詳細検索はこちら

中野 正子 ナカノ マサコ

所属部署名解剖学第二講座
職名助教ホームページURL
更新日 :2018/05/15

研究活動

論文

  • Activated forms of astrocytes with higher GLT-1 expression are associated with cognitive normal subjects with Alzheimer pathology in human brain.
    Kobayashi E, Nakano M, Kubota K, Himuro N, Mizoguchi S, Chikenji T, Otani M, Mizue Y, Nagaishi K, Fujimiya M
    Scientific reports 8(1) 1712 2018年01月 [査読有り]
  • Umbilical cord extracts improve osteoporotic abnormalities of bone marrow-derived mesenchymal stem cells and promote their therapeutic effects on ovariectomised rats.
    Saito A, Nagaishi K, Iba K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Oyama K, Yamashita T, Fujimiya M
    Scientific reports 8(1) 1161 2018年01月 [査読有り]
  • Umbilical cord extracts improve diabetic abnormalities in bone marrow-derived mesenchymal stem cells and increase their therapeutic effects on diabetic nephropathy.
    Nagaishi K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Saijo Y, Tsuchida H, Ishioka S, Nishikawa A, Saito T, Fujimiya M
    Scientific reports 7(1) 8484 2017年08月 [査読有り]
  • Mesenchymal stem cell therapy ameliorates diabetic nephropathy via the paracrine effect of renal trophic factors including exosomes.
    Nagaishi K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Konari N, Fujimiya M
    Scientific reports 6 34842 2016年10月 [査読有り]
  • Bone marrow-derived mesenchymal stem cells improve diabetes-induced cognitive impairment by exosome transfer into damaged neurons and astrocytes.
    Nakano M, Nagaishi K, Konari N, Saito Y, Chikenji T, Mizue Y, Fujimiya M
    Scientific reports 6 24805 2016年04月 [査読有り]
  • Hydrogen improves glycemic control in type1 diabetic animal model by promoting glucose uptake into skeletal muscle.
    Amitani H, Asakawa A, Cheng K, Amitani M, Kaimoto K, Nakano M, Ushikai M, Li Y, Tsai M, Li JB, Terashi M, Chaolu H, Kamimura R, Inui A
    PloS one 8(1) e53913 2013年 [査読有り]
  • Metformin and incretin-based therapies up-regulate central and peripheral Adenosine monophosphate-activated protein affecting appetite and metabolism.
    Nakano M, Inui A
    Indian journal of endocrinology and metabolism 16(Suppl 3) S529-31 2012年12月 [査読有り]
  • Long-term correction of type 1 and 2 diabetes by central leptin gene therapy independent of effects on appetite and energy expenditure.
    Nakano M, Asakawa A, Inui A
    Indian journal of endocrinology and metabolism 16(Suppl 3) S556-61 2012年12月 [査読有り]
  • [Liquorrhea with multiple subdural hematomas causing reversible prospagnosia].
    Nakano M, Umehara F
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 52(2) 96-101 2012年 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Activated forms of astrocytes with higher GLT-1 expression are associated with cognitive normal subjects with Alzheimer pathology in human brain.
    Kobayashi E, Nakano M, Kubota K, Himuro N, Mizoguchi S, Chikenji T, Otani M, Mizue Y, Nagaishi K, Fujimiya M
    Scientific reports 8(1) 1712 2018年01月 [査読有り]
  • Umbilical cord extracts improve osteoporotic abnormalities of bone marrow-derived mesenchymal stem cells and promote their therapeutic effects on ovariectomised rats.
    Saito A, Nagaishi K, Iba K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Oyama K, Yamashita T, Fujimiya M
    Scientific reports 8(1) 1161 2018年01月 [査読有り]
  • Umbilical cord extracts improve diabetic abnormalities in bone marrow-derived mesenchymal stem cells and increase their therapeutic effects on diabetic nephropathy.
    Nagaishi K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Saijo Y, Tsuchida H, Ishioka S, Nishikawa A, Saito T, Fujimiya M
    Scientific reports 7(1) 8484 2017年08月 [査読有り]
  • Mesenchymal stem cell therapy ameliorates diabetic nephropathy via the paracrine effect of renal trophic factors including exosomes.
    Nagaishi K, Mizue Y, Chikenji T, Otani M, Nakano M, Konari N, Fujimiya M
    Scientific reports 6 34842 2016年10月 [査読有り]
  • Bone marrow-derived mesenchymal stem cells improve diabetes-induced cognitive impairment by exosome transfer into damaged neurons and astrocytes.
    Nakano M, Nagaishi K, Konari N, Saito Y, Chikenji T, Mizue Y, Fujimiya M
    Scientific reports 6 24805 2016年04月 [査読有り]
  • Hydrogen improves glycemic control in type1 diabetic animal model by promoting glucose uptake into skeletal muscle.
    Amitani H, Asakawa A, Cheng K, Amitani M, Kaimoto K, Nakano M, Ushikai M, Li Y, Tsai M, Li JB, Terashi M, Chaolu H, Kamimura R, Inui A
    PloS one 8(1) e53913 2013年 [査読有り]
  • Metformin and incretin-based therapies up-regulate central and peripheral Adenosine monophosphate-activated protein affecting appetite and metabolism.
    Nakano M, Inui A
    Indian journal of endocrinology and metabolism 16(Suppl 3) S529-31 2012年12月 [査読有り]
  • Long-term correction of type 1 and 2 diabetes by central leptin gene therapy independent of effects on appetite and energy expenditure.
    Nakano M, Asakawa A, Inui A
    Indian journal of endocrinology and metabolism 16(Suppl 3) S556-61 2012年12月 [査読有り]
  • [Liquorrhea with multiple subdural hematomas causing reversible prospagnosia].
    Nakano M, Umehara F
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 52(2) 96-101 2012年 [査読有り]

