詳細検索はこちら

三高 俊広 ミタカ トシヒロ

所属部署名組織再生学部門
職名教授ホームページURLhttp://web.sapmed.ac.jp/canpath/Tissue_Development_%26_Regeneration/Tissue_Devel%26Regen.html
更新日 :2017/09/13

プロフィール

研究キーワード

    小型肝細胞, 幹細胞, 細胞移植, 肝臓, 肝再生, 肝細胞, 肝発生, 肝幹・前駆細胞, 類肝組織, 細胞増殖, 成熟化, ニコチナミド, ヒアルロン酸, 毛細胆管, 分化, 細胞外基質, ヒト肝細胞, 人工肝臓, 非実質細胞, 凍結保存, 肝前駆細胞, 再生医学, 共培養, ヒト, 三次元構築, 胆管上皮細胞, CD44, ミニ肝臓, 3次元培養, scaffold, 実験病理学, 肝組織形成

研究分野

  • 基礎医学 / 実験病理学
  • 基礎医学 / 人体病理学
  • 人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
  • 基礎医学 / 病態医化学
  • 外科系臨床医学 / 外科学一般

経歴

  • 2011年04月
    -
    現在
    札幌医科大学医学部附属フロンティア医学研究所 組織再生学部門(教授)
  • 2002年09月
    -
    2011年03月
    札幌医科大学がん研究所 分子病理病態学部門(教授)
  • 1998年07月
    -
    2002年08月
    札幌医科大学がん研究所 病理学部門(助教授)
  • 1993年
    -
    1998年
    札幌医科大学がん研究所 病理学部門(講師)
  • 1990年11月
    -
    1993年09月
    札幌医科大学がん研究所 病理学部門(助手)
  • 1988年04月
    -
    1990年10月
    米国ウイスコンシン州立大学 マッカードル癌研究所(ポスドク)

学歴

  • 1978年04月
    -
    1984年03月
    札幌医科大学 医学部(日本)

所属学協会

  • 日本病理学会
  • 日本癌学会
  • 肝細胞研究会
  • 米国実験病理学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本再生医療学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本病理学会
  • 日本癌学会
  • 肝細胞研究会
  • 米国実験病理学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本再生医療学会

