詳細検索はこちら

鵜飼 渉 ウカイ ワタル

所属部署名教育開発研究部門
職名准教授ホームページURLhttp://npsy.sapmed.jp/index.cgi?page=%B8%A6%B5%E6%B3%E8%C6%B0
更新日 :2017/12/13

プロフィール

研究キーワード

    神経幹細胞, 神経新生, 脳・神経, 神経科学, 神経回路網, 再生医学, 統合失調症, 胎児性アルコール症候群, 細胞療法, 抗精神病薬, 小胞体ストレス, 精神疾患, 精神薬理学, 非定型抗精神病薬, 言語機能, 社会認知機能, 小胞体, GRP78, PERK, 神経幹細胞移植, 神経肝細胞, NG2細胞, 神経保護, 抗うつ薬, うつ病, REST, BDNF, NRSF, エタノール, 末梢血

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 精神神経科学

経歴

  • 2014年
    札幌医科大学 医学部(講師)

学位

  • 医学博士(札幌医科大学)

研究活動

論文

  • Targeting therapy for homocysteic acid in the blood represents a potential recovery treatment for cognition in Alzheimer's disease patients.
    Hasegawa T, Ukai W
    Aging 8(9) 1838-1843 2016年09月 [査読有り]
  • Stem cell therapy: a new approach to the treatment of refractory depression.
    Kigawa Y, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Furuse K, Tsujino H, Shirasaka T, Saito T
    Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996) 121(10) 1221-1232 2014年10月 [査読有り]
  • Characteristics of attempted suicide by patients with schizophrenia compared with those with mood disorders: a case-controlled study in northern Japan.
    Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Kakutani Y, Sasaki R, Saito T
    PloS one 9(5) e96272 2014年 [査読有り]
  • Consensus paper of the WFSBP task force on biological markers: biological markers for alcoholism.
    Hashimoto E, Riederer PF, Hesselbrock VM, Hesselbrock MN, Mann K, Ukai W, Sohma H, Thibaut F, Schuckit MA, Saito T
    The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry 14(8) 549-564 2013年12月 [査読有り]
  • Plasticity-related gene 1 is important for survival of neurons derived from rat neural stem cells.
    Hashimoto T, Yamada M, Iwai T, Saitoh A, Hashimoto E, Ukai W, Saito T, Yamada M
    Journal of neuroscience research 91(11) 1402-1407 2013年11月 [査読有り]
  • Effects of atelocollagen on neural stem cell function and its migrating capacity into brain in psychiatric disease model.
    Yoshinaga T, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Shirasaka T, Kigawa Y, Tateno M, Kaneta H, Watanabe K, Igarashi T, Kobayashi S, Sohma H, Kato T, Saito T
    Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996) 120(10) 1491-1498 2013年10月 [査読有り]
  • WITHDRAWN: Neuronal cell-type specific DNA methylation patterns of the Cacna1cgene.
    Nishioka M, Shimada T, Bundo M, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kano Y, Sasaki T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K
    International journal of developmental neuroscience : the official journal of the International Society for Developmental Neuroscience 2013年05月 [査読有り]
  • Neuronal cell-type specific DNA methylation patterns of the Cacna1c gene.
    Nishioka M, Shimada T, Bundo M, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kano Y, Sasaki T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K
    International journal of developmental neuroscience : the official journal of the International Society for Developmental Neuroscience 31(2) 89-95 2013年04月 [査読有り]
  • Stem cell therapy: social recognition recovery in a FASD model.
    Shirasaka T, Hashimoto E, Ukai W, Yoshinaga T, Ishii T, Tateno M, Saito T
    Translational psychiatry 2 e188 2012年11月 [査読有り]
  • Antipsychotic induced alteration of growth and proteome of rat neural stem cells.
    Ahmed EU, Ahmed S, Ukai W, Matsumoto I, Kemp A, McGregor IS, Kashem MA
    Neurochemical research 37 1649-1659 2012年08月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Targeting therapy for homocysteic acid in the blood represents a potential recovery treatment for cognition in Alzheimer's disease patients.
    Hasegawa T, Ukai W
    Aging 8(9) 1838-1843 2016年09月 [査読有り]
  • Stem cell therapy: a new approach to the treatment of refractory depression.
    Kigawa Y, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Furuse K, Tsujino H, Shirasaka T, Saito T
    Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996) 121(10) 1221-1232 2014年10月 [査読有り]
  • Characteristics of attempted suicide by patients with schizophrenia compared with those with mood disorders: a case-controlled study in northern Japan.
    Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Kakutani Y, Sasaki R, Saito T
