佐々木 香織

写真a

所属

医療人育成センター 教養教育研究部門 英語

職名

教授

プロフィール

My research interests lie in (i) cultural politics, including cultural imaginations and representations of science, technologies and medicine, and of gender, cultural and national identities (ii) ‘bio-politics’ and ‘governmentality’ in Foucault’s term, their dynamics and sociohistorical development in particular (iii) the further consideration and refinement of theoretical and methodological frameworks.

<概要>
英国へ院生として渡航しMAとPhD取得。その後Imperial CollegeにてResearch Associateとして勤務して帰国。現在はアカデミアと社会の双方に貢献できる人物になるべく精進に努めてます。

研究方針としては≪グローカルをめぐる冒険≫と題し、globalでlocalな医療にまつわる問題を、社会学と科学技術社会論の方法論を中心としつつも、表象文化論や社会思想史や社会哲学の視座も取り入れながら探究します。
教育方針としては、竹のように、細くてしなやかで強く生きていける教養と言語運用能力(英語と日本語)のある学生を育てる野望アリ。 具体的には、従来型の講義だけではなく、主体的な学びにも力を入れ、学生との対話と学生の発言への傾聴を組み合わせ、学生が自ら「ユリイカ!」という気づきができるように努めています。

<具体的なあゆみ>
慶應義塾大学時代
故吉田民人教授から指導を仰ぎ、社会学に魅了される。社会学理論(主にフランス系)に夢中となり、20世紀の「近代家族」の誕生、自死の国家・社会・家族化、革命・社会変革思想とオリエンタリズムとの関係性にも興味を持つ。

修士課程・修士論文
Prof John Urry やProf Scot LushやProf Norman Faircloughにインスパイアされつつ、 Dr Celia Luryを指導教官とする。修論では、イスラム圏と日本における近代化・西欧化に伴う国家による女性の身体・性の管理の発展の比較文化史・系譜学を探究。

博士過程
Prof Sarah Franklin, Prof John Law, Dr Celia Robertsを指導教官とし、先端医療の受容と社会に関する研究に邁進。その際、表象権力ともいうべき、グローバル化に内包するポストコロニアルな力学関係なども視野に。尚、日本の唄考一教授にも、日本の法医学方面の文献・歴史の薫陶を私的に受ける。博論では、脳死体の管理から臓器移植に至る医療行為に関して ―法学・医学・生命倫理的・市民活動的、政治的論争と法学・医学の実践行為と通じて― 法学的な合意、実践的医療プロトコル、市民向けキャッチフレーズ(命のリレー)が形成されていく過程について追究。

リサーチ・アソシエイト時代
カルテの電子化に伴うITの社会福祉政策への利用と市民社会の関係性を探究。特に市民参加型コミュニケーションによる民意の合意形成、米国型の生命倫理の功罪、警察・福祉国家の発展の功罪に着目。

帰国後―現在@北海道
教育に心血を注ぎ、且つ医療と技術の社会的関係性(主に家族と市民社会)に関して、生政治/生権力と表象権力、更にアクター・ネットワークという観点から追究。特に①日本の医療情報の電子化をめぐる問題、②ヒトの肉体的組織の交換経済をめぐる問題、③ニセコ・倶知安地区の移民と外国人観光客の医療とコミュニティにおける共生問題、に対してグローカルに考察する研究を色々な機関より助成を頂戴し展開しています!地域貢献活動を展開しつつも、学会発表、研究ノートや論文執筆や翻訳などにもいそしむ日々。

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ランカスター大学   社会学 博士課程 (PhD)  

  •  
     
     

    慶應義塾大学   文学部   社会学 学士課程 (BA)  

  •  
     
     

    ランカスター大学   カルチュラル スタディズ 修士課程 (MA)  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    札幌医科大学   医療人育成センター   教授

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    小樽商科大学   教授

  • 2015年
    -
    2020年09月

    小樽商科大学   准教授

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    苫小牧駒澤大学   非常勤講師(社会学、英語、異文化コミュニケーション等)

  • 2009年11月
    -
    2012年07月

    インペリアルカレッジ ロンドン   リサーチ アソシエイト

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    科学技術社会論学会

  •  
     
     

