詳細検索はこちら

小笠原 徳子 オガサワラ ノリコ

所属部署名耳鼻咽喉科学講座
職名助教ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00438061.ja.html
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    アレルギー・ぜんそく, 免疫学, 病理学, 細胞・組織

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 耳鼻咽喉科学
  • 基礎医学 / 人体病理学

研究活動

論文

  • Cochlear implantation in a patient with Paget's disease.
    Takano K, Saikawa E, Ogasawara N, Himi T
    American journal of otolaryngology 35 408-410 2014年05月 [査読有り]
  • Humulone suppresses replication of respiratory syncytial virus and release of IL-8 and RANTES in normal human nasal epithelial cells.
    Fuchimoto J, Kojima T, Okabayashi T, Masaki T, Ogasawara N, Obata K, Nomura K, Hirakawa S, Kobayashi N, Shigyo T, Yokota S, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    Medical molecular morphology 46 203-209 2013年12月 [査読有り]
  • Regulation of tight junctions in upper airway epithelium.
    Kojima T, Go M, Takano K, Kurose M, Ohkuni T, Koizumi J, Kamekura R, Ogasawara N, Masaki T, Fuchimoto J, Obata K, Hirakawa S, Nomura K, Keira T, Miyata R, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    BioMed research international 2013 947072 2013年 [査読有り]
  • Hop water extract inhibits double-stranded RNA-induced thymic stromal lymphopoietin release from human nasal epithelial cells.
    Fuchimoto J, Kojima T, Kobayashi N, Ohkuni T, Ogasawara N, Masaki T, Obata K, Nomura K, Kondoh A, Shigyo T, Himi T, Sawada N
    American journal of rhinology & allergy 26 433-438 2012年11月 [査読有り]
  • Altered expression of claudin-1, claudin-7, and tricellulin regardless of human papilloma virus infection in human tonsillar squamous cell carcinoma.
    Kondoh A, Takano K, Kojima T, Ohkuni T, Kamekura R, Ogasawara N, Go M, Sawada N, Himi T
    Acta oto-laryngologica 131 861-868 2011年08月 [査読有り]
  • A nuclear factor-κB signaling pathway via protein kinase C δ regulates replication of respiratory syncytial virus in polarized normal human nasal epithelial cells.
    Masaki T, Kojima T, Okabayashi T, Ogasawara N, Ohkuni T, Obata K, Takasawa A, Murata M, Tanaka S, Hirakawa S, Fuchimoto J, Ninomiya T, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    Molecular biology of the cell 22 2144-2156 2011年07月 [査読有り]
  • Epithelial barrier and antigen uptake in lymphoepithelium of human adenoids.
    Ogasawara N, Kojima T, Go M, Takano K, Kamekura R, Ohkuni T, Koizumi J, Masaki T, Fuchimoto J, Obata K, Kurose M, Shintani T, Sawada N, Himi T
    Acta oto-laryngologica 131 116-123 2011年02月 [査読有り]
  • Poly(I:C) reduces expression of JAM-A and induces secretion of IL-8 and TNF-α via distinct NF-κB pathways in human nasal epithelial cells.
    Ohkuni T, Kojima T, Ogasawara N, Masaki T, Fuchimoto J, Kamekura R, Koizumi J, Ichimiya S, Murata M, Tanaka S, Himi T, Sawada N
    Toxicology and applied pharmacology 250 29-38 2011年01月 [査読有り]
  • Mucosal immune barrier and antigen-presenting system in human nasal epithelial cells.
    Himi T, Takano K, Ogasawara N, Go M, Kurose M, Koizumi J, Kamekura R, Kondo A, Ohkuni T, Masaki T, Kojima T, Sawada N, Tsutsumi H
    Advances in oto-rhino-laryngology 72 28-30 2011年 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase is largely involved in the regulation of tricellular tight junctions via tricellulin in human pancreatic duct epithelial cells.
    Kojima T, Fuchimoto J, Yamaguchi H, Ito T, Takasawa A, Ninomiya T, Kikuchi S, Ogasawara N, Ohkuni T, Masaki T, Hirata K, Himi T, Sawada N
    Journal of cellular physiology 225 720-733 2010年11月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Cochlear implantation in a patient with Paget's disease.