    PloS one 9(5) e96272 2014年 [査読有り]
  • Consensus paper of the WFSBP task force on biological markers: biological markers for alcoholism.
    Hashimoto E, Riederer PF, Hesselbrock VM, Hesselbrock MN, Mann K, Ukai W, Sohma H, Thibaut F, Schuckit MA, Saito T
    The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry 14(8) 549-564 2013年12月 [査読有り]
  • Plasticity-related gene 1 is important for survival of neurons derived from rat neural stem cells.
    Hashimoto T, Yamada M, Iwai T, Saitoh A, Hashimoto E, Ukai W, Saito T, Yamada M
    Journal of neuroscience research 91(11) 1402-1407 2013年11月 [査読有り]
  • Effects of atelocollagen on neural stem cell function and its migrating capacity into brain in psychiatric disease model.
    Yoshinaga T, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Shirasaka T, Kigawa Y, Tateno M, Kaneta H, Watanabe K, Igarashi T, Kobayashi S, Sohma H, Kato T, Saito T
    Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996) 120(10) 1491-1498 2013年10月 [査読有り]
  • WITHDRAWN: Neuronal cell-type specific DNA methylation patterns of the Cacna1cgene.
    Nishioka M, Shimada T, Bundo M, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kano Y, Sasaki T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K
    International journal of developmental neuroscience : the official journal of the International Society for Developmental Neuroscience 2013年05月 [査読有り]
  • Neuronal cell-type specific DNA methylation patterns of the Cacna1c gene.
    Nishioka M, Shimada T, Bundo M, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kano Y, Sasaki T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K
    International journal of developmental neuroscience : the official journal of the International Society for Developmental Neuroscience 31(2) 89-95 2013年04月 [査読有り]
  • Stem cell therapy: social recognition recovery in a FASD model.
    Shirasaka T, Hashimoto E, Ukai W, Yoshinaga T, Ishii T, Tateno M, Saito T
    Translational psychiatry 2 e188 2012年11月 [査読有り]
  • Antipsychotic induced alteration of growth and proteome of rat neural stem cells.
    Ahmed EU, Ahmed S, Ukai W, Matsumoto I, Kemp A, McGregor IS, Kashem MA
    Neurochemical research 37 1649-1659 2012年08月 [査読有り]
  • Rhotekin modulates differentiation of cultured neural stem cells to neurons.
    Iwai T, Saitoh A, Yamada M, Takahashi K, Hashimoto E, Ukai W, Saito T, Yamada M
    Journal of neuroscience research 90 1359-1366 2012年07月 [査読有り]
  • Heat stress activates ER stress signals which suppress the heat shock response, an effect occurring preferentially in the cortex in rats.
    Liu Y, Sakamoto H, Adachi M, Zhao S, Ukai W, Hashimoto E, Hareyama M, Ishida T, Imai K, Shinomura Y
    Molecular biology reports 39 3987-3993 2012年04月 [査読有り]
  • The study of cognitive characteristics in Asperger's disorder by using a modified Prisoner's Dilemma game with a variable payoff matrix.
    Tayama M, Tateno M, Park TW, Ukai W, Hashimoto E, Saito T
    PloS one 7(11) e48794 2012年 [査読有り]
  • [Promising therapy of neural stem cell transplantation for FASD model--neural network reconstruction and behavior recovery].
    Shirasaka T, Ukai W, Yoshinaga T, Watanabe K, Kaneta H, Kigawa Y, Igarashi T, Tateno M, Hashimoto E, Saito T
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 46 576-584 2011年12月 [査読有り]
  • Neurons show distinctive DNA methylation profile and higher interindividual variations compared with non-neurons.
    Iwamoto K, Bundo M, Ueda J, Oldham MC, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Geschwind DH, Kato T
    Genome research 21 688-696 2011年05月 [査読有り]
  • Effect of antidepressants on brain-derived neurotrophic factor (BDNF) release from platelets in the rats.
    Watanabe K, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Yoshinaga T, Ono T, Tateno M, Watanabe I, Shirasaka T, Saito S, Saito T
    Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry 34 1450-1454 2010年12月 [査読有り]
  • The role of neural stem cells for in vitro models of schizophrenia: neuroprotection via Akt/ERK signal regulation.
    Ono T, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Saito T
