詳細検索はこちら

加茂 憲一 カモ ケンイチ

所属部署名教養教育研究部門 数学・情報科学
職名准教授ホームページURL
更新日 :2017/09/13

プロフィール

研究キーワード

    数学

経歴

  • 2012年04月
    -
    現在
    統計数理研究所(客員准教授)
  • 2010年11月
    -
    現在
    札幌医科大学 医療人育成センター(准教授)
  • 2008年10月
    -
    2010年10月
    札幌医科大学 医療人育成センター(講師)
  • 2004年11月
    -
    2008年09月
    札幌医科大学 医学部(講師)
  • 2003年04月
    -
    2004年10月
    国立がんセンター がん情報研究部(リサーチレジデント)

学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 1997年04月
    -
    2000年03月
    広島大学 大学院 理学研究科 博士課程後期
  • 1995年04月
    -
    1997年03月
    広島大学 大学院 理学研究科 博士課程前期
  • 1990年04月
    -
    1995年03月
    広島大学 理学部 数学科(日本)

所属学協会

  • 日本癌学会
  • 日本疫学会
  • 日本統計学会
  • 日本数学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本癌学会
  • 日本疫学会
  • 日本統計学会
  • 日本数学会

研究活動

論文

  • Strength estimation of a moving 125Iodine source during implantation in brachytherapy: application to linked sources
    K.Tanaka, S.Endo, K.Tateoka, O.Asanuma, M.Hori, M.Takagi, G.Bengua, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Hareyama, K.Sakata, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55(6) 1146-1152 2014年 [査読有り]
  • Serological surveillance development for tropical infectious diseases using simultaneous microsphere-based multiplex assays and finite mixture models
    Y.Fujii, S.Kaneko, S.M.Mzou, M.Mwau, S.M.Njenga, C.Tanigawa, J.Kimotho, A.W.Mwangi, I.Kiche, S.Matsumoto, M.Niki, M.Osada-Oka, Y.Ichinose, M.Inoue, M.Itoh, H.Tachibana, K.Ishii, T.Tsuboi, L.M.Yoshida, D.Mondal, R.Haque, S.Hamano, M.Changoma, T.Hoshi, K.Kamo, M.Karama, M.Miura, K.Hirayama
    PLOS Neglected Tropical Diseases 8(7) 1-15 2014年 [査読有り]
  • Benchmark of EGS5 for 125I brachytherapy
    K.Tanaka, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Progress in Nuclear Science and Technology 4 888-890 2014年 [査読有り]
  • A dosimetry method for low dose rate brachytherapy by EGS5 combined with regression to reflect source strength shortage
    K.Tanaka, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55 608-612 2014年 [査読有り]
  • Measurement of the strength of iodine-125 seed moving at unknown speed during implantation in brachytherapy
    K.Tanaka, S.Endo, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M. Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55 162-167 2014年 [査読有り]
  • Short-term projection of cancer incidence in Japan using an age-period interaction model with spline smoothing
    K.Katanoda, K.Kamo, K.Saika, T.Matsuda, A.Shibata, A.Matsuda, Y.Nishino, M.Hattori, M.Soda, A.Ioka, T.Sobue, H.Nishimoto
    Japanese Journal of Clinical Oncology 44(1) 36-41 2014年 [査読有り]
  • Comparative analysis of growth functions based on Mallows’ Cp type criterion
    K.Kamo, A.Yoshimoto
    Forest Resource Management and Mathematical Modeling 12 133-147 2013年 [査読有り]
  • Bias-corrected AIC for selecting variables in Poisson regression models
    K.Kamo, H.Yanagihara, K.Satoh
    Communications in Statistics – Theory and Methods 42 1911-1921 2013年 [査読有り]
  • Comparative analysis on selecting growth function
    K.Kamo, A.Yoshimoto
    Journal of Forest Science and Technology 9(2) 65-71 2013年 [査読有り]
  • 離散データに対する回帰モデルによる冠雪害の解析
    加茂憲一, 嘉戸昭夫, 吉本敦
    統計数理 61(2) 189-200 2013年 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Strength estimation of a moving 125Iodine source during implantation in brachytherapy: application to linked sources
    K.Tanaka, S.Endo, K.Tateoka, O.Asanuma, M.Hori, M.Takagi, G.Bengua, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Hareyama, K.Sakata, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55(6) 1146-1152 2014年 [査読有り]
  • Serological surveillance development for tropical infectious diseases using simultaneous microsphere-based multiplex assays and finite mixture models
    Y.Fujii, S.Kaneko, S.M.Mzou, M.Mwau, S.M.Njenga, C.Tanigawa, J.Kimotho, A.W.Mwangi, I.Kiche, S.Matsumoto, M.Niki, M.Osada-Oka, Y.Ichinose, M.Inoue, M.Itoh, H.Tachibana, K.Ishii, T.Tsuboi, L.M.Yoshida, D.Mondal, R.Haque, S.Hamano, M.Changoma, T.Hoshi, K.Kamo, M.Karama, M.Miura, K.Hirayama