    4s: Society for the Social Studies of Science

  •  
     
     

    表象文化論学会

  •  
     
     

    日本医療情報学会

  •  
     
     

    日本保健医療社会学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会   科学社会学、科学技術史   科学技術社会論(STS)

  • ライフサイエンス   医療管理学、医療系社会学  

  • 情報通信   生命、健康、医療情報学  

  • 人文・社会   社会学   Cultural Studies

  • 人文・社会   哲学、倫理学   Biopolitics

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   医療人育成センター   教授  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 地域医療

  • 言説分析

  • 医療情報学

  • 生命倫理学

  • 科学技術社会論

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 外国人に対する医療サービス・衣料品提供の円滑化に向けて―ニセコ・倶知安におけるアクション・リサーチの経過報告

    佐々木香織, 木村崇人, 國行彩斗, 野村茉由, 瀧啓太

    札幌医科大学 医療人育成センター紀要   13   3 - 10  2022年04月

    担当区分:   筆頭著者

  • Standardized Brain-Death Diagnostic Procedure: The Japanese Controversy of the 1980s and 1990s

    佐々木香織

    書籍ーIn Humans & Devices in Medical Contexts: Case Studies from Japan, edited by Susanne Brucksch and Kaori Sasaki, London: Palgrave Macmillan     113 - 141  2021年06月  [査読有り]  [招待有り]

  • 電子医療情報活用に伴う生政治の展開と課題

    佐々木香織

    Precision Medicine   4 ( 3 ) 69 - 73  2021年02月  [招待有り]

  • より包括的で正確な医療統計を可能とする社会・制度基盤に向けた一考察 ――イギリスのEnglandにおける医療情報二次利用に関する調査・事例研究から―― On Establishment of an Institutional System for More Comprehensive and Accurate Medical Statistics: Learning from the English Expertise and Experience

    佐々木香織, 木村映善, 大寺祥佑

    日本統計学会誌 Japanese Journal of Statistics and Data Science   50 ( 1 ) 81 - 108  2020年10月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:   筆頭著者  , 責任著者

    J-GLOBAL

  • フィンランドにおける医療分野レジスタとデータ提供の状況

    木村映善, 大寺祥佑, 佐々木香織, 黒田知宏

    日本統計学会誌 Japanese Journal of Statistics and Data Science   50 ( 1 ) 47 - 80  2020年10月  [査読有り]  [招待有り]

    J-GLOBAL

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Humans & Machines in Medical Contexts: Case Studies from Japan

    佐々木香織, スーザン・ブルケシュ( 担当: 共編者(共編著者),  担当範囲: 編集、校正、Introduction, Chapter 5)

    Palgrave Macmillan  2021年06月

     概要を見る

    This book explores the ways in which socio-technical settings in medical contexts find varying articulations in a specific locale. Focusing on Japan, it consists of nine case studies on topics concerning: experiences with radiation in Hiroshima, Nagasaki, and Fukushima; patient security, end-of-life and high-tech medicine in hospitals; innovation and diffusion of medical technology; and the engineering and evaluating of novel devices in clinical trials. The individual chapters situate humans and devices in medical settings in their given semantic, pragmatic, institutional and historical context. A novel interdisciplinary approach offers deep insights beyond the manifold findings of each case study, thereby enriching academic discussions on socio-technical settings in medical contexts amongst affiliated disciplines. This volume will be of broad interest to scholars, practitioners, policy makers and students from various disciplines, including Science and Technology Studies (STS), medical humanities, social sciences, ethics and law, business and innovation studies, as well as biomedical engineering, medicine and public health.

