詳細検索はこちら

田中 豪一 タナカ ゴウイチ

所属部署名教養教育研究部門 心理学
職名准教授ホームページURL
更新日 :2017/09/13

プロフィール

研究キーワード

    精神生理学, 健康心理学, 健康科学

研究分野

  • 心理学 / 社会心理学
  • 心理学 / 実験心理学
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学

経歴

  • 1997年
    -
    現在
    札幌医科大学 助教授
  • 2004年
    -
    2005年
    University College London UK, Resarch Fellow
  • 1995年
    -
    1997年
    北海道教育大学札幌校 助教授
  • 1983年
    -
    1995年
    北海道教育大学札幌校 助手

学位

  • 学術博士(北海道大学)

学歴

  • -
    1983年
    北海道大学 環境科学研究科 社会環境学(日本)
  • -
    1978年
    北海道大学 文学部 哲学科(心理)(日本)

所属学協会

  • 日本循環器心身医学会
  • International Society of Behavioral Medicine
  • 日本行動科学会
  • 日本心理学会
  • 日本生理心理学会
  • 日本健康心理学会
  • 日本心身医学会
  • 北海道心理学会
  • International Organization of Psychophysiology
  • American Psychosomatic Society
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本循環器心身医学会
  • International Society of Behavioral Medicine
  • 日本行動科学会
  • 日本心理学会
  • 日本生理心理学会
  • 日本健康心理学会
  • 日本心身医学会
  • 北海道心理学会
  • International Organization of Psychophysiology
  • American Psychosomatic Society
  • Society for Psychophysiological Research
  • 日本行動医学会

委員歴

  • -
    現在
    日本生理心理学会 評議員
  • -
    現在
    日本行動科学会 評議員
  • -
    現在
    日本循環器心身医学会 評議員
  • -
    現在
    日本行動医学会 評議員
  • 北海道心理学会 常任理事
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
  • -
    現在
    日本生理心理学会 評議員
  • -
    現在
    日本行動科学会 評議員
  • -
    現在
    日本循環器心身医学会 評議員
  • -
    現在
    日本行動医学会 評議員
  • 北海道心理学会 常任理事

