詳細検索はこちら

谷口 圭吾 タニグチ ケイゴ

所属部署名理学療法学科 理学療法学第二講座
職名准教授ホームページURLhttp://web.sapmed.ac.jp/hokegaku/g-ptot/g-ptot_sports.html
更新日 :2019/03/08

プロフィール

研究キーワード

    生体機能評価, 運動療法, 筋メカニクス, 超音波, スポーツ傷害, 医用イメージング, 理学療法, 運動器, 組織性状, 機能解剖

研究分野

  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学 / 理学療法学
  • 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学
  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

経歴

  • 2016年04月
    -
    現在
    札幌医科大学 保健医療学部理学療法学第二講座 准教授
  • 2004年04月
    -
    現在
    札幌医科大学 附属病院リハビリテーション部(理学療法士,兼務)
  • 2010年04月
    -
    2016年03月
    札幌医科大学 保健医療学部理学療法学第二講座 講師
  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    札幌医科大学 保健医療学部臨床理学療法学講座 助教
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    札幌医科大学 保健医療学部臨床理学療法学講座 助手
  • 2000年04月
    -
    2004年03月
    国民健康保険由仁町立病院 リハビリテーション科(理学療法士)

学位

  • 博士(理学療法学)(札幌医科大学)

学歴

  • 2000年04月
    -
    2004年03月
    札幌医科大学大学院 保健医療学研究科博士課程 修了
  • 1998年04月
    -
    2000年03月
    札幌医科大学大学院 保健医療学研究科修士課程 修了
  • 1994年04月
    -
    1998年03月
    札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学科(日本)

所属学協会

  • 日本理学療法士学会
  • 日本体力医学会
  • 米国スポーツ医学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本基礎理学療法学会
  • 日本整形外科超音波学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本理学療法士学会
  • 日本体力医学会
  • 米国スポーツ医学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本基礎理学療法学会
  • 日本整形外科超音波学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本臨床スポーツ医学会

