太田 久晶 (オオタ ヒサアキ)

写真a

所属

保健医療学部 作業療法学科 作業療法学第一講座

職名

教授

ホームページ

https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70468106.ja.html

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    札幌医科大学   保健医療学部作業療法学科   教授

    教授

  • 2007年10月
    -
    2012年03月

    札幌医科大学   医学部   研究員

    研究員

  • 2005年04月
    -
    2012年03月

    札幌医科大学付属病院   リハビリテーション部   理療専門員

    理療専門員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    医療法人医仁会 中村記念病院   リハビリテーション技術部   作業療法士

    作業療法士

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    フランス国立衛生医学研究所   第534ユニット 空間行動研究室   特別研究員

    特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本高次脳機能障害学会

  •  
     
     

    日本神経心理学会

  •  
     
     

    高次脳機能障害作業療法研究会

  •  
     
     

    日本作業療法協会

  •  
     
     

    作業療法神経科学研究会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   リハビリテーション科学  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • プリズム順応

  • 半側空間無視

  • 神経心理学

  • 作業療法

論文 【 表示 / 非表示

  • 脳卒中ドライバーのスクリーニング評価日本版(J-SDSA)における健常高齢者の成績特性および,運転に関する自記式調査との関連性についての検討

    勝浦 駿平, 齊藤 秀和, 太田 久晶

    日本安全運転医療学会誌 ( 日本安全運転医療学会 )  3 ( 1 ) 49 - 58  2023年07月

  • 臨床・発表に役立つ初歩講座 空間性注意障害のみかた 半側空間無視症状の理解のために

    太田 久晶

    神経心理学 ( 日本神経心理学会 )  39 ( 2 ) 133 - 138  2023年06月

     概要を見る

    半側空間無視は,右大脳半球損傷後に認められる代表的な空間性注意障害であり,症状の程度や特徴は,患者ごとに異なる.さらに本症状は,日常生活動作にも大きな影響をもたらす.こうした理由から,症状理解のためには,机上検査と行動観察評価の実施が必要となる.机上検査では,BIT行動性無視検査日本版を用い,症状の把握を行う.その際,検査中の観察や,検査結果の詳細な分析は,症状理解の助けとなる.また,日常生活動作に対しては,日本語版Catherine Bergego Scaleを用いるが,必要に応じて,これに含まれない項目についても評価を行う.これらに加えて,半側空間無視症状が起こりうる病巣部位に関する知識も,症状を理解する手がかりになりうる.(著者抄録)

  • ビデオモニターを利用した視覚環境への順応とその効果:プリズム順応課題との比較による予備的検討

    竹内 利貴, 齊藤 秀和, 太田 久晶

    札幌保健科学雑誌   11   23 - 29  2022年03月  [査読有り]

    担当区分:   責任著者

    DOI

  • 右方偏倚プリズム眼鏡を用いた反復到達運動課題は,それに続く左方偏倚プリズム眼鏡を用いた同課題の順応効果に影響を及ぼすのか?:健常若年者を対象とした前臨床研究

    竹内 利貴, 太田 久晶, 齊藤 秀和

    札幌保健科学雑誌   11   31 - 37  2022年03月  [査読有り]

    担当区分:   責任著者

    DOI

  • 【空間認知のニューロサイエンス】空間認知障害とそのメカニズム 半側空間無視

    太田 久晶, 鈴木 匡子

    Clinical Neuroscience ( (株)中外医学社 )  40 ( 1 ) 66 - 69  2022年01月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 作業療法概論

    太田久晶、平田和貴、総編集:石川朗、種村留美、責任編集:仙石泰仁、野田和惠( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 作業療法の実際(1)急性期・回復期)

    中山書店  2023年11月 ISBN: 9784521750484

  • 臨床で使える半側空間無視への実践的アプローチ

    太田久晶、監修:前田眞治、編集:菅原光晴、原真理子、山本潤( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第4章 3リハ室でのアプローチ ボトムアップアプローチ、第5章 2 プリズム順応課題を活用した事例)

    医学書院  2022年09月 ISBN: 9784260046817

  • 初学者のための神経心理学入門

    太田久晶, 編集, 松田 実( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第6章 右半球症状)

    新興医学出版社  2022年07月 ISBN: 9784880029160

  • 対象認知・空間認知,病態理解の障害

    太田久晶、編集:日本高次脳機能障害学会、日本高次脳機能障害学会教育・研修委員会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Chapter4-2 バリント症候群)

    新興医学出版社  2021年07月 ISBN: 9784880028781

  • 高次脳機能障害の評価 : 神経心理学への誘い

    太田久晶( 担当: 共著,  担当範囲: 注意障害の評価)

    西村書店  2020年09月 ISBN: 9784867060131

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 臨床神経心理士-学会認定資格取得のお勧め- 作業療法士の立場から

    太田 久晶

    高次脳機能研究 ( (一社)日本高次脳機能障害学会 )  42 ( 2 ) 192 - 196  2022年06月

     概要を見る

    作業療法士は、患者の生活を支援するリハビリテーション専門職である。高次脳機能障害を呈する患者に対しては、個々の患者の症状を評価し、結果を解釈したうえで、適切な治療介入プログラムや支援方法の選定・提供を行うことが求められる。しかしながら、若手の作業療法士は、作業療法の場面でこうしたプロセスに難渋することが少なくない。臨床神経心理士は、神経心理学に関連する専門的知識および技能ならびに対人援助職としての能力と倫理観を備えた専門家と位置付けられており、高次脳機能障害を呈する患者への作業療法の実践に役立つ資格である。そのため、本稿では、作業療法士の養成プログラムや若手の作業療法士が抱える問題点を紹介したうえで、作業療法士が臨床神経心理士の資格を取得することの利点についての私見を述べた。(著者抄録)

