詳細検索はこちら

菊池 真 キクチ シン

所属部署名解剖学第一講座
職名講師ホームページURL
更新日 :2017/09/13

プロフィール

研究キーワード

    神経解剖学, 組織学, イオンチャンネル, ASIC2, 免疫組織化学, 有毛細胞, 線毛, 呼吸器, 分子遺伝

研究分野

  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

経歴

  • 2016年06月
    -
    現在
    札幌医科大学 医学部(講師)
  • 2007年04月
    -
    2016年05月
    札幌医科大学 医学部(助教)
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    札幌医科大学 医学部(助手)

学位

  • 博士(理学療法学)(札幌医科大学)

学歴

  • -
    2006年
    札幌医科大学大学院 博士後期課程 保健医療学研究科(日本)
  • -
    2001年
    札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学科(日本)

所属学協会

  • 日本神経科学学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本解剖学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本基礎理学療法学会
  • 北海道理学療法士協会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本神経科学学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本解剖学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本基礎理学療法学会
  • 北海道理学療法士協会

研究活動

論文

  • The bicellular tensile force sorts the localization of LSR in bicellular and tricellular junctionsThe bicellular tensile force sorts the localization of LSR in bicellular and tricellular junctions
    Kohno T, Kikuchi S, Ninomiya T, Kojima T
    Ann N Y Acad Sci 2017年 [査読有り]
  • Staurosporine Induces Formation of Two Types of Extra-Long Cell Protrusions: Actin-Based Filaments and Microtubule-Based Shafts.
    Kohno T, Ninomiya T, Kikuchi S, Konno T, Kojima T
    Molecular pharmacology 87(5) 815-824 2015年05月 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase inhibitor SP600125 enhances barrier function and elongation of human pancreatic cancer cell line HPAC in a Ca-switch model.
    Konno T, Ninomiya T, Kohno T, Kikuchi S, Sawada N, Kojima T
    Histochemistry and cell biology 143(5) 471-8479 2015年05月 [査読有り]
  • Mitochondrial fission augments capsaicin-induced axonal degeneration.
    Chiang H, Ohno N, Hsieh YL, Mahad DJ, Kikuchi S, Komuro H, Hsieh ST, Trapp BD
    Acta neuropathologica 129 81-96 2015年01月 [査読有り]
  • Tricellulin is expressed in autotypic tight junctions of peripheral myelinating Schwann cells.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Tatsumi H, Sawada N, Kojima T
    The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 58 1067-1073 2010年12月 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase is largely involved in the regulation of tricellular tight junctions via tricellulin in human pancreatic duct epithelial cells.
    Kojima T, Fuchimoto J, Yamaguchi H, Ito T, Takasawa A, Ninomiya T, Kikuchi S, Ogasawara N, Ohkuni T, Masaki T, Hirata K, Himi T, Sawada N
    Journal of cellular physiology 225 720-733 2010年11月 [査読有り]
  • The acid-sensing ion channel 2 (ASIC2) of ciliated cells in the developing rat nasal septum.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Kawamata T, Ogasawara N, Kojima T, Tachi N, Tatsumi H
    Archives of histology and cytology 73 81-89 2010年 [査読有り]
  • Expression and localization of tricellulin in human nasal epithelial cells in vivo and in vitro.
    Ohkuni T, Kojima T, Ogasawara N, Masaki T, Ninomiya T, Kikuchi S, Go M, Takano K, Himi T, Sawada N
    Medical molecular morphology 42 204-211 2009年12月 [査読有り]
  • Expression of ASIC2 in ciliated cells and stereociliated cells.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Kawamata T, Tatsumi H
    Cell and tissue research 333 217-224 2008年08月 [査読有り]
  • Expression of tight junction proteins in epithelium including Ck20-positive M-like cells of human adenoids in vivo and in vitro.
    Takano K, Kojima T, Ogasawara N, Go M, Kikuchi S, Ninomiya T, Kurose M, Koizumi J, Kamekura R, Murata M, Tanaka S, Chiba H, Himi T, Sawada N
