鈴木 拓 (スズキ ヒロム)

写真a

所属

医学部 分子生物学講座

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    継続中

    札幌医科大学   医学部分子生物学講座   教授

    教授

  • 2011年07月
    -
    2012年07月

    札幌医科大学   医学部分子生物学講座   助教

    助教

  • 2007年04月
    -
    2011年06月

    札幌医科大学   医学部内科学第一講座   助教

    助教

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    札幌医科大学   医学部公衆衛生学講座   助手

    助手

  • 2000年05月
    -
    2003年11月

    ジョンスホプキンス大学   癌研究センター   研究員

    研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本癌学会

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本分子腫瘍マーカー研究会

  •  
     
     

    American Association for Cancer Reserach

  •  
     
     

    日本内科学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   腫瘍生物学  

  • ライフサイエンス   腫瘍診断、治療学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   医学部 分子生物学講座   教授  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 内科

  • エピジェネティクス

論文 【 表示 / 非表示

  • 大腸癌および癌近傍正常粘膜のmessenger RNAとmicro RNAの網羅的解析

    伊藤 勇馬, 刑部 光正, 杉本 亮, 柳川 直樹, 大塚 幸喜, 佐々木 章, 松本 主之, 鈴木 拓, 菅井 有

    日本病理学会会誌 ( (一社)日本病理学会 )  111 ( 1 ) 312 - 312  2022年03月

  • Lynch症候群を背景とした多発微小大腸癌症例

    柴田 泰洋, 山野 泰穂, 久保 俊之, 吉井 新二, 赤保内 正和, 横山 佳浩, 山川 司, 風間 友江, 山下 健太郎, 能正 勝彦, 須藤 豪太, 山本 英一郎, 鈴木 拓, 杉田 真太郎, 長谷川 匡, 永塚 真, 菅井 有, 仲瀬 裕志

    日本大腸肛門病学会雑誌 ( (一社)日本大腸肛門病学会 )  74 ( 5 ) 332 - 332  2021年05月

  • 【大腸鋸歯状病変の新展開】分類不能鋸歯状病変を由来としたTraditional serrated adenomaの癌化症例

    山川 司, 吉井 新二, 市原 真, 大和田 紗恵, 柴田 泰洋, 風間 友江, 平山 大輔, 久保 俊之, 能正 勝彦, 須藤 豪太, 山本 英一郎, 鈴木 拓, 山野 泰穂, 仲瀬 裕志

    胃と腸 ( (株)医学書院 )  55 ( 13 ) 1631 - 1638  2020年12月

     概要を見る

    <文献概要>患者は40歳代,女性.血便を主訴に近医を受診し,下部消化管内視鏡検査にて上部直腸(Ra)に径約35mmのLST-GMを認めた.本病変は辺縁に平坦部分を伴い複数の分葉構造を呈し,拡大所見では平坦部分は鋸歯状構造を伴ったII型様pitで構成されていたが,既存の分類には合致しない鋸歯状病変と考えられた.病変の大部分を占める中心の隆起部ではIV型pitを主体としcytological dysplasiaを疑った.病理組織像では平坦部の表層部分にわずかに鋸歯状構造は認めるが,深部はうねった管状腺管で腺腫様であり,免疫染色Ki-67では陽性細胞が散在し腺腫や既存の鋸歯状病変にも当てはまらない組織像であった.一方,隆起部では鋸歯状変化を呈するTSA様の領域と,絨毛状の形態をとりtubulovillous adenomaと考えられる領域が混在していた.また,隆起部の粘膜深部に細胞異型,構造異型が強く,腺管が密に増殖した領域があり,同部位でp53,Ki-67がびまん性の陽性を示しtub1相当の腺癌(Tis)と診断した.遺伝子解析では平坦部,隆起部いずれもKRAS変異陽性(G13D)で一連の病変と考えられた.本症例は内視鏡所見や免疫染色,遺伝子解析結果から既存の分類に当てはまらない鋸歯状病変を基盤として発育進展した病変と考え,ここに報告する.

