詳細検索はこちら

山本 元久 ヤマモト モトヒサ

所属部署名免疫・リウマチ内科学
職名講師ホームページURL
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    関節リウマチ, シェーグレン症候群, IgG4関連疾患

研究分野

  • 基礎医学 / 免疫学
  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学)
  • 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学

経歴

  • 2015年02月
    -
    現在
    札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座(講師)
  • 2013年04月
    -
    2015年01月
    札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座(助教)
  • 2008年04月
    -
    2013年03月
    札幌医科大学医学部 内科学第一講座(助教)
  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    札幌医科大学医学部 内科学第一講座(病院助手)
  • 2001年04月
    -
    2007年03月
    札幌医科大学医学部 内科学第一講座(診療医)
  • 1999年04月
    -
    2001年03月
    函館五稜郭病院 消化器内科(医員)
  • 1998年04月
    -
    1999年03月
    函館五稜郭病院 消化器内科(臨床研修医)
  • 1997年04月
    -
    1998年03月
    札幌医科大学医学部 内科学第一講座(臨床研修医)

学位

  • 博士(医学)(札幌医科大学)

学歴

  • 2001年04月
    -
    2005年03月
    札幌医科大学大学院 医学研究科 消化器機能制御医学(日本)
  • 1991年04月
    -
    1997年03月
    札幌医科大学 医学部 医学科(日本)

所属学協会

  • 日本体質医学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本骨代謝学会
  • 日本シェーグレン症候群学会
  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本免疫学会
  • 日本アレルギー学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本体質医学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本骨代謝学会
  • 日本シェーグレン症候群学会
  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本免疫学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本臨床リウマチ学会
  • 米国内科学会

委員歴

  • 2009年04月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 評議員
  • 2008年01月
    -
    現在
    日本臨床免疫学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
  • 2009年04月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 評議員
  • 2008年01月
    -
    現在
    日本臨床免疫学会 評議員

教育活動

担当経験のある科目

  • 免疫・アレルギー学
担当経験のある科目を全て表示する
担当経験のある科目閉じる
  • 免疫・アレルギー学(札幌医科大学)