    Journal of molecular histology 39 265-273 2008年06月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • The bicellular tensile force sorts the localization of LSR in bicellular and tricellular junctionsThe bicellular tensile force sorts the localization of LSR in bicellular and tricellular junctions
    Kohno T, Kikuchi S, Ninomiya T, Kojima T
    Ann N Y Acad Sci 2017年 [査読有り]
  • Staurosporine Induces Formation of Two Types of Extra-Long Cell Protrusions: Actin-Based Filaments and Microtubule-Based Shafts.
    Kohno T, Ninomiya T, Kikuchi S, Konno T, Kojima T
    Molecular pharmacology 87(5) 815-824 2015年05月 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase inhibitor SP600125 enhances barrier function and elongation of human pancreatic cancer cell line HPAC in a Ca-switch model.
    Konno T, Ninomiya T, Kohno T, Kikuchi S, Sawada N, Kojima T
    Histochemistry and cell biology 143(5) 471-8479 2015年05月 [査読有り]
  • Mitochondrial fission augments capsaicin-induced axonal degeneration.
    Chiang H, Ohno N, Hsieh YL, Mahad DJ, Kikuchi S, Komuro H, Hsieh ST, Trapp BD
    Acta neuropathologica 129 81-96 2015年01月 [査読有り]
  • Tricellulin is expressed in autotypic tight junctions of peripheral myelinating Schwann cells.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Tatsumi H, Sawada N, Kojima T
    The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 58 1067-1073 2010年12月 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase is largely involved in the regulation of tricellular tight junctions via tricellulin in human pancreatic duct epithelial cells.
    Kojima T, Fuchimoto J, Yamaguchi H, Ito T, Takasawa A, Ninomiya T, Kikuchi S, Ogasawara N, Ohkuni T, Masaki T, Hirata K, Himi T, Sawada N
    Journal of cellular physiology 225 720-733 2010年11月 [査読有り]
  • The acid-sensing ion channel 2 (ASIC2) of ciliated cells in the developing rat nasal septum.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Kawamata T, Ogasawara N, Kojima T, Tachi N, Tatsumi H
    Archives of histology and cytology 73 81-89 2010年 [査読有り]
  • Expression and localization of tricellulin in human nasal epithelial cells in vivo and in vitro.
    Ohkuni T, Kojima T, Ogasawara N, Masaki T, Ninomiya T, Kikuchi S, Go M, Takano K, Himi T, Sawada N
    Medical molecular morphology 42 204-211 2009年12月 [査読有り]
  • Expression of ASIC2 in ciliated cells and stereociliated cells.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Kawamata T, Tatsumi H
    Cell and tissue research 333 217-224 2008年08月 [査読有り]
  • Expression of tight junction proteins in epithelium including Ck20-positive M-like cells of human adenoids in vivo and in vitro.
    Takano K, Kojima T, Ogasawara N, Go M, Kikuchi S, Ninomiya T, Kurose M, Koizumi J, Kamekura R, Murata M, Tanaka S, Chiba H, Himi T, Sawada N
    Journal of molecular histology 39 265-273 2008年06月 [査読有り]
  • The Change of Grip Strength in a Patient with Congenital Myotonic Dystrophy Over a 4-year Period.
    Kikuchi S, Kozuka N, Uchida E, Ninomiya T, Tatsumi H, Takeda H, Tachi N
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association = Rigaku ryoho 11 23-27 2008年 [査読有り]
  • A new mutation of IGHMBP2 gene in spinal muscular atrophy with respiratory distress type 1.
    Tachi N, Kikuchi S, Kozuka N, Nogami A
    Pediatric neurology 32 288-290 2005年04月 [査読有り]
  • [Non-radioactive PCR southern method for analysis of CTG repeat in myotonic dystrophy].
    Kozuka N, Tachi N, Ohya K, Uchida E, Kikuchi S, Sengoku Y
    No to hattatsu. Brain and development 35 380-387 2003年09月 [査読有り]

