白土 明子 (シラツチ アキコ)

写真a

所属

医療人育成センター 教養教育研究部門 化学

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年
    -
    1999年

    金沢大学大学院   自然科学研究科   生命科学専攻 博士後期課程  

学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学   博士(学術)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    継続中

    北海道公立大学法人 札幌医科大学   大学院医学研究科   教授

    教授

  • 2018年06月
    -
    継続中

    北海道公立大学法人 札幌医科大学   医療人育成センター   教授

    教授

  • 2008年04月
    -
    2018年05月

    金沢大学医薬保健研究域   薬学系   准教授

    准教授

  • 2008年01月
    -
    2008年03月

    金沢大学大学院医学系研究科   循環医化学専攻   准教授

    准教授

  • 2001年04月
    -
    2007年12月

    金沢大学大学院医学系研究科   循環医化学専攻   講師

    講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本組織培食学会

  •  
     
     

    日本発生生物学会

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本薬学会

  •  
     
     

    日本生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   機能生物化学  

  • ライフサイエンス   医化学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学大学院医学研究科   教授  

  • 北海道公立大学法人 札幌医科大学   医療人育成センター, 大学院医学研究科  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 二成分制御系

  • 遺伝子発現

  • ショウジョウバエ

  • 大腸菌

  • 感染症

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Fruit fly as a model organism in the study of human diseases and drug discovery

    Nainu, F, Nakanishi, Y, Shiratsuchi, A

    Journal of center for medical education Sapporo Medical University   10   21 - 31  2019年03月  [査読有り]

    DOI

  • Protective effects of Phaseolus vulgaris lectin against viral infection in Drosophila.

    Drug Discov. Ther.   11   329 - 355  2017年  [査読有り]

    DOI

  • 自然免疫としての細胞貪食によるアポトーシス細胞と細菌の排除機構と意義

    白土 明子

    化学と生物   53   38 - 41  2015年  [査読有り]

    DOI

  • 黄色ブドウ球菌細胞壁成分による自然免疫の誘導と制御.

    白土 明子

    生化学   84   737 - 752  2012年  [査読有り]

  • アポトーシス細胞のin vitro貪食反応

    白土明子, 中西義信

    実験医学(別冊)「細胞死実験プロトコール」     154 - 161  2011年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • スタンダード薬学シリーズ4 生物系薬学I 生命現象の基礎

    白土 明子( 担当: 共著,  担当範囲: 第VII部 細胞の分裂と死)

    東京化学同人  2015年03月

  • Advances in Experimental Medicine and Biology, Innate Immunity

    Nakanishi,Y, Henson, P. M, Shiratsuchi, A( 担当: 共著,  担当範囲: chapter 11, Pattern recognition in phagocytic clearance of altered self. In: Target Pattern Recognition)

    Springer New York  2009年

  • 薬学生のための細胞生物学 第8章 細胞間コミュニケーション

    白土明子, 中西義信( 担当: 共著,  担当範囲: 第8章 細胞間コミュニケーション)

    廣川書店  2005年03月

Misc 【 表示 / 非表示

  • 細胞を食べる細胞のはなし

    白土 明子

    弘前大学食料科学研究所サイエンスカフェ    2017年06月

  • ショウジョウバエの小胞体タンパク質DmCaBP1のアポトーシス細胞に依存した細胞外放出とアポトーシス細胞貪食への関与

    岡田 亮, NAGAOSA Kaz, KURAISHI Takayuki, NAKAYAMA Hiroshi, YAMAMOTO Naoko, NAKAGAWA Yukiko, DOHMAE Naoshi, SHIRATSUCHI Akiko, NAKANISHI Yoshinobu

    金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the J◆U00FB◆zen Medical Society ( 金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University )  121 ( 2 ) 74 - 75  2012年06月

     概要を見る

    [総説/Reviews] 第10回 高安賞優秀論文賞受賞論文 / The Journal of Biological Chemistry 誌掲載論文 / Apoptosis-dependent externalization and involvement in apoptotic cell clearance of DmCaBP1, an endoplasmic reticulum protein of Drosophila, Journal of Biological Chemistry 287 (5) , pp. 3138-3146 (27 January 2012)