研究活動

論文

  • Intrahepatic bile ducts are developed through formation of homogeneous continuous luminal network and its dynamic rearrangement in mice.
    Tanimizu N, Kaneko K, Itoh T, Ichinohe N, Ishii M, Mizuguchi T, Hirata K, Miyajima A, Mitaka T
    Hepatology (Baltimore, Md.) 64(1) 175-188 2016年07月 [査読有り]
  • Pancreatic regeneration: basic research and gene regulation.
    Okita K, Mizuguchi T, Shigenori O, Ishii M, Nishidate T, Ueki T, Meguro M, Kimura Y, Tanimizu N, Ichinohe N, Torigoe T, Kojima T, Mitaka T, Sato N, Sawada N, Hirata K
    Surgery today 46(6) 633-640 2016年06月 [査読有り]
  • Morphogenesis of liver epithelial cells.
    Tanimizu N, Mitaka T
    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 2016年01月 [査読有り]
  • Downregulation of miR122 by grainyhead-like 2 restricts the hepatocytic differentiation potential of adult liver progenitor cells.
    Tanimizu N, Kobayashi S, Ichinohe N, Mitaka T
    Development (Cambridge, England) 141(23) 4448-4456 2014年12月 [査読有り]
  • Soluble Lutheran/basal cell adhesion molecule is detectable in plasma of hepatocellular carcinoma patients and modulates cellular interaction with laminin-511 in vitro.
    Kikkawa Y, Miwa T, Tanimizu N, Kadoya Y, Ogawa T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T
    Experimental cell research 328(1) 197-206 2014年10月 [査読有り]
  • Re-evaluation of liver stem/progenitor cells.
    Tanimizu N, Mitaka T
    Organogenesis 10(2) 208-215 2014年04月 [査読有り]
  • Sry HMG box protein 9-positive (Sox9+) epithelial cell adhesion molecule-negative (EpCAM-) biphenotypic cells derived from hepatocytes are involved in mouse liver regeneration.
    Tanimizu N, Nishikawa Y, Ichinohe N, Akiyama H, Mitaka T
    The Journal of biological chemistry 289(11) 7589-7598 2014年03月 [査読有り]
  • Preoperative hepatocyte transplantation improves the survival of rats with nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis after partial hepatectomy.
    Nakamura Y, Mizuguchi T, Tanimizu N, Ichinohe N, Ooe H, Kawamoto M, Meguro M, Hirata K, Mitaka T
    Cell transplantation 23(10) 1243-1254 2014年 [査読有り]
  • Hepatic biliary epithelial cells acquire epithelial integrity but lose plasticity to differentiate into hepatocytes in vitro during development.
    Tanimizu N, Nakamura Y, Ichinohe N, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T
    Journal of cell science 126(Pt 22) 5239-5246 2013年11月 [査読有り]
  • Preoperative hepatocyte transplantation improves the survival of rats with non -alcoholic steatohepatitis-related cirrhosis after partial hepatectomy.
    Nakamura Y, Mizuguchi T, Tanimizu N, Ichinohe N, Ooe H, Kawamoto M, Meguro M, Hirata K, Mitaka T
    Cell transplantation 2013年06月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Intrahepatic bile ducts are developed through formation of homogeneous continuous luminal network and its dynamic rearrangement in mice.
    Tanimizu N, Kaneko K, Itoh T, Ichinohe N, Ishii M, Mizuguchi T, Hirata K, Miyajima A, Mitaka T
    Hepatology (Baltimore, Md.) 64(1) 175-188 2016年07月 [査読有り]
  • Pancreatic regeneration: basic research and gene regulation.
    Okita K, Mizuguchi T, Shigenori O, Ishii M, Nishidate T, Ueki T, Meguro M, Kimura Y, Tanimizu N, Ichinohe N, Torigoe T, Kojima T, Mitaka T, Sato N, Sawada N, Hirata K
    Surgery today 46(6) 633-640 2016年06月 [査読有り]
  • Morphogenesis of liver epithelial cells.
    Tanimizu N, Mitaka T
    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 2016年01月 [査読有り]
  • Downregulation of miR122 by grainyhead-like 2 restricts the hepatocytic differentiation potential of adult liver progenitor cells.
    Tanimizu N, Kobayashi S, Ichinohe N, Mitaka T
    Development (Cambridge, England) 141(23) 4448-4456 2014年12月 [査読有り]
  • Soluble Lutheran/basal cell adhesion molecule is detectable in plasma of hepatocellular carcinoma patients and modulates cellular interaction with laminin-511 in vitro.
    Kikkawa Y, Miwa T, Tanimizu N, Kadoya Y, Ogawa T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T
    Experimental cell research 328(1) 197-206 2014年10月 [査読有り]
  • Re-evaluation of liver stem/progenitor cells.
    Tanimizu N, Mitaka T
    Organogenesis 10(2) 208-215 2014年04月 [査読有り]
  • Sry HMG box protein 9-positive (Sox9+) epithelial cell adhesion molecule-negative (EpCAM-) biphenotypic cells derived from hepatocytes are involved in mouse liver regeneration.
