詳細検索はこちら

松村 博文 マツムラ ヒロフミ

所属部署名理学療法学科 理学療法学第二講座
職名教授ホームページURLhttp://http://web.sapmed.ac.jp/anthropology/index.html
更新日 :2019/04/26

プロフィール

研究キーワード

    形態, 古人骨, 歯, 東南アジア, 縄文人, 考古学, 人骨, 新石器時代, 人類学, 北海道, 起源, 歯冠計測値, 縄文, 進化, DNA, 地域性, 頭骨, 先史東南アジア, 年代測定, 国際研究者交流, 形質人類学, 現生人類, 移住, 拡散, ホモサピエンス

研究分野

  • 人類学 / 自然人類学
  • 人類学 / 自然人類学
  • 史学 / 考古学

経歴

  • 2014年04月
    -
    現在
    札幌医科大学 保健医療学部(教授)
  • 2006年10月
    -
    2014年03月
    札幌医科大学 医学部(准教授)
  • 2002年01月
    -
    2006年09月
    札幌医科大学 医学部解剖医学第二講座(講師)
  • 1991年04月
    -
    2001年12月
    国立科学博物館 人類研究部(研究官 2000より主任研究官)
  • 1998年04月
    -
    1991年03月
    札幌医科大学 医学部解剖医学第二講座(助手)
  • 1984年04月
    -
    1986年03月
    京都大学 霊長類研究所(研修員)

学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 1986年04月
    -
    1988年03月
    東京大学大学院修士課程 理学系研究科 生物学分野人類学専攻
  • 1980年04月
    -
    1984年03月
    北海道大学 理学部 地質鉱物学科

所属学協会

  • 日本解剖学会
  • アメリカ人類学会
  • 日本人類学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本解剖学会
  • アメリカ人類学会
  • 日本人類学会

委員歴

  • 2013年04月
    -
    現在
    恵庭市 国史跡カリンバ遺跡整備基本計画策定委員
  • 2006年04月
    -
    現在
    日本人類学会 Anthropological Science論文奨励賞選考委員
  • 2002年04月
    -
    現在
    日本人類学会 評議委員
  • 2001年04月
    -
    2012年03月
    日本人類学会 Anthropological Science(Japanese Series)編集委員
  • 2009年07月
    -
    2011年03月
    恵庭市 国史跡カリンバ遺跡保存管理計画策定委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
  • 2013年04月
    -
    現在
    恵庭市 国史跡カリンバ遺跡整備基本計画策定委員
  • 2006年04月
    -
    現在
    日本人類学会 Anthropological Science論文奨励賞選考委員
  • 2002年04月
    -
    現在
    日本人類学会 評議委員
  • 2001年04月
    -
    2012年03月
    日本人類学会 Anthropological Science(Japanese Series)編集委員
  • 2009年07月
    -
    2011年03月
    恵庭市 国史跡カリンバ遺跡保存管理計画策定委員

教育活動

担当経験のある科目

  • 解剖学実習
  • 人類学
  • 解剖学
担当経験のある科目を全て表示する
担当経験のある科目閉じる
  • 解剖学実習(札幌医科大学)
  • 人類学(札幌医科大学,東京大学,早稲田大学,日本大学,札幌学院大学,國學院大學)
  • 解剖学(札幌医科大学等,日本工学院専門学校,北海道柔道整復師専門学校)