    Schizophrenia research 122 239-247 2010年09月 [査読有り]
  • Neuroserpin is expressed in early stage of neurogenesis in adult rat hippocampus.
    Yamada M, Takahashi K, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Yamada M
    Neuroreport 21 138-142 2010年01月 [査読有り]
  • Effects of typical (haloperidol) and atypical (risperidone) antipsychotic agents on protein expression in rat neural stem cells.
    Kashem MA, Ummehany R, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Mcgregor IS, Matsumoto I
    Neurochemistry international 55 558-565 2009年12月 [査読有り]
  • The common aspects of pathophysiolgy of alcoholism and depression.
    Ukai W, Ishii T, Hashimoto E, Tateno M, Yoshinaga T, Ono T, Watanabe K, Watanabe I, Shirasaka T, Saito T
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 44 704-711 2009年12月 [査読有り]
  • [The analysis of impairment and repair of neural network by ethanol: in vitro and in vivo studies using neurons and neural stem cells].
    Ukai W, Ishii T, Yoshinaga T, Tateno M, Hashimoto E, Ono T, Watanabe K, Watanabe I, Shirasaka T, Saito T
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43 763-769 2008年12月 [査読有り]
  • Neuroprotective effects of Yi-Gan San against beta amyloid-induced cytotoxicity on rat cortical neurons.
    Tateno M, Ukai W, Ono T, Saito S, Hashimoto E, Saito T
    Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry 32 1704-1707 2008年10月 [査読有り]
  • [Epigenetic regulation in alcohol-related brain damage].
    Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Tateno M, Yoshinaga T, Ono T, Watanabe K, Saito S, Saito T
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43 705-713 2008年10月 [査読有り]
  • Lithium-induced suppression of transcription repressor NRSF/REST: effects on the dysfunction of neuronal differentiation by ethanol.
    Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Tateno M, Yoshinaga T, Saito S, Sohma H, Saito T
    European journal of pharmacology 593 36-43 2008年09月 [査読有り]
  • [Neural network abnormalities caused by alcohol: approach for repair using neural stem cells].
    Ukai W, Hashimoto E, Yoshinaga T, Ishii T, Tateno M, Ono T, Watanabe K, Saito S, Saito T
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 28 69-73 2008年04月 [査読有り]
  • Detection of chromosomal structural alterations in single cells by SNP arrays: a systematic survey of amplification bias and optimized workflow.
    Iwamoto K, Bundo M, Ueda J, Nakano Y, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kato T
    PloS one 2 e1306 2007年12月 [査読有り]
  • Evaluation of whole genome amplification methods using postmortem brain samples.
    Iwamoto K, Ueda J, Nakano Y, Bundo M, Ukai W, Hashimoto E, Saito T, Kato T
    Journal of neuroscience methods 165 104-110 2007年09月 [査読有り]
  • The effect of ethanol on cell fate determination of neural stem cells.
    Tateno M, Ukai W, Yamamoto M, Hashimoto E, Ikeda H, Saito T
    Alcoholism, clinical and experimental research 29 225S-9S 2005年12月 [査読有り]
  • Homocysteic acid induces intraneuronal accumulation of neurotoxic Abeta42: implications for the pathogenesis of Alzheimer's disease.
    Hasegawa T, Ukai W, Jo DG, Xu X, Mattson MP, Nakagawa M, Araki W, Saito T, Yamada T
    Journal of neuroscience research 80 869-876 2005年06月 [査読有り]
  • Glyceraldehyde-derived advanced glycation end products in Alzheimer's disease.
    Choei H, Sasaki N, Takeuchi M, Yoshida T, Ukai W, Yamagishi S, Kikuchi S, Saito T
    Acta neuropathologica 108 189-193 2004年09月 [査読有り]
  • Ethanol inhibition of neural stem cell differentiation is reduced by neurotrophic factors.
    Tateno M, Ukai W, Ozawa H, Yamamoto M, Toki S, Ikeda H, Saito T
    Alcoholism, clinical and experimental research 28 134S-138S 2004年08月 [査読有り]
  • [Possible alterations in brain neural network by ethanol].
    Yamamoto M, Ukai W, Tateno M, Saito T
    Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 39 51-60 2004年02月 [査読有り]
  • Augmentation of ethanol-induced cell damage and activation of nuclear factor-kappa B by annexin IV in cultured cells.
    Sohma H, Ohkawa H, Sakai R, Hashimoto E, Ukai W, Saito T
    Alcoholism, clinical and experimental research 27 64S-67S 2003年08月 [査読有り]