  • 匿名加工医療情報の利活用に関する調査(Research on secondary usage of anonymised medical information)

    佐々木香織( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 海外における医療に係るデータサイエンス基盤活用の制度調査 Pp. 16-49 ([Research on the oversea institutions and systems for the utilisation of medical data science, Pp16-49)

    内閣官房(Cabinet Office Japan)/ KPMG Consulting  2019年04月

  • 日米医療保障比較モノグラフシリーズ 4 (Monograph series on comparative analysis between America and Japan in medicine 4)

    佐々木香織, 編集( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 医療における「看取り」という「文化」価値の 形成:看取りの医療化と日米差異 Pp. 2-23,(Medicalisation of deathbed care; Cultural values in the provision of deathbed care at hospitals: Construction of the difference between Japan and America Pp. 2-23))

    スモールワールド学術文庫  2006年07月

Misc 【 表示 / 非表示

  • 搾取; 制度化・脱制度化 (翻訳)

    佐々木香織

    新版・生命倫理百科事典, 丸善出版    2022年  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 書評「感染症社会ーアフターコロナの生政治」を読む

    佐々木香織

    図書新聞   ( 3468 ) 1  2020年10月  [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • イングランドにおける医療情報の二次利用の制度、特に市民からの信頼再建を試みる社会的なシステム構築から日本の制度基盤を展望する(Learning from the English Expertise in and Experience of the Development of an Institutional System for the Secondary Usage of Healthcare Information -On Rebuilding Public Trust - )

    佐々木香織, 木村映善, 大寺祥佑

    医療情報学会論文集39     594 - 597  2019年11月  [査読有り]

    担当区分:   筆頭著者  , 責任著者

  • 本邦がフィンランドにおける医療情報の二次利用の実態から学べること [What Japan can Learn from Actual Situation of Secondary Usage of Medical Information in Finland]

    大寺祥佑, 木村映喜, 佐々木香織, 黒田知宏

    医療情報学会論文集39   39th   606 - 607  2019年11月  [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 本邦がフィンランドにおける医療情報の二次利用の実態から学べること

    大寺祥佑, 木村映善, 佐々木香織, 黒田知宏

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   39th  2019年

    J-GLOBAL

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 尊厳死を考える

    2018年07月
     
     

     概要を見る

    7月28日に「第12回プシコ・ナウティカの会」(研究発表会、テーマ:尊厳死)へのコメンテーターとして招聘。

  • 情報提供ー

    2018年06月
     
     

     概要を見る

    北海道庁福祉部地域医療推進局の担当者に対して、倶知安・ニセコ地域において増加する外国人観光客と滞在者と同地域の医療について情報提供と意見交換を行う(6月8日)

  • Challenges of Illness Narratives

    2017年11月
     
     

     概要を見る

    11月23日、立命館大学にて開催の国際ワークショップ Challenges of Illness Narrativesにおいて、Challenges of Illness Narrativesの円卓会議をファシリテーター・議長としてコーディネート.

  • Human and Machine in Medical Contexts: case studies from Japan

    2017年03月
     
     

     概要を見る

    ドイツ日本研究所における国際ワークショップを「共同主催者」としてコーディネート。学際的に医療技術と社会と人間の関係を探究する研究者の対話を促進を目指す。 In order to explore the issues arising from the clinical practices vis-à-vis applications of the (then new) medical devices”, the workshop casts light on their various aspects. The participants will address features regarding the historical, legal, socio-structural, engineering and bioethical conditions and consequences of the interplay between humans and medical technologies or instruments, respectively health care practices in contemporary Japan. Moreover, the participants will reflect on the different theoretical and methodological approaches that enables us to study human-technology interplay and discuss transdisciplinary approaches by using case studies from their own respective disciplines to illustrate the manifold facets of the field. We hence suggest this as a starting point to encourage scholarly exchange and joint research on this field.

  • 国際学会の運営

     概要を見る

    以下四つの国際会議運営委員会のアシスタントとして働く 1 Fourth World Congress of Bioethics 2 Fourth International Tsukuba Bioethics Roundtable 3 UNESCO Asian Bioethics Conference 4 Third International Tsukuba Bioethics Roundtable

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 国際化に伴って生ずる地域医療の課題に関する問題解決型の社会調査と地域貢献 ――ニセコ・倶知安地域における外国人定住者に対する円滑で適切な医療・健康サービス提供を妨げる要因分析とその課題克服の実践と政策提言

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2022年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 大規模データの利活用研究の加速のための研究