    PLOS Neglected Tropical Diseases 8(7) 1-15 2014年 [査読有り]
  • Benchmark of EGS5 for 125I brachytherapy
    K.Tanaka, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Progress in Nuclear Science and Technology 4 888-890 2014年 [査読有り]
  • A dosimetry method for low dose rate brachytherapy by EGS5 combined with regression to reflect source strength shortage
    K.Tanaka, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M.Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55 608-612 2014年 [査読有り]
  • Measurement of the strength of iodine-125 seed moving at unknown speed during implantation in brachytherapy
    K.Tanaka, S.Endo, K.Tateoka, O.Asanuma, K.Kamo, K.Sato, H.Takeda, M. Takagi, M.Hareyama, J.Takada
    Journal of Radiation Research 55 162-167 2014年 [査読有り]
  • Short-term projection of cancer incidence in Japan using an age-period interaction model with spline smoothing
    K.Katanoda, K.Kamo, K.Saika, T.Matsuda, A.Shibata, A.Matsuda, Y.Nishino, M.Hattori, M.Soda, A.Ioka, T.Sobue, H.Nishimoto
    Japanese Journal of Clinical Oncology 44(1) 36-41 2014年 [査読有り]
  • Comparative analysis of growth functions based on Mallows’ Cp type criterion
    K.Kamo, A.Yoshimoto
    Forest Resource Management and Mathematical Modeling 12 133-147 2013年 [査読有り]
  • Bias-corrected AIC for selecting variables in Poisson regression models
    K.Kamo, H.Yanagihara, K.Satoh
    Communications in Statistics – Theory and Methods 42 1911-1921 2013年 [査読有り]
  • Comparative analysis on selecting growth function
    K.Kamo, A.Yoshimoto
    Journal of Forest Science and Technology 9(2) 65-71 2013年 [査読有り]
  • 離散データに対する回帰モデルによる冠雪害の解析
    加茂憲一, 嘉戸昭夫, 吉本敦
    統計数理 61(2) 189-200 2013年 [査読有り]
  • Clinical and genetic analysis of microtia in Japan
    M.Yamauchi, T.Yotsuyanagi, K.Ikeda, M.Yoshikawa, S.Urushidate, M.Mikami, K.Kamo
    Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery 46(5) 330-334 2012年 [査読有り]
  • Bias-corrected AIC for selecting variables in multinomial logistic regression models
    H.Yanagihara, K.Kamo, S.Imori, K.Satoh
    Linear Algebra and Its Applications 436 4329-4341 2012年 [査読有り]
  • MEM spectral analysis for predicting influenza epidemics in Japan
    A.Sumi, K.Kamo
    Environmental Health and Preventive Medicine 17(2) 98-108 2012年 [査読有り]
  • Cancer incidence and incidence rates in Japan in 2006: based on data from 15 Population-based cancer registries in the monitoring of cancer incidence in Japan (MCIJ) project
    T.Matsuda, T.Marugame, K.Kamo, K.Katanoda, W.Ajiki, T.Sobue, The Japan Cancer Surveillance Research Group
    Japanese Journal of Clinical Oncology 42(2) 139-147 2012年 [査読有り]
  • Survival analysis and tree failure: Results from a tree-pulling experiment
    Kamo Kenichi
    Forest Resource Management and Mathematical Modeling 11 195-209 2012年 [査読有り]
  • Second-order bias-corrected AIC in multivariate normal linear models under nonnormality
    H.Yangihara, K.Kamo, T.Tonda
    The Canadian Journal of Statistics 39(1) 126-146 2011年 [査読有り]
  • Time series analysis of incidence data of influenza in Japan
    A.Sumi, K.Kamo, N.Ohtomo, K.Mise, N.Kobayashi
    Journal of Epidemiology 21(2) 21-29 2011年 [査読有り]
  • Cancer incidence and incidence rates in Japan in 2005: based on data from 12 Population-based cancer registries in the monitoring of cancer incidence in Japan (MCIJ) project
    T.Matsuda, T.Marugame, K.Kamo, K.Katanoda, W.Ajiki, T.Sobue
    Japanese Journal of Clinical Oncology 41(1) 139-147 2011年 [査読有り]
  • Nonlinear oscillations of fourth order quasilinear ordinary differential equations
    K.Kamo, H.Usami
    Acta Mathematica Hungarica 132(3) 207-222 2011年 [査読有り]
  • 年齢-時代平面上における癌死亡リスクの視覚化
    加茂憲一, 冨田哲治, 佐藤健一
    統計数理 59(2) 217-238 2011年 [査読有り]
  • 日本におけるがん罹患率の動向
    邱冬梅, 加茂憲一, 坂本なほ子
    統計数理 59(2) 193-204 2011年 [査読有り]
  • 離散分布の経時測定データにおける線形な変化係数の推測について
    佐藤健一, 柳原宏和, 加茂憲一
    応用統計学 38(1) 19-28 2009年 [査読有り]
  • 日本におけるがん生涯リスク評価
    厚生の指標 2005年 [査読有り]