研究活動

論文

  • Gender-based relationship between eating behavior and sense of coherence in Japanese young adults.
    Horiguchi, M., Tanaka, G., Ogasawara, H., & Maruyama, R.
    Social Behavior and Personality 44(1) 45-58 2016年 [査読有り]
  • Validation and gender-based comparison of the Eating Behavior Scale for Japanese young adults.
    Horiguchi, M., Tanaka, G., Ogasawara, H., & Maruyama, R.
    Psychology 5 2173-2179 2014年 [査読有り]
  • 医学生における抑うつ傾向と動脈硬化疾患危険因子についての検討―インスリン抵抗性および低血圧との関連性
    小笠原晴子,田中豪一,堀口雅美,河口明人
    健康心理研 24 42-49 2012年 [査読有り]
  • A novel photoplethysmography technique to derive normalized arterial stiffness as a blood pressure independent measure in the finger vascular bed.
    Tanaka G, Yamakoshi K, Sawada Y, Matsumura K, Maeda K, Kato Y, Horiguchi M, Ohguro H
    Physiological measurement 32 1869-1883 2011年11月 [査読有り]
  • 糖尿病の細小血管障害マーカーとしての指動脈スティフネス指数
    田中豪一,前田貴美人,加藤有一,松村健太,三浦哲嗣, 小池城司, 大黒 浩.
    生心理精生理 29(3) 217-226 2011年 [査読有り]
  • The association between chronic psychosocial stress, allostatic load, and vascular health in asymptomatic young men: A pilot study using a novel finger arterial stiffness index
    Tanaka G, Kato Y, Matsumura K, Horiguchi M, Ogasawara H, Sawada Y.
    Jpn Psychol Res 53 140-154 2011年 [査読有り]
  • Responses of ultra-weak chemiluminescence and secretory IgA in saliva to the induction of angry and depressive moods.
    Tsuboi H, Hamer M, Tanaka G, Takagi K, Kinae N, Steptoe A
    Brain, behavior, and immunity 22 209-214 2008年02月 [査読有り]
  • The effects of depressive symptoms on cardiovascular and catecholamine responses to the induction of depressive mood.
    Hamer M, Tanaka G, Okamura H, Tsuda A, Steptoe A
    Biological psychology 74 20-25 2007年01月 [査読有り]
  • 心血管系の新しい簡易健康評価法としての指動脈弾性特性分析―青年における性差および脈波速度との相関関係―
    健康心理学研究 19(1): 37-47-58 2006年 [査読有り]
  • 青年の脈波伝播速度における性とBMIおよび血圧値との関係.
    札幌医科大学保健医療学部紀要 8:13-18-58 2005年 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Gender-based relationship between eating behavior and sense of coherence in Japanese young adults.
    Horiguchi, M., Tanaka, G., Ogasawara, H., & Maruyama, R.
    Social Behavior and Personality 44(1) 45-58 2016年 [査読有り]
  • Validation and gender-based comparison of the Eating Behavior Scale for Japanese young adults.
    Horiguchi, M., Tanaka, G., Ogasawara, H., & Maruyama, R.
    Psychology 5 2173-2179 2014年 [査読有り]
  • 医学生における抑うつ傾向と動脈硬化疾患危険因子についての検討―インスリン抵抗性および低血圧との関連性
    小笠原晴子,田中豪一,堀口雅美,河口明人
    健康心理研 24 42-49 2012年 [査読有り]
  • A novel photoplethysmography technique to derive normalized arterial stiffness as a blood pressure independent measure in the finger vascular bed.
    Tanaka G, Yamakoshi K, Sawada Y, Matsumura K, Maeda K, Kato Y, Horiguchi M, Ohguro H
    Physiological measurement 32 1869-1883 2011年11月 [査読有り]
  • 糖尿病の細小血管障害マーカーとしての指動脈スティフネス指数
    田中豪一,前田貴美人,加藤有一,松村健太,三浦哲嗣, 小池城司, 大黒 浩.
    生心理精生理 29(3) 217-226 2011年 [査読有り]
  • The association between chronic psychosocial stress, allostatic load, and vascular health in asymptomatic young men: A pilot study using a novel finger arterial stiffness index
    Tanaka G, Kato Y, Matsumura K, Horiguchi M, Ogasawara H, Sawada Y.
    Jpn Psychol Res 53 140-154 2011年 [査読有り]
  • Responses of ultra-weak chemiluminescence and secretory IgA in saliva to the induction of angry and depressive moods.
    Tsuboi H, Hamer M, Tanaka G, Takagi K, Kinae N, Steptoe A
    Brain, behavior, and immunity 22 209-214 2008年02月 [査読有り]
  • The effects of depressive symptoms on cardiovascular and catecholamine responses to the induction of depressive mood.
    Hamer M, Tanaka G, Okamura H, Tsuda A, Steptoe A
    Biological psychology 74 20-25 2007年01月 [査読有り]
  • 心血管系の新しい簡易健康評価法としての指動脈弾性特性分析―青年における性差および脈波速度との相関関係―
    健康心理学研究 19(1): 37-47-58 2006年 [査読有り]
  • 青年の脈波伝播速度における性とBMIおよび血圧値との関係.
    札幌医科大学保健医療学部紀要 8:13-18-58 2005年 [査読有り]
  • NIRS monitoring of radial arterial ischemia and flow-mediated dilation during reactive hyperemia.
    Journal of Liberal Arts and Science, Sapporo Medical University, School of Medicine 46: 1-14 2005年
  • Attention-Affect Check List: A self-report measure of acute mental stress.
    Sawada Y, Tanaka G
    The Japanese psychological research 46(2) 121-126 2004年05月 [査読有り]
  • 心理ストレス試験反応性と心血管疾患の初期徴候-近赤外線分光法による橈骨動脈流量依存性拡張反応の測定例を交えて-
    心療内科 8(1):67-73.-58 2004年
  • Examination of normalized pulse volume-blood volume relationship: toward a more valid estimation of the finger sympathetic tone.
    Tanaka G, Sawada Y