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月
     

    担当区分: 研究分担者

  • Lost in Translation を乗り越える第2弾― 倶知安・ニセコにおける外国 人の病気や怪我に対応する「医療マップ」「医療の手引き」のウェブ版・スマホ版の作成による地域貢献

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 匿名加工医療情報の利活用に関する調査

    研究期間:

    2018年12月
    -
    2019年03月
     

    KPMGコンサルティング

  • 診療記録の電子化を科学社会論・社会学的に探究する―生政治とIT技術と市民社会

    研究期間:

    2018年07月
    -
    2023年03月
     

    佐々木香織

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 医療情報の電子化・ネットワーク化に伴う医療・看護・介護の変化 ―生政治・「剥き出しの生」と健康にまつわる情報管理―

    佐々木香織

    日本保健医療社会学会  

    発表年月: 2022年05月

    開催年月日:
    2022年05月
     
     
  • The Formulation of Japanese Standardised Brain-Death Diagnostic Procedure

    Kaori Sasaki

    Society for Social Studies of Science Annual Meeting 2021  

    発表年月: 2021年10月

    開催年月日:
    2021年10月
     
     
  • Japanese Elaboration of the Official Program for Secondary Use of Electronic Health Records

    Kaori Sasaki  [招待有り]

    East Asia in the Digital Age – Digital Transformation in Technological, Economic and Social Perspective  

    発表年月: 2021年09月

    開催年月日:
    2021年09月
     
     
  • The formulation of Japanese standardised brain-death diagnostic procedure

    Kaori Sasaki  [招待有り]

    EAJS Conference  

    発表年月: 2021年08月

    開催年月日:
    2021年08月
     
     
  • HPVワクチン定期接種A類疾病を推進する言説と反対(≒任意接種化要望)する言説構造のあわい --生政治とワクチン

    佐々木香織  [招待有り]

    方法としての反ワクチンー歴史で考えるワクチン政策と抵抗する人びとー(立命館大学 先端研・生存学研究所)  

    発表年月: 2021年09月

全件表示 >>

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンサイエンス研究特論1  

    札幌医科大学保健医療学部大学院  

    2022年04月
    -
    2023年03月
     

  • 研究指導  

    小樽商科大学  

    2017年
    -
    継続中
     

  • 基礎ゼミナール  

    小樽商科大学  

    2016年
     
     
     

  • 社会学  

    北海学園大学, 苫小牧駒澤大学, 苫小牧看護専門学校  

    2015年
    -
    継続中
     

  • 比較文化  

    小樽商科大学  

    2015年
    -
    2021年
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

      倫理委員会

  • 2019年03月
    -
    継続中

      Book Review Board:

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      第15回年次大会実行員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ヘルスケア・ヘルスマネジメントコース Co-creating Health: Healthcare/Health-management Course

    小樽商科大学ビジネススクール 

    2020年10月
    -
    2021年12月

  • NPO 法人SoRieの設立とNPO活動を通じた社会調査と社会貢献活動

    2020年
    -
    継続中

     概要を見る

    北海道は札幌圏と後志地方における地域の課題を社会調査と社会参加を通じて国際貢献・社会貢献をします。

  • 外国人患者受け入れに関する地域意見交換会

    北海道庁 倶知安保健所 

    2019年11月
     
     

  • Lost in Translation を乗り越える第2弾― 倶知安・ニセコにおける外国 人の病気や怪我に対応する「医療マップ」「医療の手引き」のウェブ版・スマホ版の作成による地域貢献

    小樽商科大学 グローカルプロジェクト推進公募 

    2019年05月
    -
    2020年03月

  • 第三回外国人への医療提供に関する全道意見交換会

    北海道庁  第3回外国人への医療提供に関する全道意見交換会 

    2019年03月
     
     

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Patient involvement and data protection in medicine and medical research and related Ethical, Legal and Social Issues (ELSI)

    学会・研究会等

    Event in honour of DFG Heinz Maier-Leibnitz Prizewinner 2020, Dr. Fruzsina Molnár-Gábor  

    2021年09月
     
     
  • 近代家族と近代医療・介護 システムとのはざまで(講師)

    鳥取大学医学部大学院  

    2019年11月