研究活動

論文

  • Craniometrics Reveal “Two Layers” of Prehistoric Human Dispersal in Eastern Eurasia.
    Matsumura H, Hung H, Higham C, Zhang C, Yamagata M, Nguyen LC, Li Z, Fan X, Simanjuntak T, Oktaviana AA, He J, Chen C, Pan C, He G, Sun G, Huang W, Li X, Wei X, Domett K, Halcrow S, Nguyen KD, Trinh HH, Bui CH, Nguyen KTK, Reinecke A
    Scientific Reports 9 Article No.1451 2019年 [査読有り]
  • Cranio-morphometric and aDNA corroboration of the Austronesian Dispersal Model in Ancient Island Southeast Asia: Support from Gua Hairmau, Indonesia
    Matsumura H, Shinoda K, Shimanjuntak T, Oktaviana AA, Noerwidi S, Octavianus H, Prastingtyas D, Ngueyn LC, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Hung HC, Fan X, Wu X, Willis A, and Oxenham M
    PLOS ONE 2018年 [査読有り]
  • Between foraging and farming: strategic responses to the Holocene Thermal Maximum in Southeast Asia
    Oxenham M, Hiep HT, Willis A, Jones R, Buckley H, Domett K, Castillo C, Wood R, Bellwood P, Tromp M, Kells A, Piper P, Pham ST, Matsumura H, Buckley H.
    Antiquity 92 940-957 2018年 [査読有り]
  • Ancient genomes document multiple waves of migration in Southeast Asian prehistory.
    Lipson, M., Cheronet O, Mallick S, Rohland N, Oxenham M, Pietrusewsky M, Pryce TO., Willis A, Matsumura H, Buckley H, Domett K, Hai NG, T. Hiep H, Kyaw AA, Win TT, Pradier B, Broomandkhoshbacht N, Candilio F, Changmai P, Fernandes D, Ferry M, Gamarra B, Harney E, Kampuansai J, Kutanan W, Michel M, Novak M, Oppenheimer J, Sirak K, Stewardson K, Zhang Z, Flegontov P, Pinhasi R, Reich D
    Science 361 92-95 2018年 [査読有り]
  • 保健医療総論1における学習効果に関する検討~学生に向けた3カ年のアンケー卜調査から~
    吉戰淳一・根木亨・中村充雄・木島輝美・後藤葉子・大塚知子・植木瞳・古名丈人・池田望・齋藤重幸・古畑智久・松村博文・佐藤公美子・谷口圭吾・山本武志・長多好萬・牧野夏子・横山まどか
    札幌医保健科学雑誌  6 47-52 2017年 [査読有り]
  • Farming or foraging: strategic responses to the Holocene thermal maximum in Southeast Asia.
    Oxenham M, Hiep HT, Willis A, Jones R, Buckley H, Domett K, Castillo C, Wood R, Bellwood P, Tromp M, Kells A, Piper P, Pham ST, Matsumura H
    Antiquity. (in press) 2017年 [査読有り]
  • Dental phenotypic shape variation support multiple dispersals of anatomically modern humans in Southeast Asia
    Corny J, Galland M, Arzarello M, Bacon AM, Demeter F, Grimaud-Herv D, Highamg C, Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Viet N, Oxenham M, Sayavongkhamdy T, Semah F, Shackelford LL, Detroit F
    Journal of Human Evolution (in press) 2017年 [査読有り]
  • Out of Africa:ホモ・サピエンスのユーラシアへの拡散とアジア人の起源
    松村 博文
    生物の科学 遺伝 70 451-459 2016年 [査読有り]
  • Optimal Ancient DNA Yields from the Inner Ear Part of the Human Petrous Bone.
    Pinhasi R, Fernandes D, Sirak K, Novak M, Connell S, Alpaslan-Roodenberg S, Gerritsen F, Moiseyev V, Gromov A, Raczky P, Anders A, Pietrusewsky M, Rollefson G, Jovanovic M, Trinhhoang H, Bar-Oz G, Oxenham M, Matsumura H, Hofreiter M
    PLOS ONE 10(6) e0129102 2015年 [査読有り]
  • Demographic transitions and migration in prehistoric East/Southeast Asia through the lens of nonmetric dental traits.
    Matsumura H, Oxenham MF
    American Journal of Physical Anthropology 155(1) 45-65 2014年09月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Craniometrics Reveal “Two Layers” of Prehistoric Human Dispersal in Eastern Eurasia.
    Matsumura H, Hung H, Higham C, Zhang C, Yamagata M, Nguyen LC, Li Z, Fan X, Simanjuntak T, Oktaviana AA, He J, Chen C, Pan C, He G, Sun G, Huang W, Li X, Wei X, Domett K, Halcrow S, Nguyen KD, Trinh HH, Bui CH, Nguyen KTK, Reinecke A
    Scientific Reports 9 Article No.1451 2019年 [査読有り]
  • Cranio-morphometric and aDNA corroboration of the Austronesian Dispersal Model in Ancient Island Southeast Asia: Support from Gua Hairmau, Indonesia
    Matsumura H, Shinoda K, Shimanjuntak T, Oktaviana AA, Noerwidi S, Octavianus H, Prastingtyas D, Ngueyn LC, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Hung HC, Fan X, Wu X, Willis A, and Oxenham M
    PLOS ONE 2018年 [査読有り]
  • Between foraging and farming: strategic responses to the Holocene Thermal Maximum in Southeast Asia
    Oxenham M, Hiep HT, Willis A, Jones R, Buckley H, Domett K, Castillo C, Wood R, Bellwood P, Tromp M, Kells A, Piper P, Pham ST, Matsumura H, Buckley H.
    Antiquity 92 940-957 2018年 [査読有り]
  • Ancient genomes document multiple waves of migration in Southeast Asian prehistory.
    Lipson, M., Cheronet O, Mallick S, Rohland N, Oxenham M, Pietrusewsky M, Pryce TO., Willis A, Matsumura H, Buckley H, Domett K, Hai NG, T. Hiep H, Kyaw AA, Win TT, Pradier B, Broomandkhoshbacht N, Candilio F, Changmai P, Fernandes D, Ferry M, Gamarra B, Harney E, Kampuansai J, Kutanan W, Michel M, Novak M, Oppenheimer J, Sirak K, Stewardson K, Zhang Z, Flegontov P, Pinhasi R, Reich D
    Science 361 92-95 2018年 [査読有り]
  • 保健医療総論1における学習効果に関する検討~学生に向けた3カ年のアンケー卜調査から~
    吉戰淳一・根木亨・中村充雄・木島輝美・後藤葉子・大塚知子・植木瞳・古名丈人・池田望・齋藤重幸・古畑智久・松村博文・佐藤公美子・谷口圭吾・山本武志・長多好萬・牧野夏子・横山まどか
    札幌医保健科学雑誌  6 47-52 2017年 [査読有り]
  • Farming or foraging: strategic responses to the Holocene thermal maximum in Southeast Asia.
    Oxenham M, Hiep HT, Willis A, Jones R, Buckley H, Domett K, Castillo C, Wood R, Bellwood P, Tromp M, Kells A, Piper P, Pham ST, Matsumura H
    Antiquity. (in press) 2017年 [査読有り]
  • Dental phenotypic shape variation support multiple dispersals of anatomically modern humans in Southeast Asia
    Corny J, Galland M, Arzarello M, Bacon AM, Demeter F, Grimaud-Herv D, Highamg C, Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Viet N, Oxenham M, Sayavongkhamdy T, Semah F, Shackelford LL, Detroit F
    Journal of Human Evolution (in press) 2017年 [査読有り]
  • Out of Africa:ホモ・サピエンスのユーラシアへの拡散とアジア人の起源
    松村 博文
    生物の科学 遺伝 70 451-459 2016年 [査読有り]
  • Optimal Ancient DNA Yields from the Inner Ear Part of the Human Petrous Bone.
    Pinhasi R, Fernandes D, Sirak K, Novak M, Connell S, Alpaslan-Roodenberg S, Gerritsen F, Moiseyev V, Gromov A, Raczky P, Anders A, Pietrusewsky M, Rollefson G, Jovanovic M, Trinhhoang H, Bar-Oz G, Oxenham M, Matsumura H, Hofreiter M
    PLOS ONE 10(6) e0129102 2015年 [査読有り]
  • Demographic transitions and migration in prehistoric East/Southeast Asia through the lens of nonmetric dental traits.
    Matsumura H, Oxenham MF
    American Journal of Physical Anthropology 155(1) 45-65 2014年09月 [査読有り]
  • 人類進化と疾患
    松村博文
    札幌医保健科学雑誌  4 1-7 2014年 [査読有り]
  • 保健医療総論1における学生へのアンケー卜を用いた学習効果に関する検討
    吉戰淳一・後藤葉子・佐藤公美子・根木亨・中村充雄・中井夏子・長多好萬・横山まどか・大塚知子・古名丈人・池田望・齋藤重幸・古畑智久・松村博文.
    札幌医保健科学雑誌  4 73-78 2014年 [査読有り]
  • A Comparative Study of Stress Episode Prevalence and Duration Among Jomon Period Foragers from Hokkaido
    TEMPLE Daniel H., MCGROARTY Jennifer N., GUATELLI-STEINBERG Debbie, NAKATSUKASA Masato, MATSUMURA Hirofumi
    American Journal of Physical Anthropology 152(2) 230-238 2013年10月 [査読有り]
  • Metric characteristics of human limb bones in Asian and Japanese populations
    KUDAKA Masatomi, FUKASE Hitoshi, KIMURA Ryosuke, HANIHARA Tsunehiko, MATSUMURA Hirofumi, SASO Aiko, FUKUMINE Tadahiko, ISHIDA Hajime
    Anthropol Science 121(1) 49-62 2013年 [査読有り]
  • 歯の特徴による日本人の形成とアジア太平洋の人々 (特集 古人類学・最新研究の動向) -- (日本列島人の形成史)
    松村 博文
    季刊考古学 118 74-78 2012年02月
  • Population history of northern Vietnamese inferred from nonmetric cranial trait variation
    HANIHARA Tsunehiko, MATSUMURA Hirofumi, KAWAKUBO Yoshinori, COUNG Nguyen LAN, THUY Nguyen KIM, OXENHAM Marc F., DODO Yukio
    Anthropol Science 120(2) 157-165 2012年 [査読有り]
  • Mitochondrial DNA Analysis of Hokkaido Jomon Skeletons: Remnants of Archaic Maternal Lineages at the Southwestern Edge of Former Beringia
    ADACHI Noboru, SHINODA Ken-ichi, UMETSU Kazuo, KITANO Takashi, MATSUMURA Hirofumi, FUJIYAMA Ryuzo, SAWADA Junmei, TANAKA Masashi
    American Journal of Physical Anthropology 146(3) 346-360 2011年11月 [査読有り]
  • Genotype frequencies of the ABCC11 gene in 2000-3000-year-old human bones from the Epi-Jomon and Jomon sites in Hokkaido, Japan
    KAZUTA Hisako, SATO Takehiro, DODO Yukio, MATSUMURA Hirofumi, AMANO Tetsuya, ISHIDA Hajime, MASUDA Ryuichi
    Anthropol Science 119(1) 81-86 2011年 [査読有り]
  • On the origin of pre-Angkorian peoples: perspectives from cranial and dental affinity of the human remains from Iron Age Phum Snay, Cambodia
    MATSUMURA Hirofumi, DOMETT Kate M., O’REILLY Dougald J.W.
    Anthropol Science 119(1) 67-79 2011年 [査読有り]
  • Polymorphisms and allele frequencies of the ABO blood group gene among the Jomon, Epi-Jomon and Okhotsk people in Hokkaido, northern Japan, revealed by ancient DNA analysis.
    Sato T, Kazuta H, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Dodo Y, Masuda R
    Journal of human genetics 55(10) 691-696 2010年10月 [査読有り]
  • オホーツク文化期人の大腿骨における計測的特徴
    松村博文, HUDSONMark J., 川村健太郎, 柏孝史
    Anthropol Science Jpn Ser 118(2) 69-82 2010年 [査読有り]
  • Allele frequencies of the ABCC11 gene for earwax phenotypes among ancient populations of Hokkaido, Japan.
    Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
    Journal of human genetics 54(7) 409-413 2009年07月 [査読有り]
  • Mitochondrial DNA analysis of Jomon skeletons from the Funadomari site, Hokkaido, and its implication for the origins of Native American.
    Adachi N, Shinoda K, Umetsu K, Matsumura H
    American Journal of Physical Anthropology 138(3) 255-265 2009年03月 [査読有り]
  • Do body proportions among Jomon foragers from Hokkaido conform to ecogeographic expectations? Evolutionary implications of body size and shape among northerly hunter-gatherers
    Temple D, Matsumura H
    International Journal of Osteoarcaology 21(3) 268-282 2009年 [査読有り]
  • Mitochondrial DNA haplogrouping of the Okhotsk people based on analysis of ancient DNA: an intermediate of gene flow from the continental Sakhalin people to the Ainu
    SATO Takehiro, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime, KODERA Haruto, MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, MASUDA Ryuichi
    Anthropol Science 117(3) 171-180 2009年 [査読有り]
  • Paralysis and severe disability requiring intensive care in Neolithic Asia
    OXENHAM Marc F., TILLEY Lorna, MATSUMURA Hirofumi, NGUYEN Lan CUONG, NGUYEN Kim THUY, NGUYEN Kim DUNG, DOMETT Kate, HUFFER Damien
    Anthropol Science 117(2) 107-112 2009年 [査読有り]
  • Biological affinities of Okhotsk-culture people with East Siberians and Arctic people based on dental characteristics
    MATSUMURA Hirofumi, ISHIDA Hajime, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, YONEDA Minoru
    Anthropol Science 117(2) 121-132 2009年 [査読有り]
  • Dental characteristics of Tohoku residents in Japan: implications for biological affinity with ancient Emishi
    MATSUMURA Hirofumi, DODO Yukio
    Anthropol Science 117(2) 95-105 2009年 [査読有り]
  • Temporal variation and interaction between nutritional and developmental instability in prehistoric Japanese populations.
    Hoover KC, Matsumura H
    American Journal of Physical Anthropology 137(4) 469-478 2008年12月 [査読有り]
  • Oral and physiological paleohealth in cold adapted peoples: Northeast Asia, Hokkaido.
    Oxenham MF, Matsumura H
    American Journal of Physical Anthropology 135(1) 64-74 2008年01月 [査読有り]
  • ベトナムでのフィールドワーク:東南アジアの人類史の解明をめざして
    松村博文
    Anthropol Science Jpn Ser 116(1) 83-90 2008年 [査読有り]
  • Health and the experience of childhood in late Neolithic Vietnam
    Oxenham, MF, Matsumura H, Domett K, Thuy NK, Dung K, Cuong NL, Hiffer D, Muller S
    Asian Perspectives 47 190-209 2008年 [査読有り]
  • Terminal Pleistocene human skeleton from Hang Cho Cave, northern Vietnam: implications for the biological affinities of Hoabinhian people
    MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, DODO Yukio, OXENHAM Marc F., CUONG Nguyen LAN, THUY Nguyen KIM, DUNG Lam MY, LONG Vu THE, YAMAGATA Mariko, SAWADA Junmei, SHINODA Kenichi, TAKIGAWA Wataru
    Anthropol Science 116(3) 201-217 2008年 [査読有り]
  • Morphometric affinity of the late Neolithic human remains from Man Bac, Ninh Binh Province, Vietnam: key skeletons with which to debate the 'two layer' hypothesis