  • 腹側型同時失認が疑われた神経核内封入体病患者の検討

    飯田 滉大, 勝浦 駿平, 太田 久晶, 石合 純夫

    高次脳機能研究 ( (一社)日本高次脳機能障害学会 )  42 ( 1 ) 100 - 100  2022年03月

  • 脳卒中ドライバーのスクリーニング評価日本版(J-SDSA)の道路標識課題における健常高齢者の成績特性

    勝浦 駿平, 齊藤 秀和, 太田 久晶

    高次脳機能研究 ( (一社)日本高次脳機能障害学会 )  42 ( 1 ) 65 - 66  2022年03月

  • 脳卒中ドライバーのスクリーニング評価日本版(J-SDSA)の課題成績と運転経験の関連性について 健常高齢者を対象とした検討

    勝浦 駿平, 齊藤 秀和, 太田 久晶

    日本作業療法学会抄録集 ( (一社)日本作業療法士協会 )  55回   PJ - 21  2021年09月

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発達障害領域の作業療法にもたらした影響

    齊藤 秀和, 横山 和樹, 森元 隆文, 太田 久晶, 池田 望

    日本作業療法学会抄録集 ( (一社)日本作業療法士協会 )  55回   PQ - 01  2021年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学術奨励賞

    2004年04月   北海道作業療法士会  

    受賞者: 太田久晶

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 類似した対象からの探索に関連する脳活動特性の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    齊藤 秀和, 太田 久晶, 菅原 和広, 澤村 大輔

     研究概要を見る

    本研究の目的は、ヒトを対象として、先行研究で作成した課題を元に、選択的注意機能に関連する脳活動および活動特性を解明することである。本研究では、類似した集合から特定の対象を探索して選択する、先行研究の課題を更に発展させ、より簡便に、かつ精度の高い検査課題の開発を目指す。併せて脳活動計測を行い、類似した対象からの探索に関わる選択的注意機能を、どの脳領域がどのような時間推移で活動・制御しているかについて、明らかにすることを目指す。本研究により、注意機能検査のエビデンス向上および、注意機能障害に対する効果的なリハビリテーション介入の方法検討につながる可能性がある。本研究では、以下の2段階に分けて検討を進める。段階1は健常者を対象とし、先行研究で作成した課題を元に、類似した集合からの探索課題を作成・施行し、課題実施時間を計測する。併せて、注意機能評価に用いられてきた検査を含む関連検査を行い、本課題との関連性について検討する。段階2では、段階1にて作成した本研究課題の実施中における脳活動の計測を行い、類似した集合から特定の対象を探索するのに関連する脳機能を解明する。 本年度の成果として、段階1で使用するプログラムを作成し、ボタン押しにより反応時間を計測する課題を作成した。また作成したプログラムを健常被験者に施行し、行動実験のデータ取得が開始することができた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言、及びまん延防止等重点措置の発令により、ヒトを対象とした研究の実施が大きく制限され、十分に研究を進めることが困難であった。 次年度は、段階1の行動実験のデータ取得を進めるとともに、段階2における課題遂行中の脳波や近赤外光スペクトロスコピー(NIRS)などの生理学的指標の計測に向けた環境設定、及びその計測を進める。

  • 半側空間無視に対するプリズム順応を用いた治療に関する検討

    研究期間:

    2008年
    -
    2011年
     

    太田久晶

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 麻痺肢の運動を補助するように感じる余剰幻肢を認めた慢性期の被殻出血例

    勝浦 駿平, 小島 虎太郎, 太田 久晶, 石合 純夫

    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   日本神経心理学会  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月日:
    2020年09月
     
     
  • 両側の脳梁膨大後域を含む病変により前向性健忘及び道順障害を呈した神経節膠腫の一症例

    勝浦 駿平, 太田 久晶, 石合 純夫

    高次脳機能研究   (一社)日本高次脳機能障害学会  

    発表年月: 2020年03月

    開催年月日:
    2020年03月
     
     
  • 上肢運動器疾患患者におけるthe Disability of the Arm,Shoulder,and Hand(DASH)スコアと上肢能力障害と心理学的要因の関連

    小林 萬里, 千見寺 貴子, 太田 久晶, 射場 浩介

    北海道作業療法  

    発表年月: 2015年09月

  • 反復到達運動の違いがプリズム順応課題に及ぼす影響について

    太田 久晶, 石合 純夫

    神経心理学  

    発表年月: 2014年12月

  • 右前大脳動脈梗塞後に左手で持った物体を手放すことに困難を呈した1例

    渡邉俊紀, 太田久晶

    第29回 東北神経心理懇話会  

    発表年月: 2018年02月

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年12月
    -
    継続中

      臨床神経心理士資格認定委員会 委員

  • 2019年08月
    -
    継続中

      理事

  • 2017年06月
    -
    継続中

      常任理事

  •  
    -
    継続中

      北海道作業療法士会 機関誌編集委員会・編集協力者

  •  
    -
    継続中

      北海道作業療法士会 学術部理事

全件表示 >>