詳細検索はこちら

水尾 圭祐 ミズオ ケイスケ

所属部署名法医学講座
職名講師ホームページURL
更新日 :2017/11/18

プロフィール

研究キーワード

    薬物依存, アルコール

研究分野

  • 薬学 / 生物系薬学
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学
  • 社会医学 / 法医学

経歴

  • 2008年04月
    -
    現在
    札幌医科大学(助教・医学部)
  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    東京理科大学総合研究機構(ポストドクトラル研究員)
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    Temple University School of Medicine(Postdoctoral fellow)
  • 2001年04月
    -
    2004年03月
    星薬科大学大学院薬学研究科博士課程後期(大学院生)
  • 2004年03月
    星薬科大学大学院薬学研究科博士課程後期修了(博士 (薬学) 取得)

所属学協会

  • 日本法医学会
  • International Society for Biomedical Research on Alcoholism
  • Society for Neuroscience
  • 日本アルコール・薬物医学会
  • 日本薬理学会
  • 日本神経科学学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本法医学会
  • International Society for Biomedical Research on Alcoholism
  • Society for Neuroscience
  • 日本アルコール・薬物医学会
  • 日本薬理学会
  • 日本神経科学学会

研究活動

論文

  • Maternal exposure to nanoparticulate titanium dioxide during the prenatal period alters gene expression related to brain development in the mouse.
    Shimizu M, Tainaka H, Oba T, Mizuo K, Umezawa M, Takeda K
    Particle and fibre toxicology 6 20 2009年07月 [査読有り]
  • Effect of prenatal exposure to diesel exhaust on dopaminergic system in mice.
    Yokota S, Mizuo K, Moriya N, Oshio S, Sugawara I, Takeda K
    Neuroscience letters 449 38-41 2009年01月 [査読有り]
  • Smooth muscle-associated protein 8: distribution and biological activity in the rat brain.
    Brailoiu GC, Dun SL, Mizuo K, Brailoiu E, Yang J, Chang JK, Dun NJ
    Journal of neuroscience research 85 1789-1796 2007年06月 [査読有り]
  • Changes in central dopaminergic systems and morphine reward by prenatal and neonatal exposure to bisphenol-A in mice: evidence for the importance of exposure period.
    Narita M, Miyagawa K, Mizuo K, Yoshida T, Suzuki T
    Addiction biology 12 167-172 2007年06月 [査読有り]
  • Distribution and characterization of estrogen receptor G protein-coupled receptor 30 in the rat central nervous system.
    Brailoiu E, Dun SL, Brailoiu GC, Mizuo K, Sklar LA, Oprea TI, Prossnitz ER, Dun NJ
    The Journal of endocrinology 193 311-321 2007年05月 [査読有り]
  • Prenatal and neonatal exposure to low-dose of bisphenol-A enhance the morphine-induced hyperlocomotion and rewarding effect.
    Narita M, Miyagawa K, Mizuo K, Yoshida T, Suzuki T
    Neuroscience letters 402 249-252 2006年07月 [査読有り]
  • [Exposure to bisphenol-A affects the rewarding system in mice]
    Suzuki T, Mizuo K, Miyagawa K, Narita M
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 25 125-128 2005年06月 [査読有り]
  • Neuropeptide B immunoreactivity in the central nervous system of the rat.
    Dun SL, Brailoiu GC, Mizuo K, Yang J, Chang JK, Dun NJ
    Brain research 1045 157-163 2005年05月 [査読有り]
  • [The functional change in the 5-HT1A receptor induced by stress and the role of the 5-HT1A receptor in neuroprotection]
    Narita M, Miyagawa K, Narita M, Mizuo K, Miyatake M, Tsutomu S
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 25 91-104 2005年04月 [査読有り]
  • Functional changes in dopamine D3 receptors by prenatal and neonatal exposure to an endocrine disruptor bisphenol-A in mice.
    Mizuo K, Narita M, Yoshida T, Narita M, Suzuki T
    Addiction biology 9 19-25 2004年03月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Maternal exposure to nanoparticulate titanium dioxide during the prenatal period alters gene expression related to brain development in the mouse.
    Shimizu M, Tainaka H, Oba T, Mizuo K, Umezawa M, Takeda K
    Particle and fibre toxicology 6 20 2009年07月 [査読有り]
  • Effect of prenatal exposure to diesel exhaust on dopaminergic system in mice.
    Yokota S, Mizuo K, Moriya N, Oshio S, Sugawara I, Takeda K
    Neuroscience letters 449 38-41 2009年01月 [査読有り]
  • Smooth muscle-associated protein 8: distribution and biological activity in the rat brain.
    Brailoiu GC, Dun SL, Mizuo K, Brailoiu E, Yang J, Chang JK, Dun NJ
    Journal of neuroscience research 85 1789-1796 2007年06月 [査読有り]
  • Changes in central dopaminergic systems and morphine reward by prenatal and neonatal exposure to bisphenol-A in mice: evidence for the importance of exposure period.
    Narita M, Miyagawa K, Mizuo K, Yoshida T, Suzuki T
    Addiction biology 12 167-172 2007年06月 [査読有り]
  • Distribution and characterization of estrogen receptor G protein-coupled receptor 30 in the rat central nervous system.
    Brailoiu E, Dun SL, Brailoiu GC, Mizuo K, Sklar LA, Oprea TI, Prossnitz ER, Dun NJ
    The Journal of endocrinology 193 311-321 2007年05月 [査読有り]
  • Prenatal and neonatal exposure to low-dose of bisphenol-A enhance the morphine-induced hyperlocomotion and rewarding effect.
    Narita M, Miyagawa K, Mizuo K, Yoshida T, Suzuki T
    Neuroscience letters 402 249-252 2006年07月 [査読有り]
  • [Exposure to bisphenol-A affects the rewarding system in mice]
    Suzuki T, Mizuo K, Miyagawa K, Narita M
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 25 125-128 2005年06月 [査読有り]
  • Neuropeptide B immunoreactivity in the central nervous system of the rat.
    Dun SL, Brailoiu GC, Mizuo K, Yang J, Chang JK, Dun NJ
    Brain research 1045 157-163 2005年05月 [査読有り]
  • [The functional change in the 5-HT1A receptor induced by stress and the role of the 5-HT1A receptor in neuroprotection]
    Narita M, Miyagawa K, Narita M, Mizuo K, Miyatake M, Tsutomu S
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 25 91-104 2005年04月 [査読有り]
  • Functional changes in dopamine D3 receptors by prenatal and neonatal exposure to an endocrine disruptor bisphenol-A in mice.
    Mizuo K, Narita M, Yoshida T, Narita M, Suzuki T
    Addiction biology 9 19-25 2004年03月 [査読有り]