    Tanimizu N, Nishikawa Y, Ichinohe N, Akiyama H, Mitaka T
    The Journal of biological chemistry 289(11) 7589-7598 2014年03月 [査読有り]
  • Preoperative hepatocyte transplantation improves the survival of rats with nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis after partial hepatectomy.
    Nakamura Y, Mizuguchi T, Tanimizu N, Ichinohe N, Ooe H, Kawamoto M, Meguro M, Hirata K, Mitaka T
    Cell transplantation 23(10) 1243-1254 2014年 [査読有り]
  • Hepatic biliary epithelial cells acquire epithelial integrity but lose plasticity to differentiate into hepatocytes in vitro during development.
    Tanimizu N, Nakamura Y, Ichinohe N, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T
    Journal of cell science 126(Pt 22) 5239-5246 2013年11月 [査読有り]
  • Preoperative hepatocyte transplantation improves the survival of rats with non -alcoholic steatohepatitis-related cirrhosis after partial hepatectomy.
    Nakamura Y, Mizuguchi T, Tanimizu N, Ichinohe N, Ooe H, Kawamoto M, Meguro M, Hirata K, Mitaka T
    Cell transplantation 2013年06月 [査読有り]
  • Differentiation capacity of hepatic stem/progenitor cells isolated from D-galactosamine-treated rat livers.
    Ichinohe N, Tanimizu N, Ooe H, Nakamura Y, Mizuguchi T, Kon J, Hirata K, Mitaka T
    Hepatology (Baltimore, Md.) 57 1192-1202 2013年03月 [査読有り]
  • Role of grainyhead-like 2 in the formation of functional tight junctions.
    Tanimizu N, Mitaka T
    Tissue barriers 1 e23495 2013年01月 [査読有り]
  • Reconstruction of hepatic stellate cell-incorporated liver capillary structures in small hepatocyte tri-culture using microporous membranes.
    Kasuya J, Sudo R, Masuda G, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    Journal of tissue engineering and regenerative medicine 2012年10月 [査読有り]
  • [Tissue morphogenesis of liver epithelial cells].
    Tanimizu N, Mitaka T
    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 658-665 2012年08月 [査読有り]
  • α1- and α5-containing laminins regulate the development of bile ducts via β1 integrin signals.
    Tanimizu N, Kikkawa Y, Mitaka T, Miyajima A
    The Journal of biological chemistry 287 28586-28597 2012年08月 [査読有り]
  • Grainyhead-like 2 regulates epithelial morphogenesis by establishing functional tight junctions through the organization of a molecular network among claudin3, claudin4, and Rab25.
    Senga K, Mostov KE, Mitaka T, Miyajima A, Tanimizu N
    Molecular biology of the cell 23 2845-2855 2012年08月 [査読有り]
  • Proliferation of rat small hepatocytes requires follistatin expression.
    Ooe H, Chen Q, Kon J, Sasaki K, Miyoshi H, Ichinohe N, Tanimizu N, Mitaka T
    Journal of cellular physiology 227 2363-2370 2012年06月 [査読有り]
  • Spatio-temporal control of hepatic stellate cell-endothelial cell interactions for reconstruction of liver sinusoids in vitro.
    Kasuya J, Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    Tissue engineering. Part A 18 1045-1056 2012年05月 [査読有り]
  • Low-dose steroid pretreatment ameliorates the transient impairment of liver regeneration.
    Shibata T, Mizuguchi T, Nakamura Y, Kawamoto M, Meguro M, Ota S, Hirata K, Ooe H, Mitaka T
    World journal of gastroenterology : WJG 18 905-914 2012年03月 [査読有り]
  • Reconstruction of 3D stacked hepatocyte tissues using degradable, microporous poly(d,l-lactide-co-glycolide) membranes.
    Kasuya J, Sudo R, Tamogami R, Masuda G, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    Biomaterials 33 2693-2700 2012年03月 [査読有り]
  • Isolation of hepatic progenitor cells from the galactosamine-treated rat liver.
    Ichinohe N, Kon J, Mitaka T
    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 826 49-58 2012年 [査読有り]
  • Growth ability and repopulation efficiency of transplanted hepatic stem cells, progenitor cells, and mature hepatocytes in retrorsine-treated rat livers.
    Ichinohe N, Kon J, Sasaki K, Nakamura Y, Ooe H, Tanimizu N, Mitaka T
    Cell transplantation 21 11-22 2012年 [査読有り]
  • Hepatic stellate cell-mediated three-dimensional hepatocyte and endothelial cell triculture model.
    Kasuya J, Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    Tissue engineering. Part A 17 361-370 2011年02月 [査読有り]
  • Characterization of hepatic-organoid cultures.
    Mitaka T, Ooe H