MISC

  • 【アルコール性臓器障害】 アルコールと脳神経疾患
    鵜飼 渉, 辻野 華子, 古瀬 研吾, 木川 昌康
    細胞 47(14) 693-696 2015年12月
  • 胎児期アルコール曝露と成長後のストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルにおける神経幹細胞移植療法の有効性
    鵜飼 渉, 木川 昌康, 石井 貴男, 古瀬 研吾, 辻野 華子, 岩本 倫, 田山 真矢, 白石 将毅, 橋本 恵理, 河西 千秋, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 33 39-44 2015年03月
  • 抗うつ効果とBipolarityの診断の糸口を求めて 血小板BDNF遊離機能の個体差のメカニズム解析から
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 石井 貴男, 木川 昌康, 古瀬 健吾, 辻野 華子, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(46) 50-51 2014年03月
  • 抗うつ薬関連遺伝子Prg1は神経細胞の生存維持に重要な因子である
    橋本 富男, 山田 美佐, 岩井 孝志, 斎藤 顕宜, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 山田 光彦
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(26) 251-251 2013年09月
  • 【統合失調症の病態研究から創薬への展開】 統合失調症の脳神経回路修復 薬物・細胞コンバインド療法の可能性の検討
    鵜飼 渉, 小野 貴文, 橋本 恵理, 金田 博雄, 白坂 知彦, 五十嵐 健史, 木川 昌康, 渡邊 公彦, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 館農 勝, 小林 清樹, 齋藤 利和
    日本生物学的精神医学会誌 23(2) 109-114 2012年06月
  • 末梢BDNFは脳神経回路網変化にどう関わるか 血小板BDNF遊離機構に焦点を当てて
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 渡邊 公彦, 白坂 知彦, 金田 博雄, 五十嵐 健史, 館農 勝, 吉永 敏弘, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(44) 67-68 2012年03月
  • 統合失調症におけるメタボリック症候群発症予測マーカーの探索
    館農 勝, 鵜飼 渉, 渡邊 公彦, 久末 伸一, 古橋 眞人, 木川 昌康, 中島 公博, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(44) 87-88 2012年03月
  • 抗うつ薬関連遺伝子Rhotekinは神経分化を促進する
    岩井 孝志, 斎藤 顕宜, 山田 美佐, 高橋 弘, 橋本 富男, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 山田 光彦
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(25) 233-233 2012年03月
  • FASDモデルに対する神経幹細胞移植療法の可能性 神経回路再生と行動学的変化の解析
    白坂 知彦, 鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 渡邊 公彦, 金田 博雄, 木川 昌康, 五十嵐 健史, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 46(6) 576-584 2011年12月
  • 【アルコール依存と併存症】 気分障害
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    精神科 18(6) 618-623 2011年06月
MISCを全て表示する
  • 【アルコール性臓器障害】 アルコールと脳神経疾患
    鵜飼 渉, 辻野 華子, 古瀬 研吾, 木川 昌康
    細胞 47(14) 693-696 2015年12月
  • 胎児期アルコール曝露と成長後のストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルにおける神経幹細胞移植療法の有効性
    鵜飼 渉, 木川 昌康, 石井 貴男, 古瀬 研吾, 辻野 華子, 岩本 倫, 田山 真矢, 白石 将毅, 橋本 恵理, 河西 千秋, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 33 39-44 2015年03月
  • 抗うつ効果とBipolarityの診断の糸口を求めて 血小板BDNF遊離機能の個体差のメカニズム解析から
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 石井 貴男, 木川 昌康, 古瀬 健吾, 辻野 華子, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(46) 50-51 2014年03月
  • 抗うつ薬関連遺伝子Prg1は神経細胞の生存維持に重要な因子である
    橋本 富男, 山田 美佐, 岩井 孝志, 斎藤 顕宜, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 山田 光彦
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(26) 251-251 2013年09月
  • 【統合失調症の病態研究から創薬への展開】 統合失調症の脳神経回路修復 薬物・細胞コンバインド療法の可能性の検討
