横田 伸一 (ヨコタ シンイチ)

写真a

所属

医学部 微生物学講座

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年
    -
    1987年

    北海道大学大学院   理学研究科   化学専攻  

  • 1981年
    -
    1985年

    北海道大学   理学部   化学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   薬学博士

  • 北海道大学   理学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中

    札幌医科大学   医学部微生物学講座   教授

    教授

  • 2007年04月
    -
    2013年08月

    札幌医科大学   医学部微生物学講座   准教授

    准教授

  • 2004年02月
    -
    2007年03月

    札幌医科大学   医学部微生物学講座   助教授

    助教授

  • 2000年05月
    -
    2004年01月

    札幌医科大学   医学部微生物学講座   講師

    講師

  • 1997年10月
    -
    2000年04月

    株式会社エイチ・エス・ピー研究所   副主任研究員

    副主任研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本ヘリコバクター学会

  •  
     
     

    日本細菌学会

  •  
     
     

    緑膿菌感染症研究会

  •  
     
     

    日本エンドトキシン・自然免疫研究会

  •  
     
     

    臨床ストレス応答学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   免疫学  

  • ライフサイエンス   ウイルス学  

  • ライフサイエンス   細菌学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   医学部 微生物学講座   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tigecycline susceptibility of Klebsiella pneumoniae complex and Escherichia coli isolates from companion animals: the prevalence of tigecycline-nonsusceptible K. pneumoniae complex, including internationally expanding human pathogenic lineages

    Microbial Drug Resistance   24 ( 6 ) 860 - 867  2018年  [査読有り]

  • Whole genome analysis of a multidrug-resistant Streptococcus pneumoniae isolate from a patient with invasive pneumococcal infection developing disseminated intravascular coagulation

    Journal of Infection and Chemotherapy   24 ( 8 ) 647 - 681  2018年  [査読有り]

  • Multiclonal expansion and high prevalence of β-lactamase-negative Haemophilus influenzae with high-level ampicillin resistance in Japan and susceptibility to quinolones

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   62 ( 9 ) e00851-18  2018年  [査読有り]

  • Contribution of novel amino acid alterations in PmrA or PmrB to colistin resistance in mcr-negative Escherichia coli clinical isolates, including major multidrug-resistant lineages O25b:H4-ST131-H30Rx and non-x

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   62 ( 9 ) e00864-18  2018年  [査読有り]

  • Mitochondrial proteins NIP-SNAP-1 and -2 are a target for the immunomodulatory activity of clarithromycin, which involves NF-κB-mediated cytokine production

    Biochemistry and Biophysics Research Communications   483 ( 3 ) 911 - 916  2017年02月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • シンプル微生物学(改訂第6版)

    横田伸一( 担当: 共著,  担当範囲: らせん菌群)

    南江堂  2018年

  • 標準微生物学(第12版)

    横田伸一( 担当: 共著,  担当範囲: エンドトキシン(リポ多糖))

    医学書院  2018年

  • 病原微生物学―基礎と臨床

    横田伸一( 担当: 共著,  担当範囲: グラム陰性好気性桿菌)

    東京化学同人  2014年

  • みてわかる薬学 図解 微生物学・感染症・化学療法

    横田伸一( 担当: 共著,  担当範囲: 感染症と生体防御,化学療法(抗菌薬))

    南山堂  2014年

Misc 【 表示 / 非表示

  • 抗菌薬多剤耐性におけるefflux pumpの役割を見直す

    横田伸一, 佐藤豊孝

    化学療法の領域 ( (株)医薬ジャーナル社 )  33 ( 8 ) 1698 - 1703  2017年  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

     概要を見る

    抗菌薬耐性菌の拡大はAMR(antimicrobial resistance)問題として国際的に早急なアクションが求められている。私たちは,現時点で感受性率の高い薬剤や多剤耐性菌感染症治療の最終選択肢として位置づけられている薬剤の耐性機序に特に着目している。耐性率の低いうちに耐性機序を詳細に検討することが今後の耐性拡大阻止につながると考える。本稿では,大腸菌臨床分離株を用いた私たちの最近の研究から,フルオロキノロン耐性,チゲサイクリン耐性,タゾバクタム/ピペラシリン耐性について述べる。これらには,薬剤排出ポンプ(efflux pump)による菌体からの薬剤の排出が共通して関与していた。Efflux pumpは多剤耐性をもたらす機構として位置づけられているが,それ単独では必ずしも高度な耐性の付与までには至らないと認識されてきた。私たちはefflux pumpがもたらす抗菌薬耐性の重要性を再認識するに至った。(著者抄録)

  • 特集:乳酸菌が持つ新たな微生物機構の解明とその利用 リポテイコ酸の構造多様性から見える乳酸菌の特徴

    白石宗, 横田伸一, 吹谷智, 横田篤

    JATAFFジャーナル ( 農林水産・食品産業技術振興協会 )  5 ( 3 ) 26 - 32  2017年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii

  • 納豆由来ペプチドの特異な殺菌効果とその作用機序

    白石宗, 北川学, 山本聡, 久富亮佑, 佐藤豊孝, 涌井秀樹, 伊藤英晃, 宮本篤, 横田伸一

    エンドトキシン・自然免疫研究20-自然免疫における化学生物学の貢献- ( 日本エンドトキシン・自然免疫研究会 )  20   39 - 42  2017年

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Lactobacillus gasseri JCM 1131Tの対数期におけるリポテイコ酸の局在:Membrane vesicle表層に露出されるリポテイコ酸

    白石宗, 佐藤耶舞羽, 横田伸一, 伊藤利章, 吹谷智, 横田篤

    エンドトキシン・自然免疫研究19-新たなる基礎と臨床の架け橋-   19   15 - 17  2016年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 抗菌薬耐性菌の驚くべき進化と脅威

    横田伸一

    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌   4 ( 1 ) 7 - 13  2016年  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励研究賞

    2017年   マクロライド新作用研究会  

    受賞者: 横田 伸一

  • 第6回小林六造記念ヘリコバクター賞

    2010年   日本ヘリコバクター学会  

    受賞者: 横田 伸一

  • 黒住医学研究振興財団研究助成

    2008年  

    受賞者: 横田 伸一

  • 金原一郎記念医学医療振興財団研究助成

    2005年  

  • 秋山記念生命科学振興財団研究助成

    2002年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ピロリ菌の発癌に関わる病原因子としてのリポ多糖の多様性

    研究期間:

    2012年
    -
    2014年
     

    横田伸一

    担当区分: 研究代表者

  • 低毒性であるピロリ菌リポ多糖の炎症反応惹起機構

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

    横田伸一

    担当区分: 研究代表者

  • ウイルスの宿主免疫抑制機構の解除に着目した抗ウイルス薬創製の基盤的研究

    研究期間:

    2006年
    -
    2007年
     

    横田伸一

    担当区分: 研究代表者

  • ヘルペスウイルスの増殖にかかわる宿主細胞情報伝達系の修飾

    研究期間:

    2002年
    -
    2004年
     

    横田伸一

    担当区分: 研究代表者