MISC

  • エタノールが脂肪酸代謝に及ぼす影響
    西谷陽子, 水尾圭祐, 片田竜一, 舘田健児, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 44(4) 390-391 2009年08月
  • エタノール急性投与による脳におけるマイクロRNAの発現変動
    水尾圭祐, 西谷陽子, 片田竜一, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 44(4) 430-431 2009年08月
  • Morphine 誘発報酬効果に関与する候補遺伝子の探索
    水尾圭祐, 成田年, 松本博志, 鈴木勉
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 418-419 2008年08月
  • アルコールの脳挫傷後脳浮腫に及ぼす影響
    片田竜一, 西谷陽子, 今林貴代美, 水尾圭祐, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 474-476 2008年08月
  • 抗酸化剤はアルコール摂取後における脳挫傷の予後を改善させる
    片田竜一, 西谷陽子, 今林貴代美, 水尾圭祐, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 540-542 2008年08月
  • 依存性薬物の精神依存に関与する候補遺伝子の探索
    水尾圭祐, 成田年, 松本博志, 鈴木勉
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 556-557 2008年08月
  • Morphine誘発自発運動促進作用に対する逆耐性形成時のμ-opioid受容体機能変化
    成田年, 瀧本淳, 相馬仁, 矢島義識, 水尾圭祐, 黒木由夫, 鈴木勉
    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 21(2) 55-61 2001年04月
MISCを全て表示する
  • エタノールが脂肪酸代謝に及ぼす影響
    西谷陽子, 水尾圭祐, 片田竜一, 舘田健児, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 44(4) 390-391 2009年08月
  • エタノール急性投与による脳におけるマイクロRNAの発現変動
    水尾圭祐, 西谷陽子, 片田竜一, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 44(4) 430-431 2009年08月
  • Morphine 誘発報酬効果に関与する候補遺伝子の探索
    水尾圭祐, 成田年, 松本博志, 鈴木勉
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 418-419 2008年08月
  • アルコールの脳挫傷後脳浮腫に及ぼす影響
    片田竜一, 西谷陽子, 今林貴代美, 水尾圭祐, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 474-476 2008年08月
  • 抗酸化剤はアルコール摂取後における脳挫傷の予後を改善させる
    片田竜一, 西谷陽子, 今林貴代美, 水尾圭祐, 渡邊智, 松本博志
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 540-542 2008年08月
  • 依存性薬物の精神依存に関与する候補遺伝子の探索
    水尾圭祐, 成田年, 松本博志, 鈴木勉
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4) 556-557 2008年08月
  • Morphine誘発自発運動促進作用に対する逆耐性形成時のμ-opioid受容体機能変化
    成田年, 瀧本淳, 相馬仁, 矢島義識, 水尾圭祐, 黒木由夫, 鈴木勉
    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 21(2) 55-61 2001年04月

講演・口頭発表

  • Prenatal exposure to titanium dioxide nanoparticles alters brain monoamine concentration in mice
    Keisuke Mizuo, Yuta Takahashi, Ken Takeda
    Neuroscience 2009 2009年10月
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • Prenatal exposure to titanium dioxide nanoparticles alters brain monoamine concentration in mice
    Keisuke Mizuo, Yuta Takahashi, Ken Takeda
    Neuroscience 2009 2009年10月

競争的資金等の研究課題

  • アルコール等濫用薬物のフラッシュバック現象の分子機構―マイクロRNAの役割
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2009年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • アルコール等濫用薬物のフラッシュバック現象の分子機構―マイクロRNAの役割
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2009年

受賞

  • 2003年 ニコチン・薬物依存研究フォーラム 奨励賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2003年 ニコチン・薬物依存研究フォーラム 奨励賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.