    MATSUMURA Hirofumi, OXENHAM Marc F., DODO Yukio, DOMETT Kate, THUY Nguyen KIM, CUONG Nguyen LAN, DUNG Nguyen KIM, HUFFER Damien, YAMAGATA Mariko
    Anthropol Science 116(2) 135-148 2008年 [査読有り]
  • Non-metric dental trait variation among local sites and regional groups of the Neolithic Jomon period, Japan
    MATSUMURA Hirofumi
    Anthropol Science 115(1) 25-33 2007年 [査読有り]
  • Origins and genetic features of the Okhotsk people, revealed by ancient mitochondrial DNA analysis
    SATO Takehiro, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime, KODERA Haruto, MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, MASUDA Ryuichi
    J Hum Genet 52(7) 618-627 2007年 [査読有り]
  • Human bones from Hang Cho site (Hoa Binh)
    Cuong NL, Thuy NK, Matsumura H, Oxenham M, Dodo Y
    Vietnam Archaeology 5 3-17 2007年
  • II DNAデータベース 3.北海道縄文・続縄文人骨のミトコンドリアDNA解析(続報)
    安達登, 坂上和弘, 百々幸雄, 篠田謙一, 梅津和夫, 松村博文, 大島直行
    DNA多型 14 86-90 2006年05月 [査読有り]
  • Which morphology of dry bone articular surfaces suggests so-called fibrous ankylosis in the elderly human sacroiliac joint?
    Ikeno H, Matsumura H, Murakami G, Sato TJ, Ohta M
    Anatomical Science International 81(1) 39-46 2006年03月 [査読有り]
  • Embodying Okhotsk ethnicity: human skeletal remains from the Aonae Dune Site, Okushiri Island, Hokkaido
    Matsumura H, Hudson MJ, Minakawa Y, Koshida K
    Asian Perspectives 45(1) 2-23 2006年 [査読有り]
  • Early historic human remains from the Hasekouji-Shuhen site in Kamakura, Japan
    MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, SHUDAI Hideaki
    Anthropol Science 114(3) 199-210 2006年 [査読有り]
  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in late Jomon Hokkaido, Japan
    Oxenham MF, Matsumura H, Nishimoto T
    International Journal of Osteoarcaology 16(1) 34-46 2006年 [査読有り]
  • Reply to Turner: "Sundadonty" and the population history of Southeast Asia
    Hudson MJ, Matsumura H
    American Journal of Physical Anthropology 130(4) 458-461 2006年 [査読有り]
  • Records of murine rodents (Mammalia, Rodentia) in the Pleistocene localities of Tan Vinh and Ma U’Oi (Northern Vietnam) and their implications to past distribution
    Bacon AM, Demeter F, Duringer P, Rousse S, Dodo Y, Matsumura H, Long VT, Thuy NK, Huong NTM, Anezaki T
    Paleontologie 92(4) 367-383 2006年 [査読有り]
  • 姉崎棗塚遺跡の中世人骨について
    松村博文, 中村恵美, 鈴木隆雄, 三谷 圭
    市原市文化財センター研究紀要 VI 6 5-40 2006年
  • 市原城郭跡出土の中近世人骨
    加藤久雄, 宮口浩徳, 松村博文
    市原市文化財センター研究紀要 VI 6 51-60 2006年
  • Dental perspectives on the population history of Southeast Asia.
    Matsumura H, Hudson MJ
    American Journal of Physical Anthropology 127(2) 182-209 2005年06月 [査読有り]
  • Discovery of a second human molar and cranium fragment in the late Middle to Late Pleistocene cave of Ma U'Oi (Northern Vietnam).
    Demeter F, Bacon AM, Nguyen KT, Vu TL, Duringer P, Rouss? S, Coppens Y, Matsumura H, Dodo Y, Nguyen MH, Tomoko A
    Journal of human evolution 48(4) 393-402 2005年04月 [査読有り]
  • Are difficulties during transbronchial lung biopsy/brushing through a fiberoptic bronchoscope based on the bronchial anatomy?
    Sakurada A, Takahashi N, Sato M, Miyagawa Y, Matsumura H, Murakami G
    Surgical and radiologic anatomy : SRA 27(2) 94-99 2005年04月 [査読有り]
  • New palaeontological assemblage, sedimentological and chronological data from the Pleistocene Ma U’Oi cave (northern Vietnam)
    Bacon AM, Demeter F, Rousse S, Long VT, Duringer F, Olivier PA, Thuy NK, Mai VT, Huong NTM, Dodo Y, Matsumura H, Schuster M, Anezaki T
    Palaeo 230(3-4) 280-298 2005年 [査読有り]
  • Are differences during transbronchial lung biopsy / brushing through a fiberroptic bronchoscope based on the bronchial anatomy?
    Sakurada A, Takahashi N, Sato M, Miyagawa Y, Matsumura H, Murakami G
    Surgical Radiological Anatomy 27(2) 94-94 2005年 [査読有り]
  • A morphometric analysis of the Late Pleistocene Human Skeleton from the Moh Khiew Cave in Thailand.
    Matsumura H, Pookajorn S
    Homo : internationale Zeitschrift fur die vergleichende Forschung am Menschen 56(2) 93-118 2005年 [査読有り]
  • 北海道先史時代人のミトコンドリアDNA多型解析
    安達 登, 百々 幸雄, 篠田 謙一, 梅津 和夫, 松村 博文, 大島 直行, 西本 豊弘
    DNA多型 = DNA polymorphism 12 221-224 2004年06月 [査読有り]
  • An archaic homo molar from northern Vietnam
    Demeter F, Bacon AM, Kim TN, Long VT, Matsumura H, Nga HH, Schuster M, Huong MN, Coppens Y
    Current Anthropology 45 535-541 2004年 [査読有り]
  • 大学改革と医学・看護学のコア・カリキュラム 164. 実質性臓器の解剖学実習:肝臓の内部構造
    佐藤利夫, 松村博文, 村上弦
    医学教育 34 71 2003年07月 [査読有り]
  • 神経温存骨盤内手術の現況と将来展望 骨盤内手術に必要な神経解剖
    村上弦, 松村博文
    泌尿器外科 16 651-660 2003年06月 [査読有り]
  • 渡来系弥生人の拡散と続縄文時代人 (特定研究 アイヌ文化の成立過程について2)
    松村 博文
    国立歴史民俗博物館研究報告 107 199-215 2003年03月
  • Morphometrical data of size and shape of the late-stage human fetal liver, including those of intrahepatic vessels: some prenatal and postnatal developmental consideration
    Lee SD, Kim CY, Cho, YH, Fujikawa D, Murakami G, Matsumura H, Lee SK, Kim JH, Jin ZW, Cho BH
    Korean Journal of HBP Surgery 7 12-18 2003年 [査読有り]
  • Morphologic and genetic evidences for the kinship of juvenile skeletal specimens from a 2,000 year-old double burial of the Usu-Moshiri site, Hokkaido, Japan
    Adachi N, Dodo Y, Ohshima N, Doi N, Yoneda M, Matsumura H
    Anthropological Science 111(3) 347-363 2003年 [査読有り]
  • 古人骨から探る北海道の人の源流.
    松村博文
    環オホーツク 9 11-21 2002年
  • 古人骨からみたベトナムの人類史:歯の形態を中心にして.
    松村博文
    東南アジア考古学 22 169-178 2002年 [査読有り]
  • DNA分析による縄文後期人の血縁関係
    西本 豊弘, 篠田 謙一, 松村 博文
    動物考古学 16 1-16 2001年05月 [査読有り]
  • A Morphometric Analysis of Jomon Skeletons from the Funadomari Site on Rebun Island, Hokkaido, Japan
    松村 博文
    人類学雑誌 109(1) 1-21 2001年 [査読有り]
  • Differentials of Yayoi immigration to Japan as derived from dental metrics
    Matsumura H
    International Journal of Human Biology Homo 52 135-156 2001年 [査読有り]
  • Dental Morphology of the Early Hoabinian, the Neolithic Da But and the Metal Age Dong Son Cultural People in Vietnam.
    Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Anezaki T
    Zeitschrift fur Morphologie und Anthropologie 83 59-73 2001年 [査読有り]
  • 中国,江淮地域出土古人骨の人類学的研究.
    松村博文
    日本中国考古学会会報 10 82-100 2001年 [査読有り]
  • チャンドマン遺跡出土の青銅器時代人骨の形質人類学的研究
    松村 博文, Tumen D., 高井 正成
    ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs 7 223-229 2000年06月
  • 人体所見 (特定研究 アイヌ文化の成立過程について 浜中2遺跡発掘調査報告) -- (自然科学的分析)
    石田 肇, 松村 博文
    国立歴史民俗博物館研究報告 85 264-270 2000年03月
  • 瀬戸内海を中心とする地域の自然史科学的総合研究 (I) 瀬戸内,東海および関東地方出土の縄文人の歯牙計測値における時期間,遺跡間および個体間変異
    松村博文
    国立科学博物館専報 32 175-187 2000年02月
  • Comparative study of the crown cusp areas in the maxillary second molars of the Jomon people
    Matsumura H
    Bulletin of the National Science Museum 26 31-38 2000年 [査読有り]
  • Metric analyses of an early Holocene human skeleton from Gua Gunung Runtuh, Malaysia
    Matsumura H, Zuraina M
    American Journal of Physical Anthropology 109(3) 327-340 1999年 [査読有り]
  • 歯冠計測値にもとづく土着系・渡来系弥生人の判別法
    松村博文
    国立科学博物館専報 30 199-210 1998年02月
  • Native or migrant lineage? - The Aeneolithic Yayoi people in western and eastern Japan -
    Matsumura H
    Anthropological Science 106(Supplement) 17-25 1998年 [査読有り]
  • Human skeletal remains. Excavations at Tell Umm Qseir in Middle Khabur Valley, North Syria
    Ishida H, Matsumura H
    Al-Shark (University of Tsukuba, Studies for West Asian Archaeology) 1 211-212 1998年 [査読有り]
  • Dental and Facial Morphology of the Human Skeletons Unearthed at the Chandman Site in Western Mongolia
    MATSUMURA Hirofumi, D. Tumen, TAKAI Masanaru
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 24 9-18 1998年 [査読有り]
  • 中国地方西部および九州地方北部を中心とする地域の自然史科学的総合研究 : 実施の目的と平成8年度調査研究の成果
    馬場 悠男, 松村 博文, 小野 展嗣, 並河 洋, 近田 文弘, 北山 太樹, 植村 和彦, 千葉 とき子
    国立科学博物館専報 30 1-6 1998年
  • 中国地方西部および九州地方北部を中心とする地域の自然史科学的総合研究
    馬場 悠男, 松村 博文, 小野 展嗣, 並河 洋, 近田 文弘, 北山 太樹, 植村 和彦, 千葉 とき子
    国立科学博物館専報 31 1-9 1998年
  • DNA分析と形態デ−タによる中妻貝塚出土人骨の血縁関係の分析.
    松村博文
    動物考古学 11 1-14 1998年 [査読有り]
  • Human Remains from the Kuntur Wasi, Huacaloma, Loma Redonda and Kolgitin sites in the Cajamarca Region, Peru
    Matsumura Hirofumi, Onuki Yoshio, Kato Yasutake, Matsumoto Ryozo, Ushino Tsuyoshi, Seki Yuji, Inokuchi Kinya, Hashimoto Hiroko
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 23 1-28 1997年 [査読有り]
  • 伊勢宮遺跡(塩崎遺跡群:長野市)出土の弥生時代人骨
    茂原信生, 西沢寿晃, 松村博文
    長野市立博物館紀要 4 1-26 1997年
  • イヌの多変量解析 ー浜中2遺跡出土の犬骨を中心にー
    松村博文
    動物考古学 8 1-20 1997年 [査読有り]
  • Cranial and Dental Traits of the Nakazuma Jomon People from Ibaraki, Japan
    MATSUMURA Hirofumi, ISHIDA Hajime, HASHIMOTO Hiroko
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 22 1-26 1996年 [査読有り]
  • Comparative study of molar cusp size in African apes and Plio-Pleistocene Hominids
    Aziz F, Matsumura H, Nakatsukasa M, Ishida H
    Res.Develop.Cent.Indonesia, Paleontology Ser 8 27-40 1996年 [査読有り]
  • グア・グヌン・ルンツ出土のペラック,マン −その形質と系譜−
    松村博文
    東南アジア考古学 16 33-44 1996年 [査読有り]
  • 中妻貝塚出土多数合葬人骨の歯冠計測値にもとづく血縁関係
    松村博文
    動物考古学 6 1-17 1996年 [査読有り]
  • Dental characteristics affinities of the prehistoric to the modern Japanese with the East Asians, American natives and Australo-Melanesians
    Matsumura H
    Anthropological Science 103(3) 235-261 1995年 [査読有り]
  • Metrical Analysis of the Dentition of Perak Man from Gua Gunung Runtuh in Malaysia
    MATSUMURA Hirofumi, ZURAINA Majid
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 21 1-10 1995年 [査読有り]
  • Dental measurements and nonmetrical dental traits. In: Yamaguchi B, Xianghong H. eds. Studies on the Human Remains from Jiangnan, China
    Wengliang C, Xianghong H, Matsumura H
    The National Science Museum Monograph 10 53-65 1995年
  • Dental characteristics of the Neolithic remains from Jiangnan. In:Yamaguchi B, Xianghong H.eds. Studies on the Human Remains from Jiangnan, China
    Matsumura H
    The National Science Museum Monograph 10 87-95 1995年
  • 宮城県名取市熊野堂横穴墓群出土人骨
    松村 博文, 石田 肇
    国立科学博物館専報 28 183-205 1995年
  • 北海道東部の自然史科学的総合研究
    上野俊一, 窪寺恒己, 篠原明彦, 柏谷博之, 門田裕一, 千葉とき子, 植村和彦, 松村博文
    国立科学博物館専報 27 1-6 1994年12月
  • Prehistoric human remains from Tam Nai U. Bol, Amphoe Sai-Yok, Thailand
    Subhavan V, Pramankij S, Matsumura H, Shigehara N, Ohshima N
    Bulletin of the National Science Museum 20 23-35 1994年 [査読有り]
  • A microevolutional history of the Japanese people as viewed from dental morphology
    Matsumura H
    東京大学理学系研究科博士(理学)論文 1-245 1994年
  • 御蔵島神の尾遺跡出土人骨の鑑定,御蔵島神の尾遺跡
    松村博文
    國學院大学紀要 10 20-20 1994年
  • クリル・アイヌおよびオホーツク文化期人の歯冠計測値にもとづく系統関係
    松村博文
    国立科学博物館専報 26 171-175 1993年12月
  • 故林欽吾氏収集のクリル・アイヌ骨格について
    山口敏, 石田肇, 松村博文
    国立科学博物館専報 26 151-169 1993年12月
  • Sexual Differences of Dental Crown Measurements in the Neolithic Jomon People
    Matsumura H
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 19 1-12 1993年 [査読有り]
  • 日本人の古人骨に関する文献 (1985〜1989年) 付. 補遺 (1945〜1984年)
    池田 次郎, 松村 博文
    Anthropological Science 100 359-383 1992年07月 [査読有り]
  • Comparative Study of Crown Cusp Areas in the Upper and Lower Molars of African Apes
    MATSUMURA Hirofumi, NAKATSUKASA Masato, ISHIDA Hidemi
    Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology 18 1-15 1992年 [査読有り]
  • 前鋸筋深層で第2および第3肋骨に起始し肩甲骨内側縁に停止する変異筋 札幌医科大学解剖学実習遺体所見記録 (1)
    木田雅彦, 石田肇, 大島直行, 松村博文, 百々幸雄, 糸矢宏志
    札幌医学雑誌 59 517-520 1990年10月
  • Geographical variation of dental characteristics in the Japanese of the protohistoric Kofun period.
    松村 博文
    人類学雑誌 98(4) 439-449 1990年 [査読有り]
  • 石鏃を射込まれた有珠10遺跡出土続縄文時代恵山文化期の人骨について
    松村博文
    J Anthropol Soc Nippon 97(1) 129-132 1989年01月 [査読有り]
  • Geographical variation of dental measurements in the Jomon population.
    松村 博文
    人類学雑誌 97(4) 493-512 1989年 [査読有り]
  • 続縄文時代恵山文化期出土人骨の推定身長(予報)
    石田 肇, 百々 幸雄, 大島 直行, 松村 博文
    国立科学博物館専報 21 221-227 1988年
  • 縄文人の歯の形態における地域性とアイヌおよび現代日本人との比較
    松村博文
    東京大学理学系研究科修士論文 1-238 1988年
  • 北海道空知支庁南富良野町金山湖北西地域の地質及び古地磁気学的研究
    松村博文
    北海道大学理学部卒業論文 1-54 1984年