    International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology 48 293-306 2003年06月 [査読有り]
  • コンプライアンス-血圧関数を用いた寒冷昇圧刺激時の指動脈血管トーヌス推定
    札医人文自然紀 44-58 2003年 [査読有り]
  • 新たな精神生理学的虚偽検出の指標:規準化脈波容積の適用可能性.
    生理心理学と精神生理学 21(3): 217-230-58 2003年 [査読有り]
  • 交感神経に調節された血管トーヌス評価のための指動脈コンプライアンス-血圧関数の応用
    心理学研究 , 74(2), 156-163-58 2003年 [査読有り]
  • Normalized pulse volume and blood volume as separate indices of finger arterial and venous tone: Examination under propofol
    Japanese Psychological Research 45: 50-59. 2003年
  • Blood pressure and heart rate reactions in interpersonal situation: The influence of coping and personality
    Journal of Liberal Arts and Science, Sapporo Medical University, School of Medicine 43: 1-12 2002年
  • Mirror tracing and the provocation of vascular-dominant reaction pattern through heightened attention
    Journal of Psychophysiology 16(4), 201-210. 2002年
  • Evaluation of pre-operative anxiety and propofol-induced sedation using newly proposed indices of finger vascular tone
    Japanese Psychological Research 44: 91-98 2002年
  • Finger arterial compliance as determined by transmission of light during mental stress and reactive hyperaemia.
    European Journal of Applied Physiology 87: 562-567. 2002年
  • ストレス評価のパラダイム-心臓血管系指標,反応型と疾病の前駆症状
    生理心理学と精神生理学 19: 53-60 2001年
  • Normalized pulse volume derived photo-plehysmographically as a more valid measure of the finger vascular tone
    International Journal of Psychophysiology 41(1) 1-10 2001年
  • Beat-by-beat double normalized pulse volume derived photoplethysmographically as a new quantitative index of finger vascular tone in humans
    European Journal of Applied Physiology 81 148-154 2000年
  • 思春期の子どもの生に関する意識調査
    北海道教育大学紀要(IC) 50 77-84 1999年
  • 大学生の家庭用内服薬使用の実態と意識に関する調査
    北海道教育大学紀要(I,C) 48 113-120 1998年
  • 思春期の子どもの死に関する意識調査
    北海道教育大学紀要(教育科学編) 49 105-112 1998年
  • Application of a new method of time series analysis to the data on short-term variability in inter-beat interval and a trial toward an integration of different interpretations of the power related indices
    Japanese Psychological Research 40 1-9 1998年
  • Neuroticism, extraversion and the auditory evoked potentials to a stimulus train
    J of Hokkaido University of Education, section IIC 48(1) 43-50 1997年
  • 精神生理学への血行力学分析法の応用と解釈
    札幌医科大学人文自然紀要 38 1-10 1997年
  • 心臓交感活動-収縮時相値の現状評価
    生理心理学と精神生理学 15 31-42 1997年
  • A new technique of time series analysis by combining maximun entropy method and nonlinear least spares method and its application for an assessment of cardiac autonomic tones
    Medical and Biological Engineering & Computing 35 318-322 1997年
  • 呼吸の影響からみた呼吸性洞性不整脈と圧受容体反射感受性の比較
    心身医学 34 473-479 1994年
  • 暗算と反応時間作業における心臓血管系ストレス反応の血行力学的対比
    田中 豪一, 澤田 幸展, 藤井 力夫
    心理学研究 64(6) 442-450 1994年
  • ストレス作業遂行時の迷走神経抑制-圧反射感度および呼吸性不整脈による推定
    田中 豪一, 澤田 幸展, 藤井 力夫
    心理学研究 65(1) 9-17 1994年
  • インピーダンス・プレチスモグラフィー再訪
    生理心理学と精神生理学 11(2) 47-58 1993年
  • 能動的対処作業における交感・副交感神経興奮と心臓血管系反応パターンの関係
    田中 豪一
    心理学研究 63(2) 92-99 1992年
  • 健康教育理論としての社会的学習理論-わが国の保健教育への提案と将来展望
    北海道教育大学紀要(第1部C) 42(1) 299-310 1991年
  • Effects of background sound on human auditory evoked potential
    HOSOKAWA T, SAITO K, TANAKA G
    Journal of Sound and Vibration 135(1) 115-121 1989年
  • ファミリーコンピュータゲームによる交感神経系覚醒-ストレス反応性要因及びβ-adrenergic活動の解析
    北海道教育大学紀要(第1部C) 39(1) 241-252 1988年
  • A型行動パターンと競争行動の相互作用に関する精神生理学的研究
    北海道教育大学紀要(第1部C) 38(2) 193-202 1988年
  • 親子の関係について その2-子どもからみた親子の関係
    北海道教育大学紀要(教育科学編) 37: 181-198 1987年
  • 学会共同研究中間報告:養護教諭の養成教育のあり方をめぐって(その1)C班卒後教育(現職教育)
    学校保健研究 29(2) 73-78 1987年
  • 学会共同研究中間報告:養護教諭の養成教育のあり方をめぐって(その2)C班卒後教育(現職教育)
    学校保健研究 29(7) 318-327 1987年
  • 親子の関係について その1-親からみた親子の関係
    北海道教育大学紀要(教育科学編) 37: 167-181 1986年
  • An urban noise survey in Sapporo, Japan
    Environmental Science Hokkaido 9:15-26 1986年
  • 学校における教育相談について-教育現場の認識
    北海道教育大学紀要(教育科学編) 36: 213-227 1985年
  • 不快音の脳波に及ぼす影響
    三宅 晋司, 田中 豪一, 斎藤 和雄
    日本衛生学雑誌 39(2) 523-534 1984年
  • 苫小牧東部工業開発地区に隣接する沼の端市街の騒音に関する研究
    環境科学・北大環境科学研究科紀要 6:241-245 1983年
  • 苫小牧東部工業開発地区周辺の居住環境と住民の健康に関する調査研究
    環境科学・北大環境科学研究科紀要 6:229-240 1983年
  • 北海道における新酪農村住民の生活と健康に関する研究
    環境科学・北大環境科学研究科紀要 4:161-172 1981年
  • 聴覚誘発電位に対する純音および帯域雑音の影響
    環境科学・北海道大学大学院環境科学研究科紀要 4(1) 1-12 1981年
  • 環境騒音の評価に関する研究-音の認知と物理的特性について
    田中 豪一, 三宅 晋司, 西村 友之, 宮代 信夫, 神代 雅晴, 斎藤 和雄
    人間工学 17(1) 27-32 1981年
  • 身体的リラクセーションに与える筋電図バイオフィードバックの効果
    札幌医科大学医学進学課程紀要 19:17-26 1978年