MISC

  • 2階準線形常微分方程式の正値弱増大解の漸近形
    京都大学数理解析研究所講究録 1309 46-51 2003年
  • 4階準線形常微分方程式の振動定理
    京都大学数理解析研究所講究録 1254 1-7 2002年
  • 2階準線形常微分方程式の正値解の漸近挙動について
    京都大学数理解析研究所講究録 1216 157-161 2001年
  • 2階準線形常微分方程式の正値解の漸近形の決定とその応用
    京都大学数理解析研究所講究録 1128 59-67 2000年
MISCを全て表示する
  • 2階準線形常微分方程式の正値弱増大解の漸近形
    京都大学数理解析研究所講究録 1309 46-51 2003年
  • 4階準線形常微分方程式の振動定理
    京都大学数理解析研究所講究録 1254 1-7 2002年
  • 2階準線形常微分方程式の正値解の漸近挙動について
    京都大学数理解析研究所講究録 1216 157-161 2001年
  • 2階準線形常微分方程式の正値解の漸近形の決定とその応用
    京都大学数理解析研究所講究録 1128 59-67 2000年

書籍等出版物

  • Rによる環境データの統計分析~森林分野での応用~(シリーズ統計科学のプラクティス7)
    朝倉書店 2012年
  • 「地域がん登録」に基づく胃がん登録率の状況と課題胃癌-基礎・臨床研究のアップデート-
    日本臨牀社 2008年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • Rによる環境データの統計分析~森林分野での応用~(シリーズ統計科学のプラクティス7)
    朝倉書店 2012年
  • 「地域がん登録」に基づく胃がん登録率の状況と課題胃癌-基礎・臨床研究のアップデート-
    日本臨牀社 2008年