研究活動

論文

  • The Skin Acts to Maintain Muscle Shear Modulus.
    Yoshitake Y, Miyamoto N, Taniguchi K, Katayose M, Kanehisa H
    Ultrasound in medicine & biology 42(3) 674-682 2016年03月 [査読有り]
  • 新しい医療技術 超音波エラストグラフィによる筋硬度評価
    谷口 圭吾, 加藤 拓也, 野崎 修平
    整形・災害外科 59(2) 211-215 2016年02月
  • 等速性股関節屈曲・伸展運動時における長内転筋,大内転筋の筋活動と股関節角度の関係
    加藤拓也,谷口圭吾,池田祐真,本村遼介,片寄正樹
    日本基礎理学療法学雑誌 19(2) 59-67 2016年 [査読有り]
  • スクワット動作における中間広筋の活動特性
    河合誠, 谷口圭吾, 齋藤輝, 齋藤輝, 秋間広, 秋間広, 片寄正樹
    日本基礎理学療法学雑誌 18(2) 61-69 2015年08月 [査読有り]
  • Effect of ankle flexion on the quantification of MRS for intramyocellular lipids of the tibialis anterior and the medial gastrocnemius.
    Takashima H, Shishido H, Imamura R, Akatsuka Y, Taniguchi K, Nakanishi M, Suzuki J, Nagahama H, Sakurai Y, Sakata M
    Radiological physics and technology 8(2) 209-214 2015年07月 [査読有り]
  • 【骨格筋研究の最前線】超音波エラストグラフィによる筋組織弾性の可視化
    谷口圭吾
    J Train Sci Exerc Sport 26(2) 51-60 2015年06月
  • Shear Wave Elastographyを用いた大腿四頭筋スティフネスの定量評価
    河合誠, 谷口圭吾, 金谷耕平, 片寄正樹
    日本整形外科超音波学会会誌(CD-ROM) 26(1) 48-55 2015年03月
  • Acute decrease in the stiffness of resting muscle belly due to static stretching
    Taniguchi K, Shinohara M, Nozaki S, Katayose M
    Scand J Med Sci Sports 25(1) 32-40 2015年 [査読有り]
  • Ultrasound shear wave elastographyによる筋硬度評価 (特集 筋の硬さ : 曖昧なものをはっきりさせる時代へ)
    谷口 圭吾
    Sportsmedicine 26(10) 20-27 2014年12月
  • 運動器疾患リハビリテーション実践マニュアル IV.リハビリテーション実践 部位別 腰のスポーツ傷害
    吉本三徳, 谷口圭吾, 片寄正樹, 山下敏彦
    Mon Book Med Rehabil(176) 141-147 2014年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
  • The Skin Acts to Maintain Muscle Shear Modulus.
    Yoshitake Y, Miyamoto N, Taniguchi K, Katayose M, Kanehisa H
    Ultrasound in medicine & biology 42(3) 674-682 2016年03月 [査読有り]
  • 新しい医療技術 超音波エラストグラフィによる筋硬度評価
    谷口 圭吾, 加藤 拓也, 野崎 修平
    整形・災害外科 59(2) 211-215 2016年02月
  • 等速性股関節屈曲・伸展運動時における長内転筋,大内転筋の筋活動と股関節角度の関係
    加藤拓也,谷口圭吾,池田祐真,本村遼介,片寄正樹
    日本基礎理学療法学雑誌 19(2) 59-67 2016年 [査読有り]
  • スクワット動作における中間広筋の活動特性
    河合誠, 谷口圭吾, 齋藤輝, 齋藤輝, 秋間広, 秋間広, 片寄正樹
    日本基礎理学療法学雑誌 18(2) 61-69 2015年08月 [査読有り]
  • Effect of ankle flexion on the quantification of MRS for intramyocellular lipids of the tibialis anterior and the medial gastrocnemius.
    Takashima H, Shishido H, Imamura R, Akatsuka Y, Taniguchi K, Nakanishi M, Suzuki J, Nagahama H, Sakurai Y, Sakata M
    Radiological physics and technology 8(2) 209-214 2015年07月 [査読有り]
  • 【骨格筋研究の最前線】超音波エラストグラフィによる筋組織弾性の可視化
    谷口圭吾
    J Train Sci Exerc Sport 26(2) 51-60 2015年06月
  • Shear Wave Elastographyを用いた大腿四頭筋スティフネスの定量評価
    河合誠, 谷口圭吾, 金谷耕平, 片寄正樹
    日本整形外科超音波学会会誌(CD-ROM) 26(1) 48-55 2015年03月
  • Acute decrease in the stiffness of resting muscle belly due to static stretching
    Taniguchi K, Shinohara M, Nozaki S, Katayose M
    Scand J Med Sci Sports 25(1) 32-40 2015年 [査読有り]
  • Ultrasound shear wave elastographyによる筋硬度評価 (特集 筋の硬さ : 曖昧なものをはっきりさせる時代へ)
    谷口 圭吾
    Sportsmedicine 26(10) 20-27 2014年12月
  • 運動器疾患リハビリテーション実践マニュアル IV.リハビリテーション実践 部位別 腰のスポーツ傷害
    吉本三徳, 谷口圭吾, 片寄正樹, 山下敏彦
    Mon Book Med Rehabil(176) 141-147 2014年11月
  • Validity of fascicle length estimation in the vastus lateralis and vastus intermedius using ultrasonography.
    Ando R, Taniguchi K, Saito A, Fujimiya M, Katayose M, Akima H
    Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology 24(2) 214-220 2014年04月 [査読有り]
  • 静的ストレッチングが安静時の筋スティフネスに及ぼす影響
    谷口圭吾, 片寄正樹
    日本整形外科超音波学会会誌 25(1) 63-69 2014年03月
  • Three-Dimensional Analysis of the Tibiotalar Joint of Intact Male Feet under Unloaded and Axial-Loaded Conditions
    Nozaki S, Taniguchi K, Watanabe K, Katayose M
    J Musculoskelet Res 17(3) 1-9 2014年 [査読有り]
  • 超音波せん断波の超高速イメージングによる腓腹筋の定量的な組織弾性評価
    谷口圭吾, 片寄正樹
    日本整形外科超音波研究会会誌 23(1) 48-53 2012年03月
  • スポーツと腰痛 スポーツに伴う筋・筋膜性腰痛 病態と治療
    山下敏彦, 谷口圭吾, 吉田真
    脊椎脊髄ジャーナル 24(9) 879-885 2011年09月
  • Analysis of muscle activity and ankle joint movement during the side-hop test.
    Yoshida M, Taniguchi K, Katayose M
    Journal of strength and conditioning research / National Strength & Conditioning Association 25(8) 2255-2264 2011年08月 [査読有り]
  • スキー外傷予防プログラムの効果検証に関する取り組み : 運動機能に及ぼす効果の検討
    森田 寛子, 谷口 圭吾, 加藤 満
    日本スキー学会誌 20(1) 77-81 2010年09月
  • 超音波画像による足関節前方引き出しテストの定量評価の再現性
    吉田 昌弘, 菅原 一博, 吉田 真, 谷口 圭吾, 片寄 正樹
    理学療法科学 25(4) 499-503 2010年08月
  • The intra-rater and inter-rater reliability of the revised ultrasound velocity     measurements in human triceps surae muscles in vivo
    Taniguchi K, Katayose M
    Journal of the Japanese Society of Orthopedic Ultrasonics 21 19-23 2009年 [査読有り]
  • グループ学習を通した3学科学生の医療事故の理解について--平成17年度、18年度の保健医療総論3
    笠井 潔, 山田 惠子, 大柳 俊夫, 中村 真理子, 宮本 重範, 乗安 整而, 武田 秀勝, 片岡 秋子, 門間 正子, 平野 憲子, 大日向 輝美, 片倉 洋子, 仲田 みぎわ, 高橋 由美子, 中島 そのみ, 谷口 圭吾, 旗手 俊彦, 今井 道夫
    札幌医科大学保健医療学部紀要(10) 49-58 2007年12月
  • 超音波画像診断装置による長腓骨筋々厚の計測
    吉田昌弘, 谷口圭吾, 片寄正樹
    北海道理学療法 24 81-84 2007年07月
  • 他動的足関節背屈運動が腓腹筋腱複合体の形状特性に及ぼす影響―効果的なストレッチ法の考案に向けて―
    谷口圭吾, 片寄正樹, 古名丈人, 小島悟
    健康医科学研究助成論文集(22) 70-78 2007年03月
  • スポーツ理学療法の展開―現状と将来展望 スポーツ理学療法の現状と将来展望
    片寄正樹, 谷口圭吾
    理学療法(東京) 22(9) 1187-1190 2005年09月
  • スキー用具が筋活動に及ぼす影響
    谷口 圭吾, 乗安 整而, 岡野 五郎
    日本スキー学会誌 15(1) 103-110 2005年08月
  • Anatomical compartmentalization of the human peroneus longus muscle in cadaver dissection
    Taniguchi K, Katayose M, Noriyasu S
    Bulletin of School of Health Sciences. Sapporo Medical University 8 107-111 2005年 [査読有り]
  • カービングスキーが筋活動に及ぼす影響:表面筋電図法によるノーマルスキーとの 比較
    谷口 圭吾, 乗安 整而, 岡野 五郎[他]
    札幌医科大学保健医療学部紀要(3) 91-100 2000年03月