    CiNii

  • 薬学教員としておもうこと

    白土 明子

    薬奨ニュース(薬学奨励財団誌)   11   8  2010年

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • オレオサイエンス賞受賞によせて

    白土 明子

    オレオサイエンス (日本油化学会誌)   10   298  2010年

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ショウジョウバエヘモサイトによるインテグリンを介する黄色ブドウ球菌の貪食機構

    白土明子, 白土明子, 白土明子, 桜井健次, 森俊暢, 黒川健児, 関水和久, 中西義信, 中西義信, 中西義信

    生化学    2010年

    J-GLOBAL

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • Antisense nucleic acid inhibitors of tau protein kinase I for treatment or prophylaxis of Alzheimer's disease

    Akihiko Takashima, Toshimitsu Hoshino, Kazutomo Imahori, Ken-ichi Saito, Akiko Shiratsuchi, Showbu Sato

    特許権

  • ヒト由来タウプロティンキナーゼ,それをコードする遺伝子及びその産生方法

    白土明子, 佐藤尚武, 今堀和友

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本油化学会オレオサイエンス賞

    2009年  

    受賞者: 白土 明子

  • 日本アポトーシス研究会奨励賞

    2005年  

  • 日本生化学会北陸支部会奨励賞

    2004年  

  • アメリカアンドロロジー学会奨励賞

    2001年  

  • 日本組織培養学会奨励賞

    1999年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 宿主を感知した細菌が遺伝子発現を変化させ宿主と共存する仕組みとその意義

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2020年
    -
    2022年
     

    担当区分: 研究代表者

  • 環境変化による細菌の遺伝子発現制御と毒性の調節

    研究期間:

    2019年12月
     
     
     

    白土 明子

    担当区分: 研究代表者

  • 宿主の毒性を抑制することによる細菌の宿主感染維持戦略の分子機構

    研究期間:

    2019年
    -
    2020年
     

    白土 明子

    担当区分: 研究代表者

  • 宿主への毒性を抑制することによる細菌の宿主共存機構の研究

    研究期間:

    2019年
    -
    2020年
     

    白土 明子

    担当区分: 研究代表者

  • 宿主内で発現変動する細菌膜タンパク質による毒性抑制と感染維持

    研究期間:

    2019年
    -
    2020年
     

    白土 明子

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 細菌膜受容体を介した宿主毒性制御(シンポジウム:膜タンパク質の構造制御と機能制御)

    白土明子  [招待有り]

    第93回日本生化学会大会  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月日:
    2020年09月
     
     
  • 宿主感染時の大腸菌の毒性抑制機構

    白土 明子

    第92回生化学会大会  

    発表年月: 2019年09月

  • アポトーシス細胞と細菌の貪食機構の共通性と進化的な保存

    白土 明子  [招待有り]

    日本生化学会第87回大会 シンポジウム「生体膜を利用した細胞内外の処理による生体恒常性の維持」  

    発表年月: 2014年10月

  • ショウジョウバエモデルによる宿主免疫と相互作用する細菌因子の遺伝学的解析

    白土 明子  [招待有り]

    日本生化学会第84回大会 シンポジウム「感染や共生時における微生物-宿主間のコミュニケーション」  

    発表年月: 2011年09月

  • Role for two-component regulatory system in virulence control of bacteria in Drosophila

    白土 明子  [招待有り]

    日本学術振興会 二国間共同研究事業(韓国との共同研究)講演会  

    発表年月: 2015年01月

全件表示 >>

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 化学2  

    札幌医科大学  

    2020年10月
    -
    継続中
     

  • 化学1  

    札幌医科大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • 生命の化学2  

    札幌医科大学  

    2019年10月
    -
    2020年03月
     

  • 基礎生化学  

    札幌医科大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 生命の化学1  

    札幌医科大学  

    2019年04月
    -
    2019年08月
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    継続中

      日本生化学会北海道支部会幹事

  • 2019年
    -
    継続中

      評議員

  • 2013年
    -
    2015年

      男女共同参画委員会委員

  • 2010年
    -
    2012年

      北陸支部会幹事

  • 2004年
    -
    2006年

      北陸支部会幹事

全件表示 >>