一宮 慎吾 (イチミヤ シンゴ)

写真a

所属

附属フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門

職名

教授

ホームページ

http://web.sapmed.ac.jp/immunology/index.html

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年
    -
    1994年

    札幌医科大学   大学院 医学研究科   博士課程病理系 修了  

  • 1984年
    -
    1990年

    札幌医科大学   医学部   卒業  

  •  
    -
    1994年

    札幌医科大学  

  •  
    -
    1990年

    札幌医科大学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   医学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    札幌医科大学   医学部 フロンティア医学研究所   所長

  • 2020年04月
    -
    継続中

    札幌医科大学   動物実験施設部   部長

  • 2013年05月
    -
    継続中

    札幌医科大学 医学部   フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門   教授

    教授

  • 2010年10月
    -
    2013年04月

    札幌医科大学   保健医療学部 基礎医学講座   教授

    教授

  • 2002年11月
    -
    2010年09月

    札幌医科大学 医学部   病理学第一講座   講師

    講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    米国免疫学会(AAI)

  •  
     
     

    日本病理学会

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本癌学会

  •  
     
     

    日本免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   実験動物学  

  • ライフサイエンス   免疫学  

  • ライフサイエンス   人体病理学  

  • ライフサイエンス   実験病理学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門   教授  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 免疫関連疾患

  • 免疫組織

  • 免疫細胞

  • ヒト免疫システム

  • 濾胞ヘルパーT細胞

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Bob1 enhances RORγt-mediated IL-17A expression in Th17 cells through interaction with RORγt.

    Ikegami I, Takaki H, Kamiya S, Kamekura R, Ichimiya S

    Biochemical and biophysical research communications   514 ( 4 ) 1167 - 1171  2019年07月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • IL-10<sup>+</sup> T follicular regulatory cells are associated with the pathogenesis of IgG4-related disease.

    Ito F, Kamekura R, Yamamoto M, Takano K, Takaki H, Yabe H, Ikegami I, Shigehara K, Himi T, Takahashi H, Ichimiya S

    Immunology letters   207   56 - 63  2019年03月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • A unique subset of PD-1(+)CXCR5(-)CD4(+) T cells is involved in immunological mechanisms of IgG4-related disease

    Kamekura Ryuta, Yamamoto Motohisa, Yabe Hayato, Takaki Hiromi, Takano Kenichi, Takahashi Hiroki, Takahashi Hiroki, Himi Tetsuo, Ichimiya Shingo

    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY   143 ( 2 ) AB231  2019年02月  [査読有り]

    DOI

  • Retroperitoneal Fibrosis Diagnosed as IgG4-related Disease after 35 Years.

    Konno S, Matsuno Y, Ichimiya S, Nishimura M, Kawakami Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 4 ) 609 - 613  2019年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Analysis of allergic reaction in IgG4-related disease.

    Yamamoto M, Takano KI, Kamekura R, Aochi S, Suzuki C, Ichimiya S, Takahashi H

    Modern rheumatology     1 - 3  2019年01月  [査読有り]

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • T細胞サブセットの病理学

    一宮 慎吾

    日本病理学会会誌 ( (一社)日本病理学会 )  107 ( 1 ) 279 - 279  2018年04月

  • 免疫学の進歩と神経免疫学への応用 濾胞ヘルパーT細胞の機能異常と免疫関連疾患

    一宮 慎吾, 亀倉 隆太

    神経免疫学 ( 日本神経免疫学会 )  22 ( 1 ) 66 - 66  2017年10月

  • Tfh細胞サブセットと病態形成 (特集 濾胞ヘルパーT(Tfh)細胞の分化と胚中心形成)

    亀倉 隆太, 氷見 徹夫, 一宮 慎吾

    臨床免疫・アレルギー科 ( 科学評論社 )  63 ( 3 ) 214 - 217  2015年03月

    CiNii

  • 濾胞ヘルパーT細胞の分化誘導機構と疾患関連性の検討

    長屋朋典, 亀倉隆太, 山下恵司, 實川純人, 関伸彦, 川田耕司, 一宮慎吾, 氷見徹夫

    口腔・咽頭科   27 ( 3 ) 344  2014年08月

    J-GLOBAL

  • リンパ管内皮細胞の形成におけるレプチンの役割

    佐藤明紀, 山下恵司, 三橋由佳梨, 長屋朋典, 熊谷綾子, 佐藤昇志, 一宮慎吾

    日本病理学会会誌   103 ( 1 ) 256  2014年03月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 科研費審査委員表彰

    2017年   日本学術振興会  

    受賞者: 一宮 慎吾

  • 日本病理学会カンファレンス 優秀ポスター賞

    2011年  

    受賞者: 一宮 慎吾

  • 日本病理学会 学術研究賞

    2011年  

    受賞者: 一宮 慎吾

  • 日本臨床分子形態学会 論文賞

    2005年  

    受賞者: 一宮 慎吾

  • 脳腫瘍病理研究会 最優秀論文賞

    2004年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細胞傷害性Tfh細胞の機能特性と免疫病態の研究

    研究期間:

    2018年
    -
    2022年
     

    一宮慎吾

    担当区分: 研究代表者

  • 線維化機序に着目したIgG4関連疾患の病態解明

    研究期間:

    2018年
    -
    2020年
     

    高野賢一

  • 濾胞ヘルパーT細胞の新たなサブセットによる自己免疫病態の形成

    研究期間:

    2017年
     
     
     

    一宮慎吾

    担当区分: 研究代表者

  • 小児扁桃肥大への濾胞ヘルパーT細胞の関与と分化誘導解析によるSAS治療への応用

    研究期間:

    2015年
    -
    2016年
     

    坪松ちえ子

  • 濾胞ヘルパーT細胞の新規遷移マーカーによる免疫病理診断法の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2014年
    -
    2015年
     

    一宮慎吾

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 病理学(総論、各論)  

    札幌医科大学  

  • 免疫学(総論、各論)  

    札幌医科大学、関西学院大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    継続中

      評議員

  • 2002年
    -
    継続中

      学術評議員