MISC

  • Finger arterial elasticity index derived from a new exponential model of pressure-volume relationship in the finger artery.
    International Journal of Behavioral Medicine 13 (Suppl1):150-151 2006年
  • Near infrared spectroscopy for monitoring flow-mediated dilation of radial artery during reactive hyperemia: Correlation study with the systemic and finger arterial stiffness.
    International Journal of Psychophysiology 54 (1-2): 182 2004年
  • Examination of normalized pulse volume-blood volume relationship: Toward a more valid estimation of the finger vascular tone.
    Psychophysiology 39 (Supplement 1), S81 2002年
  • Finger arterial compliance, rather than normalized pulse volume, could be more valid index of the finger vascular tone.
    Psychophysiology 38 (Supplement 1), S94 2001年
  • 手術直前の緊張状態およびpropofol麻酔下における規準化脈波容積
    第14回生体・生理工学シンポジウム講演論文集/計測自動制御学会 409-412 1999年
  • ストレス刺激負荷時の規準化脈波容積
    第14回生体・生理工学シンポジウム講演論文集/計測自動制御学会 405-408 1999年
  • 暗算負荷時ストレス反応における心臓反応性者対血管反応性者の経時比較
    第13回生体・生理工学シンポジウム論文集/計測自動制御学会 385-388 1998年
  • 規準化脈波容積-光電式指尖容積脈波の定量化法に関する新たな試み
    第13回生体・生理工学シンポジウム論文集/計測自動制御学会 377-380 1998年
  • ストレス課題遂行時の自律神経調節機能
    杉山善朗教授退職記念論文集,札幌医科大学心理学教室 153-159 1996年
  • 無侵襲循環動態計測による自律神経系調節機能の解析
    第9回生体・生理工学シンポジウム講演論文集, 計測自動制御学会 235-238 1994年
MISCを全て表示する
  • Finger arterial elasticity index derived from a new exponential model of pressure-volume relationship in the finger artery.
    International Journal of Behavioral Medicine 13 (Suppl1):150-151 2006年
  • Near infrared spectroscopy for monitoring flow-mediated dilation of radial artery during reactive hyperemia: Correlation study with the systemic and finger arterial stiffness.
    International Journal of Psychophysiology 54 (1-2): 182 2004年
  • Examination of normalized pulse volume-blood volume relationship: Toward a more valid estimation of the finger vascular tone.
    Psychophysiology 39 (Supplement 1), S81 2002年
  • Finger arterial compliance, rather than normalized pulse volume, could be more valid index of the finger vascular tone.
    Psychophysiology 38 (Supplement 1), S94 2001年
  • 手術直前の緊張状態およびpropofol麻酔下における規準化脈波容積
    第14回生体・生理工学シンポジウム講演論文集/計測自動制御学会 409-412 1999年
  • ストレス刺激負荷時の規準化脈波容積
    第14回生体・生理工学シンポジウム講演論文集/計測自動制御学会 405-408 1999年
  • 暗算負荷時ストレス反応における心臓反応性者対血管反応性者の経時比較
    第13回生体・生理工学シンポジウム論文集/計測自動制御学会 385-388 1998年
  • 規準化脈波容積-光電式指尖容積脈波の定量化法に関する新たな試み
    第13回生体・生理工学シンポジウム論文集/計測自動制御学会 377-380 1998年
  • ストレス課題遂行時の自律神経調節機能
    杉山善朗教授退職記念論文集,札幌医科大学心理学教室 153-159 1996年
  • 無侵襲循環動態計測による自律神経系調節機能の解析
    第9回生体・生理工学シンポジウム講演論文集, 計測自動制御学会 235-238 1994年
  • ストレス刺激負荷時の血行動態に関する無侵襲計測と自律神経系調節機能の解析
    第8回生体・生理工学シンポジウム講演論文集, 計測自動制御学会 257-262 1993年
  • 保健指導実践講座14 保健医学用語の解説(荒島真一郎 編)(共著)
    ぎょうせい 96-98 1988年