    Drug metabolism reviews 42 472-481 2010年08月 [査読有り]
  • Proliferation and osteogenic differentiation of rat bone marrow stromal cells on bioapatite with different crystalline facets.
    Ichinohe N, Nakano T, Mitaka T, Umakoshi Y, Tabata Y
    Journal of biomedical materials research. Part A 93 646-655 2010年05月 [査読有り]
  • Thy1-positive cells have bipotential ability to differentiate into hepatocytes and biliary epithelial cells in galactosamine-induced rat liver regeneration.
    Kon J, Ichinohe N, Ooe H, Chen Q, Sasaki K, Mitaka T
    The American journal of pathology 175 2362-2371 2009年12月 [査読有り]
  • Thyroid hormone is necessary for expression of constitutive androstane receptor in rat hepatocytes.
    Ooe H, Kon J, Oshima H, Mitaka T
    Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals 37 1963-1969 2009年09月 [査読有り]
  • Impaired liver regeneration with humoral and genetic disturbances in urinary trypsin inhibitor-deficient mice.
    Nobuoka T, Mizuguchi T, Oshima H, Shibata T, Kaji S, Nagayama M, Meguro M, Mitaka T, Hirata K
    Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver 29 979-987 2009年08月 [査読有り]
  • Laminin alpha 5 mediates ectopic adhesion of hepatocellular carcinoma through integrins and/or Lutheran/basal cell adhesion molecule.
    Kikkawa Y, Sudo R, Kon J, Mizuguchi T, Nomizu M, Hirata K, Mitaka T
    Experimental cell research 314 2579-2590 2008年08月 [査読有り]
  • Ductular network formation by rat biliary epithelial cells in the dynamical culture with collagen gel and dimethylsulfoxide stimulation.
    Hashimoto W, Sudo R, Fukasawa K, Ikeda M, Mitaka T, Tanishita K
    The American journal of pathology 173 494-506 2008年08月 [査読有り]
  • Functional expression of organic anion transporters in hepatic organoids reconstructed by rat small hepatocytes.
    Oshima H, Kon J, Ooe H, Hirata K, Mitaka T
    Journal of cellular biochemistry 104 68-81 2008年05月 [査読有り]
  • Proliferation of hepatocyte progenitor cells isolated from adult human livers in serum-free medium.
    Sasaki K, Kon J, Mizuguchi T, Chen Q, Ooe H, Oshima H, Hirata K, Mitaka T
    Cell transplantation 17 1221-1230 2008年 [査読有り]
  • Efficient transformation of small hepatocytes into insulin-expressing cells by forced expression of Pdx1.
    Kawasaki H, Mizuguchi T, Oshima H, Nobuoka T, Shibata T, Kaji S, Kokai Y, Katsuramaki T, Mitaka T, Hirata K
    Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery 15 403-409 2008年 [査読有り]
  • In vitro transformation of adult rat hepatic progenitor cells into pancreatic endocrine hormone-producing cells.
    Kawasaki H, Mizuguchi T, Kikkawa Y, Oshima H, Sasaki Y, Tokino T, Kokai Y, Miyazaki J, Katsuramaki T, Mitaka T, Hirata K
    Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery 15 310-317 2008年 [査読有り]
  • The LG1-3 tandem of laminin alpha5 harbors the binding sites of Lutheran/basal cell adhesion molecule and alpha3beta1/alpha6beta1 integrins.
    Kikkawa Y, Sasaki T, Nguyen MT, Nomizu M, Mitaka T, Miner JH
    The Journal of biological chemistry 282 14853-14860 2007年05月 [査読有り]
  • Selective proliferation of rat hepatocyte progenitor cells in serum-free culture.
    Chen Q, Kon J, Ooe H, Sasaki K, Mitaka T
    Nature protocols 2 1197-1205 2007年 [査読有り]
  • Cytochrome p450 expression of cultured rat small hepatocytes after long-term cryopreservation.
    Ooe H, Kon J, Miyamoto S, Ozone Y, Ninomiya S, Mitaka T
    Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals 34 1667-1671 2006年10月 [査読有り]
  • Expression of CD44 in rat hepatic progenitor cells.
    Kon J, Ooe H, Oshima H, Kikkawa Y, Mitaka T
    Journal of hepatology 45 90-98 2006年07月 [査読有り]
  • Coordinated elevation of membrane type 1-matrix metalloproteinase and matrix metalloproteinase-2 expression in rat uterus during postpartum involution.
    Manase K, Endo T, Chida M, Nagasawa K, Honnma H, Yamazaki K, Kitajima Y, Goto T, Kanaya M, Hayashi T, Mitaka T, Saito T
    Reproductive biology and endocrinology : RB&E 4 32 2006年06月 [査読有り]
  • Thermoreversible gelation polymer induces the emergence of hepatic stem cells in the partially injured rat liver.
    Nagaya M, Kubota S, Suzuki N, Akashi K, Mitaka T
    Hepatology (Baltimore, Md.) 43 1053-1062 2006年05月 [査読有り]
  • Liver repopulation and long-term function of rat small hepatocyte transplantation as an alternative cell source for hepatocyte transplantation.