講演・口頭発表

  • 超高速超音波技術が斬り拓く骨格筋評価の新たな可能性
    谷口 圭吾
    第22回立命館大学NS研究会α 2015年12月
  • 【筋メカニクス研究の最前線】超高速超音波イメージングによる筋組織性状の可視化
    谷口 圭吾
    第2回日本基礎理学療法学会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会 2015年11月
  • 超音波エラストグラフィが拓く骨格筋評価の新たな世界
    谷口 圭吾
    第66回北海道理学療法士学術大会 2015年10月
  • スポーツ外傷障害の発生メカニズムとリハビリテーション
    谷口 圭吾
    平成26年度全国病院理学療法協会春期研修会 2014年04月
  • 超音波イメージングによる筋特性の可視化・定量化
    谷口 圭吾
    第11回日本超音波骨軟組織学会 2013年08月
  • 超音波技術を用いた筋機能評価の可能性
    谷口 圭吾
    札幌医科大学・早稲田大学スポーツ医科学研究会 2013年01月
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • 超高速超音波技術が斬り拓く骨格筋評価の新たな可能性
    谷口 圭吾
    第22回立命館大学NS研究会α 2015年12月
  • 【筋メカニクス研究の最前線】超高速超音波イメージングによる筋組織性状の可視化
    谷口 圭吾
    第2回日本基礎理学療法学会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会合同学会 2015年11月
  • 超音波エラストグラフィが拓く骨格筋評価の新たな世界
    谷口 圭吾
    第66回北海道理学療法士学術大会 2015年10月
  • スポーツ外傷障害の発生メカニズムとリハビリテーション
    谷口 圭吾
    平成26年度全国病院理学療法協会春期研修会 2014年04月
  • 超音波イメージングによる筋特性の可視化・定量化
    谷口 圭吾
    第11回日本超音波骨軟組織学会 2013年08月
  • 超音波技術を用いた筋機能評価の可能性
    谷口 圭吾
    札幌医科大学・早稲田大学スポーツ医科学研究会 2013年01月

受賞

  • 2015年11月 日本血管血流学会 最優秀演題賞(共同)
  • 2015年07月 日本整形外科超音波学会 奨励論文賞(共同)
  • 2014年07月 日本整形外科超音波学会 最優秀論文賞(筆頭)
  • 2012年07月 日本整形外科超音波学会 最優秀論文賞(筆頭)
  • 2012年05月 日本超音波医学会 一般発表コメディカル部門 優秀演題 銀賞(筆頭)
  • 2010年09月 日本整形外科超音波研究会 優秀論文賞(筆頭)
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2015年11月 日本血管血流学会 最優秀演題賞(共同)
  • 2015年07月 日本整形外科超音波学会 奨励論文賞(共同)
  • 2014年07月 日本整形外科超音波学会 最優秀論文賞(筆頭)
  • 2012年07月 日本整形外科超音波学会 最優秀論文賞(筆頭)
  • 2012年05月 日本超音波医学会 一般発表コメディカル部門 優秀演題 銀賞(筆頭)
  • 2010年09月 日本整形外科超音波研究会 優秀論文賞(筆頭)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.