書籍等出版物

  • Association between chronic psychosocial stress and the finger arterial stiffness mediated by allostatic load in healthy young men
    Nova Science Publishers 2017年02月 担当:共著
  • Exponential model of pressure-volume relationship in the finger artery: Theoretical and experimental evaluation of vascular tone under mental stress and reactive hyperemia.
    In: Shohov S. editor. Advances in Psychology, Volume 34. New York, Nova Science Publisher 2005年
  • 健康科学シリーズ第4巻ストレスと健康(共著)
    東京,三共出版 1998年
  • Respiration-independent suppression in baroreflex sensitivity during mental arithmetic task
    Kikuchi, T (Ed. ) Biobehavioral Self-Regulation : Eastern and Western Perspectives. Springer-Verlag 1995年
  • 環境科学健康と環境(共著)
    朝倉書店 1984年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • Association between chronic psychosocial stress and the finger arterial stiffness mediated by allostatic load in healthy young men
    Nova Science Publishers 2017年 02月 担当:共著
  • Exponential model of pressure-volume relationship in the finger artery: Theoretical and experimental evaluation of vascular tone under mental stress and reactive hyperemia.
    In: Shohov S. editor. Advances in Psychology, Volume 34. New York, Nova Science Publisher 2005年
  • 健康科学シリーズ第4巻ストレスと健康(共著)
    東京,三共出版 1998年
  • Respiration-independent suppression in baroreflex sensitivity during mental arithmetic task
    Kikuchi, T (Ed. ) Biobehavioral Self-Regulation : Eastern and Western Perspectives. Springer-Verlag 1995年
  • 環境科学健康と環境(共著)
    朝倉書店 1984年

