 秋山貴由, 高橋葉子, 高橋隆二, 工藤和洋
    日本呼吸器学会雑誌 47(10) 953-959 2009年10月
  • 喀血を契機に発見された肺葉内肺分画症の1例
    坪井芳恵, 小野貴広, 森勇樹, 斎藤充史, 中田尚志, 森裕二, 稲岡正己, 藤井明, 佐藤浩樹, 池田健
    函館五稜郭病院医誌 17 28-30 2009年06月
  • GEM+VNRを用いた20コース以上の外来化学療法を継続できた2例
    齋藤充史, 森勇樹, 小野貴広, 中田尚志, 森裕二, 大地貴
    肺癌 49(1) 126 2009年02月
  • 難聴・耳鳴を伴った神経サルコイドーシスの1例
    斎藤充史, 横尾慶紀, 長谷川喜弘, 梅田泰淳, 大地貴, 中田尚志, 森裕二, 山崎徳和, 池田健
    函館五稜郭病院医誌 16 20-22 2008年04月
  • 興味ある進展型式を呈した肺原発非定型カルチノイドの1例
    鈴木麻里絵, 齋藤充史, 坪井芳恵, 森勇樹, 小野貴広, 中田尚志, 森裕二, 池田健
    道南医学会大会並びに総会プログラム・抄録集 61st 22 2008年
  • 喀血を契機に発見された肺葉内肺分画症の1例
    坪井芳恵, 小野貴宏, 森勇樹, 齋藤充史, 中田尚志, 森裕二, 稲岡正己, 藤井明, 佐藤浩樹, 池田健
    道南医学会大会並びに総会プログラム・抄録集 61st 22 2008年
  • PET/CT検診によって発見された縦隔腫瘍の1例
    横尾慶紀, 齋藤充史, 長谷川喜弘, 梅田泰淳, 大地貴, 中田尚志, 森裕二, 藤井明, 稲岡正己, 池田健
    道南医学会大会並びに総会プログラム・抄録集 60th 32 2007年
  • 難聴・耳鳴を伴った神経サルコイドーシスの1例
    齋藤充史, 横尾慶紀, 長谷川喜弘, 梅田泰淳, 大地貴, 中田尚志, 森裕二, 池田健
    道南医学会大会並びに総会プログラム・抄録集 60th 32 2007年
  • 胸腺腫にStiff‐person syndrome(SPS)・Myasthenia gravisを合併した一例
    斎藤充史, 渡辺敦, 中島慎治, 小柳哲也, 長井尚, 千葉進, 松本博之
    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 54(5) 21 2006年05月

講演・口頭発表

  • 肺胞微石症の治療戦略
    齋藤 充史
    第53回日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会 2017年10月01日
  • 呼吸器疾患に対するトランスレーショナルリサーチ〜肺胞微石症を中心に〜
    齋藤 充史
    第3回函館呼吸器フロンティアセミナー 2017年09月20日
  • Pulmonary collectins provide a first line of defense against L. Pneumophila through inhibiting their type IV secretion system.
    齋藤 充史
    欧州呼吸器学会 年次総会 2017 2017年09月12日
  • 14) Low Phosphate Diet Arrests and Reverses Lung Injury in Mice with Pulmonary Alveolar Microlithiasis
    Rare Lung Diseases Research Conference 2016年09月
  • Development Of Biomarkers And Treatment Strategies In The Npt2b-/- Preclinical Mouse Model Of Pulmonary Alveolar Microlithiasis
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2015年05月
  • SHH-Cre Driven Knockout Of Npt2b Results In Pulmonary Alveolar Microlithiasis And Loss Of Phosphate Transport In Alveolar Epitherial Type II Cells
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2014年05月
  • Pulmonary Collectins Attenuate Autophagy Induced By L. Pneumophila Infection
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2011年05月
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • 肺胞微石症の治療戦略
    齋藤 充史
    第53回日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会 2017年10月01日
  • 呼吸器疾患に対するトランスレーショナルリサーチ〜肺胞微石症を中心に〜
    齋藤 充史
    第3回函館呼吸器フロンティアセミナー 2017年09月20日
  • Pulmonary collectins provide a first line of defense against L. Pneumophila through inhibiting their type IV secretion system.
    齋藤 充史
    欧州呼吸器学会 年次総会 2017 2017年09月12日
  • 14) Low Phosphate Diet Arrests and Reverses Lung Injury in Mice with Pulmonary Alveolar Microlithiasis
    Rare Lung Diseases Research Conference 2016年09月
  • Development Of Biomarkers And Treatment Strategies In The Npt2b-/- Preclinical Mouse Model Of Pulmonary Alveolar Microlithiasis
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2015年05月
  • SHH-Cre Driven Knockout Of Npt2b Results In Pulmonary Alveolar Microlithiasis And Loss Of Phosphate Transport In Alveolar Epitherial Type II Cells
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2014年05月
  • Pulmonary Collectins Attenuate Autophagy Induced By L. Pneumophila Infection
    Atsushi Saito
    American Thoracic Society Annual Conference 2011年05月

競争的資金等の研究課題

  • 間質性肺炎モデルマウスを用いた肺マイクロバイオームについての検討
    グラクソスミスクライン株式会社:GSK 研究助成 2017
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 齋藤 充史
  • 特発性肺線維症患者における肺マイクロバイオームについての検討
    ノバルティスファーマ株式会社:ノバルティス ファーマ研究助成 2017 研究要旨
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 齋藤 充史
  • ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2017年 代表者 : 齋藤 充史
  • 肺の自然免疫、感染制御
    研究期間 :2009年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 間質性肺炎モデルマウスを用いた肺マイクロバイオームについての検討
    グラクソスミスクライン株式会社:GSK 研究助成 2017
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 齋藤 充史
  • 特発性肺線維症患者における肺マイクロバイオームについての検討
    ノバルティスファーマ株式会社:ノバルティス ファーマ研究助成 2017 研究要旨
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 齋藤 充史
  • ナトリウムリン酸共輸送体(Npt2b)欠損マウスを用いた肺胞微石症の病態解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2017年 代表者 : 齋藤 充史
  • 肺の自然免疫、感染制御
    研究期間 :2009年

受賞

  • 2017年10月 日本肺サーファクタント・界面医学会 学術奨励賞
  • 2015年05月 米国胸部学会 Abstract Award
  • 2011年08月 第48回日本生化学会北海道支部例会 優秀講演賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2017年10月 日本肺サーファクタント・界面医学会 学術奨励賞
  • 2015年05月 米国胸部学会 Abstract Award
  • 2011年08月 第48回日本生化学会北海道支部例会 優秀講演賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.