    鵜飼 渉, 小野 貴文, 橋本 恵理, 金田 博雄, 白坂 知彦, 五十嵐 健史, 木川 昌康, 渡邊 公彦, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 館農 勝, 小林 清樹, 齋藤 利和
    日本生物学的精神医学会誌 23(2) 109-114 2012年06月
  • 末梢BDNFは脳神経回路網変化にどう関わるか 血小板BDNF遊離機構に焦点を当てて
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 渡邊 公彦, 白坂 知彦, 金田 博雄, 五十嵐 健史, 館農 勝, 吉永 敏弘, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(44) 67-68 2012年03月
  • 統合失調症におけるメタボリック症候群発症予測マーカーの探索
    館農 勝, 鵜飼 渉, 渡邊 公彦, 久末 伸一, 古橋 眞人, 木川 昌康, 中島 公博, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(44) 87-88 2012年03月
  • 抗うつ薬関連遺伝子Rhotekinは神経分化を促進する
    岩井 孝志, 斎藤 顕宜, 山田 美佐, 高橋 弘, 橋本 富男, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 山田 光彦
    国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(25) 233-233 2012年03月
  • FASDモデルに対する神経幹細胞移植療法の可能性 神経回路再生と行動学的変化の解析
    白坂 知彦, 鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 渡邊 公彦, 金田 博雄, 木川 昌康, 五十嵐 健史, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 46(6) 576-584 2011年12月
  • 【アルコール依存と併存症】 気分障害
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    精神科 18(6) 618-623 2011年06月
  • 【日本の生物学的ストレス研究の紹介】 ストレスによる脳神経回路網変異 障害と修復の分子メカニズム
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 吉永 敏弘, 白坂 知彦, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 金田 博雄, 館農 勝, 石井 貴男, 齋藤 利和
    ストレス科学 25(3) 167-177 2010年12月
  • うつ病の治癒メカニズムに重要な神経新生に関与するラット脳内機能分子の同定
    山田 美佐, 高橋 弘, 鵜飼 渉, 橋本 恵理, 斎藤 利和, 山田 光彦
    国立精神・神経センター精神保健研究所年報(23) 249-249 2010年10月
  • 精神疾患の経末梢的脳修復 GABAインターニューロン再生と社会コミュニケーションの回復
    鵜飼 渉, 小野 貴文, 白坂 知彦, 橋本 恵理, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 館農 勝, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(42) 41-42 2010年03月
  • アルコールによる脳障害に対する再生医療的アプローチの可能性
    橋本 恵理, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 齋藤 諭, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 44(6) 674-679 2009年12月
  • アルコール性障害としてのうつ病と自殺 うつ病とアルコール依存症の併存について
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 44(4) 226-227 2009年08月
  • アルコール・薬物関連障害の生物学的研究の動向 アルコールによる脳神経ネットワークの変異 行動変化と分子メカニズムの解析から
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 石井 貴男, 白坂 知彦, 吉永 敏弘, 館農 勝, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 44(4) 270-271 2009年08月
  • 神経幹細胞移植はFASDモデルラットの社会行動異常を改善する
    白坂 知彦, 小野 貴文, 鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 44(4) 282-283 2009年08月
  • エタノールによる神経幹細胞機能異常における攻撃性・衝動性関連因子の発現変化解析
    渡邉 一平, 鵜飼 渉, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 白坂 知彦, 石井 貴男, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 44(4) 428-429 2009年08月
  • 【気分障害の神経心理学】 気分障害における神経回路網の修復再生と認知機能
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 石井 貴男, 吉永 敏弘, 渡邊 公彦, 小野 貴文, 館農 勝, 渡邉 一平, 白坂 智彦, 齋藤 利和