MISC

  • 健康増進への新しい展開 : 医学と情報科学の融合 : 戦略的防衛医療構想 :「情報薬」による超予防医療
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 太田 秀造, 溝口 照悟, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 中村 正弘
    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 35(2) 113-119 2011年05月
  • 髄鞘形成期における初代培養ラット後根神経節細胞への組換えアデノウイルスを用いた変異MPZ cDNAの導入
    菊池 真, 小塚 直樹, 二宮 孝文
    札幌医科大学保健医療学部紀要 = Bulletin of School of Health Sciences Sapporo Medical University 0(13) 13-20 2011年03月
  • Aprataxin遺伝子変異(689insT)が培養ラット後根神経節の髄鞘形成に及ぼす影響について
    堀本 佳誉, 菊池 真, 舘 延忠
    札幌医科大学保健医療学部紀要 = Bulletin of School of Health Sciences Sapporo Medical University 0(13) 21-27 2011年03月
  • Aprataxin遺伝子変異(689insT)が認められた眼球運動失行を伴う失調症(Ataxia-oculomotor apraxia; AOA1)患者の臨床症状
    堀本 佳誉, 菊池 真, 大須田 祐亮, 舘 延忠, 小塚 直樹
    理学療法学 36(6) 317-323 2009年10月
  • 学内研究紹介 シナプス構築の形成機構--小脳プルキンエ細胞を中心に
    市川 量一, 岩村 広太, 菊池 真, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    札幌医学雑誌 77(1) 1-6 2008年12月
  • 1567 眼球運動失行を伴う失調症患者(689insT)の臨床症状(神経系理学療法,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会)
    堀本 佳誉, 菊池 真, 中塚 直樹, 舘 延忠
    理学療法学 35(2) 2008年04月
  • 先天性筋強直性ジストロフィー症患者における4年間の握力変化
    菊池 真, 小塚 直樹, 内田 英二, 二宮 孝文, 辰巳 治之, 武田 秀勝, 舘 延忠
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association 11(1) 23-27 2008年03月
  • 戦略的防衛医療構想の実現を目指して
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 中村 正弘, 太田 秀造, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 明石 浩史, 石田 朗
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine 25(2) 109-118 2008年02月
  • 筋ジストロフィー症の運動療法
    小塚 直樹, 中村 宅雄, 舘 延忠, 菊池 真
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 18(1) 8-15 2007年06月
  • 側臥位が非対称性変形の改善に及ぼす影響
    堀本 佳誉, 高田 千春, 樋室 伸顕, 市川 明日香, 中村 裕二, 小塚 直樹, 竹内 孝子, 諸星 輝明, 千葉 峻三, 菊池 真
    日本重症心身障害学会誌 31(3) 279-282 2006年12月
MISCを全て表示する
  • 健康増進への新しい展開 : 医学と情報科学の融合 : 戦略的防衛医療構想 :「情報薬」による超予防医療
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 太田 秀造, 溝口 照悟, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 中村 正弘
    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 35(2) 113-119 2011年05月
  • 髄鞘形成期における初代培養ラット後根神経節細胞への組換えアデノウイルスを用いた変異MPZ cDNAの導入
    菊池 真, 小塚 直樹, 二宮 孝文
    札幌医科大学保健医療学部紀要 = Bulletin of School of Health Sciences Sapporo Medical University 0(13) 13-20 2011年03月
  • Aprataxin遺伝子変異(689insT)が培養ラット後根神経節の髄鞘形成に及ぼす影響について
    堀本 佳誉, 菊池 真, 舘 延忠
    札幌医科大学保健医療学部紀要 = Bulletin of School of Health Sciences Sapporo Medical University 0(13) 21-27 2011年03月
  • Aprataxin遺伝子変異(689insT)が認められた眼球運動失行を伴う失調症(Ataxia-oculomotor apraxia; AOA1)患者の臨床症状
    堀本 佳誉, 菊池 真, 大須田 祐亮, 舘 延忠, 小塚 直樹
    理学療法学 36(6) 317-323 2009年10月
  • 学内研究紹介 シナプス構築の形成機構--小脳プルキンエ細胞を中心に
    市川 量一, 岩村 広太, 菊池 真, 新見 隆彦, 二宮 孝文, 辰巳 治之