  • 分類不能鋸歯状病変を伴ったtraditional serrated adenoma癌化症例

    山川 司, 吉井 新二, 市原 真, 秋田 浩太朗, 大和田 紗恵, 横山 佳浩, 柴田 泰洋, 風間 友江, 赤保内 正和, 久保 俊之, 仲地 耕平, 能正 勝彦, 山下 健太郎, 須藤 豪太, 山本 英一郎, 鈴木 拓, 山野 泰穂, 仲瀬 裕志

    Gastroenterological Endoscopy ( (一社)日本消化器内視鏡学会 )  62 ( Suppl.2 ) 2150 - 2150  2020年10月

  • 分類不能鋸歯状病変を伴ったtraditional serrated adenoma癌化症例

    山川 司, 吉井 新二, 市原 真, 秋田 浩太朗, 大和田 紗恵, 横山 佳浩, 柴田 泰洋, 風間 友江, 赤保内 正和, 久保 俊之, 仲地 耕平, 能正 勝彦, 山下 健太郎, 須藤 豪太, 山本 英一郎, 鈴木 拓, 山野 泰穂, 仲瀬 裕志

    Gastroenterological Endoscopy ( (一社)日本消化器内視鏡学会 )  62 ( Suppl.2 ) 2150 - 2150  2020年10月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Adenoma carcinoma sequenceに基づいた大腸癌のマルチオミックス解析

    菅井有, 刑部光正, 杉本亮, 鈴木拓

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79th  2020年

    J-GLOBAL

  • 腺管分離法を用いた大腸癌および大腸周囲粘膜の網羅的omics解析

    伊藤勇馬, 杉本亮, 刑部光正, 柳川直樹, 大塚幸喜, 佐々木章, 鈴木拓, 菅井有

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79th  2020年

    J-GLOBAL

  • 大腸鋸歯状病変の遺伝子変異、メチル化の統合解析

    中西 宏佳, 澤田 武, 海崎 泰治, 佐々木 泰史, 山本 英一郎, 青木 敬則, 永塚 真, 高橋 直樹, 波佐谷 兼慶, 久保田 英嗣, 片岡 洋望, 太田 亮介, 稲垣 聡子, 山田 真也, 源 利成, 鈴木 拓, 菅井 有

    日本消化器病学会雑誌 ( (一財)日本消化器病学会 )  115 ( 臨増大会 ) A789 - A789  2018年10月

  • 胃がん発生に関与する長鎖non-coding RNAの同定

    北嶋 洋志, 丸山 玲緒, 山本 英一郎, 新沼 猛, 甲斐 正広, 時野 隆至, 仲瀬 裕志, 鈴木 拓

    生命科学系学会合同年次大会 ( 生命科学系学会合同年次大会運営事務局 )  2017年度   [2P - 0828]  2017年12月

  • 慢性胃炎および胃癌に関する長鎖noncoding RNAの同定と機能解析

    北嶋 洋志, 丸山 玲緒, 山本 英一郎, 新沼 猛, 青木 敬則, 甲斐 正広, 時野 隆至, 今井 浩三, 仲瀬 裕志, 鈴木 拓

    日本癌学会総会記事 ( 日本癌学会 )  76回   P - 3231  2017年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 田原榮一賞

    2017年   日本消化器癌発生学会  

    受賞者: 鈴木 拓

  • 北海道医師会賞・北海道知事賞

    2016年  

    受賞者: 鈴木 拓

  • 北海道科学技術奨励賞

    2014年  

    受賞者: 鈴木 拓

  • 第19回日本消化器癌発生学会総会最優秀賞

    2008年  

    受賞者: 鈴木 拓

  • 日本臨床分子医学会学術奨励賞

    2005年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 癌エピジェネティクス