Works

  • 指尖容積脈波による血管内皮機能検査法の開発と動脈硬化危険因子に関する健康科学研究
    発表年 : 2006年-2008年
  • 指尖容積脈波ベクトル指数の血管緊張度・血圧成分への分離と簡易反応型評価法の提唱
    発表年 : 2004年-2006年
  • メンタルストレス試験時の血管反応性と血管健康度および24時間血圧変動性の関係
    発表年 : 2004年-2005年
  • 注意-感情モデルによるストレス負荷時血行力学反応パターンの解釈
    発表年 : 2004年-2005年
  • 英国における心理生理学的血管健康度評価法:血管内皮機能及び細動脈硬化の日英国際比較調査のために
    発表年 : 2004年-2005年
  • 新しい弾性特性指標による指動脈の機能的器質的血管緊張度の分離と心理生理学的応用
    発表年 : 2002年-2003年
  • 規準化脈波容積に及ぼす基礎動脈血液量・脈圧・平均動脈圧の影響
    発表年 : 2001年-2002年
  • 心血管反応型指数の妥当化および反応型の混合を伴う昇圧特性の定量的研究
    発表年 : 1999年-2000年
  • 指尖容積脈波波高値(血液容積脈)を用いた自律神経調節機能の評価
    発表年 : 1998年-1999年
  • ストレスがヒト脳内局所酸素供給に及ぼす影響と心理・性格的要因による修飾
    発表年 : 1997年-1998年
Worksを全て表示する
  • 指尖容積脈波による血管内皮機能検査法の開発と動脈硬化危険因子に関する健康科学研究
    発表年 : 2006年-2008年
  • 指尖容積脈波ベクトル指数の血管緊張度・血圧成分への分離と簡易反応型評価法の提唱
    発表年 : 2004年-2006年
  • メンタルストレス試験時の血管反応性と血管健康度および24時間血圧変動性の関係
    発表年 : 2004年-2005年
  • 注意-感情モデルによるストレス負荷時血行力学反応パターンの解釈
    発表年 : 2004年-2005年
  • 英国における心理生理学的血管健康度評価法:血管内皮機能及び細動脈硬化の日英国際比較調査のために
    発表年 : 2004年-2005年
  • 新しい弾性特性指標による指動脈の機能的器質的血管緊張度の分離と心理生理学的応用
    発表年 : 2002年-2003年
  • 規準化脈波容積に及ぼす基礎動脈血液量・脈圧・平均動脈圧の影響
    発表年 : 2001年-2002年
  • 心血管反応型指数の妥当化および反応型の混合を伴う昇圧特性の定量的研究
    発表年 : 1999年-2000年
  • 指尖容積脈波波高値(血液容積脈)を用いた自律神経調節機能の評価
    発表年 : 1998年-1999年
  • ストレスがヒト脳内局所酸素供給に及ぼす影響と心理・性格的要因による修飾
    発表年 : 1997年-1998年
  • 無拘束ホルタ型血圧計ー心拍出量計を用いた日常生活場面における昇圧エピソードの解析
    発表年 : 1994年-1996年
  • 呼吸に依存しない迷走神経興奮パラメータの探索と心理生理学的応用
    発表年 : 1993年
  • 最大エントロピー法に基づく心拍変動スペクトル解析の心理生理学的応用
    発表年 : 1995年

競争的資金等の研究課題

  • 心臓血管系ストレス反応の心理生理学的研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1989年
  • 血管弾性と血管内皮機能の健康心理生理学的研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1998年
  • 心血管疾患最早期の新しい簡易健康評価法(プレクリニカルな内皮機能低下および細動脈硬化)に関する臨床医学的妥当化試験
  • 心血管疾患最早期の簡易健康マーカーを活用した規模の大きな健康調査:ライフスタイル関連危険因子,心理社会的因子,生活・職業ストレス影響の構造的解明
  • 心血管疾患最早期の簡易健康マーカーを活用する地域住民へのヘルスプロモーション介入試行と健康教育
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 心臓血管系ストレス反応の心理生理学的研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1989年
  • 血管弾性と血管内皮機能の健康心理生理学的研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1998年
  • 心血管疾患最早期の新しい簡易健康評価法(プレクリニカルな内皮機能低下および細動脈硬化)に関する臨床医学的妥当化試験
  • 心血管疾患最早期の簡易健康マーカーを活用した規模の大きな健康調査:ライフスタイル関連危険因子,心理社会的因子,生活・職業ストレス影響の構造的解明
  • 心血管疾患最早期の簡易健康マーカーを活用する地域住民へのヘルスプロモーション介入試行と健康教育

受賞

  • 1993年 日本心理学会研究奨励賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 1993年 日本心理学会研究奨励賞

特許

  • 指細小動脈拡張能連続検査プログラム、指細小動脈拡 張能連続検査装置および指細小動脈拡張能連続検査方法
    田中 豪一
    特願2016-0711672016年03月31日
  • 指細小動脈拡張能検査方法、指細小動脈拡張能検査装置および指細小動脈 拡張能検査プログラム
    田中 豪一
    特願2012-2225702012年10月04日
  • 指動脈弾力性測定プログラム,指動脈弾力性測定装置および指動脈弾力性測定方法
    田中 豪一
    特願2009-5011672008年02月12日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.