    札幌医学雑誌 77(1) 1-6 2008年12月
  • 1567 眼球運動失行を伴う失調症患者(689insT)の臨床症状(神経系理学療法,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会)
    堀本 佳誉, 菊池 真, 中塚 直樹, 舘 延忠
    理学療法学 35(2) 2008年04月
  • 先天性筋強直性ジストロフィー症患者における4年間の握力変化
    菊池 真, 小塚 直樹, 内田 英二, 二宮 孝文, 辰巳 治之, 武田 秀勝, 舘 延忠
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association 11(1) 23-27 2008年03月
  • 戦略的防衛医療構想の実現を目指して
    辰巳 治之, 新見 隆彦, 中村 正弘, 太田 秀造, 菊池 真, 市川 量一, 二宮 孝文, 明石 浩史, 石田 朗
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine 25(2) 109-118 2008年02月
  • 筋ジストロフィー症の運動療法
    小塚 直樹, 中村 宅雄, 舘 延忠, 菊池 真
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 18(1) 8-15 2007年06月
  • 側臥位が非対称性変形の改善に及ぼす影響
    堀本 佳誉, 高田 千春, 樋室 伸顕, 市川 明日香, 中村 裕二, 小塚 直樹, 竹内 孝子, 諸星 輝明, 千葉 峻三, 菊池 真
    日本重症心身障害学会誌 31(3) 279-282 2006年12月
  • 212 尖足に対して整形外科的治療を受けた先天性筋強直性ジストロフィー症児の理学療法経過報告(神経系理学療法16,一般演題ポスター発表,理学療法の可能性,第41回日本理学療法学術大会)
    齋藤 大地, 小塚 直樹, 鳥井 智太郎, 井上 和広, 三島 令子, 内田 雅之, 菊池 真
    理学療法学 33(2) 2006年04月
  • 尖足に対して整形外科的治療を受けた先天性筋強直性ジストロフィー症児の理学療法経過報告
    齋藤 大地, 小塚 直樹, 鳥井 智太郎, 井上 和広, 三島 令子, 内田 雅之, 菊池 真
    日本理学療法学術大会 2005(0) B0212-B0212 2006年
  • 重症心身障害児(者)の呈する非対称性変形の計測法 : Goldsmith 法による評価の信頼性
    堀本 佳誉, 高田 千春, 樋室 伸顕, 市川 明日香, 中村 裕二, 小塚 直樹, 竹内 孝子, 諸星 輝明, 千葉 峻三, 菊池 真, 佐藤 拓也, 佐々木 智教, 佐々木 悠子
    日本重症心身障害学会誌 30(3) 287-290 2005年12月
  • ホルマリン固定組織からのDNA抽出法とPCR法による遺伝子解析
    菊池 真, 舘 延忠, 小塚 直樹, 二宮 孝文, 小林 正裕, 堀本 佳誉, 内田 英二, 佐々木 公男, 辰巳 治之, 武田 秀勝
    札幌医学雑誌 74(3) 39-44 2005年08月
  • 261 脳炎発症後の急性期理学療法(神経系理学療法4)
    小塚 直樹, 澤田 篤史, 舘 延忠, 菊池 真, 堀本 佳誉, 横串 算敏
    理学療法学 32(2) 2005年04月
  • 421 廃用性萎縮筋の引っ張り特性と組織学的特性 : ラットによる後肢懸垂モデルと後肢懸垂に関節固定を組み合わせたモデルを用いて(理学療法基礎系2)
    高氏 修平, 菊池 真, 青木 光広, 乾 公美
    理学療法学 32(2) 2005年04月
  • 先天性筋強直性ジストロフィー症における3塩基反復配列(CTGリピート)数と筋組織所見の関係
    菊池 真, 小塚 直樹, 舘 延忠
    総合リハビリテ-ション 33(2) 167-173 2005年02月
  • 筋強直性ジストロフィー症CTGリピートの Non-RI PCR サザン法による解析
    小塚 直樹, 舘 延忠, 大屋 一博, 内田 英二, 菊池 真, 仙石 泰仁
    脳と発達 35(5) 380-387 2003年09月
  • 父親由来小児筋強直性ジストロフィー症に関する研究
    菊池 真, 小塚 直樹, 内田 英二, 仙石 泰仁, 堀本 佳誉, 大屋 一博, 武田 秀勝, 舘 延忠
    札幌医科大学保健医療学部紀要(6) 43-48 2003年03月
  • X染色体劣性遺伝ミオチューブラーミオパチーの遺伝子解析
    内田 英二, 舘 延忠, 小塚 直樹, 菊池 真, 仙石 泰仁, 武田 秀勝
    札幌医科大学保健医療学部紀要(6) 49-58 2003年03月

競争的資金等の研究課題

  • 擬似虚血下における末梢神経初代培養細胞軸索内ミトコンドリアの変化
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 菊池 真
  • 呼吸器におけるプロトン感受性イオンチャンネルの分布と発生
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 菊池 真
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 擬似虚血下における末梢神経初代培養細胞軸索内ミトコンドリアの変化
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 菊池 真
  • 呼吸器におけるプロトン感受性イオンチャンネルの分布と発生
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 菊池 真


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.