    臨床精神医学 38(4) 421-428 2009年04月
  • 【統合失調症は神経発達障害か、神経変性疾患か】 非定型抗精神病薬の神経新生作用
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 小野 貴文, 齋藤 利和
    脳21 12(2) 195-199 2009年04月
  • 精神疾患の脳神経回路修復 個別診断と薬物・細胞コンバインド療法の可能性の検討
    鵜飼 渉, 渡邊 公彦, 吉永 敏弘, 橋本 恵理, 小野 貴文, 石井 貴男, 館農 勝, 渡邉 一平, 白坂 智彦, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(41) 47-48 2009年03月
  • アルコールによる脳神経回路障害のメカニズムとその修復法の探索 神経細胞・神経幹細胞を用いたin vitro、in vivo解析
    鵜飼 渉, 石井 貴男, 吉永 敏弘, 館農 勝, 橋本 恵理, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 白坂 智彦, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(6) 763-769 2008年12月
  • アルコールによる脳障害とエピジェネティクス制御機構
    石井 貴男, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 館農 勝, 吉永 敏弘, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(5) 705-713 2008年10月
  • 新規抗精神病薬の開発動向
    鵜飼 渉, 橋本 恵里, 齋藤 利和
    脳と精神の医学 19(3) 173-179 2008年09月
  • アルコール性精神障害に対する神経幹細胞移植療法の可能性に関する検討
    小野 貴文, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 鵜飼 渉, 館農 勝, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 白坂 知彦, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(4) 416-417 2008年08月
  • エタノールによる神経幹細胞機能異常におけるCREB/NRSF調節機構変化に関する解析
    鵜飼 渉, 石井 貴男, 橋本 恵理, 吉永 敏弘, 館農 勝, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 渡邉 一平, 白坂 知彦, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(4) 574-575 2008年08月
  • アルコールによる脳神経回路網の異常 神経幹細胞を用いた修復の試み
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 館農 勝, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    日本神経精神薬理学雑誌 28(2) 69-73 2008年04月
  • 【アルコール医学・医療の最前線】 アルコール依存症 アルコールによる脳内神経ネットワーク障害と神経幹細胞移植 アルコール関連障害、とくに胎児性アルコールスペクトラム障害の治療法の開発
    齋藤 利和, 土岐 完, 鵜飼 渉
    医学のあゆみ 222(9) 685-689 2007年09月
  • エタノールによる神経幹細胞の分化制御 小胞体機能に関わる分子変動の解析
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 館農 勝, 吉永 敏弘, 小野 貴文, 渡邊 公彦, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 齋藤 利和, 相馬 仁
    アルコールと医学生物学 27 16-23 2007年09月
  • アルコール・薬物依存の基礎研究の動向 エタノールによる神経幹細胞機能異常の細胞内メカニズム解析
    鵜飼 渉, 石井 貴男, 吉永 敏弘, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 42(4) 230-231 2007年08月
  • Trichostatin Aは転写制御変化を介してアルコールによる神経新生異常を抑制する
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 館農 勝, 橋本 恵理, 斉藤 諭, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 42(4) 420-421 2007年08月
  • 【生体防御機構と精神疾患】 向精神薬による神経新生増強とサイトカインシグナル伝達
    橋本 恵理, 鵜飼 渉, 今井 智之, 石井 貴男, 黒澤 茂樹, 吉永 敏弘, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    脳と精神の医学 18(2) 103-110 2007年06月
  • 難治性精神疾患に対する脳神経回路再生療法の可能性
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 石井 貴男, 吉永 敏弘, 館農 勝, 齋藤 諭, 齋藤 利和
    札幌医学雑誌 76(1-3) 7-12 2007年06月
  • 抗うつ薬の作用機序に関する新たな視点での考察
    今井 智之, 鵜飼 渉, 石井 貴男, 黒澤 茂樹, 吉永 敏弘, 小野 貴文, 館農 勝, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    分子精神医学 7(2) 161-163 2007年04月