    Takano K, Saikawa E, Ogasawara N, Himi T
    American journal of otolaryngology 35 408-410 2014年05月 [査読有り]
  • Humulone suppresses replication of respiratory syncytial virus and release of IL-8 and RANTES in normal human nasal epithelial cells.
    Fuchimoto J, Kojima T, Okabayashi T, Masaki T, Ogasawara N, Obata K, Nomura K, Hirakawa S, Kobayashi N, Shigyo T, Yokota S, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    Medical molecular morphology 46 203-209 2013年12月 [査読有り]
  • Regulation of tight junctions in upper airway epithelium.
    Kojima T, Go M, Takano K, Kurose M, Ohkuni T, Koizumi J, Kamekura R, Ogasawara N, Masaki T, Fuchimoto J, Obata K, Hirakawa S, Nomura K, Keira T, Miyata R, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    BioMed research international 2013 947072 2013年 [査読有り]
  • Hop water extract inhibits double-stranded RNA-induced thymic stromal lymphopoietin release from human nasal epithelial cells.
    Fuchimoto J, Kojima T, Kobayashi N, Ohkuni T, Ogasawara N, Masaki T, Obata K, Nomura K, Kondoh A, Shigyo T, Himi T, Sawada N
    American journal of rhinology & allergy 26 433-438 2012年11月 [査読有り]
  • Altered expression of claudin-1, claudin-7, and tricellulin regardless of human papilloma virus infection in human tonsillar squamous cell carcinoma.
    Kondoh A, Takano K, Kojima T, Ohkuni T, Kamekura R, Ogasawara N, Go M, Sawada N, Himi T
    Acta oto-laryngologica 131 861-868 2011年08月 [査読有り]
  • A nuclear factor-κB signaling pathway via protein kinase C δ regulates replication of respiratory syncytial virus in polarized normal human nasal epithelial cells.
    Masaki T, Kojima T, Okabayashi T, Ogasawara N, Ohkuni T, Obata K, Takasawa A, Murata M, Tanaka S, Hirakawa S, Fuchimoto J, Ninomiya T, Fujii N, Tsutsumi H, Himi T, Sawada N
    Molecular biology of the cell 22 2144-2156 2011年07月 [査読有り]
  • Epithelial barrier and antigen uptake in lymphoepithelium of human adenoids.
    Ogasawara N, Kojima T, Go M, Takano K, Kamekura R, Ohkuni T, Koizumi J, Masaki T, Fuchimoto J, Obata K, Kurose M, Shintani T, Sawada N, Himi T
    Acta oto-laryngologica 131 116-123 2011年02月 [査読有り]
  • Poly(I:C) reduces expression of JAM-A and induces secretion of IL-8 and TNF-α via distinct NF-κB pathways in human nasal epithelial cells.
    Ohkuni T, Kojima T, Ogasawara N, Masaki T, Fuchimoto J, Kamekura R, Koizumi J, Ichimiya S, Murata M, Tanaka S, Himi T, Sawada N
    Toxicology and applied pharmacology 250 29-38 2011年01月 [査読有り]
  • Mucosal immune barrier and antigen-presenting system in human nasal epithelial cells.
    Himi T, Takano K, Ogasawara N, Go M, Kurose M, Koizumi J, Kamekura R, Kondo A, Ohkuni T, Masaki T, Kojima T, Sawada N, Tsutsumi H
    Advances in oto-rhino-laryngology 72 28-30 2011年 [査読有り]
  • c-Jun N-terminal kinase is largely involved in the regulation of tricellular tight junctions via tricellulin in human pancreatic duct epithelial cells.
    Kojima T, Fuchimoto J, Yamaguchi H, Ito T, Takasawa A, Ninomiya T, Kikuchi S, Ogasawara N, Ohkuni T, Masaki T, Hirata K, Himi T, Sawada N
    Journal of cellular physiology 225 720-733 2010年11月 [査読有り]
  • PPARgamma agonists upregulate the barrier function of tight junctions via a PKC pathway in human nasal epithelial cells.
    Ogasawara N, Kojima T, Go M, Ohkuni T, Koizumi J, Kamekura R, Masaki T, Murata M, Tanaka S, Fuchimoto J, Himi T, Sawada N
    Pharmacological research : the official journal of the Italian Pharmacological Society 61 489-498 2010年06月 [査読有り]
  • Thymic stromal lymphopoietin induces tight junction protein claudin-7 via NF-kappaB in dendritic cells.