講演・口頭発表

  • Statistical models for detecting a cohort effect of cancer mortality.
    K.Kamo, T.Tonda, K.Satoh
    第25回日本疫学会学術総会 2015年01月23日
  • がん死亡データに対する変化係数モデルを用いたコホート効果の検出について
    冨田哲治, 加茂憲一, 佐藤健一
    統計関連学会連合大会 2014年09月15日
  • 2014年のがんの罹患数および死亡数の推計
    片野田耕太, 加茂憲一, 雑賀公美子, 松田智大, 柴田亜希子, 堀芽久美, 祖父江友孝, 西本寛
    がん予防学術大会 2014年06月13日
  • ん罹患数の予測を目的とした変量選択の試み
    加茂憲一, 佐藤健一, 冨田哲治, 伊森晋平
    統計関連学会連合大会 2013年09月08日
  • 癌死亡リスクの視覚化と将来予測について
    加茂憲一,  佐藤健一,  冨田哲治
    統計関連学会連合大会 2012年09月11日
  • 時間の交互作用を考慮した回帰分析とその解釈
    佐藤健一, 冨田哲治, 加茂憲一
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 背景要因を考慮したリスク地図の作成方法
    冨田哲治, 佐藤健一, 加茂憲一
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 年齢と時代を座標とする癌リスクの視覚化
    加茂憲一, 佐藤健一, 冨田哲治
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 回帰モデルを用いた癌死亡リスクの視覚化
    加茂憲一,  佐藤健一,  冨田哲治
    統計関連学会連合大会 2011年09月06日
  • 最近の動向を加味したAge Cohort解析の提案
    水野正一, 雑賀公美子, 加茂憲一
    日本疫学会 2011年01月
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • Statistical models for detecting a cohort effect of cancer mortality.
    K.Kamo, T.Tonda, K.Satoh
    第25回日本疫学会学術総会 2015年01月23日
  • がん死亡データに対する変化係数モデルを用いたコホート効果の検出について
    冨田哲治, 加茂憲一, 佐藤健一
    統計関連学会連合大会 2014年09月15日
  • 2014年のがんの罹患数および死亡数の推計
    片野田耕太, 加茂憲一, 雑賀公美子, 松田智大, 柴田亜希子, 堀芽久美, 祖父江友孝, 西本寛
    がん予防学術大会 2014年06月13日
  • ん罹患数の予測を目的とした変量選択の試み
    加茂憲一, 佐藤健一, 冨田哲治, 伊森晋平
    統計関連学会連合大会 2013年09月08日
  • 癌死亡リスクの視覚化と将来予測について
    加茂憲一,  佐藤健一,  冨田哲治
    統計関連学会連合大会 2012年09月11日
  • 時間の交互作用を考慮した回帰分析とその解釈
    佐藤健一, 冨田哲治, 加茂憲一
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 背景要因を考慮したリスク地図の作成方法
    冨田哲治, 佐藤健一, 加茂憲一
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 年齢と時代を座標とする癌リスクの視覚化
    加茂憲一, 佐藤健一, 冨田哲治
    日本公衆衛生学会 2011年10月20日
  • 回帰モデルを用いた癌死亡リスクの視覚化
    加茂憲一,  佐藤健一,  冨田哲治
    統計関連学会連合大会 2011年09月06日
  • 最近の動向を加味したAge Cohort解析の提案
    水野正一, 雑賀公美子, 加茂憲一
    日本疫学会 2011年01月
  • 交互作用モデルに基づく年齢・時代・コホート効果の検証
    加茂憲一, 冨田哲治, 佐藤健一
    日本疫学会 2011年01月
  • 離散分布の経時測定データにおける線形な変化係数の推測について
    佐藤健一, 柳原宏和,  加茂憲一
    統計関連学会連合大会 2010年09月07日
  • 多項ロジットモデルにおけるAICのバイアス補正
    加茂憲一,  柳原宏和,  佐藤健一
    統計関連学会連合大会 2010年09月07日
  • 留萌コホート第2報;市民4300名(55~64歳)対象に実施したメタボ・アンケート健診の結果と有効性について
    濱田修平, 笹川裕, 斉藤忠範, 岸野宏貴, 加茂憲一, 海野聡, 小海康夫, 多田光宏, 上野芳経
    日本プライマリ・ケア連合学会学術総会 2010年06月