  • 抗うつ薬による脳神経ネットワーク修復・再生の機序解明 神経幹細胞を用いた精神疾患のin vitro・in vivo病態解析
    鵜飼 渉, 今井 智之, 石井 貴男, 黒澤 茂樹, 吉永 敏弘, 小野 貴文, 館農 勝, 畠山 佳久, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(39) 209-218 2007年03月
  • アルコールによる脳神経回路網修復・維持機構の変化
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 今井 智之, 黒澤 茂樹, 吉永 敏弘, 館農 勝, 小野 貴文, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和, 相馬 仁
    アルコールと医学生物学 26 81-87 2006年09月
  • 【再発予防と精神科薬物療法】 アルコール依存の再発予防と精神科薬物療法
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    臨床精神薬理 9(6) 1177-1183 2006年06月
  • アルコール飲用の薬理作用と依存メカニズム 神経幹細胞の分化機能異常 アルコール依存症とうつ病に共通する病態基盤の可能性
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 館農 勝, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 41(3) 182-183 2006年06月
  • 抗うつ薬による神経ネットワーク修復の機序解明 小胞体機能変化に焦点を当てて
    鵜飼 渉, 今井 智之, 石井 貴男, 黒澤 茂樹, 吉永 敏弘, 館農 勝, 齋藤 諭, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(38) 130-138 2006年03月
  • 【抗精神病薬の神経保護作用 ニューロプロテクションの新たな知見】 統合失調症とアポトーシス
    鵜飼 渉, 黒澤 茂樹, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    分子精神医学 6(1) 2-9 2006年01月
  • 神経細胞の生存,分化,死に対するエタノールの影響
    鵜飼 渉
    脳と精神の医学 16(4) 274-276 2005年12月
  • アルコール依存の分子生物学
    鵜飼 渉, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    Current Insights in Neurological Science 13(3) 2-4 2005年10月
  • アルコールによる神経新生抑制における転写抑制因子NRSF/RESTの役割
    館農 勝, 鵜飼 渉, 石井 貴男, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 25 43-50 2005年09月
  • アルコールと細胞内情報伝達 エタノールによる神経幹細胞分化制御に対する向精神薬の影響
    石井 貴男, 鵜飼 渉, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 40(4) 286-287 2005年08月
  • 薬物乱用と依存メカニズム アルコール依存の機序に関する研究 エタノールの神経細胞及び神経幹細胞に及ぼす影響
    鵜飼 渉, 石井 貴男, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 40(4) 304-305 2005年08月
  • アルコール・薬物依存の次世代への影響 幼若神経細胞を用いたエタノール誘発神経細胞発達変化の研究
    鵜飼 渉, 石井 貴男, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 40(4) 336-337 2005年08月
  • 神経新生と神経回路網からみたうつ病の発症と病態に関する研究
    鵜飼 渉, 館農 勝, 今井 智之, 石井 貴男, 黒澤 茂樹, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(37) 198-204 2005年03月
  • エタノールによる神経幹細胞内シグナル変化と分化制御
    館農 勝, 鵜飼 渉, 山本 恵, 橋本 恵理, 池田 官司, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 24 61-65 2004年09月
  • 薬物・アルコールの生物学的研究 エタノールによる神経幹細胞内シグナル変化と分化制御
    齋藤 利和, 館農 勝, 鵜飼 渉, 山本 恵, 橋本 恵理, 相馬 仁
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 39(4) 276-277 2004年08月
  • 【依存症のニューロサイエンス】 主要な薬物依存症のニューロサイエンス的側面 アルコール依存の神経生物学
    山本 恵, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    Clinical Neuroscience 22(6) 670-672 2004年06月
  • 【抗精神病薬のNeuroprotection作用】 抗精神病薬の神経細胞障害性における定型と非定型抗精神病薬の違い
    鵜飼 渉, 館農 勝, 山本 恵, 橋本 恵理, 池田 官司, 小澤 寛樹, 齋藤 利和
    臨床精神薬理 7(3) 341-348 2004年03月
  • 気分障害における細胞内情報伝達機能障害機構の検討