書籍等出版物

  • 上幌内2遺跡 ー厚幌ダム建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書15ー
    厚真町教育委員会 2017年 担当:分担執筆
  • Prehistoric Burial of Gua Harimau: Socio-Cultural Complexity of Austronesian Society
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:分担執筆
  • Verifying Austronesian Hypothesis from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:分担執筆
  • Determination of the genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:共著
  • Austronesian Migration to Central Vietnam: Crossing over the Iron Age Southeast Asian Sea
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • Early Neolithic Hunter Gatherers ‘Gaomiao’ in Hunan, China: The First of the Two-Layer Model in the Population History of East/Southeast Asia
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • Introduction
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Bio-Anthropological Studies of Early Holocene Hunter-Gatherer Sites at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, China
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • HUNTER-GATHERER MORTUARY VARIABILITY IN VIETNAM
    印刷中 20150918 mail 2017年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • 上幌内2遺跡 ー厚幌ダム建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書15ー
    厚真町教育委員会 2017年 担当:分担執筆
  • Prehistoric Burial of Gua Harimau: Socio-Cultural Complexity of Austronesian Society
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:分担執筆
  • Verifying Austronesian Hypothesis from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:分担執筆
  • Determination of the genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra
    Gajah Mada University Press 2017年 担当:共著
  • Austronesian Migration to Central Vietnam: Crossing over the Iron Age Southeast Asian Sea
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • Early Neolithic Hunter Gatherers ‘Gaomiao’ in Hunan, China: The First of the Two-Layer Model in the Population History of East/Southeast Asia
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory
    The Australian National University E-Press 2017年 担当:共著
  • Introduction
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Bio-Anthropological Studies of Early Holocene Hunter-Gatherer Sites at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, China
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • HUNTER-GATHERER MORTUARY VARIABILITY IN VIETNAM
    印刷中 20150918 mail 2017年
  • The Biological History of Southeast Asian Populations from Late Pleistocene and Holocene Cemetery Data
    New York Willey 2017年
  • Neolithic transition in Guangxi: a long development of hunting-gathering society in Southern China
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Comparative study of the Limb bones
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • The origin of early Holocene hunter-gatherers at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, Southern China: odontmetric perspective
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • The origin of early Holocene hunter-gatherers at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, Southern China: craniometric perspective
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Liyupo human limb bones
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Liyupo human teeth
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Liyupo human skulls
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Individual descriptions of human skeletal remains at Liyupo
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Liyupo Site in Longan, Guangxi, China
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Huiyaotian human limb bones
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Huiyaotian human teeth
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Morphometric records of the Huiyaotian human skulls
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Burial practice and individual descriptions of the human skeletal remains at Huiyaotian
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Huiyaotian Site in Nanning, Guangxi, China
    National Museum of Nature and Science 2017年
  • Dealing with Death in Late Neolithic to Metal Period Nagsabaran, the Philippines
    Routledge 2016年 担当:共著
  • 厚真町朝日遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第313集
    北海道埋蔵文化財センター 2015年 担当:分担執筆
  • Hoabinhian: Key Population with which to Debate the Peopling Southeast Asia
    Texas A&M University Press 2015年 担当:共著
  • Eastern Asia and Japan: human biology.
    Wiley-Liss New York 2015年 担当:共著
  • The Global Prehistory of Human Migration. Bellwood P editor
    Wiley-Liss New York 2014年 担当:分担執筆
  • Research of Human Skeletal Remains at Hoa Diem Site Khanh Hoa Province
    Khanh Hoa Provicial Museum Vietnam (in Vietnamese with English title) 2014年 担当:共著
  • 木古内遺跡 北海道新幹線建設事業埋蔵文化財発掘調査報告書
    北海道埋蔵文化財センター 2014年 担当:分担執筆
  • ヲチャラセナイ遺跡 厚幌ダム建設事業にともなう埋蔵文化財発掘調査報告書
    厚真町教育委員会 2014年 担当:分担執筆
  • The Encyclopedia of Global Human Migration Essay of Human Migration, Prehistory. Ness I and Bellwood P eds
    Wiley-Liss New York 2013年 担当:分担執筆
  • 人類の移動誌 印東道子編
    臨川書店 2013年 担当:分担執筆
  • Yamagata M and Hoan VT, editors The Excavation of Hoa Diem in Central Vietnam
    Showa Women's University 2013年 担当:分担執筆
  • Bioarchaeological Perspectives on Migration and Health in Ancient East Asia. Pechenkina K and Oxenham MF, editors
    University of Florida 2013年 担当:分担執筆
  • ユカンボシE1遺跡 北海道恵庭市発掘調査報告書
    北海道恵庭市教育委員会 2013年 担当:分担執筆
  • In The Excavation of Hoa Diem in Central Vietnam Yamagata M and Hoan VT, editors
    Showa Women's University 2013年 担当:分担執筆
  • In Pechenkina K and Oxenham MF, eds. Bioarchaeological Perspectives on Migration and Health in Ancient East Asia.
    University of Florida 2013年 担当:分担執筆
  • 縄文人はどこからきたか?
    アイワード 2012年 担当:分担執筆
  • 人類の大移動 アフリカからイースター島まで 印東道子(編
    朝日選書 2012年 担当:分担執筆
  • 馬場悠男編 古人類学特集 季刊考古学
    雄山閣 2012年 担当:分担執筆
  • 地球温暖化の環境高校学・歴史学に関する文献レビュー 国際日本文化研究センター・電力中央研究所編
    太洋堂 2012年 担当:分担執筆
  • 斜里町 斜里朱円周堤墓 重要遺跡確認調査報告書 第8集 
    北海道埋蔵文化財センター 2012年 担当:分担執筆
  • Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:共編者
  • Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Terra Australias 33
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:分担執筆
  • Enfield N, and White J eds. Dynamics of Human Diversity: the Case of Mainland Southeast Asia
    Pacific Linguistics 2011年 担当:分担執筆
  • 釧路町天寧1遺跡(2) 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第274集
    北海道埋蔵文化財センター 2011年 担当:分担執筆
  • オニキシベ2遺跡 ー厚幌ダム建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書4ー 
    厚真町教育委員会 2011年 担当:分担執筆
  • 標本館だより
    札幌医科大学39 2011年 担当:分担執筆
  • In: Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Terra Australias 33
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:分担執筆
  • Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:分担執筆
  • Terra Australias 33 Man Bac The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam. Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:分担執筆
  • Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds
    The Australian National University E-Press 2011年 担当:分担執筆
  • 北東アジアの歴史と文化 (臼杵勲, 加藤博文 編)
    北海道大学出版会 2010年 担当:分担執筆
  • 平成21年度勝山館発掘調査・整備事業報告書-
    上ノ国町教育委員会 2010年 担当:分担執筆
  • 上幌向モイ遺跡(3) 第2分冊
    厚真町教育委員会 2009年 担当:分担執筆
  • 史跡最寄貝塚
    網走市教育委員会 2009年 担当:分担執筆
  • 史跡 上之国舘遺跡III -平成21年度勝山館発掘調査・整備事業報告書-
    上ノ国町教育委員会 2009年 担当:分担執筆
  • 縄文時代の考古学10 人と社会 (小杉康他 編)
    同成社 2008年 担当:分担執筆
  • 日本人のルーツがわかる本
    宝島社 2008年 担当:分担執筆
  • Babies Reborn: Infant/Child Burials in Pre and Protohistory Bacvarov K ed
    BAR International Series 1832 2008年 担当:分担執筆
  • 平成17-19年度科学研究費補助金東北地方にアイヌの足跡を辿る (基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
    2008年 担当:分担執筆
  • 平成18-19年度科学研究費補助金 環シナ海先史時台の交流に関する基礎的研究(基盤研究C 研究代表者:山形眞理子)
    2008年 担当:分担執筆
  • ヴェトナムでのフィールドワーク: 東南アジアの人類史の解明をめざして
    Anthropological Science (Japanese Series) 116 2008年 担当:分担執筆
  • 地域の多様性と考古学 ─東南アジアとその周辺─ (丸井雅子 編)
    雄山閣 2007年 担当:分担執筆
  • 中国江南・江淮の古代人 ─渡来系弥生人の原郷をたずねる─ (山口 敏・中橋孝博 編)
    てらぺいあ 2007年 担当:分担執筆
  • 埋蔵文化財調査センター年報19
    千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団 2007年 担当:分担執筆
  • Bioarchaeology of Southeast Asia Oxenham M, Nancy T eds
    Cambridge University Press 2006年 担当:分担執筆
  • DNA多型 vol.14
    東洋書店 2006年 担当:分担執筆
  • 中国大陸南部における新石器時代人の起源についての人類学的考古学的研究(基盤研究B 海外学術 研究代表者:松村博文)成果報告書
    2006年 担当:分担執筆
  • 千葉市花輪貝塚
    千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団 2006年 担当:分担執筆
  • 平成17年度財団法人アイヌ文化振興
    研究推進機構普及啓発セミナー報告集 2006年 担当:分担執筆
  • 余市町水産博物館研究報告 9
    2006年 担当:分担執筆
  • The Perak Man and Other Prehistoric Skeletons of Malaysia Zuraina M ed
    USM press 2005年 担当:分担執筆
  • 平成14-16年度科学研究費補助金(基盤研究C 研究代表者:松村博文)成果報告書
    2005年 担当:分担執筆
  • 平成14-16年度科学研究費補助金(基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
    2005年 担当:分担執筆
  • 有珠善光寺2遺跡発掘調査報告書
    伊達市教育委員会 2005年 担当:分担執筆
  • カリンバ1遺跡C, E地点
    恵庭市教育委員会 2005年 担当:分担執筆
  • In Majid Zuraina editor The Perak Man and Other Prehistoric Skeletons of Malaysia 
    USM press 2005年 担当:分担執筆
  •  In Zuraina M ed The Perak man and other prehistoric Skeletons of Malaisia
    USM press 2005年 担当:分担執筆
  • 平成14-15-16年度科学研究費補助金(基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
    2005年 担当:分担執筆
  • 西ヶ原貝塚IV 北区埋蔵文化財報告第34集
    東京都北区教育委員会 2004年 担当:分担執筆
  • 堀株1遺跡−平成13年度堀株1遺跡発掘調査報告書−
    北海道泊村教育委員会 2004年 担当:分担執筆
  • 千葉市平和公園遺跡群II うならすず遺跡
    千葉市教育委員会,千葉市教育振興財団 2004年 担当:分担執筆
  • 標本学(松浦啓一編著)
    東海大学出版会 2003年 担当:分担執筆
  • 汐留遺跡III 東京都埋蔵文化財センター調査報告 第125集
    東京埋蔵文化財センター 2003年 担当:分担執筆
  • 千葉市猪鼻城跡, 皿池東遺跡
    千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団 2003年 担当:分担執筆
  • 千葉市内野第1遺跡発掘調査報告書
    野村不動産 千葉市文化財調査協会 2003年 担当:分担執筆
  • 堀之内城跡, 免谷津遺跡, 志保多遺跡
    千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団 2003年 担当:分担執筆
  • 奥尻町青苗砂丘遺跡2 重要遺跡確認調査報告書 第3集
    北海道埋蔵文化財センター 2003年 担当:分担執筆
  • 千葉県茂原市 下太田貝塚 財団法人総南文化財センター調査報告第50集
    財団法人総南文化財センター 2003年 担当:分担執筆
  • 日本人はるかな旅,5巻 そして日本人が生まれた NHKスペシャル「日本人」プロジェクト編
    NHK出版 2002年 担当:分担執筆
  • Ancient People in the Jiangin Region China Nakahashi T, and Minchang L eds
    Kyushu University Press 2002年 担当:分担執筆
  • 環オホーツク 9
    2002年 担当:分担執筆
  • 方南峰遺跡C地点 東京都埋蔵文化財センター調査報告 第117集
    東京埋蔵文化財センター 2002年 担当:分担執筆
  • 常呂川河口遺跡(3)
    常呂町教育委員会 2002年 担当:分担執筆
  • 長谷小路周辺遺跡 東国歴史考古学研究所調査研究報告31
    東国歴史考古学研究所 2002年 担当:分担執筆
  • 恵庭市 西島松5遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第178集
    北海道埋蔵文化財センター 2002年 担当:分担執筆
  • 多摩ニュータウン遺跡群-No.200遺跡(第2, 3次調査)− 東京都埋蔵文化財センタ−調査報告書第108集
    東京埋蔵文化財センター 2002年 担当:分担執筆
  • 桜町遺跡 いわき市埋蔵文化財調査報告 第91冊
    いわき市教育委員会 いわき市教育文化事業団 2002年 担当:分担執筆
  • 西島松5遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 178集
    北海道埋蔵文化財センター 2002年 担当:分担執筆
  • 縄文人と貝塚、関東における埴輪の生産と供給 日本考古学協会・茨城県考古学協会編
    学生社 2001年 担当:分担執筆
  • 平成12年度文部省科学研究費補助金特定領域「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究」成果報告集(領域代表者:尾本恵市編)
    2001年 担当:分担執筆
  • 松ノ下遺跡
    いわき市教育委員会 2001年 担当:分担執筆
  • 香深井6遺跡発掘調査報告書
    礼文町教育委員会 2001年 担当:分担執筆
  • オションナイ2遺跡
    礼文町教育委員会 2001年 担当:分担執筆
  • 川口町十内入東遺跡
    東京都埋蔵文化財センタ− 2001年 担当:分担執筆
  • 横山B遺跡 いわき市埋蔵文化財調査報告 第77冊
    いわき市教育委員会 日本道路公団 いわき市教育文化事業団 2001年 担当:分担執筆
  • ウサクマイN遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第156集
    北海道埋蔵文化財センター 2001年 担当:分担執筆
  • 藤岡神社遺跡 栃木県埋蔵文化財調査報告第197集
    栃木県埋蔵文化財センター 2001年 担当:分担執筆
  • カリンバ4遺跡?
    恵庭市教育委員会 2001年 担当:分担執筆
  • 日本人はるかな旅展図録
    日本放送協会 2001年 担当:分担執筆
  • 日本放送協会 日本人はるかな旅展図録
    日本放送協会 2001年 担当:分担執筆
  • 平成11年度文部省科学研究費補助金特定領域「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究」成果報告集(領域代表者:尾本恵市編)
    2000年 担当:分担執筆
  • Arctic Circle
    北海道立北方民族博物館 2000年 担当:分担執筆
  • 北の島の縄文人展図録
    国立歴史民俗博物館 2000年 担当:分担執筆
  • 油駒遺跡
    えりも町教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 汐留遺跡? 第1分冊
    東京都埋蔵文化財センタ− 2000年 担当:分担執筆
  • 千葉県の歴史
    資料編 考古1(旧石器,縄文時代) 千葉県,千葉県史料研究財団 2000年 担当:分担執筆
  • 千葉市遠坪遺跡
    千葉市,千葉市文化財調査協会 2000年 担当:分担執筆
  • キウス4遺跡(5)
    北海道埋蔵文化財センタ− 2000年 担当:分担執筆
  • 船泊遺跡
    礼文町教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 泊岸1遺跡
    北海道稚内市教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 大川遺跡における考古学的調査?
    余市町教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 香深井5遺跡発掘調査報告書(2)
    稚内市教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 千葉市生実城跡
    出光興産株式会社 千葉市文化財調査協会 2000年 担当:分担執筆
  • ニュースレター日本人と日本文化
    国際日本文化研究センタ− 2000年 担当:分担執筆
  • 北の島の縄文人展(国立歴史民俗博物館)
    国立歴史民俗博物館 2000年 担当:分担執筆
  • 北海道稚内市教育委員会 泊岸1遺跡
    北海道稚内市教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 香深井5遺跡調査報告書
    稚内市教育委員会 2000年 担当:分担執筆
  • 平成10年度文部省科学研究費補助金特定領域「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究」成果報告集(領域代表者:尾本恵市)
    1999年 担当:分担執筆
  • 平成8-10年度科学研究費補助金研究成果報告書(研究代表者:中橋孝博)
    1999年 担当:分担執筆
  • 平成10年度熊谷市埋蔵文化財調査報告書
    熊谷市教育委員会 1999年 担当:分担執筆
  • 印内台遺跡群(21)
    船橋市文化,スポ−ツ公社埋蔵文化財センタ− 1999年 担当:分担執筆
  • 入船遺跡における考古学的調査
    北海道余市町教育委員会 1999年 担当:分担執筆
  • 東京都埋蔵文化財センタ−調査報告第17集
    東京都埋蔵文化財センタ− 1999年 担当:分担執筆
  • 北海道横断自動車道(千歳−夕張)埋蔵文化財発掘調査報告書
    北海道埋蔵文化財センタ− 1999年 担当:分担執筆
  • 東京都埋蔵文化財センタ−調査報告第57集
    東京都埋蔵文化財センタ− 1999年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュ−ス 370
    国立科学博物館 1999年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュ−ス 363
    国立科学博物館 1999年 担当:分担執筆
  • SCIaS, 特集揺らぐ「縄文時代」観 8/06
    1998年 担当:分担執筆
  • 虹を見た。内藤大典編
    海援社 1998年 担当:分担執筆
  • イミダス「縄文世界一万年」
    集英社 1998年 担当:分担執筆
  • 「日本人と日本文化」ニュースレター
    国際日本文化研究センタ− 1998年 担当:分担執筆
  • 平成8年度科学研究費補助金(国際学術研究)研究成果報告書(研究代表者:松村博文)
    1997年 担当:分担執筆
  • 市谷御門外橋詰,御堀.地下鉄7号溜池,駒込間遺跡発掘調査報告書 5-2
    帝都高速度交通営団,地下鉄7号線溜池,駒込間遺跡調査会 1997年 担当:分担執筆
  • 松山2号墳 印旛郡市文化財センタ−発掘調査報告書 第132集
    印旛郡市文化財センタ− 1997年 担当:分担執筆
  • オパウシナイ1遺跡
    北海道平取町教育委員会 1997年 担当:分担執筆
  • 汐留遺跡I
    東京都埋蔵文化財センタ− 1997年 担当:分担執筆
  • 長野県埋蔵文化財センタ−発掘調査報告書22
    長野県埋蔵文化財センタ− 1997年 担当:分担執筆
  • 大船C遺跡
    南茅部町教育委員会 1997年 担当:分担執筆
  • 逆転の日本史, 日本人のル−ツここまでわかった!
    洋泉社 1997年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュ−ス 345
    国立科学博物館 1997年 担当:分担執筆
  • 溜池,駒込間遺跡発掘調査報告書 5-2
    帝都高速度交通営団,地下鉄7号線溜池,駒込間遺跡調査会 1997年 担当:分担執筆
  • 市谷御門外橋詰,御堀遺跡発掘調査報告書
    帝都高速度交通営団,地下鉄7号線溜池 駒込間遺跡調査会 1997年 担当:分担執筆
  • 古代史発見シリ−ズ 10人の卑弥呼がいた!!
    学習研究社 1996年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュ−ス 322
    国立科学博物館 1996年 担当:分担執筆
  • ピテカントロプス展図録
    読売新聞社 1996年 担当:分担執筆
  • 堀株神社遺跡発掘調査報告書
    北海道泊村教育委員会 1996年 担当:分担執筆
  • 地下鉄7号溜池, 駒込間遺跡調査報告書
    帝都高速度交通営団 1996年 担当:分担執筆
  • ポンオサツ遺跡,ケフネチ5遺跡
    北海道文化財保護協会 1996年 担当:分担執筆
  • 読売新聞社ピテカントロプス展図録
    読売新聞社 1996年 担当:分担執筆
  • ピテカントロプス展
    読売新聞社 1996年 担当:分担執筆
  • A Microevolutional History of Japanese people as viewed from dental morphology. National Science Museum, Monograph
    National Science Museum, Tokyo 1995年
  • Prehistoric Dispersal of Mongoloids Akazawa T, and Szathmary EJE eds
    Oxford, Oxford University Press 1995年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館への招待
    国立科学博物館 1995年 担当:分担執筆
  • 平成6年度科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書(研究代表者:馬場悠男)
    1995年 担当:分担執筆
  • 中妻貝塚
    取手市教育委員会 1995年 担当:分担執筆
  • 高戸A遺跡
    いわき市教育文化事業団 1995年 担当:分担執筆
  • 宇和台遺跡第2次
    福島市文化財振興財団 1995年 担当:分担執筆
  • 宇和台遺跡
    福島市文化財振興財団 1995年 担当:分担執筆
  • 常呂川河口遺跡(1)
    常呂町教育委員会 1995年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 312
    国立科学博物館 1995年 担当:分担執筆
  • 陸前高田市史 第2巻 地質,考古編
    陸前高田市史編集委員会編 1994年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 299
    国立科学博物館 1994年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 303
    国立科学博物館 1994年 担当:分担執筆
  • 宮ヶ瀬遺跡群? 神奈川県埋蔵文化財センタ−調査報告21
    神奈川県埋蔵文化財センター 1994年 担当:分担執筆
  • 丸の内三丁目遺跡
    東京都埋蔵文化財センタ− 1994年 担当:分担執筆
  • 四葉地区遺跡 平成5年度 板橋区四葉地区遺跡調査報告IV
    板橋区四葉地区遺跡調査会,東京都建設局 1994年 担当:分担執筆
  • 先史学と関連科学
    北海道図書企画 1993年 担当:分担執筆
  • 平成4年度科学研究費補助金(重点領域:先史モンゴロイド)研究項目A02班研究成果報告書(研究代表者:百々幸雄)
    1993年 担当:分担執筆
  • 高井城跡
    取手市教育委員会 1993年 担当:分担執筆
  • 「門前貝塚」陸前高田市文化財調査報告第16集
    1993年 担当:分担執筆
  • 南諏訪原遺跡
    福島市振興公社 1993年 担当:分担執筆
  • 東京外かく環状道路練馬地区関連遺跡
    東北縦貫自動車道(東京外かく環状道路)に係る埋蔵文化財発掘調査報告8歴史時代編,総括編 1993年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 305
    国立科学博物館 1993年 担当:分担執筆
  • 原日本人
    朝日新聞社 1993年 担当:分担執筆
  • 天皇と日本を起源から考える
    新人物往来社 1993年 担当:分担執筆
  • 陸前高田市文化財調査報告
    1993年 担当:分担執筆
  • 平成3年度科学研究費補助金(重点領域:先史モンゴロイド)研究項目A02拡散集団の起源,系統(自然人類学)班研究成果報告書(研究代表者:百々幸雄)
    1992年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 284
    国立科学博物館 1992年 担当:分担執筆
  • アンデス黄金発掘展−クントウル,ワシ遺跡の発掘−
    読売新聞社 1992年 担当:分担執筆
  • モンゴロイド 15
    1992年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 276
    国立科学博物館 1992年 担当:分担執筆
  • 堀株1, 2遺跡
    北海道文化財研究所調査報告書第6集 1992年 担当:分担執筆
  • 小樽市埋蔵文化財調査報告書第5報「蘭島遺跡D地点」
    小樽市教育委員会 1992年 担当:分担執筆
  • 表郷村文化財調査報告書第4集 深渡戸B横穴群発掘調査報告
    福島県西白河郡表郷村教育委員会 1992年 担当:分担執筆
  • コタン温泉遺跡
    北海道八雲町教育委員会 1992年 担当:分担執筆
  • 考古学年報 41
    1991年 担当:分担執筆
  • 小樽市埋蔵文化財調査報告書第2報「蘭島餅屋沢遺跡」
    小樽市教育委員会 1991年 担当:分担執筆
  • 国立科学博物館ニュース 270
    国立科学博物館 1991年 担当:分担執筆
  • 平成元年度科学研究費補助金(重点領域:先史モンゴロイド)研究項目A02拡散集団の起源,系統(自然人類学)班研究成果報告書(研究代表者:百々幸雄)
    1990年 担当:分担執筆
  • 茶津貝塚 北海道文化財研究所調査報告第5集
    北海道文化財研究所 1990年 担当:分担執筆
  • ピラガ丘遺跡
    北海道斜里町教育委員会 1990年 担当:分担執筆
  • 額平川2遺跡
    北海道平取町教育委員会 1990年 担当:分担執筆
  • 1990年度大川遺跡発掘調査概報
    北海道余市町教育委員会 1990年 担当:分担執筆
  • 1989年度大川遺跡発掘調査概報
    北海道余市町教育委員会 1990年 担当:分担執筆
  • 茶津洞穴遺跡発掘調査報告書
    北海道泊村教育委員会 1989年 担当:分担執筆
  • 中島松5遺跡A地点
    恵庭市教育委員会 1989年 担当:分担執筆
  • 茶津洞穴遺跡調査報告書
    北海道泊村教育委員会 1989年 担当:分担執筆
  • 三貫地貝塚 福島県立博物館調査報告第17集
    福島県立博物館 1988年 担当:分担執筆
  • 地下鉄7号溜池,駒込間遺跡発掘調査報告書6
    1988年 担当:分担執筆
  • 守谷長網横穴墓群の調査
    千葉県勝浦市教育委員会 1986年 担当:分担執筆
  • 上幌内2遺跡より出土した人骨について
    厚真町教育委員会