    Shibata C, Mizuguchi T, Kikkawa Y, Nobuoka T, Oshima H, Kawasaki H, Kawamoto M, Katsuramaki T, Mitaka T, Hirata K
    Liver transplantation : official publication of the American Association for the Study of Liver Diseases and the International Liver Transplantation Society 12 78-87 2006年01月 [査読有り]
  • Hyperbaric oxygen stimulates cell proliferation and normalizes multidrug resistance protein-2 protein localization in primary rat hepatocytes.
    Mizuguchi T, Oshima H, Imaizumi H, Kohara H, Kawamoto M, Nobuoka T, Kawasaki H, Harada K, Masuda Y, Kikkawa Y, Mitaka T, Asai Y, Hirata K
    Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society 13 551-557 2005年11月 [査読有り]
  • Reconstruction of 3D stacked-up structures by rat small hepatocytes on microporous membranes.
    Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 19 1695-1697 2005年10月 [査読有り]
  • Expression of cytochrome P450 enzymes in hepatic organoid reconstructed by rat small hepatocytes.
    Miyamoto S, Hirata K, Sugimoto S, Harada K, Mitaka T
    Journal of gastroenterology and hepatology 20 865-872 2005年06月 [査読有り]
  • Coordinated movement of bile canalicular networks reconstructed by rat small hepatocytes.
    Sudo R, Kohara H, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K
    Annals of biomedical engineering 33 696-708 2005年05月 [査読有り]
  • Hepatic organoid formation in collagen sponge of cells isolated from human liver tissues.
    Sugimoto S, Harada K, Shiotani T, Ikeda S, Katsura N, Ikai I, Mizuguchi T, Hirata K, Yamaoka Y, Mitaka T
    Tissue engineering 11 626-633 2005年03月 [査読有り]
  • Hepatocyte transplantation for total liver repopulation.
    Mizuguchi T, Mitaka T, Katsuramaki T, Hirata K
    Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery 12 378-385 2005年 [査読有り]
  • In vitro induction of adult hepatic progenitor cells into insulin-producing cells.
    Nakajima-Nagata N, Sakurai T, Mitaka T, Katakai T, Yamato E, Miyazaki J, Tabata Y, Sugai M, Shimizu A
    Biochemical and biophysical research communications 318 625-630 2004年06月 [査読有り]
  • Rapid formation of hepatic organoid in collagen sponge by rat small hepatocytes and hepatic nonparenchymal cells.
    Harada K, Mitaka T, Miyamoto S, Sugimoto S, Ikeda S, Takeda H, Mochizuki Y, Hirata K
    Journal of hepatology 39 716-723 2003年11月 [査読有り]
  • Accumulation of Hsp70/Hsc70 molecular chaperone regulator BAG-1 on COPI-coated structures in gastric epithelial cells.
    Takamura A, Adachi M, Wada I, Mitaka T, Takayama S, Imai K
    International journal of oncology 23 1301-1308 2003年11月 [査読有り]
  • The significance of membrane type 1 metalloproteinase in structural involution of human corpora lutea.
    Manase K, Endo T, Henmi H, Kitajima Y, Yamazaki K, Nishikawa A, Mitaka T, Sato H, Kudo R
    Molecular human reproduction 8 742-749 2002年08月 [査読有り]
  • Long-term culture of primary human hepatocytes with preservation of proliferative capacity and differentiated functions.
    Katsura N, Ikai I, Mitaka T, Shiotani T, Yamanokuchi S, Sugimoto S, Kanazawa A, Terajima H, Mochizuki Y, Yamaoka Y
    The Journal of surgical research 106 115-123 2002年07月 [査読有り]
  • Proliferation of rat small hepatocytes after long-term cryopreservation.
    Ikeda S, Mitaka T, Harada K, Sugimoto S, Hirata K, Mochizuki Y
    Journal of hepatology 37 7-14 2002年07月 [査読有り]
  • Effects of bone marrow stromal cells on the structural and functional polarity of primary rat hepatocytes.
    Mizuguchi T, Palm K, Hui T, Aoki T, Mochizuki Y, Mitaka T, Demetriou AA, Rozga J
    In vitro cellular & developmental biology. Animal 38 62-65 2002年02月 [査読有り]
  • Increased expression of cell adhesion kinase beta in human and rat crescentic glomerulonephritis.
    Takagi C, Ueki K, Ikeuchi H, Kuroiwa T, Kaneko Y, Tsukada Y, Maezawa A, Mitaka T, Sasaki T, Nojima Y
    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation 39 174-182 2002年01月 [査読有り]
  • Occludin modulates organization of perijunctional circumferential actin in rat endothelial cells.
    Atsumi Si SI, Kokai Y, Tobioka H, Kuwahara K, Kuwabara H, Takakuwa Y, Sasaki Ki KI, Sawada N, Mitaka T, Mochizuki Y, Imai K, Mori M
    Medical electron microscopy : official journal of the Clinical Electron Microscopy Society of Japan 32 11-19 1999年05月 [査読有り]