    小山 司, 久住 一郎, 鵜飼 渉, 館農 勝, 紺野 雅人, 山本 恵, 橋本 恵理, 齋藤 利和, 本望 修, 相馬 仁, Riederer Peter
    厚生労働省精神・神経疾患研究総括研究報告 新しい診断・治療法の開発に向けた精神疾患の分子メカニズム解明に関する研究(平成12〜14年) 57-59 2004年03月
  • 神経幹細胞分化誘導能に及ぼす抗うつ薬の影響に関する研究
    鵜飼 渉, 館農 勝, 山本 恵, 橋本 恵理, 池田 官司, 小澤 寛樹, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(36) 153-159 2004年03月
  • エタノールによる脳内神経回路網改変の可能性 エタノールの神経細胞の新生及び生存に与える影響
    山本 恵, 鵜飼 渉, 館濃 勝, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 39(1) 51-60 2004年02月
  • 【うつ病 新たな治療法の開発】 ヒト神経幹細胞を用いたうつ病の治療
    鵜飼 渉, 小澤 寛樹, 館農 勝, 紺野 雅人, 齋藤 利和
    脳の科学 25(11) 1063-1069 2003年11月
  • 神経幹細胞の分化誘導制御に対するエタノールの影響
    館農 勝, 小澤 寛樹, 鵜飼 渉, 山本 恵, 土岐 完, 池田 官司, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 23 115-120 2003年09月
  • 定型・非定型抗精神病薬の神経細胞障害性に関する研究
    館農 勝, 小澤 寛樹, 鵜飼 渉, 紺野 雅人, 佐々木 竜二, 山口 高史, 吉田 拓, 池田 官司, 齋藤 利和
    精神薬療研究年報(35) 168-175 2003年03月
  • アルコールによる細胞内Ca2+情報伝達素子の発現変化と細胞障害性
    相馬 仁, 大川 浩子, 酒井 理恵, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    アルコールと医学生物学 22 4-9 2002年12月
  • アルコールによる細胞・組織障害の分子メカニズム アルコールによる神経細胞アポトーシスの分子メカニズム
    相馬 仁, 大川 浩子, 酒井 理恵, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 37(4) 306-307 2002年08月
  • 気分障害の治療と病態におけるG蛋白質細胞膜内分布の役割
    土岐 完, 小澤 寛樹, 千田 敏, 山口 高史, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, Rasenick Mark・M., Donati Robert・J.
    精神薬療研究年報(32) 216-222 2000年03月
  • アルコール依存症者の血小板アデニル酸シクラーゼ系(第5報)
    片村 能也, 鵜飼 渉, 小澤 寛樹, 大川 浩子, 山田 真吾, 齋藤 利和
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 34(4) 410-411 1999年08月
  • 【精神障害への分子的アプローチ】 感情障害とセカンドメッセンジャー アデニル酸シクラーゼ(AC)系とホスホリパーゼC(PLC)系の不均衡仮説
    小澤 寛樹, 山口 高史, 鵜飼 渉, 常松 理枝子, 齋藤 利和
    脳の科学 21(4) 359-367 1999年04月
  • 脳機能改善薬アニラセタム慢性投与後の線条体cAMP産生能とアデニル酸シクラーゼ発現変化
    鵜飼 渉, 小澤 寛樹, 山口 高史, 池田 官司, 橋本 恵理, 七戸 真, 石川 博基, 齋藤 利和
    脳の科学 21(3) 297-301 1999年03月
  • セカンドメッセンジャー不均衡仮説に基づく気分障害患者死後脳及び末梢マーカーに関する研究
    山口 高史, 小澤 寛樹, 鵜飼 渉, 常松 理枝子, 橋本 恵理, 石川 博基, 七戸 真, 斎藤 利和, 高畑 直彦
    精神薬療基金研究年報(31) 179-185 1999年03月
  • 脳シグナル伝達系機能を反映する感情障害の生物学的指標の開発とそれを用いた治療法の選択・体系化に関する研究
    小澤 寛樹, 山口 高史, 常松 理枝子, 鵜飼 渉, 佐々木 恵, 橋本 恵理, 斎藤 利和
    厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 感情障害の成因解明,治療法の標準化及び治療反応性の予測因子に関する研究 平成10年度 45-48 1999年03月
  • 感情障害の成因解明,治療法の標準化及び治療反応性の予測因子に関する研究 脳シグナル伝達系機能を反映する感情障害の生物学的指標の開発とそれを用いた治療法の選択・体系化に関する研究
    小澤 寛樹, 山口 高史, 橋本 恵理, 山本 恵, 七戸 真, 石川 博基, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 高畑 直彦
    厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成9年度 471-471 1998年08月

特許

  • アテロコラーゲンおよび幹細胞を含んでなる、精神疾患または脳神経疾患のための医薬組成物
    鵜飼 渉, 吉永 敏弘, 橋本 恵理, 齋藤 利和
    特願2006-3263652006年12月01日
  • 1,2−エタンジオール誘導体またはその塩を含有する脳由来神経成長因子の作用増強剤並びに1,2−エタンジオール誘導体またはその塩と脳由来神経成長因子を含有する医薬組成物。
    鵜飼 渉, 小野 哲
    特願2002-0149352002年01月24日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.