講演・口頭発表

  • 東南アジア・中国の先史採集狩猟民に共通するユニークな埋葬
    松村博文、山形眞理子
    東南アジア考古学会2018年度大会 2018年12月15日
  • ユーラシアへのサピエンス二層モデルが示唆する人類大移動:頭骨形態データにもとづく最新版
    松村 博文
    第72回日本人類学会大会 シンポジュウム:グローバル気候変動と現代型サピエンス全移動史. 2018年10月19日
  • Dismemberment and Post-Mortem Body Manipulation: Early-Mid Holocene Forager Mortuary Practices in Southern China and Southeast Asia.
    Matsumura H, Willis A, Hung HC, Nguyen KTK, Li Z, Trinh HH, and Oxenham M.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • Dispersal of anatomical modern homo sapiens in East Eurasia and Sahul in the context of ‘Two Layer’ model.
    Matsumura H.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • A biocultural approach to human interaction and consequences of disease in Japan
    Vlok M, Temple D, Ishijima H, Matsumura H, Oxenham M and Buckley H.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • The Bioarchaeology of Kinship, Group Membership and Identity in Neolithic Vietnam
    Oxenham M, Matsumura H
    20th Annual Conference of the British Association for Biological Anthropology and Osteoarchaeology. Cranfield University. 2018年09月14日
  • アジアにおけるホモ・サピエンス拡散の二重構造モデル.
    松村 博文
    日本旧石器学会第16 回シンポジウム 「日本列島への人類拡散と後期旧石器時代の成立を考える」 2018年06月24日
  • Austronesian dispersal hypothesis, perspectives from prehistoric human skeletal remains in Southeast Asia and China
    Matsumura H, Shimanjuntak T, Hung HC, Chen C, Fan X, Oxenham M
    International Austronesian Conference Cultural Heritage and Community Empowerment: Anthropological Perspectives Taiwan’s Southbound Connections. 2017年11月14日
  • The carrying angle of the elbow joints of ancient hunter-gatherers in Hokkaido, Japan.
    Tokita R, Kubo D, Matsumura H.
    Symposium: Dispersal of Austronesian Speakers and Southeast Asian Indigenous.第71回日本人類学会 2017年11月03日
  • Austronesian dispersal hypothesis, verified by prehistoric human remains from Southeast China through the Southeast Asia and Pacific
    Matsumura H, Hung HC, Fan X, Shimanjuntak T. Wu X. Oxenham M
    International Austronesian Conference Cultural Heritage and Community Empowerment: Anthropological Perspectives Taiwan’s Southbound Connections. Jiangle, Fujiang China 2017年11月02日
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • 東南アジア・中国の先史採集狩猟民に共通するユニークな埋葬
    松村博文、山形眞理子
    東南アジア考古学会2018年度大会 2018年12月15日
  • ユーラシアへのサピエンス二層モデルが示唆する人類大移動:頭骨形態データにもとづく最新版
    松村 博文
    第72回日本人類学会大会 シンポジュウム:グローバル気候変動と現代型サピエンス全移動史. 2018年10月19日
  • Dismemberment and Post-Mortem Body Manipulation: Early-Mid Holocene Forager Mortuary Practices in Southern China and Southeast Asia.
    Matsumura H, Willis A, Hung HC, Nguyen KTK, Li Z, Trinh HH, and Oxenham M.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • Dispersal of anatomical modern homo sapiens in East Eurasia and Sahul in the context of ‘Two Layer’ model.
    Matsumura H.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • A biocultural approach to human interaction and consequences of disease in Japan
    Vlok M, Temple D, Ishijima H, Matsumura H, Oxenham M and Buckley H.
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 21th Congress. 2018年09月23日
  • The Bioarchaeology of Kinship, Group Membership and Identity in Neolithic Vietnam
    Oxenham M, Matsumura H
    20th Annual Conference of the British Association for Biological Anthropology and Osteoarchaeology. Cranfield University. 2018年09月14日
  • アジアにおけるホモ・サピエンス拡散の二重構造モデル.
    松村 博文
    日本旧石器学会第16 回シンポジウム 「日本列島への人類拡散と後期旧石器時代の成立を考える」 2018年06月24日
  • Austronesian dispersal hypothesis, perspectives from prehistoric human skeletal remains in Southeast Asia and China
    Matsumura H, Shimanjuntak T, Hung HC, Chen C, Fan X, Oxenham M
    International Austronesian Conference Cultural Heritage and Community Empowerment: Anthropological Perspectives Taiwan’s Southbound Connections. 2017年11月14日
  • The carrying angle of the elbow joints of ancient hunter-gatherers in Hokkaido, Japan.
    Tokita R, Kubo D, Matsumura H.
    Symposium: Dispersal of Austronesian Speakers and Southeast Asian Indigenous.第71回日本人類学会 2017年11月03日
  • Austronesian dispersal hypothesis, verified by prehistoric human remains from Southeast China through the Southeast Asia and Pacific
    Matsumura H, Hung HC, Fan X, Shimanjuntak T. Wu X. Oxenham M
    International Austronesian Conference Cultural Heritage and Community Empowerment: Anthropological Perspectives Taiwan’s Southbound Connections. Jiangle, Fujiang China 2017年11月02日
  • どこから来たホモ・サピエンス?
    松村 博文
    札幌医科大学保健医療学部公開講座兼道民カレッジ 2017年06月29日
    札幌
  • Out of Africa: ホモサピエンスのアジア拡散モデルの再構築
    松村 博文
    沖縄県立博物館・美術館主催文化講座 2016年11月19日
  • Austronesian Hypothesis verified from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau Site in Sumatra. " Symposium: Dispersal of Austronesian Speakers and Southeast Asian Indigenous
    Matsumura H., Shimanjuntak T., Oktaviana A., Nurwidi S., Prastiningtyas D
    第70回日本人類学会 (Abstract: Anthropol. Sci., 2016, 124:22410/9-10 新潟 2016年10月09日
  • Out of Africa 先史遺跡から探るホモサピエンスのアジア拡散ルート
    松村 博文
    イチャルパ学術講演 2016年10月05日
    日本人類学会
    札幌
  • Central Vietnam, a node of population movement in prehistory: from the archaeological and bio-anthropological viewpoints.
    Yamagata M, Matsumura H
    8th World Archaeological Congress, 2016.8.27-9.2 Doshisha Univ, Kyoto 2016年08月27日
  • Multiple Waves of Prehistoric Human Migration Into and Out of Taiwan—The Formation and Dispersal of Early Austronesian-speaking Populations
    Hung HC., Carson MT., Deng ZH., Matsumura H.
    The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23 2016年07月18日
  • Prehistoric Burial of Gua Harimau: Socia-Cultural Complexity of Asutronesian Society:
    Prastiningtyas D, Noerwidi S, Herbiamami ML, Fauzi, M.R4, Ansyori, M5, Matsumura, H. Simanjuntak T.
    The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23 2016年07月18日
  • Determination of genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra
    Shinoda K, Kakuda T., Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N., Prastingtyas D., Noerwidi S., Matsumura H.
    The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23 2016年07月18日
  • Verifying Austronesian Hypothesis from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau Site in Sumatra
    Matsumura H., Shimanjuntak T., Oktaviana A., Nurwidi S., Prastiningtyas D., Cuong NL., Oxenham M., Willis A, Restu R., Hana M
    The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23 2016年07月18日
  • 中国広西邕江域の先史時代遺跡から出土した採集狩猟民の古病理学的特徴
    澤田純明、李珍、黄云忠、黄強、久保 田慎二、深山絵実梨、渡辺慎也、山形眞理子、 Nguyen Lan Cuong、洪曉純 、松村博文
    第69回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2015, 123: 10/9-10東京 2015年10月09日
  • 中国広西邕江域の先史狩猟民のユニークな屈葬人骨-ユーラシア東部の人類史解明に向けて-
    澤田純明、李珍、黄云忠、黄強、久保 田慎二、深山絵実梨、渡辺慎也、山形眞理子、 Nguyen Lan Cuong、洪曉純 、松村博文
    第69回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2015, 123: 10/9-10東京 2015年10月09日
  • Toward Reconstruction of Two Layer Model in East Eurasia
    Matsumura H
    第68回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2014, 122: in press) 2014年11月03日
    浜松
  • 北海道から世界へ発信 考古学と形質人類学のコラボレーション
    松村博文
    北海道立埋蔵文化財センター・道民カレッジ共催 2014年10月18日
    江別
  • 北海道から世界へ発信 考古学と形質人類学のコラボレーション
    松村博文
    北海道立埋蔵文化財センター 2014年10月08日
  • 縄文人はどこからきたか? −アジアの人類史から探る縄文人のルーツ
    松村博文
    カリンバ講演会 2014年06月08日
    恵庭
  • Late hunter-gathers and early farmers in southern China and relations with Southeast Asia and Taiwan
    Hung HC, Matsumura H, Li Z, He G, Sun G and Zhang C
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress 2014年01月
    Siem Reap
  • Human migration in Neolithic East/Southeast Asia: exploring through skeletal morphology
    Matsumura H, Hung HC, Li Z, He G, Sun G, Zhang C and Cuong NL
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress 2014年01月
    Siem Reap
  • Iron Age interactions across the ocean of Southeast Asia: Kalanay-type pottery and Sa Huynh type earrings
    Yamagata M, Miyama E, and Matsumura H
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress 2014年01月
    Siem Reap
  • Were early hunter?gatherer and farming population genealogically different people in East/Southeast Asia? ? Preliminary scope of the current research projects
    Matsumura H
    第67回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2013, 121:234) 2013年11月03日
    筑波
  • アジアの人類史からみた日本人の二重構造
    松村博文
    石狩市民カレッジ, 旧石器、縄文、弥生の人類、そして文化 2013年10月19日
  • 縄文人の起源: 先史時代のアジア人に源流を探る
    松村博文
    公開シンポジウム,北海道から世界を見る -土器から、言語から、DNAから- 総合研究大学院大学主催、現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究プロジェクト 2013年10月03日
    札幌
  • The demographic transition and demic migration in prehistoric East/Southeast Asia: an exploration using nonmetric dental traits
    Matsumura H, Oxenham M
    International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Evolving Humanity, Emerging Worlds 2013年08月
    Manchester
  • Bio-social constructions of childhood in palaeohealth and mortuary contexts
    Oxenham M. Domett K, and Matsumura H
    International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Evolving Humanity, Emerging Worlds 2013年08月
    Manchester
  • Diversity and Homogeneity in anatomical modern humans in Southeast Asia: perspectives from skeletal and dental morphology
    Matsumura H
    第66回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2012, 120: 268) 2012年11月03日
    日吉
  • Metric characteristics of human limb bones in Asian and Japanese populations
    Kudaka M, Fukumine T, Fukase H, Kimura R, Hanihara T, Matsumura H, Saso A, Fukumine T, Ono H, and Ishida H
    第66回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2012, 120: 285) 2012年11月02日
    日吉
  • 日本列島に住む人々の源流
    松村博文
    石狩市民カレッジ, アジア人はるかなる旅 〜私たちの祖先がたどってきた道〜 2012年06月02日
  • Social Identity, Group Membership and Tooth Ablation in Neolithic Man Bac, Vietnam
    Oxenham M. and Matsumura H
    Bioarchaeology of Asia symposium abstract submission 77th Annual Meeting of the Society for American Archaeology 2012年04月
    Memphis
  • 私たちはどこから来たのか? −人類のたどってきた道−
    松村博文
    社団法人 北海道柔道整復師会 卒後教育講演会 2012年02月12日
    札幌
  • アジア人はるかな旅 ー現生人類の拡散移住史−
    松村博文
    地球温暖化の環境考古学・歴史学 共同研究会 2012年02月04日
    網走
  • Differential origin of Neolithic populations in Jomon Japan and Southeast Asia? : the cranio-metric perspective
    Matsumura H
    2nd Southeast Asian Bioarchaeology International Congress, Khon Kaen University 2012年01月
  • Dental Modification at Neolithic Man Bac: A Signifier of Social Identity, Group Membership? Australian Society for Human Biology, 26th Annual Conference “Being Human: Biological and Environmental Perspectives”
    Oxenham M. Matsumura H, Huffer D, and Willis A
    National Museum of Vanuatu 2012年
    Vanuatu
  • The Neolithic demographic transition and demic diffusion in Southeast Asia: the evidence from Man Bac.25th Annual ASHB Conference
    Oxenham M, Matsumura H, Shinoda K, Huffer D, and Willis A
    ANU Canberra 2011年12月
  • Hoabinhian: a key population with which to debate the peopling Southeast Asia. (APA National Museum of Nature and Science
    Matsumura H
    Dual Symposia Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association 2011年11月29日
    東京
  • アジア人はるかな旅 ー現生人類の拡散移住史−
    松村博文
    サイエンス・コンソシアム札幌. 札幌市中央図書館 2011年11月26日