研究活動

論文

  • Identification of relapse predictors in IgG4-related disease using multivariate analysis of clinical data at the first visit and initial treatment.
    山本 元久
    Rheumatology (Oxford) 54 45-49 2015年 [査読有り]
  • Everyday clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and/or sialadenitis: results from the SMART database.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 25 199-204 2015年 [査読有り]
  • CCAAT/enhance binding protein α (C/EBPα)+ M2 macrophages contribute to fibrosis in IgG4-related disease?
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 25 484-486 2015年 [査読有り]
  • Is rituximab effective for IgG4-related disease in the long term? Experience of cases treated with rituximab for 4 years.
    山本 元久
    Ann Rheum Dis. 74 e46 2015年 [査読有り]
  • Mechanisms and assessment of IgG4-related disease: lessons for the rheumatologist.
    山本 元久
    Nat Rev Rheumatol. 10 148-159 2014年 [査読有り]
  • IgG4 Disease.
    山本 元久
    J Neuroophthalmol. 34 393-399 2014年 [査読有り]
  • An evaluation for a new questionnaire of Mikulicz’s disease and its clinical validity.
    山本 元久
    Int J Rheumatol. 2012 283459 2012年 [査読有り]
  • Risk of malignancies in IgG4-related disease.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 22 414-418 2012年 [査読有り]
  • Value of serum IgG4 in the diagnosis of IgG4-related disease and in differentiation from rheumatic diseases and other diseases.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 22 419-425 2012年 [査読有り]
  • Relapse patterns in IgG4-related disease.
    山本 元久
    Ann Rheum Dis. 71 1755 2012年 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Identification of relapse predictors in IgG4-related disease using multivariate analysis of clinical data at the first visit and initial treatment.
    山本 元久
    Rheumatology (Oxford) 54 45-49 2015年 [査読有り]
  • Everyday clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and/or sialadenitis: results from the SMART database.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 25 199-204 2015年 [査読有り]
  • CCAAT/enhance binding protein α (C/EBPα)+ M2 macrophages contribute to fibrosis in IgG4-related disease?
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 25 484-486 2015年 [査読有り]
  • Is rituximab effective for IgG4-related disease in the long term? Experience of cases treated with rituximab for 4 years.
    山本 元久
    Ann Rheum Dis. 74 e46 2015年 [査読有り]
  • Mechanisms and assessment of IgG4-related disease: lessons for the rheumatologist.
    山本 元久
    Nat Rev Rheumatol. 10 148-159 2014年 [査読有り]
  • IgG4 Disease.
    山本 元久
    J Neuroophthalmol. 34 393-399 2014年 [査読有り]
  • An evaluation for a new questionnaire of Mikulicz’s disease and its clinical validity.
    山本 元久
    Int J Rheumatol. 2012 283459 2012年 [査読有り]
  • Risk of malignancies in IgG4-related disease.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 22 414-418 2012年 [査読有り]
  • Value of serum IgG4 in the diagnosis of IgG4-related disease and in differentiation from rheumatic diseases and other diseases.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 22 419-425 2012年 [査読有り]
  • Relapse patterns in IgG4-related disease.
    山本 元久
    Ann Rheum Dis. 71 1755 2012年 [査読有り]
  • Clinical practice in IgG4-related disease.
    山本 元久
    Isr Med Assoc J. 14 640-641 2012年 [査読有り]
  • Mikulicz’s disease and the extraglandular lesions.
    山本 元久
    Curr Immunol Rev. 7 162-171 2011年 [査読有り]
  • IgG4-Related Disease and Malignancy.
    山本 元久
    Intern Med. 51 349-350 2011年 [査読有り]
  • Analysis of serum IgG subclasses in Churg-Strauss syndrome – the meaning of elevated serum levels of IgG4.
    山本 元久
    Intern Med. 49 1365-1370 2010年 [査読有り]
  • Proteomics analysis in 28 patients with systemic IgG4-related plasmacytic syndrome (SIPS).
    山本 元久
    Rheumatol Int. 30 565-568 2009年 [査読有り]
  • Cartilage oligomeric matrix protein in systemic scleroderma.
    山本 元久
    Rheumatology (Oxford) 46 1858-1859 2007年 [査読有り]
  • A new conceptualization for Mikulicz’s disease as an IgG4-related plasmacytic disease.
    山本 元久
    Mod Rheumatol. 16(6) 335-340 2006年 [査読有り]
  • Clinical and pathological differences between Mikulicz's disease and Sjögren's syndrome.
    山本 元久
    札幌医科大学 44 227-234 2005年 [査読有り]
  • Clinical and pathological characteristics of Mikulicz's disease (IgG4-related plasmacytic exocrinopathy).
    山本 元久
    Autoimmun Rev. 4 195-200 2005年 [査読有り]
  • Beneficial effects of steroid therapy for Mikulicz’s disease.
    山本 元久
    Rheumatology (Oxford) 44 1322-1323 2005年 [査読有り]
  • Elevated IgG4 oncentrations in serum of patients with Mikulicz's disease.
    山本 元久
    Scand J Rheumatol. 33 432-433 2004年 [査読有り]

書籍等出版物

  • IgG4関連疾患の実践的臨床から病因論へーIgG4研究会モノグラフ
    前田書店 2015年 担当:分担執筆
  • IgG4相关性疾病解读
    人民軍醫出版社 2014年 担当:分担執筆
  • IgG4関連腎臓病のすべて
    南江堂 2014年 担当:分担執筆
  • IgG4-related disease
    Springer 2013年 担当:分担執筆
  • IgG4関連疾患アトラスーIgG4研究会モノグラフ
    前田書店 2012年 担当:分担執筆
  • IgG4関連疾患への誘いーIgG4研究会モノグラフ
    2010年 担当:分担執筆
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • IgG4関連疾患の実践的臨床から病因論へーIgG4研究会モノグラフ
    前田書店 2015年 担当:分担執筆
  • IgG4相关性疾病解读
    人民軍醫出版社 2014年 担当:分担執筆
  • IgG4関連腎臓病のすべて
    南江堂 2014年 担当:分担執筆
  • IgG4-related disease
    Springer 2013年 担当:分担執筆
  • IgG4関連疾患アトラスーIgG4研究会モノグラフ
    前田書店 2012年 担当:分担執筆
  • IgG4関連疾患への誘いーIgG4研究会モノグラフ
    2010年 担当:分担執筆