    Kamekura R, Kojima T, Takashima A, Koizumi J, Ogasawara N, Go M, Takano K, Murata M, Tanaka S, Ichimiya S, Himi T, Sawada N
    Histochemistry and cell biology 133 339-348 2010年03月 [査読有り]
  • The acid-sensing ion channel 2 (ASIC2) of ciliated cells in the developing rat nasal septum.
    Kikuchi S, Ninomiya T, Kawamata T, Ogasawara N, Kojima T, Tachi N, Tatsumi H
    Archives of histology and cytology 73 81-89 2010年 [査読有り]
  • Expression and localization of tricellulin in human nasal epithelial cells in vivo and in vitro.
    Ohkuni T, Kojima T, Ogasawara N, Masaki T, Ninomiya T, Kikuchi S, Go M, Takano K, Himi T, Sawada N
    Medical molecular morphology 42 204-211 2009年12月 [査読有り]
  • Induction of JAM-A during differentiation of human THP-1 dendritic cells.
    Ogasawara N, Kojima T, Go M, Fuchimoto J, Kamekura R, Koizumi J, Ohkuni T, Masaki T, Murata M, Tanaka S, Ichimiya S, Himi T, Sawada N
    Biochemical and biophysical research communications 389 543-549 2009年11月 [査読有り]
  • Thymic stromal lymphopoietin enhances tight-junction barrier function of human nasal epithelial cells.
    Kamekura R, Kojima T, Koizumi J, Ogasawara N, Kurose M, Go M, Harimaya A, Murata M, Tanaka S, Chiba H, Himi T, Sawada N
    Cell and tissue research 338 283-293 2009年11月 [査読有り]
  • Protein kinase C enhances tight junction barrier function of human nasal epithelial cells in primary culture by transcriptional regulation.
    Koizumi J, Kojima T, Ogasawara N, Kamekura R, Kurose M, Go M, Harimaya A, Murata M, Osanai M, Chiba H, Himi T, Sawada N
    Molecular pharmacology 74 432-442 2008年08月 [査読有り]
  • Expression of tight junction proteins in epithelium including Ck20-positive M-like cells of human adenoids in vivo and in vitro.
    Takano K, Kojima T, Ogasawara N, Go M, Kikuchi S, Ninomiya T, Kurose M, Koizumi J, Kamekura R, Murata M, Tanaka S, Chiba H, Himi T, Sawada N
    Journal of molecular histology 39 265-273 2008年06月 [査読有り]

MISC

  • 耳鼻咽喉科とウイルス 上気道粘膜とウイルス感染
    氷見徹夫, 高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 山本圭佑, 高橋希
    JOHNS 30(11) 1533-1539 2014年11月
  • 当院で人工内耳手術を行った小児進行性難聴例の検討
    高橋希, 才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 海崎文, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵
    Audiol Jpn 57(5) 283-284 2014年10月
  • 当科における中等度難聴児の検討
    今野綾美, 才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 海崎文, 吉野真代, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 447-448 2014年10月
  • 視聴覚障害者の人工内耳装用の現状
    海崎文, 新谷朋子, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 293-294 2014年10月
  • 3歳以降に診断をうけた中等度・高度難聴症例の検討