MISC

  • 肝上皮細胞による組織構造形成 (特集 肝臓の発生・再生)
    谷水 直樹, 三高 俊広
    生化学 84(8) 658-665 2012年08月
  • 動き出した再生医療の臨床 〜肝臓〜
    分子細胞治療 1 78-85 2002年
  • 肝臓の幹細胞
    Molecular Medicine 38 8-15 2001年
  • 肝臓の再生
    肝胆膵 42 195-201 2001年
  • 肝臓の幹細胞システム
    GI Research 19 229-234 2001年
  • 肝臓における幹細胞システムと肝組織再構築
    実験医学 18 431-437 2000年
  • 肝再生と肝幹細胞-臨床応用へ向けて
    Surgery Frontier 6 314-317 1999年
  • 肝ステムセルの分化と増殖 I
    組織培養工学 25 57-61 1999年
  • 肝の再生:初代培養肝細胞研究から肝再生現象を考える
    BIOclinica 13 465-469 1998年
  • 肝臓の多能性幹細胞
    Molecular Medicine 34 554-565 1997年
MISCを全て表示する
  • 肝上皮細胞による組織構造形成 (特集 肝臓の発生・再生)
    谷水 直樹, 三高 俊広
    生化学 84(8) 658-665 2012年08月
  • 動き出した再生医療の臨床 〜肝臓〜
    分子細胞治療 1 78-85 2002年
  • 肝臓の幹細胞
    Molecular Medicine 38 8-15 2001年
  • 肝臓の再生
    肝胆膵 42 195-201 2001年
  • 肝臓の幹細胞システム
    GI Research 19 229-234 2001年
  • 肝臓における幹細胞システムと肝組織再構築
    実験医学 18 431-437 2000年
  • 肝再生と肝幹細胞-臨床応用へ向けて
    Surgery Frontier 6 314-317 1999年
  • 肝ステムセルの分化と増殖 I
    組織培養工学 25 57-61 1999年
  • 肝の再生:初代培養肝細胞研究から肝再生現象を考える
    BIOclinica 13 465-469 1998年
  • 肝臓の多能性幹細胞
    Molecular Medicine 34 554-565 1997年
  • ヒト胃癌由来細胞株とその肝高転移株における細胞外カルシウム濃度と細胞運動能の検討
    消化器癌の発生と進展 9 361-362 1997年
  • スーパー肝細胞
    Surgery Frontier 4 61-65 1997年

書籍等出版物

  • 肝繊維化と肝細胞癌におけるラミニンα5鎖とその受容体の役割
    [吉川大和] 2008年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • 肝繊維化と肝細胞癌におけるラミニンα5鎖とその受容体の役割
    [吉川大和] 2008年