  • Human limb bone characteristics in Japanese and neighboring populations
    久高将臣・譜久嶺忠彦・深瀬 均・木村亮介・埴原恒彦・米田穣・松村博文・佐宗亜衣子・天野哲也・小 野裕子・石田肇
    第65回日本人類学会 2011年11月
    那覇
  • Human dispersal across Sahul, East Eurasia and America, a perspective from a network tree on the basis of nonmetric dental morphology
    Matsumura H
    第65回日本人類学会 2011年11月
    那覇
  • 先史東南アジアを舞台とした人類集団の移動:考古学と人類学の接点
    山形眞理子・松村博文
    2011年度東南アジア考古学会大会 2011年10月
    東京
  • 東南アジアにおける言語・農耕拡散と人類の移動 -古人骨から検証する-
    松村博文
    国立民族学博物館 「人類の移動誌」 2011年06月18日
  • 献体による医学教育及び医療技術研修について
    辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 二宮孝文, 市川量一, 菊池真, 新見隆彦
    解剖学雑誌 2011年03月
  • Re-assessment of human migration in circum Pacific region based on nonmetric dental traits
    MATSUMURA Hirofumi
    J Physiol Sci 2011年03月
    横浜
  • A latent need for strategic defensive medical-care intitatives (ver. 2.0): a new utilization option of donated cadavers for a solution of current medical issues in Japan
    Tatsumi H, Fujimiya M, Suzuki D, Uchiyama E, Nakamura T, Matsumura H, Ninomiya T, Ichikawa R, Kikuchi S and Simmi T
    Annual Meeting of the Physiological Society of Japan and the 116th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists, Yokohama (Abstract: The Journal of Physiological Science, 82(Supplement): 247) 2011年03月
    横浜
  • A Latent Need for Strategic Defensive Medical-Care Initiatives (Ver. 2.0): a new utilization option of donated cadavers for a solution of current medical issues in Japan
    TATSUMI Haruyuki, FUJIMIYA Mineko, SUZUKI Daisuke, UCHIYAMA Eiichi, NAKAMURA Takuo, MATSUMURA Hirofumi, NINOMIYA Takafumi, ICHIKAWA Ryouichi, KIKUCHI Shin, SHIMMI Takahiko
    J Physiol Sci 2011年
  • 縄文以降の人類ー歯から読み解くアジアにおける稲作農耕民の大移動
    松村博文
    北の縄文文化を発信する会・連続講座 札幌紀伊国屋  2011年
  • Limb bone characteristics of Okhotsk culture people from Hokkaido and Sakhalin
    KUDAKA Masatomi, FUKUMINE Tadahiko, FUKASE Hitoshi, KIMURA Ryosuke, HANIHARA Tsunehiko, YONEDA Minoru, MATSUMURA Hirofumi, SASO Aiko, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime
    Anthropol Sci 2010年12月
  • The micro-evolutional history of Southeast Asia: Two layer model in the context of Northern Vietnam
    Matsumura H, Oxenham MF
    Australasian Society For Human Biology, 24th Annual Conference “History and Life History” University of Auckland 2010年12月
    Auckland
  • 縄文人はどこから来たか?東南アジアの人類史からみる縄文人の起源
    松村博文
    北の縄文文化を発信する会・連続講座 2010年11月02日
    札幌
  • Limb bone characteristics of Okhotsk culture people in Hokkaido and Sakhalin
    Kudaka M, Fukumine T, Fukase H, Kimura R, Hanihara T, Yoneda M, Matsumura H, Saso A, Amano T, Ono H, Ishida H
    第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press) 2010年11月
    伊達
  • Issue of Hoabinhian people: the first layer in Southeast Asia ?
    Matsumura H
    第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press) 2010年11月
    伊達
  • Ancient human genetic variation in the Man Bac Site
    Shinoda K, Matsumura H
    第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press) 2010年11月
    伊達
  • Human skeletal remains of the early Iron Age Hoa Diem site in central Vietnam: implication of population movements along with the Circum South China Sea
    Matsumura H, Cuong NL, Dung NK, Yamagata M, Hoang BC
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 19th International Congress (Abstract: The 19th International Congress of IPPA, Hanoi Session B14 pp.98-99.) 2009年12月
    Hanoi
  • Population history of mainland Southeast Asia: viewed from human remains of Man Bac site in northern Vietnam
    Matsumura H, Oxenham MF, Bellwood P, Thuy NK, Cuong NL, Dung NK
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 19th International Congress, (Abstract: The 19th International Congress of IPPA, Hanoi Session C1, pp.120) 2009年12月
    Hanoi
  • Morphological diversity of the Late Neolithic Man Bac site people in northern Vietnam: issues of ancestry and migration
    Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Dung NK, Oxenham MF, Dodo Y
    第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 117:) 2009年11月
    東京
  • Allele frequencies of the ABO gene among ancient populations in Hokkaido
    Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, , Masuda R
    第63回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 117:) 2009年11月
    東京
  • 北海道古代集団におけるABCC11遺伝子の対立遺伝子頻度
    佐藤丈寛, 天野哲也, 小野裕子, 石田 肇, 小寺春人, 松村博文, 米田穣, 増田隆一
    第55回日本動物学会北海道支部大会 2009年05月
    函館
  • 献体を用いた解剖学教育と医療技術研修における形而上学的諸問題の解決を目指して
    辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 青木光広, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 佐藤利夫, 菊池真, 新見隆彦, 市川量一, 二宮孝文
    解剖学雑誌 2009年03月
    岡山
  • Population history of mainland Southeast Asia: perspectives from the prehistoric human skeletal remains and the cultural contexts in Vietnam
    Matsumura H, Yamagata M
    International, Interdisciplinary Workshop "Dynamics of Human Diversity in Mainland Southeast Asia" 2009年01月
    Siem Reap
  • Report on 2007’s excavation of human remains in the Neolithic Man Bac Site, Vietnam
    Matsumura H
    第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 116: 258) 2008年11月
    名古屋
  • Biological affinity of Okhotsk-Culture people based on dental characteristics
    Matsumura H, Ishida H, Amano T, Ono H, Yoneda M
    第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 116: 258) 2008年11月
    名古屋
  • Frequencies of ABCC11 alleles among ancient populations in Hokkaido
    Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
    第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 116: 270) 2008年11月
    名古屋
  • 安全な最先端医療のための解剖教育と医療技術研修
    辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 青木光弘, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 佐藤利夫, 二宮孝文, 市川量一, 菊池 真, 新見隆彦
    日本解剖学会第54回東北, 北海道連合支部学術集会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 84:51) 2008年09月
    盛岡
  • オホーツク文化出土人骨のミトコンドリアDNAハプログル−プの推定
    佐藤丈寛, 天野哲也, 小野裕子, 石田 肇, 小寺春人, 松村博文, 米田穣, 増田隆一
    第54回日本動物学会北海道支部大会 2008年08月
    札幌
  • Implication of the "Two Layer Hypothesis" at Man Bac
    Matsumura H
    International Forum: The Site of Man Bac, Issues and Discussion 2008年07月19日
    Hanoi
  • The late Neolithic cemetery and habitation site of Man Bac, Ninh Binh province,Viet Nam: overview, new discoveries and new directions
    Huffer D, Nguyen KD, Oxenham MF, Matsumura H, Nguyen LC, Yamagata M, Nguyen KT , Trinh HH
    4th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology (SEAA) 2008年06月
    Beijing
  • Health Experience in Cold Environments
    Oxenham MF, Matsumura H
    Insights from Hokkaido, Japan 4th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology (SEAA) 2008年06月
    Beijing
  • 古代から近世の東北地方の人々における歯の形態
    松村博文, 百々幸雄
    解剖学雑誌 2008年03月
    大分
  • Man Bac, a late Neolithic cemetery and habitation site in northern Viet Nam
    Huffer D, Nguyen KD, Oxenham MF, Matsumura H, Nguyen LC, Yamagata M, Nguyen KT, Trinh HH
    Overview and recent Findings 73rd Annual Meeting of the Society for American Archaeology (SAA) 2008年03月
    Vancouver
  • A case of lower limb paralysis in an adult male dated to 3800-3400 BP
    Oxenham M, Matsumura H, Tilley L, Cuong NL, Thuy KT
    Northern Vietnam: Implications for quality of life and care 21st Australian Sociaty for Human Biology Conference 2007年12月
    Dunedin
  • 東南アジア人の二層構造仮説の復活に向けて:ベトナムでの先史人骨の例から
    松村博文
    第61回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2007, 115:246) 2007年11月
    新潟
  • 南シナ海を越えた先史時代の人々;ベトナム中部, ホアジェム遺跡の事例から
    山形眞理子, Hoang BC, 松村博文, Cuong NL, 田中和彦, 俵 寛司
    第61回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2007, 115:254) 2007年11月
    新潟
  • The parallelism between the 'dual structure' model for the population history in Japan and the 'two layer' hypothesis in Southeast Asia
    Matsumura H
    21st Pacific Science Congress 2007年06月
    Okinawa
  • Early childhood caries in prehistoric Southeast Asia: oral health in an often ambiguous status and gender category
    Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Thuy NK, Dung NK, Cuong NL
    76th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists 2007年03月
    Philadelphia
  • Ancient DNA analysis of the people in the Okhotsk culture
    Sato T, Ono H, Amano T, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
    第60回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2006, 114: 236) 2006年11月
    高知
  • Pre-Angkorian human skeletons from Phum Snay, Cambodia
    Matsumura H, Domett K, Buckley H, O’Reilly D, Yamagata M
    第60回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2006, 114: 243) 2006年11月
    高知
  • 千葉県下太田貝塚における安定同位体比による食性の検討:単独埋葬と集団埋葬の比較
    米田穣, 菅谷通保, 松村博文, 柴田康行
    日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2006年06月17日
  • The Phung Nguyen Period cemetery Man Bac: preliminary bioarchaeological findings.
    Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Cuong NL, Thuy NK
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 5G) 2006年03月
    Manila
  • Hang Cho cave in the context of Hoabinhian culture. The Indo-Pacific Prehistory Association
    Dzung L.T.M, Yamagata M, Matsumura H
    18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 2B) 2006年03月
    Manila
  • The 2004-2005 International excavation season at Man Bac site ( Ninh Binh Province). The Indo-Pacific Prehistory Association
    Dung NK, Matsumura H, Yamagata M
    18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 4G) 2006年03月
    Manila
  • An early Holocene human skeleton from Hang Cho site. northern Vietnam:its implication for “Two Layers” hypothesis on the origin of Southeast Asians
    Matsumura H, Dodo Y, Oxenham MF, Cuong NL, Long VT, Thuy NK, Dzung LTM, Yamagata M, Sawada J, Yoneda M, Shinoda K
    18th International Congress of the Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA) 2006年03月
    Manila
  • Sub-arctic Hokkaido: trends in oral and physiological health from the Jomon through Okhotsk periods
    Oxenham MF, Matsumura H
    75th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists 2006年03月
    Anchorage
  • Social organization at the Neolithic/Bronze Age boundary in northern Vietnam: Man Bac cemetery as a case study. The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract
    Huffer D, Nguyen KD, Hiep TH, Matsumura H
    The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 4G) 2006年03月
    Manila
  • An early Holocene human skeleton from Hang Cho, northern Vietnam: its implication for a “Two Layers” hypothesis on the origin of Southeast Asians
    Matsumura H, Dodo Y, Oxenham MF, Cuong NL, Long VT, Thuy NK, Dung LM, Yamagata M, Sawada, J, Yoneda M, Shinoda K
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 5G) 2006年03月
    Manila
  • Attitudes towards children: a Neolithic/Bronze Age transition cemetery in northern Vietnam
    Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Dung NK, Cuong NL, Thuy NK, Hiep TH, Phung HV, Dodo Y, Huffer D
    XVth UISPP (Union International for Prehistoric and Protohistoric Sciences) 2006年
    Lisbon
  • Palaeohealth in Hokkaido, Japan: Jomon and Okhotsk communities
    Oxenham MF, Matsumura H
    19th Annual Conference of the Australasian Society for Human Biology,Molecules to Morphs. The University of New South Wales. Kensington. Sydney 2005年12月