    才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 高橋希, 海崎文, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 445-446 2014年10月
  • 当科における2歳未満の人工内耳手術症例の検討
    高野賢一, 才川悦子, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    Otol Jpn 24(4) 494 2014年09月
  • ヒト気道上皮細胞に対するRSウイルス感染によるサイトカイン産生能と抗生剤投与による阻害効果の検討
    高野賢一, 山本圭佑, 小笠原徳子, 小泉純一, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2(3) 28 2014年09月
  • 降下性壊死性縦隔炎に対し胸腔鏡下縦隔ドレナージ術を施行した1例
    小泉純一, 高野賢一, 小笠原徳子, 山本圭佑, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2(3) 26 2014年09月
  • 動向を捉えて治療する 流行性呼吸器感染症 ウイルス性呼吸器感染症―RSウイルス・ライノウイルス
    小笠原徳子, 横田伸一, 氷見徹夫
    感染と抗菌薬 17(1) 68-72 2014年03月
  • アブミ骨固着症例の検討
    高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 86(2) 171-171 2014年02月
MISCを全て表示する
  • 耳鼻咽喉科とウイルス 上気道粘膜とウイルス感染
    氷見徹夫, 高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 山本圭佑, 高橋希
    JOHNS 30(11) 1533-1539 2014年11月
  • 当院で人工内耳手術を行った小児進行性難聴例の検討
    高橋希, 才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 海崎文, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵
    Audiol Jpn 57(5) 283-284 2014年10月
  • 当科における中等度難聴児の検討
    今野綾美, 才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 海崎文, 吉野真代, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 447-448 2014年10月
  • 視聴覚障害者の人工内耳装用の現状
    海崎文, 新谷朋子, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 293-294 2014年10月
  • 3歳以降に診断をうけた中等度・高度難聴症例の検討
    才川悦子, 新谷朋子, 新谷朋子, 小笠原徳子, 高橋希, 海崎文, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 57(5) 445-446 2014年10月
  • 当科における2歳未満の人工内耳手術症例の検討
    高野賢一, 才川悦子, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    Otol Jpn 24(4) 494 2014年09月
  • ヒト気道上皮細胞に対するRSウイルス感染によるサイトカイン産生能と抗生剤投与による阻害効果の検討
    高野賢一, 山本圭佑, 小笠原徳子, 小泉純一, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2(3) 28 2014年09月
  • 降下性壊死性縦隔炎に対し胸腔鏡下縦隔ドレナージ術を施行した1例
    小泉純一, 高野賢一, 小笠原徳子, 山本圭佑, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2(3) 26 2014年09月
  • 動向を捉えて治療する 流行性呼吸器感染症 ウイルス性呼吸器感染症―RSウイルス・ライノウイルス
    小笠原徳子, 横田伸一, 氷見徹夫
    感染と抗菌薬 17(1) 68-72 2014年03月
  • アブミ骨固着症例の検討
    高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 86(2) 171-171 2014年02月
  • ウイルス性炎症における上気道粘膜の役割―鼻粘膜上皮機能解析から炎症制御戦略を探る―
    氷見徹夫, 高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 正木智之, 小幡和史, 堤裕幸, 小島隆, 澤田典均, 横田伸一
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2(1) 1-5 2014年01月
  • 当科における先天性小耳症例の検討
    小笠原徳子, 高野賢一, 阿部亜由美, 才川悦子, 海崎文, 関伸彦, 吉野真代, 今野綾美, 山内誠, 新谷朋子, 四ツ柳高敏, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 34(3) 360-365 2013年12月
  • 扁桃・アデノイドはなぜあるのか?鼻はなにをしているのか?―小児の粘膜免疫・粘膜防御最前線―
    氷見徹夫, 高野賢一, 山下恵司, 小笠原徳子, 正木智之, 小幡和史, 堤裕幸, 小島隆, 一宮慎吾, 澤田典均, 横田伸一