講演・口頭発表

  • IgG4-Related disease.
    山本 元久
    Päijät-Häme Central Hospital Conference 2015年05月27日
  • Occurrence of glucocorticoid-induced avascular necrosis of the femoral heads in IgG4-related disease and the roles of interferon α to the pathogenesis.
    山本 元久
    13th International Symposium on Sjögren’s syndrome 2015年05月21日
  • Sjögren's syndrome and IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, so called Mikulicz's disease.
    山本 元久
    Super-global symposium on Sjögren's syndrome and autoimmunity 2015年02月04日
  • Can only the monitoring serum levels of IgG4 prevent the relapse in IgG4-RD?
    山本 元久
    2nd International Symposium on IgG4-related disease and associated conditions 2014年02月16日
  • Clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, so called Mikulicz’s disease.
    山本 元久
    12th International Symposium on Sjögren’s Syndrome 2013年10月11日
  • Effects of TNF inhibitor infliximab in intractable Behçet’s disease.
    山本 元久
    15TH International Conference on Behçet’s disease 2012年07月13日
  • Efficacy of rituximab and other immunosuppressants for IgG4-related disease.
    山本 元久
    Annual European Congress of Rheumatology 2012 2012年06月08日
  • Risk of malignancies in IgG4-related disease.
    山本 元久
    4TH EAGOR (East Asian Group of Rheumatology) 2011年10月15日
  • Mikulicz’s disease as a part of IgG4-related disease.
    山本 元久
    The First International Symposium on IgG4-related Disease 2011年10月05日
  • Mikulicz’s disease as a part of IgG4-related disease.
    山本 元久
    The 20th Annual Meeting of Japanese Society of Sjögren’s syndrome, International Symposium on IgG4-related disease 2011年09月09日
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • IgG4-Related disease.
    山本 元久
    Päijät-Häme Central Hospital Conference 2015年05月27日
  • Occurrence of glucocorticoid-induced avascular necrosis of the femoral heads in IgG4-related disease and the roles of interferon α to the pathogenesis.
    山本 元久
    13th International Symposium on Sjögren’s syndrome 2015年05月21日
  • Sjögren's syndrome and IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, so called Mikulicz's disease.
    山本 元久
    Super-global symposium on Sjögren's syndrome and autoimmunity 2015年02月04日
  • Can only the monitoring serum levels of IgG4 prevent the relapse in IgG4-RD?
    山本 元久
    2nd International Symposium on IgG4-related disease and associated conditions 2014年02月16日
  • Clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, so called Mikulicz’s disease.
    山本 元久
    12th International Symposium on Sjögren’s Syndrome 2013年10月11日
  • Effects of TNF inhibitor infliximab in intractable Behçet’s disease.
    山本 元久
    15TH International Conference on Behçet’s disease 2012年07月13日
  • Efficacy of rituximab and other immunosuppressants for IgG4-related disease.
    山本 元久
    Annual European Congress of Rheumatology 2012 2012年06月08日
  • Risk of malignancies in IgG4-related disease.
    山本 元久
    4TH EAGOR (East Asian Group of Rheumatology) 2011年10月15日
  • Mikulicz’s disease as a part of IgG4-related disease.
    山本 元久
    The First International Symposium on IgG4-related Disease 2011年10月05日
  • Mikulicz’s disease as a part of IgG4-related disease.
    山本 元久
    The 20th Annual Meeting of Japanese Society of Sjögren’s syndrome, International Symposium on IgG4-related disease 2011年09月09日
  • Independence of Mikulicz’s disease as a part of systemic IgG4-related disease, and the relation to the allergy.
    山本 元久
    14th International Congress of Immunology 2010年08月25日
  • Independence of Mikulicz’s disease as a part of systemic IgG4-related disease.
    山本 元久
    7th International Congress on Autoimmunity 2010年05月08日
  • Serological and pathological analysis of 46 patients with Mikulicz’s disease.
    山本 元久
    The 10th International Symposium on Sjögren’s syndrome 2009年10月02日
  • Mikulicz’s disease and systemic IgG4-related plasmacytic syndrome (SIPS).
    山本 元久
    The 13th Congress of the Asia Pacific League of Association for Rheumatology (Medical-EXPO 2008 in APLAR’s World) 2008年09月24日
  • Systemic IgG4-related plasmacytic syndrome; SIPS including Mikulicz’s disease.
    山本 元久
    Rheumatism Foundation Hospital Conference 2008年02月05日
  • A new conceptualization for Mikulicz’s disease as a Systemic IgG4-related Plasmacytic Syndrome (SIPS).
    山本 元久
    The 32nd Scandinavian Congress of Rheumatology 2008年02月02日
  • Cartilage oligomeric matrix protein (COMP) in systemic scleroderma.
    山本 元久
    Professor E. Carwile. LeRoy Memorial International Workshop on Scleroderma 2007年05月19日
  • Clinical and histopathological study of differences between Sjögren's syndrome and Mikulicz's disease.
    山本 元久
    The 8th International Symposium on Sjögren's Syndrome 2002年05月17日

