詳細検索はこちら

杉村 政樹 スギムラ マサキ

所属部署名教育開発研究部門
職名講師ホームページURL
更新日 :2017/12/13

プロフィール

研究キーワード

    アウトカム基盤型教育, 多職種連携教育, 卵巣癌, 医学教育, 婦人科学

研究分野

  • 社会医学 / 病院・医療管理学 / 病院情報システム
  • 教育学 / 教育学 / 医学教育
  • 外科系臨床医学 / 産婦人科学 / 婦人科腫瘍学
  • 境界医学 / 医療社会学 / 医学教育

経歴

  • 2014年08月
    -
    2016年06月
    利尻島国保中央病院
  • 2005年07月
    -
    2014年07月
    JR札幌病院 産婦人科

学位

  • 博士(医学)(札幌医科大学)

学歴

  • 1988年04月
    -
    1994年03月
    札幌医科大学 医学部

所属学協会

  • 日本医療情報学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本産科婦人科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本医療情報学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本産科婦人科学会

教育活動

担当経験のある科目

  • 緩和ケア各論
  • 母性看護学
担当経験のある科目を全て表示する
担当経験のある科目閉じる
  • 緩和ケア各論(天使大学)
  • 母性看護学(北海道文教大学)

研究活動

論文

  • [Clinical stage and therapy].
    Sagae S, Sugimura M, Nagata M
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 4 336-342 2012年06月 [査読有り]
  • [Treatment for recurrent uterine cancer].
    Sagae S, Sugimura M, Nagata M
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 36(2) 220-223 2009年02月 [査読有り]
  • [Chemotherapy of uterine cancer].
    Sagae S, Sugimura M
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 35(2) 218-223 2008年02月 [査読有り]
  • Successful delivery after vaginal radical trachelectomy for invasive uterine cervical cancer.
    Ishioka S, Endo T, Hayashi T, Kitajima Y, Sugimura M, Sagae S, Saito T
    International journal of clinical oncology 11(2) 146-149 2006年04月 [査読有り]
  • Mechanisms of paclitaxel-induced apoptosis in an ovarian cancer cell line and its paclitaxel-resistant clone.
    Sugimura M, Sagae S, Ishioka S, Nishioka Y, Tsukada K, Kudo R
    Oncology 66(1) 53-61 2004年 [査読有り]
  • Comparison of the usefulness between a new universal grading system for epithelial ovarian cancer and the FIGO grading system.
    Ishioka Si, Sagae S, Terasawa K, Sugimura M, Nishioka Y, Tsukada K, Kudo R
    Gynecologic oncology 89(3) 447-452 2003年06月 [査読有り]
  • Combination therapy with granisetron, methylprednisolone and droperidol as an antiemetic prophylaxis in CDDP-induced delayed emesis for gynecologic cancer.
    Sagae S, Ishioka S, Fukunaka N, Terasawa K, Kobayashi K, Sugimura M, Nishioka Y, Kudo R, Minami M
    Oncology 64(1) 46-53 2003年 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • [Clinical stage and therapy].
    Sagae S, Sugimura M, Nagata M
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 4 336-342 2012年06月 [査読有り]
  • [Treatment for recurrent uterine cancer].
    Sagae S, Sugimura M, Nagata M
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 36(2) 220-223 2009年02月 [査読有り]
  • [Chemotherapy of uterine cancer].
    Sagae S, Sugimura M
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 35(2) 218-223 2008年02月 [査読有り]
  • Successful delivery after vaginal radical trachelectomy for invasive uterine cervical cancer.
    Ishioka S, Endo T, Hayashi T, Kitajima Y, Sugimura M, Sagae S, Saito T
    International journal of clinical oncology 11(2) 146-149 2006年04月 [査読有り]
  • Mechanisms of paclitaxel-induced apoptosis in an ovarian cancer cell line and its paclitaxel-resistant clone.
    Sugimura M, Sagae S, Ishioka S, Nishioka Y, Tsukada K, Kudo R
    Oncology 66(1) 53-61 2004年 [査読有り]
  • Comparison of the usefulness between a new universal grading system for epithelial ovarian cancer and the FIGO grading system.
    Ishioka Si, Sagae S, Terasawa K, Sugimura M, Nishioka Y, Tsukada K, Kudo R
    Gynecologic oncology 89(3) 447-452 2003年06月 [査読有り]
  • Combination therapy with granisetron, methylprednisolone and droperidol as an antiemetic prophylaxis in CDDP-induced delayed emesis for gynecologic cancer.
    Sagae S, Ishioka S, Fukunaka N, Terasawa K, Kobayashi K, Sugimura M, Nishioka Y, Kudo R, Minami M
    Oncology 64(1) 46-53 2003年 [査読有り]