    小児耳鼻咽喉科 34(3) 239-244 2013年12月
  • 当科における耳小骨奇形手術例の検討
    高野賢一, 實川純人, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    Otol Jpn 23(4) 679 2013年10月
  • 当科における人工内耳埋め込み術の術後合併症に関する検討
    小笠原徳子, 新谷朋子, 才川悦子, 高野賢一, 氷見徹夫
    Otol Jpn 23(4) 647 2013年10月
  • クローズアップ“目・耳・鼻・口”の診かたと初期対応〈口〉口蓋垂裂,口蓋垂変位
    小笠原徳子, 氷見徹夫
    小児内科 45(10) 1860-1862 2013年10月
  • 当科における高齢人工内耳装用者の現状
    海崎文, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 吉野真代, 今野綾美, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 56(5) 537-538 2013年09月
  • 聴力精査目的にて受診した1~2歳児の動向‐1歳6か月児健診との関連―
    吉野真代, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 海崎文, 北川可恵, 氷見徹夫
    Audiol Jpn 56(5) 331-332 2013年09月
  • ウイルス性上気道炎での免疫応答と鼻粘膜上皮の役割
    氷見徹夫, 高野賢一, 大國毅, 小笠原徳子, 正木智之, 小幡和史, 堤裕幸, 小島隆, 澤田典均, 横田伸一
    耳鼻咽喉科展望 56(4) 162-177 2013年08月
  • 当科で治療した副耳下腺腫瘍の検討
    角木拓也, 大國毅, 郷充, 近藤敦, 黒瀬誠, 小笠原徳子, 小幡和史, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 補冊(135) 97 2013年07月
  • 当科で経験した乳児鼻中隔膿瘍の1例
    森山亜由美, 高野賢一, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 34(2) 143 2013年06月
  • 1歳6カ月児健診後に精査目的で受診した児の検討
    吉野真代, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 海崎文, 北川可恵, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 34(2) 114 2013年06月
  • 当院における先天性小耳症,先天性外耳道閉鎖症例の検討
    小笠原徳子, 才川悦子, 川端文, 高野賢一, 森山亜由美, 吉野真代, 四柳高敏, 新谷朋子, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 34(2) 154 2013年06月
  • 当科における人工内耳装用の中・高・大学生の進学状況について
    海崎文, 新谷朋子, 才川悦子, 小笠原徳子, 吉野真代, 北川可恵, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 34(2) 153 2013年06月
  • 当科における上咽頭癌症例の検討
    黒瀬誠, 近藤敦, 郷充, 高野賢一, 大國毅, 関伸彦, 小幡和史, 松宮弘, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科展望 56 172-173 2013年05月
  • 当科における上顎扁平上皮癌症例の臨床的検討
    黒瀬誠, 近藤敦, 郷充, 高野賢一, 大國毅, 関伸彦, 小幡和史, 松宮弘, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科展望 56 132-133 2013年05月
  • 処置中・処置後の急変への対応法 口蓋扁桃摘出術
    小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 85(5) 270-273 2013年04月
  • 先天性小耳症例における電気味覚検査
    森山亜由美, 関伸彦, 小笠原徳子, 四ツ柳高敏, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 116(4) 512 2013年04月
  • 当科における先天性小耳症・外耳道閉鎖症例の検討 第一報
    小笠原徳子, 関伸彦, 森山亜由美, 四ツ柳高敏, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 116(4) 406 2013年04月
  • 耳鼻咽喉科における乳幼児診療Q&A 乳幼児でも扁桃病巣疾患はありますか?
    小笠原徳子, 氷見徹夫
    ENTONI(152) 57-64 2013年04月
  • 当科における孤立性蝶形骨洞病変症例の検討
    大國毅, 高野賢一, 関伸彦, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌(Web) 52(3) 430(J-STAGE) 2013年
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞を用いたcurcuminによるRSvirusの複製阻害およびタイト結合発現誘導のメカニズム解析
    小幡和史, 小島隆, 正木智之, 渕本潤, 平川賢史, 野村一顕, 高澤啓, 小笠原徳子, 氷見徹夫, 澤田典均
    日本病理学会会誌 101(1) 280 2012年03月
  • 当院における喉頭癌治療の検討