  • Two types of human remains excavated from the late Neolithic Man Bac Site in Northern Vietnam
    Matsumura H, Dodo Y, Oxenham M.F, Domett K, Cuong NL, Thuy NK, Dung NK, Hiep TH, Shinoda K, Yamagata M, Takigawa W, Yoneda M
    第59回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2005, 113:322) 2005年11月
    横浜
  • Infant dominant cemetery at the late Neolithic Man Bac Site in Northern Vietnam
    Yamagata M, Dung NK, Matsumura H, Dodo Y, Shinoda K, Sawada J
    第59回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2005, 113:322) 2005年11月
    横浜
  • 北海道古代人のけい骨ハリス線の出現頻度について
    中村宅雄, 松村博文, 乗安整而
    解剖学雑誌 2005年03月01日
  • Morhometric difference of femur between the Okhotsk, (Epi)Jomon people and Ainu
    Matsumura H, Hudson MJ
    第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:297) 2004年11月
    長崎
  • The excavation of Hang Cho Cave site in northern Vietnam: Discovery of early Holocene human skeleton
    Matsumura H, Thuy NK, Yamagata M, Oxenham MF, Sawada J, Dodo Y, Shinoda K, Long VT, Dung LM, Cuong, NL, Kim S, Ha D
    第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:297) 2004年11月
    長崎
  • The presence of Haris lines in the prehistoric Hokkaido people
    Matsumura H, Nakamura T, Oxenham MF, Noriyasu S
    第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:303) 2004年11月
    長崎
  • The possible oldest case of Cerebral Palsy in Southeast Asia: the eraly Holocne skeleton from Gua Gunung Runtuh (Malaysia)
    Matsumura H, Uchiyama E, Zuraina M
    第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:303) 2004年11月
    長崎
  • 北海道古代人の脛骨ハリス線の出現頻度について
    中村宅雄, 松村博文, 乗安整而
    日本解剖学会 第50回東北北海道連合地方会学術集会 2004年09月
    札幌
  • Testing the 'Two Layer' hypothesis for the population history of Southeast Asia using cranial and dental morphological data
    Matsumura H
    16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFFA) 2004年08月
    Kyoto
  • Prehistoric dispersion of Southern Chinese into Southeast Asia from dental perspectives
    Matsumura H
    First International Congress on Bioarchaeology in Southeast Asia 2004年01月
    Siem Reap
  • DISH in sub-polar prehistoric Japanese foragers to Medieval English monks: what is the connection?
    Oxenham M, Matsumura H
    " Populations, Migrations and Interactions: A Walk Through Time, Australasian Society for Human Biology Annual Conference 2003年12月
    Auckland
  • 実質性臓器の解剖学実習:肝臓の内部構造
    佐藤利夫, 松村博文, 村上 弦
    第35回日本医学教育学会総会 (抄録:医学教育, 34補冊:71) 2003年12月
    福岡
  • 北海道礼文島船泊遺跡から出土した縄文人骨のミトコンドリアDNA解析
    安達 登, 篠田謙一, 松村博文, 西本豊弘
    第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:396) 2003年11月
    伊達
  • 北海道縄文人およびオホーツク人の口腔病理と古病理学的研究
    松村博文, Oxenham MF
    第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:418 ) 2003年11月
    伊達
  • 奥尻島青苗砂丘2遺跡出土のオホーツク文化を担った人骨について
    松村博文, Hudson M, 皆川洋一, 越田賢一郎
    第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:418) 2003年11月
    伊達
  • Femoral metric analyses for the Okhotsk people in Hokkaido, Japan
    松村博文, Hudson M
    日本解剖学会 第49回東北北海道連合地方会学術集会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 79:76) 2003年09月
    盛岡
  • 北海道先史時代人のミトコンドリアDNA多型解析
    安達登, 篠田謙一, 梅津和夫, 松村博文, 大島直行, 西本豊弘, 百々幸雄
    第12回日本DNA多型学会 2003年06月
    東京
  • 縄文人の起源は東南アジアか?歯の形態による再検証
    松村博文
    解剖学雑誌 2003年04月
    福岡
  • Pookajorn, S
    Matsumura H
    A morphometric analysis of the Late Pleistocene human skeleton from the Moh Khiew Cave in Thailand. The Inter-Congress of IUAES (the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) (Abstract: Anthropological Science.111:141) 2002年09月
    Tokyo
  • Dual origins of the Southeast Asians from a dental perspective
    Matsumura H
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 17th International Congress (Abstract, The 17th International Congress of IPPA, Academia Sinica 2002年09月
    Taipei
  • Excavation at Ma U'Oi Cave, Hoa Binh Province, Northern Vietnam
    Demeter F, Bacon A, Matsumura H, Long VT, Thuy NK, Cong ND, Huong N
    The Indo-Pacific Prehistory Association, 17th International Congress (Abstract, The 17th International Congress of IPPA. Academia Sinica 2002年09月
    Taipei
  • 礼文島浜中2遺跡出土のオホ−ツク文化期人骨に見られた古病理学的所見
    石田 肇, 埴原恒彦, 近藤 修, 大島直行, 松村博文
    北海道大学総合博物館 第5回シンポジウム「サハリンにおけるオホーツク文化の形成と変容と消滅」 2002年
    札幌
  • Dental morphology of the early Hoabinian, the Neolithic Da But and the Metal Age Dong Son cultural people in Vietnam.International Conference One Century of Vietnam Archeology: Achievement, Orientation and Prospect
    Matsumura H, Cuong, NL, Thuy NK, Anezaki, T
    Hanoi (Abstract: One Century of Vietnam Archeology.)National Center for Social Science and Humanities & Institute of Archaeology eds 2001年12月
    Hanoi
  • 歯の形態からみた渡来人の拡散と混血の過程
    松村博文
    第54回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2002, 109:107 ) 2001年11月
    東京
  • 歯の形態からみる東南アジア人の二重構造
    松村博文
    第55回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 110:101 ) 2001年11月
    京都
  • 続縄文時代の渡来人
    松村博文
    シンポジウム「もう一つの日本文化−続縄文の人と文化を考える」(文部科学省科学研究費(地域連携推進研究)古人骨と動物遺存体に関する総合研究主催) 2001年07月28日
    伊達
  • 古人骨から探る北海道の人の源流
    松村博文
    弟9回北の文化シンポジウム「環オホーツク海文化のつどい」基調講演 2001年
    紋別
  • 渡来系弥生人の拡散と続縄文時代人
    松村博文
    北海道考古学会「北方文化交流を探る」(5/12)基調講演, 北海道開拓記念館 2001年
  • 歯の形態からみた渡来人の拡散プロセス
    松村博文
    「日本人, 日本文化」学際シンポジウム, 国際日本文化研究センタ− 2000年12月08日
    京都
  • 古人骨からみたベトナムの人類史
    松村博文
    第142回東南アジア考古学会 2000年12月
    東京
  • Reconstructing human population history of Southeast Asia from cranial and dental characteristics perspective
    Matsumura H
    Proceedings of the First and Second Symposia on Collection Building and Natural History Studies in Asia. National Science Museum Monographs 2000年
    Tokyo
  • 北海道の縄文, 続縄文, 擦文時代における北方アジア系渡来人の消長
    松村博文
    シンポジウム「北東アジアの自然と文化史」 2000年
    伊達
  • Population history of Southeast Asia as viewed from prehistoric to modern human skeletons
    Matsumura H
    International Colloquium on Archaeology in Southeast Asia in the 3rd Millennium 1999年11月
    Penang
  • 最北の縄文人:礼文島船泊遺跡より
    松村博文, 西本豊弘, 新美倫子, 乾 哲也
    第53回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2000, 108:112 ) 1999年11月
    八王子
  • 江戸時代人骨の大腿骨にみられた梅毒性の慢性骨髄炎
    谷畑美帆, 鈴木隆雄, 松村博文, 小林博範
    第53回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2000, 108:115 ) 1999年11月
    八王子
  • 中国江わい地域出土古人骨の人類学的研究−頭蓋形態と抜歯風習
    中橋孝博, 山口 敏, 分部哲秋, 篠田謙一, 松村博文, 李民昌他
    第53回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2000, 108:117 ) 1999年11月
    八王子
  • 中妻縄文人のmtDNAハプロタイプと歯冠計測値から得られた血縁との関係
    篠田謙一, 松村博文
    第104回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica 1999, 74) 1999年03月
    京都
  • 東日本弥生人および続縄文時代人の系譜
    松村博文
    第3回動物考古学会 1999年02月
    佐倉
  • Population History of Southeast Asia from a view of early Holocene human skeletons.
    Matsumura H
    International Symposium Recent Progress in the Studies of the Origin of the Japanese 1999年
    京都
  • Comparative study of the early Holocene Perak man from Malaysia with the prehistoric and modern Australians and Southeast Asians. In: Henneberg M, Oxnard C. eds
    Matsumura H, Ang BH, Zuraina M
    Perspective in Human Biology Vol.4 Is Human Evolution a Closed Chapter? Australian Society for Human Biology & International Union of Anthropological & Ethnological Science Conference, Adelaide 1998. Center for Human Biology, The University of Western Aus 1999年
  • 歯冠計測値を用いた判別分析にもとづく古墳人各個体における渡来者の遺伝的影響
    松村博文
    第52回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 107, 84) 1998年10月
    江別
  • Qモ−ド相関係数の有意差検定
    多賀谷昭, 松村博文
    第52回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1999, 107, 42 ) 1998年10月
    江別
  • Latest developments in the study of Parak Man
    Zuraina M, Matsumura H
    16th International Congress of the Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA) 1998年03月
    Melaka
  • 歯冠計測値を用いた渡来系, 土着系弥生人の判別法
    松村博文
    第51回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1997, 106: 151) 1997年11月
    筑波
  • 礼文島浜中2遺跡出土のオホ−ツク文化期人骨
    石田 肇, 松村博文
    第49回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1996, 104:171.) 1995年11月
    千葉
  • マレ−シア,グアグヌンルンツ出土のペラ人にみられるオ−ストラロイド的形質
    松村博文, Zuraina M
    第49回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1996, 104:172.) 1995年11月
    千葉
  • 先史東南アジア人の形質 −Perak Manを中心に−
    松村博文
    東南アジア考古学会第18回研究会 1995年05月
    東京
  • 茨城県取手市中妻貝塚の多数合葬墓縄文人骨について
    西本豊弘, 松村博文, 宮内良隆
    第48回日本人類学会 1994年11月
    鹿児島
  • 長野市内塩崎遺跡群出土の弥生時代人骨
    茂原信生, 松村博文, 西沢寿晃
    第48回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1995, 103:170) 1994年11月
    鹿児島
  • モンゴロイド系集団の歯の形質における多様性
    松村博文
    シンポジウム「歯の小形質−その進化的意味を問う−」第48回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science 1994年
    鹿児島
  • クリルアイヌおよびオホ−ツク文化期人骨の歯冠計測値にもとづく系統関係
    松村博文
    第47回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1994,102,188) 1993年11月
    東京
  • 歯冠計測値にもとづく縄文人の性別判定
    松村博文
    第98回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 1993, 68:649) 1993年03月
    札幌
  • 北村遺跡出土縄文人の歯の形態
    茂原信生, 松村博文
    第46回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1993, 101:224) 1992年11月
    大阪
  • クント−ル,ワシ墳墓の出土人骨
    松村博文, 大貫良夫, 加藤泰健, 関 雄二, 井口欣也, 坂井真人, R.カリオン
    第46回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 1993, 101:229) 1992年11月
    大阪
  • Dental characteristics of Japanese population
    Matsumura H, Shigehara N. and Kanazawa E.
    The First World Conference on Prehistoric Mongoloid Dispersals 1992年10月
    Tokyo
  • 歯の諸形質からみた日本人集団の特徴
    松村博文, 茂原信生, 金沢英作
    公開シンポジウム「先史モンゴロイド集団の拡散と適応戦略」 (抄録:先史モンゴロイド集団の拡散と適応), 公開シンポジウム組織委員会 1992年
    東京
  • 先インカ期ペル−人の歯冠形質について
    松村博文
    第45回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1992, 100:255) 1991年11月
    東京
  • 斜里町ウトロ遺跡神社山出土のオホ−ツク文化期人骨
    石田 肇, 松村博文, 百々幸雄, 高山 博
    第96回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 1991, 66:316) 1991年03月
    京都
  • 北部九州弥生人の乳歯の歯冠サイズについて
    松村博文
    第96回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 1991, 66:397) 1991年03月
    京都
  • 日本人永久歯における先史時代から現代に至る歯冠形態の時代的変化
    松村博文
    第44回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1991, 99:225) 1990年11月
    神奈川
  • Comparative study of crown cusp areas in the dentition of African apes. In: Primatology today. A. Ehara et al. eds
    Matsumura H, Nakatsukasa M, Ishida H
    XIIIth Congress of the International Primatological Society 1990年07月
    Nagoya
  • 日本人永久歯における歯冠サイズの変異パタ−ンの時代的変化
    松村博文
    第95回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 1990, 65:245) 1990年03月
    東京
  • 縄文人永久歯のノンメトリックな形質の地域変異
    松村博文
    第94回日本解剖学会総会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 1989, 64:366) 1989年03月
    宮崎
  • 北海道伊達市有珠10遺跡第4次調査報告
    大島直行, 石田 肇, 松村博文, 百々幸雄, 川内 基
    第42回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1989, 97:272) 1988年11月
    大阪
  • 縄文人の歯冠計測値の地域変異
    松村博文
    第42回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1989, 97:281) 1988年11月
    大阪
  • 北海道伊達市有珠モシリ遺跡出土の人骨について
    百々幸雄, 大島直行, 石田 肇, 木田雅彦, 松村博文
    第43回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1990, 98:180.) 1988年11月
    岡山
  • 古墳時代人永久歯の歯冠形態について
    松村博文
    第43回日本人類学会 (Abstract: Journal of the Anthropological Society of Nippon, 1990, 98:183) 1988年11月
    岡山
  • 三貫地貝塚人の歯について
    松村博文
    日本解剖学会第34回東北,北海道連合地方会 1988年
    仙台