競争的資金等の研究課題

  • 肝細胞機能を有するヒト肝前駆細胞株の樹立
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝不全治療のための肝幹・前駆細胞移植療法及び類肝組織を用いた人工肝臓モデルの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 三高 俊広
  • 超過冷却プログラムによるヒト小型肝細胞バンクとハイブリットマウス量産に向けた研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 水口 徹
  • 肝小葉モデル型培養装置の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝修復・肝再生における肝組織幹細胞の臨床的・基礎的役割に関する基盤的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 平田 公一
  • ヒト肝細胞増産と肝組織移植を目指した基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 三高 俊広
  • 超過冷却保存されたヒト小型肝細胞によるヒト肝臓化ハイブリットマウスの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 水口 徹
  • ラミニン機能部位を応用した肝細胞培養基質の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 吉川 大和
  • 肝に局在する新規分子マーカーを用いた高質な肝予備能評価を目指した基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2007年 - 2009年 代表者 : 平田 公一
  • ヒト肝幹細胞を用いた類肝組織形成とその類肝組織を組み込んだ人工肝臓モデルの研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 三高 俊広
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 肝細胞機能を有するヒト肝前駆細胞株の樹立
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝不全治療のための肝幹・前駆細胞移植療法及び類肝組織を用いた人工肝臓モデルの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 三高 俊広
  • 超過冷却プログラムによるヒト小型肝細胞バンクとハイブリットマウス量産に向けた研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 水口 徹
  • 肝小葉モデル型培養装置の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝修復・肝再生における肝組織幹細胞の臨床的・基礎的役割に関する基盤的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 平田 公一
  • ヒト肝細胞増産と肝組織移植を目指した基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 三高 俊広
  • 超過冷却保存されたヒト小型肝細胞によるヒト肝臓化ハイブリットマウスの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 水口 徹
  • ラミニン機能部位を応用した肝細胞培養基質の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 吉川 大和
  • 肝に局在する新規分子マーカーを用いた高質な肝予備能評価を目指した基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2007年 - 2009年 代表者 : 平田 公一
  • ヒト肝幹細胞を用いた類肝組織形成とその類肝組織を組み込んだ人工肝臓モデルの研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝線維化と肝細胞癌におけるラミニンα5鎖とその受容体の役割
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 吉川 大和
  • 重症感染症に伴う非閉塞性胆汁うっ滞発生機構の解析と肝不全治療に向けての研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2003年 - 2005年 代表者 : 平田 公一
  • 肝細胞移植による肝不全治療を目的とした基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2001年 - 2004年 代表者 : 平田 公一
  • 小型肝細胞の特異的表面抗原の同定と体外環境における肝組織ユニット構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2002年 - 2004年 代表者 : 三高 俊広
  • 再生毛細胆管の収縮を生み出す小型肝細胞収縮の同期機構のバイオメカニクス
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 谷下 一夫
  • ヒト肝組織からの肝幹細胞の分離・同定と肝組織再構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2002年 - 2003年 代表者 : 猪飼 伊和夫
  • 体外肝組織再構築モデルを用いた胆汁うっ滞解析と細胞移植による肝不全治療法の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 平田 公一
  • 肝・胆・膵系ステムセル・バイオロジーと臓器再生医療への展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2002年 - 2002年 代表者 : 杉山 俊博
  • 肝組織移植による肝疾患治療のための基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2000年 - 2001年 代表者 : 三高 俊広
  • 自己組織性肝小細胞の物質移動を利用したバイオ人工肝臓の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2001年 代表者 : 谷下 一夫
  • 体外肝組織再構築と組織移植による肝不全治療法の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2001年 代表者 : 望月 洋一
  • In vitro 類肝組織形成と生体内移植による第2肝臓作製のための基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1998年 - 2000年 代表者 : 三高 俊広
  • 周術期の胆汁うっ滞における毛細胆管運動変化と胆細胞膜上特異的リセプターの消長
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :1997年 - 1999年 代表者 : 平田 公一
  • 肝・胆・膵系幹細胞の発生・分化・再生の分子機構
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1999年 - 1999年 代表者 : 杉山 俊博
  • 試験管内における肝組織の再構成とその人工肝臓応用への基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1996年 - 1997年 代表者 : 三高 俊広
  • 新たにクローン化したCAKβおよびEfsの細胞接着、分化増殖、癌化における役割
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 佐々木 輝捷
  • 肝細胞増殖に関与する各種増殖因子の作用機序の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1994年 - 1994年 代表者 : 三高 俊広
  • 肝細胞増殖に関与する各種増殖因子の作用機序の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1993年 - 1993年 代表者 : 三高 俊広
  • In vitro肝組織形成
  • 肝幹(前駆)細胞の増殖・分化機序の解明
  • 人工肝臓研究
  • 肝前駆細胞移植

受賞

  • 2001年 武田研究奨励賞優秀賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2001年 武田研究奨励賞優秀賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.