    吉岡巌, 小笠原徳子, 山下恵司
    頭けい部癌 37(2) 296 2011年05月
  • RSウイルス感染によるヒト鼻粘膜上皮細胞のシグナル応答
    正木智之, 小島隆, 大國毅, 小笠原徳子, 小幡和史, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 114(4) 344 2011年04月
  • 重粒子線を治療に用いた頸部悪性軟部腫瘍例
    小笠原徳子, 百島尚樹, 菊池慶介, 長屋朋典, 村上昌雄, 菱川良夫, 吉岡巌
    耳鼻咽喉科臨床 104(12) 899-903 (J-STAGE) 2011年
  • 抗原提示経路としての扁桃上皮の役割
    小笠原徳子, 郷充, 高野賢一, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 31(3) 244-247 2010年12月
  • RSウイルス感染によるヒト鼻粘膜上皮細胞のシグナル応答
    正木智之, 小島隆, 郷充, 高野賢一, 大国毅, 大国毅, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 岡林環樹, 藤井暢弘, 堤裕幸, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 49(3) 425 2010年07月
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞を用いたホップ水抽出物のTSLP産生抑制効果
    渕本潤, 小島隆, 小林直之, 亀倉隆太, 郷充, 大國毅, 小笠原徳子, 正木智之, 伊藤一敏, 執行達朗, 氷見徹夫, 澤田典均
    日本鼻科学会会誌 49(3) 371 2010年07月
  • 鼻性視神経症の3症例
    百島尚樹, 小笠原徳子, 長屋朋典, 吉岡巌
    日本鼻科学会会誌 49(3) 408 2010年07月
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞における新規タイト結合分子tricellulinの発現調節
    大國毅, 小島隆, 小笠原徳子, 正木智之, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 49(3) 425 2010年07月
  • 蝶形骨洞原発Ewing肉腫の一例
    小幡和史, 郷充, 新谷朋子, 黒瀬誠, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 49(3) 390 2010年07月
  • 蝶形洞原発Ewing肉腫の1例
    小幡和史, 新谷朋子, 黒瀬誠, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 補冊(128) 125 2010年06月
  • Auditory Neuropathyを呈した小児人工内耳症例についての検討
    川端文, 新谷朋子, 吉野真代, 小笠原徳子, 氷見徹夫, 城間将江
    小児耳鼻咽喉科 31(2) 188 2010年06月
  • 抗原認識機構としての扁桃~上皮からみた粘膜免疫~
    小笠原徳子, 郷充
    小児耳鼻咽喉科 31(2) 95 2010年06月
  • 蝶形骨洞原発Ewing肉腫の一例
    小幡和史, 郷充, 新谷朋子, 黒瀬誠, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 31(2) 179 2010年06月
  • 核内受容体PPARγアゴニストによる鼻粘膜の炎症性疾患に対する予防・治療に関する基礎的研究
    小笠原徳子, 郷充, 小島隆, 高野賢一, 大国毅, 亀倉隆太, 小泉純一, 正木智之, 今野信宏, 染川幸裕, 浅野勝士, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 113(4) 403 2010年04月
  • Toll様受容体刺激によるヒト鼻粘膜上皮細胞タイト結合分子発現変化について
    大國毅, 小島隆, 小笠原徳子, 正木智之, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 113(4) 405 2010年04月
  • 中咽頭側壁癌におけるタイト結合蛋白の発現変化の検討
    近藤敦, 高野賢一, 大國毅, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 113(4) 344 2010年04月
  • RSウイルス感染ヒト鼻粘膜上皮細胞におけるタイト結合の誘導
    正木智之, 小島隆, 大國毅, 小笠原徳子, 氷見徹夫, 村田雅樹, 田中敏, 澤田典均
    日本病理学会会誌 99(1) 191 2010年03月
  • 鼻粘膜上皮細胞における自然免疫―toll like receptorによるタイト結合分子発現調節
    大國毅, 小島隆, 小笠原徳子, 正木智之, 澤田均典, 氷見徹夫
    月刊アレルギーの臨床(397) 88-89 2010年01月
  • RSウイルス感染ヒト鼻粘膜上皮細胞におけるタイト結合の誘導
    正木智之, 小島隆, 大國毅, 小笠原徳子, 岡林環樹, 澤田典均, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 28(2 CD-ROM) ROMBUNNO.O-21 2010年
  • RSウイルス感染ヒト鼻粘膜上皮細胞におけるタイト結合の誘導
    正木智之, 小島隆, 大國毅, 小笠原徳子, 岡林環樹, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会プログラム・抄録集 28th 85 2010年
