正岡 経子 (マサオカ ケイコ)

写真a

所属

保健医療学部 看護学科 看護学第二講座

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    札幌医科大学   保健学研究科   看護学  

  •  
    -
    2000年

    札幌医科大学  

  •  
    -
    1995年

    聖路加看護大学   看護学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   看護学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中

    札幌医科大学保健医療学部   准教授

    准教授

  • 2006年06月
    -
    2012年09月

    札幌医科大学   保健医療学部   講師

    講師

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    天使大学大学院助産研究科 講師  

  • 2004年
    -
    2005年

    天使大学  

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    天使大学看護栄養学部看護学科 講師  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本看護学教育学会

  •  
     
     

    日本看護科学学会

  •  
     
     

    日本助産学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス   高齢者看護学、地域看護学  

  • ライフサイエンス   生涯発達看護学  

  • ライフサイエンス   臨床看護学  

researchmapの所属 【 表示 / 非表示

  • 札幌医科大学   保健医療学部 看護学科   准教授  

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 妊娠

  • 統合失調症

  • 経験知

  • 質的帰納的研究

  • 子育て

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 助産診断・技術学Ⅱ

    正岡 経子( 担当: 共著,  担当範囲: 産婦の心理と家族関係の特徴)

    医学書院  2013年02月

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊産婦ケアにおける助産師の経験知獲得フェーズモデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2009年
    -
    2012年
     

    正岡 経子, 吉田 真奈美, 丸山 知子, 林 佳子, 松尾 睦, 吉田 真奈美

    担当区分: 研究代表者

     研究概要を見る

    本研究の目的は、妊産婦ケアにおける助産師の経験知獲得フェーズモデルを明らかにすることである。病院および助産院に勤務する助産師を対象にインタビューおよび質問紙調査を行った。助産師 475 名を分析した結果、経験 10 年以上の助産師は、妊娠期から産後の継続ケアの経験や腹部触診で児の推定体重を推測する経験、会陰保護を実施しない分娩介助経験から正常と異常を見極めや産婦の心理面を乱さないケア能力獲得していることがわった。一方、経験 10 年未満の助産師は、自己のケアの振り返りや先輩助産師のケアを見る経験から出産の自然経過を妨げないケアや出産で関わった女性とのコミュニケーションの重要性を学んでいることがわかった。

  • 2歳児を持つ女性の心配事、夫や子育てに対する気持ち

    研究期間:

    2003年
    -
    2004年
     

  • 正常分娩における開業助産婦の意思決定プロセスに含まれる因子

    研究期間:

    1998年
    -
    2000年