競争的資金等の研究課題

  • Out of Africa:ホモ・サピエンスのアジア拡散モデルの再構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 :2017年 - 2022年 代表者 : 松村 博文
  • 中国先史狩猟民埋葬遺跡の発掘調査 -ユーラシア東部の人類史解明に向けて-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2017年 代表者 : 松村 博文
  • 愛知県保美貝塚出土資料による考古学・人類学のコラボレーションモデルの構築と展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 山田 康弘
  • 東南アジア・オセアニアにおける現生人類の拡散移住史
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 :2011年 - 2015年 代表者 : 松村 博文
  • 考古学と人類学のコラボレーションによる縄文社会の総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 山田 康弘
  • 東南アジア人の二層構造の解明:ベトナム・マンバック遺跡からの人類学的アプローチ
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2011年 代表者 : 松村 博文
  • 南シナ海を渡った人々:土器の比較研究からみた鉄器時代のベトナムとフィリピンの交流
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 山形 眞理子
  • オホーツク文化人骨の再発見と総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2008年 代表者 : 石田 肇
  • 環南シナ海先史時代の交流に関する基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 山形 眞理子
  • 東北地方にアイヌの足跡を辿る-発掘人骨の形態学的・遺伝学的研究-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 百々 幸雄
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
  • Out of Africa:ホモ・サピエンスのアジア拡散モデルの再構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 :2017年 - 2022年 代表者 : 松村 博文
  • 中国先史狩猟民埋葬遺跡の発掘調査 -ユーラシア東部の人類史解明に向けて-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2017年 代表者 : 松村 博文
  • 愛知県保美貝塚出土資料による考古学・人類学のコラボレーションモデルの構築と展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 山田 康弘
  • 東南アジア・オセアニアにおける現生人類の拡散移住史
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 :2011年 - 2015年 代表者 : 松村 博文
  • 考古学と人類学のコラボレーションによる縄文社会の総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 山田 康弘
  • 東南アジア人の二層構造の解明:ベトナム・マンバック遺跡からの人類学的アプローチ
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2011年 代表者 : 松村 博文
  • 南シナ海を渡った人々:土器の比較研究からみた鉄器時代のベトナムとフィリピンの交流
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 山形 眞理子
  • オホーツク文化人骨の再発見と総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2008年 代表者 : 石田 肇
  • 環南シナ海先史時代の交流に関する基礎的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 山形 眞理子
  • 東北地方にアイヌの足跡を辿る-発掘人骨の形態学的・遺伝学的研究-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 百々 幸雄
  • 中国大陸南部における新石器時代人の起源についての人類学的・考古学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2003年 - 2005年 代表者 : 松村 博文
  • 東南アジア人および縄文人の起源に関する形質人類学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2002年 - 2004年 代表者 : 松村 博文
  • 北海道続縄文人の系譜論的・生活論的研究-有珠モシリ遺跡出土人骨を中心にして-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2002年 - 2004年 代表者 : 百々 幸雄
  • カガヤン河下流域の考古学調査-狩猟採集民と農耕民の相互依存関係の歴史過程の解明-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 :1999年 - 2001年 代表者 : 小川 英文
  • 歯の形態の個体レベルでの解析による先史・原史時代日本列島住民の地域性と系譜
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
    研究期間 :2000年 - 2000年 代表者 : 松村 博文
  • 歯の形態にもとづく個体レベルでの解析による先史・原史時代日本列島住民の地域性と系譜
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
    研究期間 :1999年 - 1999年 代表者 : 松村 博文
  • 中妻貝塚出土の多数合葬人骨からみた親族関係と縄文社会の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1997年 - 1999年 代表者 : 西本 豊弘
  • 東アジアのヒト上科の起源と進化
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(A))
    研究期間 :1997年 - 1999年 代表者 : 茂原 信生
  • 歯の形態の個体レベルでの解析による先史・原史時代日本列島住民の地域性と系譜
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
    研究期間 :1998年 - 1998年 代表者 : 松村 博文
  • 渡来系弥生人の中国江南起源に関する人類学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1996年 - 1998年 代表者 : 中橋 孝博
  • 歯の形態の個体レベルでの解析による先史・原史時代日本列島住民の地域性と系譜
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1997年 - 1997年 代表者 : 松村 博文
  • 先史東南アジア人の系譜関係に関する人類学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 松村 博文
  • アンデス文明形成期人骨の形質人類学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 松村 博文
  • タイ王国サイヨック地域における完新世初頭人類の発掘調査
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1995年 - 1995年 代表者 : 松村 博文
  • 中妻貝塚の多数合葬人骨の考古学的・形質人類学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
    研究期間 :1994年 - 1995年 代表者 : 西本 豊弘
  • 北海道西南部地域における更新世人類遺跡の分布調査
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1994年 - 1994年 代表者 : 松村 博文
  • 中央アンデス北部高地の形成期文化の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1993年 - 1994年 代表者 : 大貫 良夫
  • ジャワ島出土ホモ・エレクトス化石の形態学的・年代学的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 :1992年 - 1994年 代表者 : 馬場 悠男
  • 東アジア,北米および太平洋地域のモンゴロイド系集団の歯の形態にもとづく系統関係
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1992年 - 1992年 代表者 : 茂原 信生
  • 台湾の更新世及び完新世人骨の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1991年 - 1991年 代表者 : 馬場 悠男
  • 東アジア,北米および太平洋地域のモンゴロイド系集団の歯の形態にもとづく系統関係
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1991年 - 1991年 代表者 : 茂原 信生
  • クントゥ-ル・ワシ墳墓の緊急発掘
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1990年 - 1990年 代表者 : 大貫 良夫
  • 東アジア,北米および太平洋地域のモンゴロイド系集団の歯の形態にもとづく系統関係
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1990年 - 1990年 代表者 : 茂原 信生
  • 恵山文化の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 :1988年 - 1990年 代表者 : 大島 直行
  • 東アジアおよび北米地域のモンゴロイド系集団の歯の形態にもとづく系統関係
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1989年 - 1989年 代表者 : 茂原 信生
  • 人類集団の系統解析
  • 日本人集団の骨形態の時間的・地理的変異の解明

受賞

  • 1995年 Anthropological Science論文奨励賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 1995年 Anthropological Science論文奨励賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.