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞を用いたRSウイルス感染モデルの確立と上皮タイト結合への影響
    正木智之, 小島隆, 大國毅, 小笠原徳子, 岡林環樹, 藤井暢弘, 堤裕幸, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 48(3) 323 2009年08月
  • 正常ヒト鼻粘膜上皮バリア調節機構へのTLRの関与:TLR3を中心に
    大國毅, 小島隆, 小笠原徳子, 正木智之, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 48(3) 181 2009年08月
  • ヒト鼻粘膜の機能解析から見えてくること
    氷見徹夫, 郷充, 近藤敦, 高野賢一, 正木智之, 小泉純一, 亀倉隆太, 大國毅, 小笠原徳子, 小島隆, 澤田典均
    耳鼻咽喉科展望 52 9-18 2009年08月
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞と樹状細胞のタイト結合蛋白はthymic stromal lymphopoietin(TSLP)によって誘導される
    亀倉隆太, 小島隆, 小笠原徳子, 大國毅, 高野賢一, 郷充, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 112(4) 376 2009年04月
  • 核内受容体PPAR‐γを介したヒト鼻粘膜におけるタイト結合の発現調節機構
    小笠原徳子, 小島隆, 郷充, 亀倉隆太, 大國毅, 正木智之, 村田雅樹, 田中敏, 千葉英樹, 氷見徹夫, 澤田典均
    日本病理学会会誌 98(1) 323 2009年03月
  • 核内受容体PPAR‐γを介したヒト鼻粘膜上皮細胞,樹状細胞のタイト結合の調節機構:アレルギー性鼻炎の予防・治療のための基礎研究
    小笠原徳子, 小島隆, 郷充, 亀倉隆太, 高野賢一, 大国毅, 正木智之, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会プログラム・抄録集 27th 65 2009年
  • 核内受容体PPARγを介したヒト鼻粘膜上皮細胞,樹状細胞のタイト結合の調節機構―アレルギー性鼻炎の予防・治療のための基礎研究―
    小笠原徳子, 小島隆, 郷充, 亀倉隆太, 高野賢一, 大国毅, 大国毅, 正木智之, 澤田典均, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 27(2 CD-ROM) ROMBUNNO.O-2 2009年
  • 核内受容体PPAR‐gammaを介したヒト鼻粘膜上皮細胞および樹状細胞のタイト結合の発現調節機構
    小笠原徳子, 小島隆, 郷充, 亀倉隆太, 高野賢一, 大國毅, 澤田典均, 氷見徹夫
    アレルギー 57(9/10) 1396 2008年10月
  • 粘膜のバリアと抗原サンプリング‐鼻粘膜を介した新たな治療戦略にむけて‐
    郷充, 小島隆, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 小泉純一, 黒瀬誠, 高野賢一, 澤田典均, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科展望 51 32-38 2008年08月
  • 核内受容体PPARγを介したアレルギー性鼻炎の予防・治療のための基礎研究
    小笠原徳子, 小島隆, 郷充, 黒瀬誠, 亀倉隆太, 氷見徹夫, 澤田典均
    Inflamm Regen 28(4) 367 2008年07月
  • ヒト鼻粘膜上皮バリアにおけるPKCシグナルを介したタイト結合の調節機構
    小島隆, 小泉純一, 小笠原徳子, 亀倉隆太, 黒瀬誠, 今野信宏, 郷充, 高野賢一, 氷見徹夫, 澤田典均
    Inflamm Regen 28(4) 354 2008年07月
  • 当科における副咽頭間隙悪性腫瘍症例の検討,及びアプローチ法としてのmaxillary swingの経験
    坪田大, 郷充, 金泉悦子, 関伸彦, 小笠原徳子, 新谷朋子, 氷見徹夫
    頭けい部癌 34(2) 212 2008年05月
  • 中耳結核の3症例
    小笠原徳子, 郷充, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 26(1) 27-30 2008年05月
  • ヒトアデノイドのCk20陽性M細胞におけるタイト結合蛋白の発現
    高野賢一, 小笠原徳子, 郷充, 黒瀬誠, 小泉純一, 亀倉隆太, 新谷朋子, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 111(4) 268 2008年04月
  • アレルギー性鼻炎におけるThymic stromal lymphopoietin(TSLP)の役割
    亀倉隆太, 小島隆, 小笠原徳子, 村田雅樹, 田中敏, 千葉英樹, 氷見徹夫, 澤田典均
    日本病理学会会誌 97(1) 203 2008年03月
  • ミクリッツ病とキュットナー腫瘍(慢性硬化性唾液腺炎)の新しい疾患概念
    氷見徹夫, 金泉悦子, 小笠原徳子, 山本元久, 高橋裕樹
    耳鼻咽喉科臨床 101(2) 73-82 2008年02月
  • アレルギー性鼻炎における樹状細胞活性化因子Thymic stromal lymphopoietin(TSLP)の役割
    亀倉隆太, 小島隆, 小泉純一, 小笠原徳子, 今野信宏, 播摩谷敦, 郷充, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会プログラム・抄録集 26th 78 2008年