競争的資金等の研究課題

  • IgG4関連疾患におけるmicroRNAの網羅的発現と自然免疫応答
    加藤記念難病研究助成基金:平成27年度加藤記念難病研究助成
    研究期間 :2015年 - 2016年 代表者 : 山本 元久
  • 高齢者におけるアレルギー性炎症の機序をエイジング
    大和証券ヘルス財団:平成26年度(第41回)調査研究助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患における免疫グロブリンクラススイッチ機構の解明
    札幌医科大学:平成26年度札幌医科大学学術振興事業(教育研究事業)助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患の発症機構と免疫エフェクター細胞の動態解析
    日本リウマチ財団:平成26年度塩川美奈子・膠原病研究助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患の病態解明と新規治療法の開発
    公益財団法人秋山記念生命科学振興財団:平成23年度公益財団法人秋山記念生命科学振興財団研究助成金
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患のエフェクター細胞とクラススイッチ機構の解明
    ノーステック財団:平成23年度ノーステック財団「研究開発助成事業」若手研究人材・ネットワーク育成補助金(Talent補助金)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患への免疫学的アプローチとその予後予測因子の探索
    札幌医科大学:平成23年度札幌医科大学特定医学研究推進事業・学術振興事業(教育研究事業)助成
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • プロテオミクス技術を用いた全身性IgG4関連疾患(SIPS)の病態解明および診断法の確立
    財団法人難病医学研究財団:平成20年度医学研究奨励助成金
    研究期間 :2009年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患における自己抗原のプロテオミクス解析および診断法の確立
    日本学術振興会:平成20年度科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4-related plasmacytic diseases –多領域に跨がる新しい疾患概念の確立に向けて
    日本リウマチ財団:平成18年度調査研究助成
    研究期間 :2007年 - 2008年 代表者 : 山本 元久
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • IgG4関連疾患におけるmicroRNAの網羅的発現と自然免疫応答
    加藤記念難病研究助成基金:平成27年度加藤記念難病研究助成
    研究期間 :2015年 - 2016年 代表者 : 山本 元久
  • 高齢者におけるアレルギー性炎症の機序をエイジング
    大和証券ヘルス財団:平成26年度(第41回)調査研究助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患における免疫グロブリンクラススイッチ機構の解明
    札幌医科大学:平成26年度札幌医科大学学術振興事業(教育研究事業)助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患の発症機構と免疫エフェクター細胞の動態解析
    日本リウマチ財団:平成26年度塩川美奈子・膠原病研究助成
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患の病態解明と新規治療法の開発
    公益財団法人秋山記念生命科学振興財団:平成23年度公益財団法人秋山記念生命科学振興財団研究助成金
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患のエフェクター細胞とクラススイッチ機構の解明
    ノーステック財団:平成23年度ノーステック財団「研究開発助成事業」若手研究人材・ネットワーク育成補助金(Talent補助金)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患への免疫学的アプローチとその予後予測因子の探索
    札幌医科大学:平成23年度札幌医科大学特定医学研究推進事業・学術振興事業(教育研究事業)助成
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • プロテオミクス技術を用いた全身性IgG4関連疾患(SIPS)の病態解明および診断法の確立
    財団法人難病医学研究財団:平成20年度医学研究奨励助成金
    研究期間 :2009年 - 2012年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4関連疾患における自己抗原のプロテオミクス解析および診断法の確立
    日本学術振興会:平成20年度科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 山本 元久
  • IgG4-related plasmacytic diseases –多領域に跨がる新しい疾患概念の確立に向けて
    日本リウマチ財団:平成18年度調査研究助成
    研究期間 :2007年 - 2008年 代表者 : 山本 元久

受賞

  • 2014年06月 日本リウマチ財団 平成26年度塩川美奈子・膠原病研究奨励賞
  • 2012年12月 札幌医科大学医学部内科学第一講座 研究奨励賞
  • 2012年03月 札幌医科大学 医学部3学年部門ベストティーチャー賞
  • 2011年09月 日本臨床免疫学会 第39回日本臨床免疫学会 優秀演題賞
  • 2011年07月 日本リウマチ学会 平成23年度日本リウマチ学会 奨励賞
  • 2007年10月 日本臨床免疫学会 第35回日本臨床免疫学会 優秀ポスター賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2014年06月 日本リウマチ財団 平成26年度塩川美奈子・膠原病研究奨励賞
  • 2012年12月 札幌医科大学医学部内科学第一講座 研究奨励賞
  • 2012年03月 札幌医科大学 医学部3学年部門ベストティーチャー賞
  • 2011年09月 日本臨床免疫学会 第39回日本臨床免疫学会 優秀演題賞
  • 2011年07月 日本リウマチ学会 平成23年度日本リウマチ学会 奨励賞
  • 2007年10月 日本臨床免疫学会 第35回日本臨床免疫学会 優秀ポスター賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.