MISC

  • 婦人科系
    杉村 政樹
    日本臨床細胞学会北海道支部会報 22 53-55 2013年10月
  • 抗がん剤投与による血小板数減少に対する加味帰脾湯の効果
    長多 正美, 杉村 政樹, 寒河江 悟
    漢方医学 37(3) 206-210 2013年08月
  • 【婦人科がん-最新の研究動向-】 子宮体がん 子宮体癌の進行期分類と治療方針
    寒河江 悟, 杉村 政樹, 長多 正美
    日本臨床 70(増刊4 婦人科がん) 336-342 2012年06月
  • 子宮頸部円錐切除術症例におけるHPV型別臨床像の相違
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    交通医学 66(1-2) 64-64 2012年03月
  • アレンドロネート効果不十分症例に対するミノドロネートの有用性の検討
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 826-826 2012年02月
  • 子宮頸部円錐切除術症例におけるHPV型別臨床像の相違
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹, 神藤 巳佳
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 887-887 2011年02月
  • がん化学療法の副作用対策としての漢方治療 抗癌剤投与後の血小板数減少に対する加味帰脾湯の有用性について
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    日本癌治療学会誌 45(2) 381-381 2010年09月
  • 【産婦人科手術で注目される技術と機材の有用性】 無結紮手術(BiClamp、Ligasure、ハーモニック) 良性疾患を中心に(単純子宮全摘術;TAH)
    杉村 政樹, 寒河江 悟, 長多 正美
    産婦人科の実際 59(8) 1189-1193 2010年08月
  • クリニカルパス利用の現状と課題 当院におけるクリニカルパス運用の現状と課題
    杉村 政樹
    交通医学 64(1-2) 17-17 2010年03月
  • 当院における子宮筋腫のリュープリン術前投与の評価
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    交通医学 64(1-2) 38-38 2010年03月
MISCを全て表示する
  • 婦人科系
    杉村 政樹
    日本臨床細胞学会北海道支部会報 22 53-55 2013年10月
  • 抗がん剤投与による血小板数減少に対する加味帰脾湯の効果
    長多 正美, 杉村 政樹, 寒河江 悟
    漢方医学 37(3) 206-210 2013年08月
  • 【婦人科がん-最新の研究動向-】 子宮体がん 子宮体癌の進行期分類と治療方針
    寒河江 悟, 杉村 政樹, 長多 正美
    日本臨床 70(増刊4 婦人科がん) 336-342 2012年06月
  • 子宮頸部円錐切除術症例におけるHPV型別臨床像の相違
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    交通医学 66(1-2) 64-64 2012年03月
  • アレンドロネート効果不十分症例に対するミノドロネートの有用性の検討
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 826-826 2012年02月
  • 子宮頸部円錐切除術症例におけるHPV型別臨床像の相違
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹, 神藤 巳佳
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 887-887 2011年02月
  • がん化学療法の副作用対策としての漢方治療 抗癌剤投与後の血小板数減少に対する加味帰脾湯の有用性について
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    日本癌治療学会誌 45(2) 381-381 2010年09月
  • 【産婦人科手術で注目される技術と機材の有用性】 無結紮手術(BiClamp、Ligasure、ハーモニック) 良性疾患を中心に(単純子宮全摘術;TAH)
    杉村 政樹, 寒河江 悟, 長多 正美
    産婦人科の実際 59(8) 1189-1193 2010年08月
  • クリニカルパス利用の現状と課題 当院におけるクリニカルパス運用の現状と課題
    杉村 政樹
    交通医学 64(1-2) 17-17 2010年03月
  • 当院における子宮筋腫のリュープリン術前投与の評価
    長多 正美, 寒河江 悟, 杉村 政樹
    交通医学 64(1-2) 38-38 2010年03月

書籍等出版物

  • 新しい無結紮婦人科手術の実際 : 子宮摘出術におけるBiClampの応用
    診断と治療社 2007年
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • 新しい無結紮婦人科手術の実際 : 子宮摘出術におけるBiClampの応用
    診断と治療社 2007年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.