  • Lifetime probability of developing or dying of cancer in 2003.
    加茂憲一, 片野田耕太, 松田智大, 丸亀知美, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本癌学会 2009年10月
  • バランス型の成長曲線モデルにおけるロバストな推定方法の提案
    佐藤健一, 柳原宏和,  加茂憲一
    統計関連学会連合大会 2009年09月
  • 成長関数選択のための情報量規準
    加茂憲一,  柳原宏和,  吉本敦
    日本統計学会 2009年09月
  • 自己回帰モデルを用いたがん死亡率短期予測の可能性.
    雑賀公美子, 加茂憲一, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本がん予防大会2009愛知 2009年06月
  • 密封小線源治療線量モニター法に関する研究―水ファントム中の125Iシード線量のガラス線量計による測定
    田中憲一, 舘岡邦彦, 浅沼治, 佐藤香織, 今井翔, 杉本芳則, 武田浩光,加茂憲一, 高木克, 晴山雅人, 高田純
    日本放射線腫瘍学会 2009年06月
  • 沖縄県の肺がん死亡率の変化
    雑賀公美子、加茂憲一、 水野正一, 片野田耕太, 祖父江友孝
    日本疫学会 2009年01月
  • ポアソン回帰モデルによる全国がん罹患数推定
    加茂憲一、 雑賀公美子, 片野田耕太, 松田智大, 丸亀知美, 味木和喜子
    日本疫学会 2009年01月
  • 生命表法による,がん罹患・死亡リスク推定
    加茂憲一、片野田耕太, 松田智大, 丸亀知美, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本公衆衛生学会 2008年11月
  • Estimation of nation-wide cancer incidence by regression model.
    加茂憲一、片野田耕太, 松田智大, 丸亀知美, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本癌学会 2008年10月
  • Bias correction of AIC in Poisson regression models.
    加茂憲一、柳原宏和,  佐藤健一
    日本統計学会 2008年09月
  • 短期予測によるタイムリーな全国がん罹患数報告
    加茂憲一、片野田耕太,  松田智大,  丸亀知美,  味木和喜子,  祖父江友孝
    日本疫学会 2008年01月
  • 核兵器テロ後の大線量生存者のがん死亡予測
    加茂憲一、高田純
    第50回日本放射線影響学会 2007年11月
  • 麻疹発生変動の周期構造に対する予防接種効果の定量的評価.
    鷲見紋子、加茂憲一
    日本公衆衛生学会 2007年10月
  • Incidence pattern of soft tissue sarcoma in Japan – from Japan population-based cancer registry in 1993-2002.
    片野田耕太, 丸亀知美, 松田智大, 平林由香, 加茂憲一, 味木和喜子,祖父江友孝
    日本癌学会 2007年10月
  • Comparison of method estimating nation-wide cancer incidence
    加茂憲一,丸亀知美, 片野田耕太, 松田智大, 平林由香, 味木和喜子
    日本癌学会 2007年10月
  • 2階準線形常微分方程式の緩減衰正値解の漸近形について
    宇佐美広介、加茂憲一
    日本数学会秋季総合分科会 2007年09月
  • 非線形回帰モデルによる全国がん罹患数推定
    加茂憲一,柳原宏和
    統計関連学会連合大会 2007年09月
  • 膀胱がんの罹患・死亡率には性差と年齢差がみられる
    松田智大、片野田耕太,丸亀知美, 加茂憲一、味木和喜子, 祖父江友孝
    日本疫学会 2007年01月
  • 生涯がん罹患・死亡リスク推定
    加茂憲一,丸亀知美, 片野田耕太, 松田智大, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本疫学会 2007年01月
  • 15地域がん登録1993-2001年累積データに基づく口唇・口腔・咽頭がん罹患の状況.
    丸亀知美, 片野田耕太, 松田智大、加茂憲一,味木和喜子, 祖父江友孝
    日本癌学会 2006年09月
  • Bias-corrected AIC in normal GMANOVA models under nonnormality
    加茂憲一、柳原宏和
    統計関連学会連合大会 2006年09月
  • 地域がん登録に基づく全国罹患数推定値の登録率
    加茂憲一,丸亀知美, 片野田耕太, 味木和喜子, 祖父江友孝
    日本癌学会  2006年09月
