山本 聡 (ヤマモト ソウ)

写真a

所属

医学部 微生物学講座

職名

助教

ホームページ

https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10588479.ja.html

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    2010年

    秋田大学大学院   工学資源学研究科   機能物質工学専攻  

  • 2005年
    -
    2007年

    秋田大学大学院   工学資源学研究科   環境物質工学専攻  

  • 2001年
    -
    2005年

    秋田大学   工学資源学部   環境物質工学科  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    Northwestern大学   Department of Cell and Molecular Biology   客員研究員

    客員研究員

  • 2011年06月
    -
    継続中

    札幌医科大学   医学部   助教

    助教

  • 2010年04月
    -
    2011年05月

    秋田大学   博士研究員

    博士研究員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   免疫学   自然免疫

  • ライフサイエンス   ウイルス学   RNAウィルス

  • ライフサイエンス   薬系衛生、生物化学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   医学部   助教  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子シャペロン

  • 自然免疫

  • 炎症

  • ミトコンドリア

  • Toll-like receptor

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 緑膿菌はリポ多糖の菌体外放出量が多く、高菌量下でコリスチンの抗菌活性が減弱する

    横田 伸一, 袴田 浩, 山本 聡, 佐藤 豊孝, 白石 宗

    緑膿菌感染症研究会講演記録 ( 緑膿菌感染症研究会 )  52回   52 - 54  2018年10月

  • 淋菌に対するpiperacillinとtazobactam/piperacillinの薬剤感受性の検討

    桧山 佳樹, 高橋 聡, 佐藤 豊孝, 山本 聡, 品川 雅明, 横田 伸一, 舛森 直哉

    日本性感染症学会誌 ( (一社)日本性感染症学会 )  29 ( 2 ) 236 - 236  2018年10月

  • 乳酸桿菌の対数期に膜小胞上に局在するリポテイコ酸

    白石 宗, 横田 伸一, 佐藤 耶舞羽, 伊藤 利章, 吹谷 智, 山本 聡, 佐藤 豊孝, 横田 篤

    日本乳酸菌学会誌 ( 日本乳酸菌学会 )  29 ( 2 ) 116 - 116  2018年07月

  • Lipoteichoic acids are embedded in cell walls during logarithmic phase, but exposed on membrane vesicles in Lactobacillus gasseri JCM 1131T

    Beneficial Microbes   9 ( 4 ) 653 - 662  2018年  [査読有り]

  • ウイルス、細菌、真菌 クラリスロマイシンは気道上皮細胞でRSウイルスによって誘導されるインターフェロンの産生をIRF-3を介して調整する

    山本 圭佑, 小笠原 徳子, 山本 聡, 堤 裕幸, 氷見 徹夫, 横田 伸一

    The Japanese Journal of Antibiotics ( (公財)日本感染症医薬品協会 )  70 ( Suppl.A ) 19 - 24  2017年03月

     概要を見る

    患者の手術で採取した鼻粘膜から作製したhTERT導入鼻粘膜上皮細胞(hTERT-HNEC)、肺胞上皮由来細胞株(A549)、ヒト気道上皮細胞株(BEAS-2B)を用い、ヒト気道上皮細胞における急性呼吸器ウイルス感染症に対するクラリスロマイシン(CAM)の効果と、CAMのもつ免疫調節効果のメカニズムを調べるため各種検討した。RSウイルス(RSV)感染のCAMの影響を調べ、CAMがRSV増殖に影響を与えないことが示唆された。hTERT-HNEC、A549、BEAS-2Bなどの気道上皮細胞においてPoly:C処置、RSV感染で誘導されるIFN-β、IFN-λがCAMにより強く抑制された。宿主の自然免疫に関わる転写因子IRF、NF-κB、AP-1の結合領域を含むプロモーター活性化がCAMにより強く抑制された。

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 納豆由来ペプチドの特異な殺菌効果とその作用機序

    白石宗, 北川学, 山本聡, 久富亮佑, 佐藤豊孝, 涌井秀樹, 伊藤英晃, 宮本篤, 横田伸一

    エンドトキシン・自然免疫研究20-自然免疫における化学生物学の貢献- ( 日本エンドトキシン・自然免疫研究会 )  20   39 - 42  2017年

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 哺乳類HSP60の新規基質であるNIP-SNAP2タンパク質の機能

    山本聡, 小笠原徳子, 白石宗, 佐藤豊孝, 氷見徹夫, 伊藤英晃, 横田伸一

    臨床ストレス応答学会大会抄録集   10th  2015年

    J-GLOBAL

  • 排膿散及湯はインターフェロン産生誘導薬か?

    松田三千雄, 山本聡, 岡林環樹

    漢方医学   38 ( 2 ) 123 - 126  2014年06月

    J-GLOBAL

受賞 【 表示 / 非表示

  • United Japanese Researchers Around the World 論文賞

    2020年03月   United Japanese Reserchers Around the World  

  • 海外留学助成金

    2016年03月   上原記念生命科学財団  

    受賞者: 山本聡

  • 海外留学助成金

    2016年03月   伊藤医薬学術交流財団  

    受賞者: 山本聡

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • TLR10の多様性に注目した胃がん発がん機構の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    永島 裕之, 山本 聡, 加藤 淳二, 白石 宗

  • 低活性を示すToll様受容体アゴニストの情報伝達経路の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    横田 伸一, 小笠原 徳子, 山本 聡, 佐藤 豊孝, 白石 宗, 永島 裕之

  • RSウイルス増殖に関与するオートリソソーム形成の解明

    研究期間:

    2020年03月
     
     
     

  • NIP-SNAPsを介したマクロライド系抗菌薬の抗炎症機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    山本 聡, 小笠原 徳子, 高澤 啓

  • RSウィルス感染における3型インターフェロンmRNAの品質管理機構の解析

    研究期間:

    2018年08月
    -
    2019年03月
     

    山本聡

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>