MISC

  • 刺激豊かな環境での飼育がアルツハイマー病モデルマウスに与える影響の解析
    中野 正子, 小林 英司, 久保田 健太, 大谷 美穂, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子
    Dementia Japan 31(4) 573-573 2017年10月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病性認知症を改善させる
    中野 正子, 小成 直人, 齋藤 悠城, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子, 大谷 美穂
    北海道外科雑誌 61(1) 126-126 2016年06月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病性認知症を改善させる
    中野 正子, 小成 直人, 齋藤 悠城, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子
    糖尿病 59(Suppl.1) S-295 2016年04月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病関連学習記憶障害を改善させる
    中野正子, 小成直人, 齋藤悠城, 千見寺貴子, 水江由佳, 永石歓和, 藤宮峯子
    再生医療 15 291 2016年02月
  • 興味ある経過をたどった神経性食欲不振症の一例
    中野正子, 野添新一
    心身医学 54(2) 178-178 2014年02月
  • 重度睡眠時無呼吸症候群を認める若年の高度肥満に対し,減量プログラムが効果的であったと考えられる1例
    中野正子, 小山憲一郎, 向井美希, 春田いづみ, 網谷東方, 浅川明弘, 乾明夫
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 30th 95-95 2012年06月
  • ニューロペプチド―update 食欲制御 ニューロペプチドY(レプチン系)と食欲制御
    中野正子, 浅川明弘, 乾明夫
    Clin Neurosci 30(2) 158-162 2012年02月
  • 経過中,相貌失認を生じた脳脊髄液漏の1例
    中野正子, 梅原藤雄
    臨床神経学 52(2) 96-101 2012年02月
  • 消化器疾患の知覚受容機構の研究の進歩 IBSに知覚異常は関与しているか
    中野正子, 乾明夫
    分子消化器病 8(4) 345-351 2011年12月
  • Asterixisを呈した高マグネシウム血症の3例
    中野正子, 伊集院俊郎, 梅原藤雄, 内田義男
    臨床神経学 51(9) 726-726 2011年09月
MISCを全て表示する
  • 刺激豊かな環境での飼育がアルツハイマー病モデルマウスに与える影響の解析
    中野 正子, 小林 英司, 久保田 健太, 大谷 美穂, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子
    Dementia Japan 31(4) 573-573 2017年10月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病性認知症を改善させる
    中野 正子, 小成 直人, 齋藤 悠城, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子, 大谷 美穂
    北海道外科雑誌 61(1) 126-126 2016年06月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病性認知症を改善させる
    中野 正子, 小成 直人, 齋藤 悠城, 千見寺 貴子, 水江 由佳, 永石 歓和, 藤宮 峯子
    糖尿病 59(Suppl.1) S-295 2016年04月
  • 骨髄間葉系幹細胞はエクソソームを分泌し糖尿病関連学習記憶障害を改善させる
    中野正子, 小成直人, 齋藤悠城, 千見寺貴子, 水江由佳, 永石歓和, 藤宮峯子
    再生医療 15 291 2016年02月
  • 興味ある経過をたどった神経性食欲不振症の一例
    中野正子, 野添新一
    心身医学 54(2) 178-178 2014年02月
  • 重度睡眠時無呼吸症候群を認める若年の高度肥満に対し,減量プログラムが効果的であったと考えられる1例
    中野正子, 小山憲一郎, 向井美希, 春田いづみ, 網谷東方, 浅川明弘, 乾明夫
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 30th 95-95 2012年06月
  • ニューロペプチド―update 食欲制御 ニューロペプチドY(レプチン系)と食欲制御
    中野正子, 浅川明弘, 乾明夫
    Clin Neurosci 30(2) 158-162 2012年02月
  • 経過中,相貌失認を生じた脳脊髄液漏の1例
    中野正子, 梅原藤雄
    臨床神経学 52(2) 96-101 2012年02月
  • 消化器疾患の知覚受容機構の研究の進歩 IBSに知覚異常は関与しているか
    中野正子, 乾明夫
    分子消化器病 8(4) 345-351 2011年12月
  • Asterixisを呈した高マグネシウム血症の3例
    中野正子, 伊集院俊郎, 梅原藤雄, 内田義男
    臨床神経学 51(9) 726-726 2011年09月
  • 経過中,相貌失認を生じた脳脊髄液減少症の1例
    中野正子, 梅原藤雄
    臨床神経学 51(8) 638-638 2011年08月
  • 18F‐FDG‐PETが診断に有用であったNeurolymphomatosisの一例
    中野正子, 日高亮, 梅原藤雄, 神崎史子, 池ノ上彩, 加治屋より子, 大塚真紀
    臨床神経学 51(7) 544 2011年07月
  • 18F-FDG-PETが診断に有用であったNeurolymphomatosisの一例
    中野 正子, 日高 亮, 梅原 藤雄, 神崎 史子, 池ノ上 彩, 加治屋 より子, 大塚 真紀
    臨床神経学 51(7) 544-544 2011年07月
  • 18F-FDG PETが診断に有用であった神経リンパ腫症の1例
    中野 正子, 日高 亮, 神崎 史子, 加治屋 より子, 梅原 藤雄
    神経内科 75(1) 88-92 2011年07月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.