  • ヒト鼻粘膜におけるタイト結合蛋白tricellulinの発現調節
    大國毅, 小島隆, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 菊池真, 二宮孝文, 氷見徹夫, 澤田典均
    日本臨床分子形態学会総会ならびに学術講演会講演プログラム・予稿集 40th 131 2008年
  • アレルギー性鼻炎における樹状細胞活性化因子Thymic stromal lymphopoietin(TSLP)の役割
    亀倉隆太, 小島隆, 小泉純一, 小笠原徳子, 今野信宏, 播摩谷敦, 郷充, 澤田典均, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 26(2 CD-ROM) ROMBUNNO.52 2008年
  • 先端医学講座 37)アレルギー性鼻炎における鼻粘膜上皮バリアと免疫調節機構
    氷見徹夫, 郷充, 高野賢一, 黒瀬誠, 小泉純一, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 小島隆, 澤田典均
    月刊アレルギーの臨床(367) 1038-1043 2007年12月
  • 小児鼻咽腔細菌叢における中耳炎起炎菌のアドノイド切除術前後の動態
    小笠原徳子, 播摩谷敦, 新谷朋子, 氷見徹夫
    Otol Jpn 17(4) 407 2007年09月
  • 外鼻皮下に発生した血管平滑筋腫例
    小笠原徳子, 坪田大, 新谷朋子, 渡辺雅子, 渡邉一正, 関伸彦, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 100(9) 709-713 2007年09月
  • アレルギー性鼻炎における上皮産生Thymic stromal lymphopoietin(TSLP)の役割
    亀倉隆太, 小島隆, 黒瀬誠, 小泉純一, 小笠原徳子, 今野信宏, 郷充, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 46(3) 263 2007年08月
  • ヒト鼻粘膜上皮バリアにおけるPKCシグナルを介したタイト結合の調節機構
    小泉純一, 小島隆, 黒瀬誠, 亀倉隆太, 小笠原徳子, 今野信宏, 郷充, 澤田典均, 氷見徹夫
    日本鼻科学会会誌 46(3) 263 2007年08月
  • 中耳結核の3症例
    小笠原徳子, 新谷朋子, 関伸彦, 金泉悦子, 坪田大, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 補冊(120) 55 2007年07月
  • テロメラーゼ遺伝子導入培養ヒト鼻粘膜上皮細胞のタイト結合の発現と機能
    小島隆, 黒瀬誠, 亀倉隆太, 小泉純一, 小笠原徳子, 氷見徹夫, 澤田典均
    Inflamm Regen 27(4) 439 2007年07月
  • アレルギー性鼻炎におけるThymic stromal lymphopoietin(TSLP)の役割
    亀倉隆太, 小島隆, 黒瀬誠, 小泉純一, 小笠原徳子, 氷見徹夫, 澤田典均
    Inflamm Regen 27(4) 440 2007年07月
  • アデノイド切除術前後における小児鼻咽腔細菌叢の動態に関する検討
    小笠原徳子, 播摩谷敦, 新谷朋子, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 28(2) 94 2007年06月
  • ヒプノPTTを用いた小児睡眠時無呼吸症候群検査の検討
    小笠原徳子, 新谷朋子, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 110(4) 286 2007年04月
  • 多系統萎縮症(MSA)の薬物睡眠下の声帯運動の評価と治療
    新谷朋子, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 110(4) 287 2007年04月
  • ミクリッツ病の新しい知見に基づく疾患概念
    氷見徹夫, 金泉悦子, 小笠原徳子, 山本元久, 高橋裕樹
    口腔・咽頭科 19(2) 241-248 2007年03月
  • 妊娠後期に鼻中隔より発生した化膿性肉芽腫例
    関伸彦, 坪田大, 新谷朋子, 渡辺雅子, 渡邉一正, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 79(3) 237-241 2007年03月
  • Pulse transit timeを用いた小児睡眠時無呼吸症候群検査の検討
    新谷朋子, 小笠原徳子, 金泉悦子, 氷見徹夫
    小児耳鼻咽喉科 28(1) 46-51 2007年03月
  • ヒプノPTTを用いた小児睡眠時無呼吸症候群検査の検討
    小笠原徳子, 新谷朋子, 氷見徹夫
    口腔・咽頭科 19(1) 33 2006年08月
  • 外鼻皮下に発生した血管平滑筋腫例
    小笠原徳子, 坪田大, 新谷朋子, 渡辺雅子, 渡邉一正, 関伸彦, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 補冊(118) 72 2006年06月
  • 妊娠後期に鼻中隔より発生した化膿性肉芽腫例
    関伸彦, 坪田大, 新谷朋子, 渡辺雅子, 渡邉一正, 小笠原徳子, 氷見徹夫
    耳鼻咽喉科臨床 補冊(118) 71 2006年06月
  • 睡眠時無呼吸障害におけるGERD
    新谷朋子, 小笠原徳子, 関伸彦, 氷見徹夫
    日本耳鼻咽喉科学会会報 109(4) 337 2006年04月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.