  • 15地域がん登録1993-2001年累積データに基づく若年層(15-39歳)のがん罹患の検討.
    丸亀知美, 片野田耕太, 松田智大,加茂 憲一,味木和喜子, 祖父江友孝
    日本癌学会 2006年09月
  • Empirical Bayes method for estimating spatial-time distribution of cancer mortality using nonparametric smoothing
    大瀧慈, 佐藤健一, 川崎裕美, 柳原宏和, 山口直人, 加茂憲一、吉見逸郎,金子聰、祖父江友孝
    計量生物学会 2006年05月
  • 多変量線形モデルでの変数選択における情報量規準の非正規性の下でのバイアス補正
    加茂憲一,柳原宏和, 冨田哲治
    統計関連学会連合大会 2005年09月
  • がん罹患数の短期予測による現状把握の試み
    加茂憲一、山本精一郎, 金子聰, 吉見逸郎, 丸亀知美, 今村由香, 祖父江友孝, 水野正一
    日本疫学会 2005年01月
  • 院内がん登録標準化に向けての病期分類自動計算システム"CanStage"を用いた腫瘍登録担当者へ の支援の在り方について
    今村由香, 金子聰, 丸亀知美, 吉見逸郎、加茂憲一
    日本疫学会 2005年01月
  • 日本におけるがん罹患の生涯リスク評価
    加茂憲一、 金子聰, 吉見逸郎, 丸亀知美, 祖父江友孝
    日本癌学会 2004年09月
  • わが国の出生コホート別喫煙割合の推移
    丸亀知美, 加茂憲一、 祖父江友孝, 秋葉澄伯, 水野正一, 玉腰暁子, 佐藤洋, 鈴木隆一郎, 田島和雄, 津金昌一郎
    日本癌学会 2004年09月
  • がん罹患数の全国推定方法に関する検討
    加茂憲一、金子聰、吉見逸郎、丸亀和美、今村由香、濱島ちさと、祖父江友孝、味木和喜子、津熊秀明、水野正一
    日本疫学会 2004年01月
  • 院内がん登録標準化に向けての取扱い規約とTMN分類についてのがん登録担当者への支援の在り方について:主要5部位における病期分類からの考察
    今村由香、加茂憲一、 金子聰、祖父江友孝
    日本疫学会 2004年01月
  • 悪性新生物による死亡数の将来推計の試み
    吉見逸郎, 水野正一, 丸亀知美、加茂憲一、今村由香, 金子聰, 祖父江友孝
    日本疫学会 2004年01月
  • 準線形常微分方程式の減衰する中間オーダー解について
    加茂憲一、宇佐美広介
    日本数学会 2002年09月
  • 4階準線形常微分方程式に関する振動定理
    加茂憲一、宇佐美広介
    日本数学会 2001年09月
  • 特異な非線形項を持つ準線形常微分方程式の正値解の漸近的性質
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 2001年03月
  • Asymptotic properties of fourth-order Emden-Fowler equations
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 中国・四国支部例会 2001年01月
  • 準線形常微分方程式の正値解の漸近解析とその外部境界値問題への応用
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 2000年09月
  • Asymptotic formulae of positive solutions of quasilinear ordinary differential equations with sub-homogeneity
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 2000年03月
  • ある種の準線形常微分方程式の漸近的性質
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 1999年09月
  • Classification of proper solutions of some Emden-Fowler equations
    加茂憲一, 宇佐美広介
    日本数学会 1998年03月

競争的資金等の研究課題

  • 微分方程式論
  • 統計データ解析
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • 微分方程式論
  • 統計データ解析

受賞

  • 2010年05月 応用統計学会 優秀論文賞
  • 2008年11月 日本公衆衛生学会 優秀ポスター賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2010年05月 応用統計学会 優秀論文賞
  • 2008年11月 日本公衆衛生学会 優秀ポスター賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.