中島 そのみ

写真a

所属

保健医療学部 作業療法学科 作業療法学第二講座

職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他   その他  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 作業療法

  • 特別支援教育

  • 統合保育

  • 不器用

  • 発達障害

論文 【 表示 / 非表示

  • 不器用さを示す発達障害児童のハサミ操作の特徴 健常成人との比較から

    仙石 泰仁, 中島 そのみ

    日本発達系作業療法学会誌 ( 日本発達系作業療法学会 )  9 ( 1 ) 32 - 38  2022年03月

     概要を見る

    幼児期から生涯にわたって行われる上肢の道具操作の一つであるハサミ操作において、不器用さが生じる要因を明らかにするために、3軸圧力センサーを用い操作指の力学的協調性を分析した。健常成人と不器用さを主訴の一つとする発達障害がい児それぞれ5名を対象としたが、両群で明らかな切り損じの違いはなかった。しかしながら健常成人に見られた拇指-示指-中指の相補的な力の発生や円滑な圧の増減が発達障がい児では認められず、ループを開く際のハサミの長軸に垂直な圧も低い特徴が認められた。このことは発達障がいの動作特徴である肩や前腕の代償的な動作との関連が伺われた不器用さの要因となっている可能性が考えられた。(著者抄録)

  • 子どもを取り巻く環境と健康(第15回) 児の精神神経発達と環境化学物質 ダイオキシン類曝露と児の神経発達

    中島 そのみ, 岸 玲子

    公衆衛生 ( (株)医学書院 )  80 ( 5 ) 371 - 378  2016年05月

     概要を見る

    ダイオキシン類やPCBなどの内分泌かく乱化学物質の次世代影響の1つとして,児の神経発達への影響が指摘されている.低濃度汚染地域(日常生活レベル)については,ダイオキシン類による児の神経発達との関連を縦断的に調査した研究は,海外ではオランダとドイツ,日本ではわれわれの札幌コーホートに限られる.これらの研究は,曝露濃度を測定する生体サンプルの種類,曝露指標(PCBかダイオキシンか等),神経発達の評価指標と測定時期が研究ごとに異なっているため,結果を直ちに比較することができないといった問題がある.しかし乳幼児期にはダイオキシン類による児の神経発達への影響が見られるが,学齢期には適切な家庭環境による知的な刺激等により改善するため,成長とともに影響が検出されづらくなるという報告が多い.ADHD(注意欠如・多動性障害)やASD(自閉スペクトラム症)については十分なデータがない.また,ダイオキシン類の性ホルモン作用との関係で男女により影響が異なる.引き続き検討が必要と思われる.(著者抄録)

    DOI

  • 通級指導教室における作業療法士による支援の有用性-書字の読みやすさ向上のためにホームワークを実施した2症例を通して-

    池田 千紗, 中島 そのみ, 後藤 幸枝, 仙石 泰仁

    北海道特別支援教育研究 ( 北海道特別支援教育学会 )  10   11 - 22  2016年

    DOI CiNii

  • 座位保持装置座位における筋活動の検討

    中村 裕二, 堀本 佳誉, 樋室 伸顕, 高田 千春, 市川 明日香, 竹内 孝子, 諸星 輝明, 千葉 峻三, 仙石 泰仁, 中島 そのみ

    日本重症心身障害学会誌 ( 日本重症心身障害学会 )  30 ( 2 ) 199 - 199  2005年08月

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 描画・書字課題における新たな客観的評価指標の確立と不器用さの要因解明

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

    中島 そのみ

    担当区分: 研究代表者

     研究概要を見る

    著者らは運筆中の軌跡や筆圧を記録可能な液晶タブレットを使用した運筆評価システムを新たに開発し、描画・書字能力と視覚機能、運筆動作の関連性を検討した。描画能力は2つの描画課題について小学校2~6年生までの健常男児における標準値を算出できた。書字の読みやすさの評価は、文字の大きさ、間隔、配置を評価指標とし標準値を算出した。描画能力、描画中の視覚機能と運筆動作の関係については、描画能力の指標の1つであるはみ出し距離が多い児では、成人やはみ出しがない児と視線の動きに違いがあり、運筆中の体幹や上肢の動きの軌跡が長い傾向が示された。

  • 書字描画中の上肢・手指機能の発達的特徴と不器用さの要因解明

    若手研究(B)

    研究期間:

    2009年
    -
    2010年
     

    中島 そのみ

    担当区分: 研究代表者

     研究概要を見る

    申請者らが開発した運筆中の軌跡および筆圧を記録可能な評価機器を用い、線引き課題における描画中の上肢機能の特徴を評価した。その結果、健常学齢児のはみだし距離、平均筆圧、平均速度についての発達的傾向を示すことができた。また、健常児・者と不器用児の比較では、一筆中の速度変化・筆圧変化ともに、健常成人群では一定の規則性があることが明らかとなった。また、不器用児群は7歳児群よりもはみ出し距離が有意に長く、平均速度は有意に速かった。しかし、速度変化の規則性は、7歳児群よりも不器用児群の方がやや多かったことが示された。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 環境と子どもの健康に関する北海道study PCBダイオキシン類の神経発達への影響

    中島 そのみ, 加藤 静恵, 佐々木 成子, 鵜野 安希子, 西條 泰明, 佐田 文宏, 岸 玲子

    日本公衆衛生学会総会抄録集   日本公衆衛生学会  

    発表年月: 2005年08月

    開催年月日:
    2005年08月
     
     
  • 内分泌かく乱化学物質等の小児への影響を評価するための疫学研究 概要と予備的報告

    西條 泰明, 中島 そのみ, 加藤 静恵, 佐々木 成子, 鵜野 安希子, 近藤 朋子, 佐田 文宏, 岸 玲子

    日本衛生学雑誌   日本衛生学会  

    発表年月: 2005年03月

    開催年月日:
    2005年03月
     
     
  • 胎児期の化学物質曝露による次世代影響に関する前向きコホート研究(3) 血液中ダイオキシン類濃度とマイクロアレイを用いた遺伝子多型の関連

    近藤 朋子, 佐々木 成子, 加藤 静恵, 中島 そのみ, 鵜野 安希子, 金上 宣夫, 飯田 隆雄, 西條 泰明, 佐田 文宏, 岸 玲子

    日本衛生学雑誌   日本衛生学会  

    発表年月: 2005年03月

    開催年月日:
    2005年03月
     
     
  • 胎児期の化学物質曝露による次世代影響に関する前向きコホート研究(2) 6ヵ月児における精神・運動発達への影響

    中島 そのみ, 加藤 静恵, 佐々木 成子, 鵜野 安希子, 近藤 朋子, 西條 泰明, 佐田 文宏, 金上 宣夫, 飯田 隆雄, 岸 玲子

    日本衛生学雑誌   日本衛生学会  

    発表年月: 2005年03月

    開催年月日:
    2005年03月
     
     
  • ベイリー乳幼児発達検査2による6ヵ月児への発達調査(その2) 行動面の評価について

    柳谷 聡子, 中島 そのみ, 中村 裕二, 仙石 泰仁, 舘 延忠, 岸 玲子

    作業療法   (一社)日本作業療法士協会  

    発表年月: 2004年05月

    開催年月日:
    2004年05月
     
     

全件表示 >>